2014 Top 15 Prospects:サンフランシスコ・ジャイアンツ

じゃいあんつ

 

 

 

 

 

 

 

本ランキングのベースは、現在の活躍と今後のアップサイドによる総合的な評価である。傘下トップ15の素材を簡易のレポートと共に示している。選手名のリンクで表示されるマイナーでのスタッツと併せて参考にして頂ければ幸いだ。

 

 

1. クレイトン・ブラックバーン:RHP
ドラフト16巡目指名を受けてからハイレベルなパフォーマンスをキープ。A+で133IP/138K/3.65ERA。安定したコマンドで90マイル前半のストレート&カーブ&チェンジアップを操るグラウンドボーラー。メカニクスもスムース。 

2. カイル・クリック:RHP
ポテンシャルは明らかにチームトップレベルのモノ。コンスタントに95マイルを叩き出すストレートを主体に打者を捻じ伏せる。A+で68.1IPのピッチングに止まるも95K/1.57ERA。3年のキャリアで被本塁打2本。コマンドが粗削り。 

3. マック・ウィリアムソン:OF
アスリート。A+で25本塁打&OPS.879とパワーツールを示し、アームもパワフル。6-5/240たる体格ながら平均以上のスピードツールも兼ね備える。ゾーンの理解が必要だがボールの見極めは向上。K%22.1%の三振を減らしたい。 

4. エドウィン・エスコバー:LHP
A+-2Aいずれのクラスでもハイレベルなパフォーマンス。94マイルのストレート&カーブ&チェンジアップのコンビネーションでバランスを崩し、独特なメカニクスでも打者を幻惑する。トリッキーな側面からポテンシャル評は平凡。 

5. マーティン・アゴスタ:RHP
94マイルを計時するハイクオリティなストレート主体のピッチング。セカンドピッチ&コマンドはいずれも不安定だが、Aで91.2IP/102K/2.06ERAの支配力は本物だ。6-1/180と小柄な体格を含め、リリーフ向きとの見方も存在。 

6. アンドリュー・スザック:C
攻守を示すオールラウンダー。42BB/68Kと上質なアプローチに支えられたミドルヒッター。スイング軌道を改善する必要があるも、パワーツールにも一定の評価を得ている。アスレチックなディフェンスも良い。盗塁阻止率は40%。 

7. ホアン・グレゴリオ:RHP
アップサイド型。全体的に磨かれる必要があるも、6-7/180たる大柄なフレームの持ち主。92マイルのストレートでゾーンを攻め、AでK/9 10.9をマーク。メカニクスが不安定でコマンドは平凡。セカンドピッチも向上が求められる。 

8. クリス・ストラットン:RHP
アスレチックなアームで94マイルのストレート&スライダーのコンビネーションが持ち味。ドラフトイヤーに向上を辿ったコマンドも相応なレベル。チェンジアップもポテンシャルを示している。Aでは132IPで被本塁打を5本に抑えた。 

9. クリスチャン・アローヨ:SS
ツールは傑出していないも、ゲームを理解した攻守に評価を得る。Rではコンタクトを生み出す持ち味を示しOPS.898をマーク。上質なスイングからギャップを抜く。SS守備ではアームが良いも、ツールの乏しさから適性には疑問符。 

10. アダルベルト・メヒア:LHP
スムースなメカニクスが安定したコマンドを生み出す良いケースだ。ゾーンを攻める内容は非凡なモノであり、90マイル前半のストレート&スライダー&チェンジアップを扱う。A+では87IP/89K/3.31ERA。セカンドピッチを磨きたい。 

11. グスタボ・カブレラ:OF
2012年に$1.3Mでジャイアンツ入り。パワー&スピードのパッケージで攻守にインパクトを生み出せる素材。アスレチックでアームもパワフル。ドミニカ・サマーリーグでキャリアのスタートを切り、OPS.739も54試合で21盗塁。 

12. ブライアン・ラギラ:1B
ヒッティングプロスペクト。大学3年時の不振でドラフトでは評価が下降も、上質なスイングでコンタクトを生み出す内容は高い評価を受ける。パワーはポテンシャルを示す一方でゲーム内では披露出来ず、1B/レフトとして物足りない。 

13. ケンドリー・フローレス:RHP
Aで印象的なパフォーマンス。ボールは平均レベルのクオリティと評されるも、アグレッシブにゾーンを攻める内容で2.73ERA&K/BB8.06をマーク。ストレートは80マイル後半に止まり、アウトピッチにも乏しい。フライボーラー。 

14. ジョー・パニック:2B/SS
全体的なツールは平均レベルも、攻守で安定したパフォーマンス。バッティングはコンタクトを生み出し2Aでは58BB/68Kと上質なアプローチ。ディフェンスもインスティンクトを持ち合わせ、ミスも少ない。2013年からSS→2B。 

15. タイ・ブラック:LHP
傑出したコマンド。A+で130.1IP/2.90ERA/K/BB6.50と目立つパフォーマンスを示し評価が向上。90マイルのストレート&スライダー&カーブ&チェンジアップで打者のバランスを崩す。ポテンシャル評は平凡。フレームも小柄だ。

 

Notable Prospects
デレク・ラウ:RHP
ケウリー・メラ:RHP
クリス・ヘストン:RHP
チェース・ジョンソン:RHP
クリス・ジョンソン:RHP
エンジェル・ビラローナ:1B
アダム・デュベール:3B
ジェレミー・サイ:SS
ジャレット・パーカー:OF 
ゲリー・ブラウン:OF

 

Text by Koichi MIYAZAKI
写真:http://www.flickr.com/photos/79172203@N00/7911339166/in/photolist-d46Fvq-d46GoL-d46Pmj-d46NvN-d46L2E-8Qg4Ls-8QcYWH-8Qg4VG-8Qg5mf-8Qg53h-8QcZjg-8QLL2H-8QLLgD-dgPMYf-8QLx8x-8QPFkL-8QPBCN-8QLxjg-8QPDij-8QPDe7-8QLwYZ-8QPDZA-8QPDxs-8QLyKP-8QLwDx-8QLyBa-8QLzQ2-8QLw8t-8QLxU8-bzdjQN-bN7ZQX-dqGxNG-dqGx5d-dqGyGN-dqGpaM-dqGosz-dqGnKz-dqGzFo-dqGjNF-dqGnkP-dqGq2V-bPM7Lx-bPM2ZF-bPLZbi-bPLWfx-bPM6gF-dqGwmC-dqGuhu-dqGway-d46TpE-d46QXL 


コメントを残す