2014 Team Preview:シカゴ・ホワイトソックス

Chris Sale

 

 

 

 

 

 

 

*40人ロースターはリンクより参照 
*SP横*マークはローテーション候補の意味を示す

 

 

  • 本拠地:USセルラー・フィールド

他球場と大きさを比較する → http://yakyujo.com/ml22/

 

広さ
レフト 100.6m
センター 121.9m
ライト 102.1m
フェンス高さ 2.4m

 

パークファクター *平均100
安打 94.7
ツーベース 76.1
スリーベース 41.4
本塁打 118.5
得点 99.8

 

  • 予想オーダー 

1 アダム・イートン:CF
今オフに三角トレードで移籍。一昨年にメジャーデビューを果たしたが、昨年は3月に負った怪我の影響で66試合の出場に止まった。スピードが売りの選手で、2012シーズンは2A-3A-MLBの3階級で計46盗塁。優れたインスティンクトの持ち主であるが、肩は弱い。身長177センチと非常に小柄で、パワーは平均以下ながらもマイナー通算打率.348とヒッティングセンスが光る。

2 アレハンドロ・デアザ:LF
昨季はパワーが開花、17HRを放ちキャリア初の二桁HRをマークした。2年連続で20SB以上をマークする走力も備える。OF3ポジションをこなすことのできるオールラウンダータイプの選手だが、昨季はCFでDRS-18と精彩を欠いた。2012年に25HRのダヤン・ビジエドらとレギュラーの座を争う。

3 ホセ・ダリエル・アブレウ:1B
6年$68Mで契約合意。キューバ国内リーグにおける出塁率、長打率、OPSのシーズン記録保持者で通算9年695試合に出場して159HRを放ったキューバの大砲。その豪快なパワーは言うまでもなく、ヒッティングツールも優れており2度首位打者に輝いている。守備は期待できないが、打撃において多大な貢献が期待できる選手。

4 アダム・ダン:DH
34HRを放って自慢のパワーを示すも.219と相変わらずの低打率。三振率と四球率も例年通り平均を上回ったが、どちらも昨年より数値がやや下がった。627イニング守った1B守備はDRS-12とを記録。WARも-0.2と年俸に見合っていない。今年が4年$56M契約の契約最終年。

5 アビサイル・ガルシア:RF
昨シーズン中に三角トレードでジェイク・ピービーを放出した見返りの目玉として加入。6フィート4、240ポンドと非常に大柄な体格ながらもCFを務めることもできるスピードも備えており、20HR-20SBをクリアすることのできるポテンシャルの持ち主。肩が強く、RFが適所であると言われている。メジャーで95試合に出場してBB%は僅か3.5%に止まっており、多くの出塁は期待できない。

6 アレクセイ・ラミレス:SS
4年$32.5M+チームオプション契約の3年目。2008年のデビューイヤーには21HRを記録したパワーも年々衰えており、昨季は僅か6HRのみ。その代わりにSB数を増加させており、初の30SBを達成。守備も安定して平均以上の数値をキープしている。BB%=3.9%&K%=10.1%と異常なまでの早打ち。昨シーズン中にセントルイス・カージナルスから投手有望株カルロス・マルチネスとのトレードオファーが来たが、ホワイトソックスが断った。

 7 ゴードン・ベッカム:2B
足踏みが続く2008年ドラフト全体8位指名の元トッププロスペクト。出場103試合でWAR2.5を記録したデビューイヤー以降、期待にそぐわない成績を残してきており、昨季は怪我の影響もあり103試合に出場するのみに止まった。このままでは昨季A-A+-2Aの3階級で103SBを記録したスピードスター、マイカ・ジョンソンにレギュラーの座を奪われるのも時間の問題。

8 マット・デビットソン:3B
アディソン・リードを放出した見返りとして加入。3Aのオールスターではホームランダービーを制すなど平均以上のパワーポテンシャルの持ち主だが、マイナーで一度も打率3割を越えたシーズンがないなどヒッティングツールは平凡。コンパクトではないスイングにも問題があるとされており、多くの三振を喫する傾向にある。守備への評価は高くない。

9 ジョシュ・フェグリー:C
2009年ドラフト全体38位指名が昨季開花の兆し。3Aで僅か61試合の出場で15HR&打率.316を記録すると7月にメジャーデビューを果たし4HRを放った。メジャーでは30%に止まったが、マイナー通算48%のCS%をマークしている強肩の持ち主。攻守ともにチームに貢献できる選手への成長が期待される。

1 2

コメントを残す