2014 Team Preview:サンディエゴ・パドレス

headley

 

 

 

 

 

 

 

 

*40人ロースターはリンクより参照
*SP横*マークはローテーション候補の意味を示す 

 

 

  • 本拠地:ペトコ・パーク

他球場と大きさを比較する → http://yakyujo.com/ml12/

 

広さ
レフト 101.8m
センター 120.7m
ライト 98.1m
フェンス高さ 1.2〜3.7m

 

パークファクター *平均100
安打 90.1
ツーベース 77.3
スリーベース 113.3
本塁打 93.6
得点 83.1

 

  • 予想オーダー

1 イバース・カブレラ:SS
ニカラグア出身のスピードスター。バイオジェネシス・スキャンダルの影響で8月に50試合の出場停止処分を受けたが、それでもわずか95試合の出場で37盗塁を決めるあたりさすがカブレラと言わざるを得ない。今年は薬物使用という悪いイメージからの脱却を目指すシーズンとなる。 

2 ウィル・ベナブル:CF
2013年はベナブルにとってキャリアハイの1年となった。自身最多の151試合に出場すれば、22HRももちろん自己最高、8割近いOPSを記録するなど充実したシーズンとなった。22の盗塁を決めるなど足も速く、非常にバランスの良い選手。 

3 チェイス・ヘッドリー:3B
何かとトレードの噂が絶えないが、ひとまず開幕はサンディエゴで迎える。大ブレイクを果たした2012年から一変、2013年はシーズンを通して苦しんだ。パドレス浮上のカギはヘッドリーの復調が握っているだけに、2012年の打撃を取り戻したいところだ。 

4 カルロス・クエンティン:LF
パドレスの主砲も、ここ2年間は故障に悩まされている。健康であればホワイトソックス時代のように30HR以上を期待できるパワーの持ち主であるが・・・2014年も膝の故障で開幕をDLで迎える可能性が浮上している。 

5 ヨンダー・アロンソ:1B
メジャーの舞台で思うような成績が残せていない元トッププロスペクト。昨年は97試合で.281/.341/.368、6HR、45打点と目立った活躍はできなかった。マイナー時代は打撃に大きな期待が寄せられた選手だったが、ここ2年間の成績を見る限り伸び悩んでいるのが現状だ。 

6 ジェド・ジョーコ:2B
約1ヵ月間DL入りしながらもチーム最多タイとなる23HRを記録するなどルーキーながらチームに大きく貢献した。今後パドレスを牽引する中心的な選手への成長が期待される。 

7 セス・スミス:RF
トレードでアスレチックスから加入。オークランド時代はプラトーン起用されるケースが多かったが、サンディエゴでは出場機会が増える見通し。左投手を滅法苦手としていて、通算で.201/.269/.313と全く打てていない。 

8 ニック・ハンドリー:C
ヤズマニ・グランダルの昇格で一時控えに降格していたが、グランダルの自滅(薬物使用など)もあって正捕手に返り咲いた。昨年は自己最多の13HRを記録したが、OPSは7割を切っている。守備面もお世辞にも良いとは言えず、盗塁阻止率は25.6%程度となっている。

9 投

1 2

コメントを残す