2014 Top 15 Prospects:フィラデルフィア・フィリーズ

4935315391_5887ab4d74_z

 

 

 

 

 

 

 

本ランキングのベースは、現在の活躍と今後のアップサイドによる総合的な評価である。傘下トップ15の素材を簡易のレポートと共に示している。選手名のリンクで表示されるマイナーでのスタッツと併せて参考にして頂ければ幸いだ。

 

 

1. マイケル・フランコ:3B
4ツール型のプロスペクトがA+-2Aで31本塁打&103打点とブレーク。20にして傑出したパフォーマンスを示し、不安を露呈していたアベレージ面でも.320のハイアベレージ。アプローチは粗く30BB/70K。磨く必要がある。 

2. ジェシー・ビドル:LHP
130イニング以上のシーズンではキャリアハイのK/9 10.0をマーク。長身から投げ下ろす70マイルのカーブが傑出したボール。92マイルのストレート&スライダー&チェンジアップとセカンドピッチも多彩。138.1IP/82BB。 

3. ミゲル・アルフレッド・ゴンザレス:RHP
キューバ出身。8月に3年$12Mでフィリーズ入り。コンスタントに93マイルを計時するストレート&スプリッター/チェンジアップ系のボールが高い評価を受ける。安定したコマンドも持ち味。多彩なセカンドピッチも示している。 

4. J.P.クロフォード:SS
カール・クロフォード(ドジャース)の従兄弟。平均以上のツールをバランス良く取り揃えたオールラウンダー。SS守備は高い評価を受け、未知数と評されたバッティングもRではOPS.908&12盗塁をマーク。平凡なパワーツールに止まる。 

5. ディラン・カゼンズ:OF
6-6/235たるフレームに相応しい傑出したパワー。ヒッティングプロスペクトとしてはチームマイナーでトップクラスの評価を受ける。スイングが大きくなる傾向がありコンタクトに課題。アスレチックも将来的には1Bに収まる? 

6. セベリーノ・ゴンザレス:RHP
パナマ出身。安定したコマンドに支えられたクレバーなピッチング。先発&リリーフとしてプレーし103.2IP/119K&2.00ERA。ストレートは90マイル前半も70マイルのカーブで緩急を生み出す。アップサイドに対する評価は平凡。 

7. ケリー・デュガン:OF
左打席から生み出すパワーに高い評価を得る。A+-2AでOPS.858&20本塁打。ポジションも1Bに止まるとの見立てを覆しOFとして相応なプレー。攻守で一定の評価を与えられている。アグレッシブなアプローチで29BB/114K。 

8. コード・サンドバーグ:OF
高校ではフットボールも兼任したアスリート。アップサイド型でパワー&スピードにハイポテンシャル。攻守でインパクトを生み出せる素材と目されており、ジョシュ・ハミルトン(エンゼルス)と比較されている。技術面を磨く必要がある。 

9. アーロン・アルサール:OF
オールラウンダー。ミドルヒッティング&上質なディフェンスのパッケージ。アスリート性の高さからアップサイドへの評価も高い。A+ではリーグトップの36本の2塁打&OPS.792。ここ3年で85盗塁をマークするスピードも目立つ。 

10. ロマン・クイン:SS
モンスタークラスのスピードを示し、走塁技術もハイクオリティ。キャリア133試合で62盗塁をマークし、バッティングでも平均以上のボールの見極めの持ち主。オフシーズンに入りアキレス腱&前十字靭帯の再建手術を受けた。 

11. ヨエル・メシアス:LHP
ベネズエラ出身。Aで57IP/70K/25BB。ストレート&チェンジアップのコンビネーションで打者のバランスを崩し、コマンドも一定の評価を得ている。全体的なまとまりからアップサイド評は平凡。スライダーの向上が求められる。 

12. アダム・モーガン:LHP
90マイル前半のストレート&スライダー&チェンジアップ。故障の影響で平凡なパフォーマンスも、コマンド良くゾーンを攻める内容でキャリアを積み上げた。メカニクスもスムース。ローテーション半ばクラスのポテンシャル。 

13. カルロス・トッシ:OF
20-80スケールで70のスピードを持ち味に攻守でゲームを作り出す。AでOPS.510も未だ18。ゾーンを理解したバッティング&上質なアームを兼ね備えたOF守備の評価が高い。パワーレスも成長と共に向上を辿ると目されている。 

14. セザー・ヘルナンデス:2B/SS
スムースなアクションに支えられた2B守備がハイクオリティ。パワーレスながらコンタクトを生み出せるバッティングでアベレージをマークし、2A-3Aで33盗塁のスピードも兼ね備える。パワー面の問題よりユーティリティに収まる? 

15. イーサン・マーティン:RHP
エースポテンシャル。パワフルなストレート&カーブのコンビネーションで打者を捻じ伏せ、メジャー40IPでも47Kをマーク。敗北こそ喫したが8月29日メッツとのゲームでは4IP/9K。平凡なコマンドで大成が妨げられている。

 

Notable Prospects
シェーン・ワトソン:RHP
ニック・ハンソン:RHP
ブロディ・コルビン:RHP
ケビン・ブレディ:RHP
ミッチ・ゲラー:LHP 
キャメロン・ラップ:C
アンドリュー・ナップ:C
トミー・ジョセフ:C
ラリー・グリーン:1B/OF
ザック・グリーン:3B  

 

Text by Koichi MIYAZAKI
写真:http://www.flickr.com/photos/48335075@N00/4935315391/in/photolist-8w7MjF-fohTdC-fo3Bh4-fmPUS4


コメントを残す