アルシデス・エスコバーのヤクルト・スワローズ移籍とそこから考えられる影響

               ヤクルト・スワローズが10月30日、アルシデス・エスコバーとの契約を発表した。まだワールドシリーズが終わっていない時期に More »

「MLBを仕事にする」:記者水次祥子さんへのインタビュー

              不定期連載でお送りする、MLBの舞台で選手以外として活躍している方へのインタビュー企画の第3弾。今回は、ニューヨークと東京 More »

2019 ALDS Review:HOU vs TB

               ア・リーグ西地区を制したヒューストン・アストロズの対戦相手はワイルドカードを制したタンパベイ・レイズとの組み合わせとなった。  Game1 TB 2-6 HOU 勝: ジャスティン・バーラン More »

2019 World Series Review : Game7

              勝った方がワールドチャンピョンとなる運命のGame7。歓喜の瞬間を目の当たりにしようと球場には43,000を越えるファンが More »

2019 World Series Review : Game6

              お互いにロードでのゲームを取り合い、アストロズが3勝と王手を掛けて臨んだGame6。この試合では追い込まれたナショナルズが More »

 

2014 Top 15 Prospects:ロサンゼルス・エンゼルス

8733508954_d0bee9ab81_z

 

 

 

 

 

 

 

本ランキングのベースは、現在の活躍と今後のアップサイドによる総合的な評価である。傘下トップ15の素材を簡易のレポートと共に示している。選手名のリンクで表示されるマイナーでのスタッツと併せて参考にして頂ければ幸いだ。

 

 

1. マーク・サッピントン:RHP
ハイレベルなポテンシャルが光る。94マイルのストレートはパワフル。スライダー&チェンジアップも向上の余地を示している。A+-2Aでは12勝&3.45ERAと打者を捻じ伏せたが、156.1IP/82BBとコマンドが課題。GO/AO1.17。 

2. ハンター・グリーン:LHP
2013年ドラフト全体59位。粗削りながら傑出したポテンシャルを秘める素材型。ストレートは体重の増加を経て90マイル半ばを計時出来ると目され、カーブ&チェンジアップもハイクオリティ。メカニクス&コマンドを安定させたい。 

3. テイラー・リンジー:2B
ヒッティングセンスに定評を得ていた左打者だが、2013年はパワー面で大きく向上。2Bながら2Aで17本塁打。守備もアームは弱いが相応なカバー範囲を示している。アグレッシブなアプローチで四球は少ない。48BB/91K。 

4. ケイレブ・コワート:3B
ツール&アップサイドの評価はチームトップレベル。2013年は2AでOPS.580と大ブレーキも期待値は高い。スイッチヒッターで左右いずれも素晴らしいスイングスピードの持ち主。ディフェンス面ではアームツールの評価が高い。 

5. C.J.クロン:1B
2AでOPS.746と平凡なパフォーマンス。AFLではリーグ唯一の.400以上の打率をマークとヒッティングセンスは相応も、23BB/83Kとフリースインガー。27本塁打→14本塁打とパワー面でも値を落とした。守備走塁も平凡なレベル。

6. ザック・ボーレンステイン:OF
A+で28本塁打&OPS1.034。ツールは傑出していないも上質なレベルを示し、特に左打席で生み出すスイングスピードが光る。アグレッシブなアプローチで四球は平凡だが三振も少ない。大学ではポジションが固定されず、現在はレフト。 

7. ホセ・アルバレス:LHP
マーリンズから移籍した2013年にメジャーデビュー。ハイクオリティなチェンジアップを持ち味に打者のバランスを崩すピッチングを示す。ボールのパワー自体は平凡。メジャーではHR/9が1.63にも至り、コマンドも乱す結果に終わる。  

8. タイラー・デローシュ:LHP
6-6/240と大柄な左腕がAで支配的なピッチング。70IP/79K/22BBをマークした。カーブの評価が高く、チェンジアップも織り交ぜる。ストレートのクオリティが平凡であり、上のクラスでの適応には疑問符。真価は2014年に問われる。 

9. ホセ・ロンドン:SS
アスレチックなSS。バッティングではラインドライブを生み出し、ディフェンスでもSSを守る上で必要なツールの持ち主。アプローチも30BB/31Kと上質な内容を示している。攻守に粗削りもメンタリティも高評価。アップサイドは大。 

10. R.J.アルバレス:RHP
ハードボーラー。コンスタントに95マイルを計時するストレート&ハードスライダーのコンビネーションで傑出した支配力を示す。A+で48.2IP/79K。コマンドが平凡でBB/9は5.0。不安定な一方クローザーポテンシャルが光るアーム。 

11. アレックス・ヤーブロー:2B
A+でリーグトップの182安打をマーク。恵まれたヒッティングセンスの持ち主でギャップを抜く打球を生み出す。コンタクトヒッターとの評価も27BB/106Kとアプローチは粗い。2B守備でもカバー範囲&アームツールが平凡。 

12. ブライアン・モラン:LHP
叔父はキャリア2326安打のB.J.サーホフ。ここ4年はいずれのシーズンも40登板&K/9 10.0以上をマーク。ダイナミックなメカニクスもコマンドも安定している。3Aでは62.2IP/85K/20BB。GO/AO0.63とフライボーラーの傾向が目立つ。 

13. マイク・モリン:RHP
ハイクオリティなチェンジアップをアウトピッチに目立つパフォーマンスを披露。A+-2Aで70IP/1.93ERA/7.6K/BBをマーク。アグレッシブにゾーンを攻めることが出来るも、ストレートは90マイル前半。セットアップ型? 

14. カル・トウェイ:3B
Rではパワー&スピードで目立つ内容を示した。リーグトップのOPS1.036&67BB/59Kのアプローチ&13盗塁。ディフェンス面でもスローイングで高い評価を得ている。オールラウンドな素材も、真価が問われるのは来年だ。 

15. キャム・ベドロージャン:RHP
父スティーブは1987年のサイ・ヤング賞。リリーフに転向しK/9が5.2→11.1と大きく向上。94マイルのストレートは傑出したキレを示し、スライダーのクオリティも高い。メカニクスもスムースだが、コマンドはキャリアを通じ平凡。 

 

Notable Prospects
マット・シューメーカー:RHP
リード・スコッギンス:RHP
マイケル・クレビンジャー:RHP
キーナン・ミドルトン:RHP
ニック・マロンデ:LHP
ウェード・ヒンクル:1B
マイケル・スナイダー:1B
ルイス・ヒメネス:3B
エリック・スタメッツ:SS
マット・ロング:OF

 

Text by Koichi MIYAZAKI 
写真:http://www.flickr.com/photos/41005487@N00/8733508954/in/photolist-eiKvWA-ej6fSy-eKghJP


コメントを残す