トレバー・バウアーが絡んだ三角トレード

             今年のMLBのトレードデッドラインはルールの変更か、それともプロスペクト重視のトレンドを受けてか例年に増して膠着していたが、期限まで2 More »

トレード・デッドラインを振り返って

             トレード期限が終わった。今年から8月中のトレードは禁止されており、ウェーバーを通過した選手をトレードすることは出来ない。  前回の記事 More »

トレードデッドラインが間近に迫る中、一足早く動き出したGM達。

             ミネソタ・ツインズは、ここ2週間程、トレードを控えた行動を行っていた。  この間、40人枠から外した投手は5人である。マット・マギル( More »

タイラー・スカッグスに捧ぐノーヒット・ノーラン

             現地時間7月12日、ロサンゼルス・エンゼルスの選手達は、タイラー・スカッグスの背番号だった45とSKAGGSが記されたユニフォームをま More »

2019年MLBオールスター

               今年のオールスターは節目となる90回目だ。7月9日にクリーブランド・インディアンスの本拠地であるプログレッシブ・フィール More »

 

2014 Team Preview:コロラド・ロッキーズ

tulo

 

 

 

 

 

 

 

*40人ロースターはリンクより参照
*SP横*マークはローテーション候補の意味を示す 

 

 

  • 本拠地:クアーズ・フィールド

他球場と大きさを比較する → http://yakyujo.com/ml27/

 

広さ
レフト 105.8m
センター 126.5m
ライト 106.7m
フェンス高さ 2.4〜4.3m

 

パークファクター *平均100
安打 116.3
ツーベース 111.7
スリーベース 172.0
本塁打 116.9
得点 127.3

 

  • 予想オーダー

1 コーリー・ディッカーソン:CF
アストロズへトレードされたデクスター・ファウラーの後釜を務める予定。マイナー時代は打撃に定評のある選手で、メジャーでもそれが発揮できるか注目だ。一方の守備力は平均以下。 

2 ノーラン・アレナド:3B
マイナーではどちらかと言えば打撃に期待が寄せられた選手だったが、メジャーの舞台では守備面で大活躍。UZR20.7、DRS30とルーキーとは思えないような数値を記録し、見事ゴールドグラブ賞に輝いた。打撃面で成長が見られれば球界トップクラスのサードになる可能性も? 

3 カルロス・ゴンザレス:LF
怪我の影響もあり、昨年もフルシーズンで出場することができなかった。しかしわずか110試合で.302/.367/.591、26HR、70打点という成績を残したあたり、さすがCarGoと言うべきか。今年こそ1年間健康に過ごしたい。

4 トロイ・トゥロウィツキー:SS
メジャーでもトップクラスのショートストップ。何かと怪我が多く、昨年も126試合の出場に留まったが、.312/.391/.540、25HR、82打点とショートとしては文句なしの成績を残している。守備力も平均以上で、出場試合数が少ない中でfWAR5.5を記録している。こちらもCarGo同様、健康に1年間を送りたいところ。 

5 マイケル・カダイヤー:RF
2013年は34歳のシーズンにして、カダイヤーにとっても最高の1年となった。ロッキーズチーム記録となる27試合連続安打を記録するなど130試合で.331/.389/.530、20HR、84打点と大暴れした。自身2度目となるオールスター、またブレーブスのクリス・ジョンソンにわずかに打率で競り勝ち、NL首位打者の栄冠にも輝いた。

6 ジャスティン・モーノー:1B
昨年途中に10年以上プレーしたツインズからトレードされ、パイレーツに加入。そのままFAとなり、トッド・ヘルトンが引退したロッキーズと契約した。 2006年にAL MVPに選ばれるなど本来はMLB屈指の打力の持ち主だが、2010年の脳震盪以来、その打力は影を潜めている。打者天国のコロラドで復活となるか?

7 ウィリン・ロザリオ:C
2年連続20HR以上をマークするなどパワーに特に定評のあるキャッチャー。昨年は.292/.315/.486、21HR、79打点という成績。一方、守備面では盗塁阻止率26.4%とあまり高くない。 

8 DJ ラメイヒュー:2B
昨年は自己最多となる109試合に出場し、.280/.311/.361、2HR、28打点、18盗塁を記録した。ラメイヒュー最大の武器は守備力の高さ。限られた出場機会の中で昨年はUZR6.4、DRS10という数値を残している。 

9 投

1 2

コメントを残す