アルシデス・エスコバーのヤクルト・スワローズ移籍とそこから考えられる影響

               ヤクルト・スワローズが10月30日、アルシデス・エスコバーとの契約を発表した。まだワールドシリーズが終わっていない時期に More »

「MLBを仕事にする」:記者水次祥子さんへのインタビュー

              不定期連載でお送りする、MLBの舞台で選手以外として活躍している方へのインタビュー企画の第3弾。今回は、ニューヨークと東京 More »

2019 ALDS Review:HOU vs TB

               ア・リーグ西地区を制したヒューストン・アストロズの対戦相手はワイルドカードを制したタンパベイ・レイズとの組み合わせとなった。  Game1 TB 2-6 HOU 勝: ジャスティン・バーラン More »

2019 World Series Review : Game7

              勝った方がワールドチャンピョンとなる運命のGame7。歓喜の瞬間を目の当たりにしようと球場には43,000を越えるファンが More »

2019 World Series Review : Game6

              お互いにロードでのゲームを取り合い、アストロズが3勝と王手を掛けて臨んだGame6。この試合では追い込まれたナショナルズが More »

 

2014 Draft Review:アメリカン・リーグ中地区

7277714860_592cbbfd82_z

 

 

 

 

 

 

 

*順位:選手名:出身校:ポジション

 

  • シカゴ・ホワイトソックス

3:カルロス・ロドン:ノースカロライナ州立大:LHP

大学出身のタレントとしては2014年ドラフトトップの指名。99マイルのストレート&スライダーのコンビネーションで2013年にはチームレコードの184Kをマーク。デビッド・プライス(レイズ)と比べられるエースポテンシャルの持ち主だ。6-3/235のフレームが生み出す耐久性にも定評を得ており、130球以上を投げるゲームの多さも目立った。2014年はK/9が12.51→10.61に伴い評価を落としたが、即戦力に成り得るエースポテンシャルの素材の価値が貴重であることには変わりが無い。

 

44:スペンサー・アダムス:ホワイト・カウンティ高:RHP

野球&バスケットボール&フットボールでスタープレーヤーたる地位を作り上げたアスリート性が光る。スムースでコンパクトなアームスイングから95マイルをマークし、スライダーもシャープで空振りを生み出すボールに成り得るポテンシャルを示す。チェンジアップ&カーブは向上が必要も、将来的には上質なインフォメーション・ピッチとして機能する?リリースが不安定でコマンドが乱れるシーンも見られるが、野球のプレーに専念することで大きく伸びるアップサイドを評価されることも多い。

 

77:ジェース・フライ:オレゴン州立大:LHP

2012年6月にトミー・ジョン手術。大学2年までは平凡な内容に甘んじていたが、2014年は万全のコンディションでチームに復帰し、ベン・ウェツラー(全体257位)と共にチームのローテーションを支えた。トミー・ジョン手術前は96〜99マイルを叩き出すパワーを示していたが、リハビリ後は90マイル前半止まり。それでもリリースポイントで打者を欺き、カーブ&チェンジアップでバランスを崩す内容が光る。アグレッシブにゾーンを攻める姿勢も高く評価され、ローテーション下位クラスの素材?

1 2 3 4 5

コメントを残す