2014 Draft Review:ナショナル・リーグ東地区

8684847135_ff7fc031ba_z

 

 

 

 

 

 

 

*順位:選手名:出身校:ポジション

 

  • アトランタ・ブレーブス

32:ブラクストン・デビッドソン:T.C.ロバーソン高:OF

HSナンバーワンピュアヒッターの呼び声高い素材。500フィート越えのホームランにフィーチャーされるパワーツールの持ち主だが、まだ完璧に使いこなすに至っていない。6-3/215たるフレームからさらなるアップサイドに期待がかかる。選球眼にも優れ、傑出したアプローチを披露した。ヒットツールも平均以上で2Bマシーンになれる可能性を秘める。スピードに乏しくOF守備の評価は高くないが、平均以上のアームツールを示している。チームはLFとしてマイナーでのキャリアをスタートさせる予定。

 

66:ギャレット・フレンチェック:ハウ高:RHP

 人口2600人の小さな村の出身。10月に行われたパーフェクトゲームの試合で好投し、一躍スカウトの注目を浴びた。今年に入ってからも好調でドラフトを前に大きく株を上げた。ベストピッチは90-94マイルのシンカーで、多くのグランドボールを生み出すことが出来る。カットボールのように打者の手元で変化するスライダーは今年に入り向上を辿り、まとまりに欠けるものの将来的にプラスピッチになり得る。チェンジアップにも自信を持っているが、速球と同じ振りで投げられるように改善が必要とされる。コマンドとメカニクスのキープに不安。

 

102:マックス・ポブセ:ノースカロライナ州立グリーンズボロ大:RHP

 6-8/220たる恵まれた体格の持ち主。MLB.comのドラフト200ではランク外だった。今年は15試合先発して4.99ERAもアップサイドへの期待は大きい。91-93マイルのレンジで投げ込まれるストレートは95マイルに達するが、単調な軌道から打ち込まれることも多い。セカンダリーピッチのスライダーは優れたデプスと球威を伴うも修正点は多い。チェンジアップも使えるが、より有効的に活用する術を身に着ける必要がある。BB/9はここ3年で4.68→3.82→3.06と改善されつつある。

1 2 3 4 5

コメントを残す