2014 Draft Review:ナショナル・リーグ西地区

5480133852_e4393eb096_z

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*順位:選手名:出身校:ポジション

 

  • アリゾナ・ダイアモンドバックス 

16:トウキ・トゥサント:コーラル・スプリングス・クリスチャン・アカデミー:RHP

野球の経験が比較的浅く、伸び代が豊富なハイチ出身の選手。ファストボールは常時91-93マイルのレンジで投げ込まれ、既に最速は97マイルをマークしている。アウトピッチに成り得るポテンシャルを見せているカーブは鋭く大きく曲がり、球速差のあるファストボールと素晴らしいコンビネーションを成す。滅多に投げることはないがチェンジアップも持っており、今後はこの球を磨いていく必要がある。デリバリーが安定しないためコマンドに問題を呈しているが、その優れたアスリート性からいずれ改善することができると見られている。ポテンシャルはエース級。

 

54:コディ・リード:アードモア高:LHP

今年になって増量した結果球速が伸びて評価が上がった大柄な左腕投手。ファストボールは最速95マイルに達するが、今後また体格が成長するようなことがあれば更に伸びる可能性もある。スライダーは80マイル台前半で投げ込まれ、効果的に使うことができる。平均程度の評価を受けるチェンジアップもレパートリーに備える。今季はノーヒッターを5試合、完全試合を1試合達成。バンダービルト大へのコミットメントがあったが、契約金$1Mで合意した。

 

69:マーカス・ウィルソン:ジュニペロ・セラ高:OF

5ツールプレーヤー候補。打席での体重移動が上手く、平均以上のバットスピードを誇るコンパクトなスイングからヒットツールは平均か平均以上の評価を受ける。また非常に細身な体格なため、筋肉が付けば少なくともメジャー平均程度のパワーへ成長できると言われている。最も高い評価を受けるスピードを活かして広大なレンジをカバーでき、経験を積めばプラスのディフェンダーに成れると見られている。アームは平均程度。6月10日に約$200Kオーバースロットの契約金$1Mで合意。

 

320:ケビン・クロン:テキサス・クリスチャン大:1B

2011年ドラフト1巡目で指名を受けて今年メジャーデビューを果たしたCJクロンを兄に持つ選手。選手としての特徴は兄弟でそっくりで、6フィート5、245ポンドの強靭な体格からプラス-プラスとも言われるパワーを武器とし、アプローチに大きな問題を抱えている点も同様。変化球への対応に苦しんでおり、外角を苦手とするなどまだ欠点が多い。2013年はOPS.556に留まるなど大学進学後に伸び悩んでおり、2011年に指名された時の全体92位よりも大幅に順位を落としての指名となった。

1 2 3 4 5

コメントを残す