トレバー・バウアーが絡んだ三角トレード

             今年のMLBのトレードデッドラインはルールの変更か、それともプロスペクト重視のトレンドを受けてか例年に増して膠着していたが、期限まで2 More »

トレード・デッドラインを振り返って

             トレード期限が終わった。今年から8月中のトレードは禁止されており、ウェーバーを通過した選手をトレードすることは出来ない。  前回の記事 More »

トレードデッドラインが間近に迫る中、一足早く動き出したGM達。

             ミネソタ・ツインズは、ここ2週間程、トレードを控えた行動を行っていた。  この間、40人枠から外した投手は5人である。マット・マギル( More »

タイラー・スカッグスに捧ぐノーヒット・ノーラン

             現地時間7月12日、ロサンゼルス・エンゼルスの選手達は、タイラー・スカッグスの背番号だった45とSKAGGSが記されたユニフォームをま More »

2019年MLBオールスター

               今年のオールスターは節目となる90回目だ。7月9日にクリーブランド・インディアンスの本拠地であるプログレッシブ・フィール More »

 

2014 Top 15 Prospects:アリゾナ・ダイヤモンドバックス

4552061291_0b443909a8

 

 

 

 

 

 

 

本ランキングのベースは、現在の活躍と今後のアップサイドによる総合的な評価である。傘下トップ15の素材を簡易のレポートと共に示している。選手名のリンクで表示されるマイナーでのスタッツと併せて参考にして頂ければ幸いだ。

 

 

1. アーチー・ブラッドリー:RHP
パワフルなストレート&カーブのコンビネーション。A+-2Aいずれのクラスでも1点台のERAをマークと打者を捻じ伏せた。152IP/162Kと支配的なピッチングも出来るが、コマンドの平凡さが課題。キャリアのBB/9は4.7。 

2. ブレーデン・シプリー:RHP
大学2年時にSS→RHP。アスレチックなパワーアーム。98マイルを叩き出すストレートにハイクオリティなチェンジアップを織り交ぜ、カーブのポテンシャルも高い。メカニクスもスムースなトータルパッケージ。SS-Aでは4.99ERA。 

3. ストライカー・トレイハン:C
アスレチック。バッティングはパワフル。ゾーンを理解したアプローチも示し、Rでは10本塁打&OPS.790。ディフェンスでも向上を辿り、盗塁阻止率は24%→40%。オフェンスのアップサイドからOF転向を支持する向きも存在。 

4. ホセ・ミュノズ:SS
アップサイド型。6-3/195たる体格にパワー&アームのツールを示し、相応なスピードも披露。RではOPS.791とバッティングで一定の向上も、20BB/61Kと粗削りなアプローチ。守備もキャリア98試合で46エラー。3Bに転向? 

5. クリス・オーウィングス:SS
パシフィックコースト・リーグのMVP。上質なヒッティングセンスの持ち主で、.330たるハイアベレージ。12本塁打&20盗塁。守備も安定しており、特にグラブ捌きのスムースさの評価が高い。フリースインガーで3Aでは22BB。 

6. ジェーク・ラム:3B
R-A+で69試合のプレーに止まるも13本塁打&OPS.969。50BB/75Kとアプローチを含めハイクオリティなバッティングを示した。高校ではSSとしてプレーしたアスリートで3B守備も上質。攻守を兼ね備えた素材として高い評価を得る。 

7. ジェーク・バーレット:RHP
クローザーポテンシャル。98マイルのストレート&スライダーのコンビネーションで打者を捻じ伏せ、A+-2Aでは1.21ERA&K/9 10.2。コマンドも安定。アリゾナで生まれ育ったローカルヒーローとしても大きな期待を受けている。 

8. ブラッド・ケラー:RHP
6-5/230たる大柄なフレーム。ストレート主体に打者を捻じ伏せRでは62.1IP/65K。ショーケースでも88マイルを計時するに止まるストレートはパワフルになる余地を秘める。コマンド&セカンドピッチが粗削り。30BBを許した。 

9. アンドリュー・チェイフィン:LHP
スライダーをアウトピッチにA+-2Aで13勝&3.20ERA。95マイルを計時するストレートを含め上質なボールを示している。コマンドが向上を辿り、HR/9を0.9→0.3に抑えた。一方でK/9は11.0→6.8。K/BBも2.16と平凡。 

10. ブランドン・ドルーリー:3B
4年のキャリアでシーズン毎に波のある内容。OPSは.539→.891→.603→.862。2013年はキャリアハイのBB%8.1%とボールの見極めが大きく向上。15本塁打を放ったパワーもキャリアハイのIOS.197。守備もアスレチックで上質。 

11. セルジオ・アルカンタラ:SS
アンダーソン・ヘルナンデス(中日)の甥。ディフェンシブな素材として高い評価を受けており、特にアームツールは傑出している。アクションもスムース。バッティングはパワーレスながらRで44BB/36K。何より未だ16と若さが光る。 

12. マイケル・ペレス:C
パワー&アームはいずれも傑出したツール。2012年にRで盗塁阻止率52%をマークし、キャリアでも39%。バッティングはA-A+で伸び悩みOPS.605。持ち味のパワーもISO.135と示せなかった。25BB/133Kとアプローチが粗い。 

13. タイラー・ボートニック:2B
2012年にライアン・ロバーツとのトレードでレイズ→Dバックス。インパクトに欠けるも3AでBB%13.4%のボールの見極めに支えられた安定したバッティング。キャリアのOPSも.808。ツールは平凡も、メークアップの評価も高い。

14. ブランドン・シネリー:RHP
6-4/170と細身なアーム。傑出したボールは持ち合わせていないも、90マイル前半のストレート&スライダーをコマンド良く操る。A-A+で3.93ERA&K/BB3.93。打者を捻じ伏せられず、フライボーラーたる側面も影響しHR/9は0.9。

15. フェリペ・ペレス:RHP
UCLAへのコミットメントにより2012年ドラフトでは指名を受けずも、8月にDバックス入り。スムースなメカニクスから90マイル前半のストレート&カーブ。Rでは89IP/50K/19BB。安定したコマンドを示すも、支配力に乏しい内容。

 

Notable Prospects
アーロン・ブレアー:RHP
R.J.ヒベリー:RHP
ライアン・ドラン:RHP
マット・スティテス:RHP
ジミー・シェルフィー:RHP
ジョン・グリフィン
:1B
ルディ・フローレス:1B
アンドリュー・ベラスケス:SS 
エンダー・インシアート:OF
キオン・ブロクストン:OF

 

Text by Koichi MIYAZAKI
写真:http://www.flickr.com/photos/chuckles396/4552061291/in/photolist-7Wfven-8XQRnV-bnXLWY-7YJbdp-7YMqjY-7YJcBz-7YJcjz-7YJbuX-7YJc3x-83C1JR-7U3trM-cuLLcd-cuLW4f-cuLZXN-cuM1kL-cuLTpY-cuLJUh-cuLPL5-cuLZkC-cuLMYs-cuLVJh-cuLZ3w-cuLSkQ-cuLUNs-cuM16q-cuLMz1-cuLQid-cuLWX3-cuLNAf-cuLSAC-cuLUiU-cuLVzQ-cuLSRj-cuLY9y-cuLKEj-cuLUV7-cuLMv3-cuLMrW-cuM1x3-cuLNgQ-cuLTy9-cuLXYS-cuLY5o-cuLS3L-cuLXhf/lightbox/


コメントを残す