開幕延期した時間を使うには野球ファンはどうすれば良いのか

              Florida College Summer League 公式HP:http://floridaleague.com/v More »

MLB 10-19 PLAYER RANKING 10-1

              2020年を迎え、今シーズンも開幕が迫ってきた。2020年代という新たな時代を迎える前に2010年代を彩ったスタープレイヤ More »

MLB 10-19 PLAYER RANKING 20-11

              2020年を迎え、今シーズンも開幕が迫ってきた。2020年代という新たな時代を迎える前に2010年代を彩ったスタープレイヤ More »

MLB 10-19 PLAYER RANKING 30-21

              2020年を迎え、今シーズンも開幕が迫ってきた。2020年代という新たな時代を迎える前に2010年代を彩ったスタープレイヤ More »

MLB 10-19 PLAYER RANKING 40-31

              2020年を迎え、今シーズンも開幕が迫ってきた。2020年代という新たな時代を迎える前に2010年代を彩ったスタープレイヤ More »

 

2014 Team Preview:サンフランシスコ・ジャイアンツ

posey

 

 

 

 

 

 

 

  •  予想ローテーション&リリーフ

SP マット・ケイン:RHP
昨年はDL入りを経験し、4年連続2ケタ勝利、6年間連続200イニングの記録が途絶えてしまった。おまけに成績も8勝10敗、防御率4.00、HR/9も自己ワーストの1.1と不本意な1年に終始した。 来年いよいよ30歳の誕生日を迎えるが、節目の年に復活なるか?

SP マディソン・バンガーナー:LHP
ジャイアンツ先発陣が苦しむ中、孤軍奮闘。援護に恵まれないケースが多かったせいか13勝に留まったが、31先発で22QS(6月14日から8月7日まで10連続QS成功)、防御率2.77、WHIP1.03は自己最高の数字となった。また自身初のオールスターにも選ばれている。2014年シーズン開幕投手。

SP ティム・リンスカム:RHP
2008年、2009年に2年連続サイヤング賞を受賞した時代も遥か過去。7月13日のパドレス戦でノーヒッターを達成した以外は目立った活躍ができなかった。FAで地元マリナーズなど他球団移籍も噂されていたが、2年3500万ドルという防御率4.37の投手に対しては破格の契約でジャイアンツ残留。 

SP ティム・ハドソン:RHP
2年2300万ドルでブレーブスから加入。近年は怪我に苦しむことも多いが、健康であればゴロを打たせることが非常に上手い投手で、特に投手有利なAT&Tパークではハドソンの投球術が光りそうだ。 

SP* ライアン・ボーグルソン:RHP
MLBに戻って3年目の昨年は序盤から炎上する試合が目立ち、また手の骨折で約3ヵ月間戦線を離脱した。結局シーズンでは4勝6敗、防御率5.73、WHIP1.56、HR/9は1.30と散々な1年となった。今年はスプリングトレーニングでまずはローテ入りを目指す。 

SP* ユズメイロ・ペティット:RHP
シーズン終盤から先発ローテに定着し、最終的には4勝1敗、防御率3.56、WHIP1.19、47K/11BBと好投した。ハイライトは9月6日のダイアモンドバックス戦。9回2アウトまでパーフェクトに抑え、あと1ストライクまで迫ったが、最後の最後にエリック・チャベスにヒットを許し、偉業達成とはならなかった。スプリングトレーニングではボーグルソンとローテ枠を争う。

 

RP ジョージ・コントス:RHP
速球とスライダーの2球種で押し切るリリーフ。一級品のスライダーは昨年被打率.183と打者を完璧に抑え込んだが、一方で速球はフォーシーム、ツーシーム共に被打率.400以上とほとんどバッティング練習状態になっていた。速球の質を上げることが成功のカギを握りそうだ。

RP ジェレミー・アフェルド:LHP
7年連続で50登板を果たしたタフな左腕も、昨年は39登板止まり。K/9、BB/9共に大幅に悪化し、シーズンでは防御率3.74、WHIP1.31と微妙な成績となってしまった。しかしながら左打者相手には相変わらず相性良く、被打率、被出塁率、被長打率はそれぞれ.196/.292/.197と封じている。

RP サンティアゴ・カシーヤ:RHP
防御率2.16という点だけに注目すればかなり優秀だが、奪三振率6.8、与四球率4.50、FIPは3.67と内容が良かったわけでは決してない。しかし昨年は23ホールドと守護神セルジオ・ロモへと繋ぐリリーフとしてフル回転した。

RP ハビアー・ロペス:LHP
あと1登板足りず、4年連続70登板とはならなかったが、それでも防御率1.83、WHIP1.07、39回1/3で37K/12BBは優秀。主に左打者へのワンポイントとして使われることが多く、被打率/被出塁率/被長打率はそれぞれ.156/.208/.204とアフェルド同様左打者を得意としている。 

CL セルジオ・ロモ:RHP
クローザーに本格的に定着した昨年は5度のセーブ失敗があったものの、38セーブと守護神として活躍した。特に最大の武器であるスライダーは相変わらず相手打者を悩ませており、打たれるケースがほとんどない。今年もよほどのことがない限り、ロモが1年間守護神を務めることになりそうだ。

 

Text by Hayato UWAI
本拠地図面: http://yakyujo.com
写真: http://flic.kr/p/bS3w5P

1 2

コメントを残す