アルシデス・エスコバーのヤクルト・スワローズ移籍とそこから考えられる影響

               ヤクルト・スワローズが10月30日、アルシデス・エスコバーとの契約を発表した。まだワールドシリーズが終わっていない時期に More »

「MLBを仕事にする」:記者水次祥子さんへのインタビュー

              不定期連載でお送りする、MLBの舞台で選手以外として活躍している方へのインタビュー企画の第3弾。今回は、ニューヨークと東京 More »

2019 ALDS Review:HOU vs TB

               ア・リーグ西地区を制したヒューストン・アストロズの対戦相手はワイルドカードを制したタンパベイ・レイズとの組み合わせとなった。  Game1 TB 2-6 HOU 勝: ジャスティン・バーラン More »

2019 World Series Review : Game7

              勝った方がワールドチャンピョンとなる運命のGame7。歓喜の瞬間を目の当たりにしようと球場には43,000を越えるファンが More »

2019 World Series Review : Game6

              お互いにロードでのゲームを取り合い、アストロズが3勝と王手を掛けて臨んだGame6。この試合では追い込まれたナショナルズが More »

 

2014 Team Preview:ロサンゼルス・ドジャース

puig

 

 

 

 

 

 

 

 

*40人ロースターはリンクより参照
 *SP横*マークはローテーション候補の意味を示す

 

 

  • 本拠地:ドジャー・スタジアム

他球場と大きさを比較する → http://yakyujo.com/ml11/

 

広さ
レフト 100.6m
センター 121.9m
ライト 100.6m
フェンス高さ 1.2〜2.4m

 

パークファクター *平均100
安打 95.8
ツーベース 92.6
スリーベース 45.8
本塁打 96.3
得点 86.8

 

  • 予想オーダー

1 ヤシエル・プイグ:RF
昨年6月に彗星の如くメジャー昇格を果たすと、ドジャースの快進撃の大きなピースに。 NL MVP投票15位、新人王投票2位とロサンゼルスのファンの心をガッチリ掴んだ。しかし今年のスプリングトレーニングには体重オーバーで登場すると、打撃も絶不調と不安なスタートとなっている。

2 カール・クロフォード:LF
ハムストリングの怪我もあり116試合の出場に留まったが、.283/.329/.407、6HR、31打点と2番打者としてはまずまずの成績を残した。しかし盗塁数は15とかつて5シーズン連続45盗塁以上を残した脚力はもう期待できないか。また年俸が2000万ドルと非常に高額なのもネック。 

3 ハンリー・ラミレス:SS
WBC決勝戦での怪我で1カ月、さらに復帰3試合目で今度はハムストリングを怪我し、さらに1カ月を棒に振った昨年のラミレス。これらのせいでわずか86試合の出場に留まったが、.345/.402/.638、20HR、57打点とフルシーズンで出場していればMVPも十分狙えたペースで打った。プイグのデビューとラミレスの打撃がドジャースの大きな原動力となったのは間違いない。今シーズンはまず健康に1年を送りたい。

4 エイドリアン・ゴンザレス:1B
MLB屈指のパワーヒッターのはずが、昨年の長打率.461はメジャー定着を果たした2006年以降では自身最低の数値。OPS.803も同じく最低の数値となっている。今年の5月で32歳とまだ老けこむような年齢ではないのだが…。

5 マット・ケンプ:CF
2011年にはNL MVP投票2位につける活躍を見せた外野手もここ2年間は怪我の影響で実に145試合を欠場。オフシーズン中はトレードの噂も絶えなかったが、最終的にはドジャース残留となった。現時点ではセンターのスタメンの予定だが、果たして今年こそ健康に過ごすことができるのだろうか? 

6 フアン・ウリーベ:3B
ドジャースでの最初の2年間はfWAR計0.6だったが、契約最終年の昨季はfWAR5.1と大爆発。特にサード守備に関しては文句なしで、UZR24.0、DRS15といずれも非常に高い成績を残している。この活躍もあり、オフにドジャースと新たに2年契約を結んだ。 

7 A.J.エリス:C
2012年と比較して、打撃成績が大きく下落したが、選球眼の良さは相変わらず。また守備面で向上を見せ、盗塁阻止率44.4%は2012年から10%以上改善させることに成功している。 

8 アレックス・ゲレーロ:2B
キューバ出身。昨年10月に4年2800万ドルの契約でドジャース加入。STではここまで17試合で.300/.400/.500、1HR、9打点と首脳陣に良いアピールができている。本職はショートだが、ハンリー・ラミレスがいる関係でセカンドに回っている。

9 投

1 2

コメントを残す