アルシデス・エスコバーのヤクルト・スワローズ移籍とそこから考えられる影響

               ヤクルト・スワローズが10月30日、アルシデス・エスコバーとの契約を発表した。まだワールドシリーズが終わっていない時期に More »

「MLBを仕事にする」:記者水次祥子さんへのインタビュー

              不定期連載でお送りする、MLBの舞台で選手以外として活躍している方へのインタビュー企画の第3弾。今回は、ニューヨークと東京 More »

2019 ALDS Review:HOU vs TB

               ア・リーグ西地区を制したヒューストン・アストロズの対戦相手はワイルドカードを制したタンパベイ・レイズとの組み合わせとなった。  Game1 TB 2-6 HOU 勝: ジャスティン・バーラン More »

2019 World Series Review : Game7

              勝った方がワールドチャンピョンとなる運命のGame7。歓喜の瞬間を目の当たりにしようと球場には43,000を越えるファンが More »

2019 World Series Review : Game6

              お互いにロードでのゲームを取り合い、アストロズが3勝と王手を掛けて臨んだGame6。この試合では追い込まれたナショナルズが More »

 

2014 Team Preview:テキサス・レンジャーズ

7007688533_d836530668_z

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 予想ローテーション&リリーフ

SP ダルビッシュ有:RHP
メジャー2年目にしてサイ・ヤング賞レース2位。209.2IP/277Kと傑出した支配力を示し、K/9 11.9&H/9 6.7もリーグトップ。ピッチングセンスが高く、ストレート&スライダー主体に多彩なボールを扱う。コマンドは向上の余地アリ。 

SP マーティン・ペレス:LHP
ヨハン・サンタナと比べられるタレントがブレーク。93マイルをコンスタントに上回るストレート&チェンジアップでアグレッシブにゾーンを攻める。10勝&3.62ERAをマークしROY投票では6位。K/9 6.1&K/BB2.27はいずれも平凡。 

SP マット・ハリソン:LHP
2011〜2012年で32勝&3.34ERA。2013年はヘルニアで10.1IPのプレーに止まるも、ストレート&カーブ&チェンジアップを扱うクレバーなピッチングは高い評価を得る。2月末に背中の張りでMRI検査を受けるも、大事には至らず。 

SP アレクシー・オガンド:RHP
2011年以来となる先発としてのプレー?パワフルなストレート&スライダーでアグレッシブなピッチングを示すが、2013年は104.1IP/72K/41BBと平凡な内容。チェンジアップが1.2%→14.9%と組み立てには大きな変化が見られた。

SP* ニック・タペッシュ:RHP
シンカー&スライダー&カーブ&チェンジアップのコンビネーションでゴロを生み出す。ハイポテンシャルの持ち主では無いがクレバーな内容が光り、コマンドも安定している。デビューマウンドのレイズ戦は7.1IP/1Rで初勝利。 

SP* トミー・ハンソン:RHP
ブレーブス次代のエースと評されながらもキャリア3チーム目。スライダー&カーブはハイクオリティも、92マイルのストレートはここ2年は80マイル後半止まり。アグレッシブさを失い、2013年は5.42ERA&K/BB1.87と精彩を欠いた。

SP* ジョー・ソーンダース:LHP
1年$500Kでレンジャーズ入り。2008〜2013年はいずれのシーズンも170IP以上のイニングイーター。ツーシーム&スライダー&カーブ&チェンジアップを扱うも、投手としては持ち味に乏しい。技巧派ながらコマンドもアバウト。 

SP* デレク・ホランド:LHP
1月に左ヒザを負傷し、AS後の復帰プランとなる?2013年は10勝止まりもキャリアハイの内容を示し、213IP&3.42ERA&K/BB2.95はいずれもキャリアハイ。93マイルを上回るパワフルなストレート&スライダー&チェンジアップ。 

 

RP ロビー・ロス:LHP
ストレート&スライダー主体にここ2年は計123試合にリリーフ。マイナー時は先発としてシーズンを辿っており、ホランドの穴を埋める1人としてローテーション入りの可能性も囁かれている。スプリング・トレーニングでも1先発。

RP ニール・コッツ:LHP
2009年以来となるメジャーのマウンドでキャリアハイのパフォーマンス。平凡なコマンドが向上を辿り、スライダーに代わりカッターを用いるスタイルで左右いずれの打者もOPS.600以下に抑えた。1.11ERAはリリーバーとしてリーグ2位。 

RP ホアキム・ソリア:RHP
メジャー随一のクローザーとして評価を受けていたも、2011〜2013年はトミー・ジョン手術を受け84IP/3.96ERAと平凡なパフォーマンス。パワーアームでは無く、スライダー&カーブのコンビネーションで打者を欺くスタイル。 

RP タナー・シェパーズ:RHP
パワーアーム。マイナーでは4.15ERAに止まるも、100マイルを叩き出すストレート&スライダーで1.88ERAと打者を捻じ伏せた。ボールのクオリティに比して76.2IP/59K/24BBと内容は平凡。BABIP.252&LOB%84.4%に助けられた?

CL ネフタリ・フェリース:RHP
トミー・ジョン手術から9月にカムバック。2010〜2011年に計72セーブを上げたクローザーのポジションに再び収まると目されている。103マイルをマークするストレートが主体。2013年はチェンジアップの割合が大幅に向上した。

 

Text by Koichi MIYAZAKI
本拠地図面:http://yakyujo.com
写真:http://www.flickr.com/photos/48046632@N07/7007688533/in/photolist-bFfeE6-7RGQz3-7RDzKB-7RDzVz-bghiXa-bUjR7q-bUjTVm-bUjMZm-fGDj2V-ccfVAA-fk21WV-8j3oqM-dsXBDK-dsXNgL-bURFj9-e4yxAi-e4E9qb-f6sixF-f5YCnC-f74iCg-f65EzC-f5Z56d-bURF9E-bNbHJR-bNbJ9Z-bski7o-bzh5a5-bzh511-bzh4KG-bFfbEi-bskhRA-bzh4VU-bski3Q-bskie7-bFfbrn-8KHBYY-fbjDQ9-bFfew2-bsko3L-bskmeh-fbjE7q-bFfgAn-bFfm66-bFfeB4-fGCvVt-bFfm1P-bFfbMB-bURE9C-d5pTYq-bzh5gN-j8MeFq

1 2

コメントを残す