2014 Team Preview:カンザスシティ・ロイヤルズ

3297306651_01bc045475_z

 

 

 

 

 

 

 

 

*40人ロースターはリンクより参照
*SP横*マークはローテーション候補の意を示す

 

 

  • 本拠地:カウフマン・スタジアム

他球場と大きさを比較する → http://yakyujo.com/ml03/

 

広さ
レフト 100.6m
センター 125.0m
ライト 100.6m
フェンス高さ 2.4m

 

パークファクター *平均100
安打 103.2
ツーベース 105.9
スリーベース 152.2
本塁打 88.0
得点 108.2

 

  • 予想オーダー

1 青木宜親:RF
今オフにリリーフのウィル・スミスとのトレードで加入。メジャー2年目のシーズンは打率、出塁率を1年目と同じ水準をキープもISOが.144から.084に大幅に悪化した。アプローチ面で向上を辿り、K%5.9%はメジャーベスト。DRS+13は両リーグのRFで5位に着けた。盗塁数は30から20に減少。

2 オマー・インファンテ:2B
4年$30.2M+$10Mのチームオプションで契約合意。昨シーズンは怪我の影響で118試合の出場に止まったが、2年連続で二桁HRを記録した。打率は高い水準を保っているが、BB%4.2%&K%9.2%と早打ちの傾向にあるため出塁率は平均程度。守備は堅実で、直近3年の2B守備におけるUZRはいずれもプラス。

3 エリック・ホズマー:1B
悲惨なシーズンとなった2012年から一転、打率.302を記録。特に後半戦は同.323と良く打った。また守備面では、DRS&UZRが前年以前のマイナスからプラスに転じる大きな進歩を見せた。1Bとしてはパワーレスながらも、11SBと平均的なスピードを備える。

4 ビリー・バトラー:DH
29HR&打率.313を記録した2012シーズンからOPSが1割近く悪化したものの、BB%はキャリアハイの11.8%をマーク。27歳の若さながら守備に就いたのは僅か53イニングのみだった。今季が4年$30Mの契約最終年。2015年に$12.5Mのチームオプションと$1Mのバイアウトが残る。

5 アレックス・ゴードン:LF
2年振り2度目の20HR&80RBI以上も2年連続でOPSは悪化。打率.265は2011年の開花後では最低の数値だったが、これは前々年と前年に.358&.356と異常に高かったBABIPが.310に落ち着いた影響か。多くのファインプレーを披露した守備は好調を維持しており、DRS+16は両リーグのLFで2位。4年$37.5M契約の3年目で、今季の年俸は$10M。2016年に$12.5Mの選手オプション。

6 サルバドール・ペレス:C
打撃面ではCリーグトップの79RBIを挙げる勝負強さが光った。守備面でも、同じくリーグトップのDRS+11をマーク。AS出場、GG選出、MVP投票で得票と名実ともにスター選手へと成長したシーズンを送った。5年$7Mの契約が2016年まで残っており、非常にコストパフォーマンスの優れた選手。

7 マイク・ムスタカス:3B
規定打席に到達した3Bで両リーグワーストだった42RBIなど、ホットコーナーを守る選手として非常に物足りない打撃成績に終わった。一方の守備は昨年+14を記録したDRSは-3に転じたが、UZRは2年連続のプラス。2012年並みの成績を再び残して盛り返したい。

8 ロレンゾ・ケイン:CF
キャリアハイの115試合に出場。打撃面は平均程度だが、僅か761.1イニングでCFでリーグトップのDRS+17を記録した広大なレンジを誇る守備は非常に高い評価を得ている。自慢の俊足を走塁でも活かせるようになれば大きな武器になるか。今季も守備での多大な貢献が期待される選手。

9 アルシデス・エスコバー:SS
2010年オフにザック・グレインキー、今年から日本でプレーするユニエスキー・べタンコートをミルウォーキー・ブリュワーズに放出した際の見返りの1人。元々評価の高かった守備はレンジの広さ、アームの強さともにリーグトップクラスだが、送球精度に難がある。低打率に喘いだ上に早打ちなため、出塁率は規定打率到達者では両リーグワーストの.259に止まった。

1 2

コメントを残す