2017 Top 20 Prospects:シンシナティ・レッズ

              本ランキングのベースは、現在の活躍と今後のアップサイドによる総合的な評価である。傘下トップ20の素材を簡易のレポートと共に More »

2017 Top 20 Prospects:シカゴ・カブス

              本ランキングのベースは、現在の活躍と今後のアップサイドによる総合的な評価である。傘下トップ20の素材を簡易のレポートと共に More »

2017 Top 20 Prospects:ミネソタ・ツインズ

              本ランキングのベースは、現在の活躍と今後のアップサイドによる総合的な評価である。傘下トップ20の素材を簡易のレポートと共に More »

2017 Top 20 Prospects:カンザスシティ・ロイヤルズ

              本ランキングのベースは、現在の活躍と今後のアップサイドによる総合的な評価である。傘下トップ20の素材を簡易のレポートと共に More »

2017 Top 20 Prospects:デトロイト・タイガース

              本ランキングのベースは、現在の活躍と今後のアップサイドによる総合的な評価である。傘下トップ20の素材を簡易のレポートと共に More »

 

Category Archives: ウィークリー

Weekly Report:Week-26

13551396753_52b5e0e9e9_z

 

 

 

 

 

 

 

3つのハイライトで1週間のメジャーリーグを辿る。Week-26のキーワードは、「16」「ワイルドカード」「ビッグ・パピ」だ。

 

・16

国時間9月25日、球界は一つの類稀なる人材を失った。マイアミ・マーリンズのエース、ホセ・フェルナンデスだ。同日未明に友人とボートで釣りに出かけたフェルナンデスはわずか24歳にしてこの世を去ることになった。

このニュースは全米で報道され、球界全体が彼の死を嘆いた。中でも衝撃を受けていたのはフェルナンデスと同じくキューバ出身の選手達だ。各球団のキューバ選手達はフェルナンデスの背番号16を記したユニフォーム型のプレートをダグアウトに掲げるなどして、追悼の意を示した。

また、彼の所属していたチーム、マイアミ・マーリンズは、彼が亡くなった翌日のニューヨーク・メッツ戦でフェルナンデスの追悼試合を行った。選手達は全員フェルナンデスの背番号である16のユニフォームを着用し試合に挑んだ。試合前には選手がマウンドに集まり、フェルナンデスへのメッセージを記した。そしてチームの主砲、ジャンカルロ・スタントンを中心に円になり、士気を高めた。

初回、マーリンズの先頭バッター、ディー・ゴードンは本来左打ちだが、フェルナンデスへの追悼の意を込め、彼のヘルメットをかぶりに右打席へ。メッツの先発、バートロ・コローンの投じた初球を見逃し、左打席に切り替えた。

野球の神様が姿を現したのはこの直後だ。左打席に入ったゴードンはコロンの投じた3球目のツーシームを振り抜き、ライトスタンドへ今シーズン1号ホームラン。ゆっくりと噛み締めるようにベースを一周した彼はホームに到達すると、目に涙を浮かべて天を仰いだ。そんな彼を熱い抱擁で次々と出迎えるマーリンズベンチ。そこには確かに、野球の神様とでもいうべきものが存在したかに見えた。

フェルナンデスを悼む試合はマーリンズ以外の試合でも行われた。各球場で追悼式が行われ、全米のメジャーリーガーが彼の死を悼んだ。ゲームでは、フェルナンデスと同郷の幼馴染だったセントルイス・カーディナルスのアレドミス・ディアスが、自身初の満塁ホームラン。チームがワイルドカード争いで奮闘する中、貴重な1勝をもたらした。実はこの前日、ディアスはフェルナンデスの葬儀参列のため、チームに離脱を申し入れていた。彼の死を1日かけて受け入れた彼の、亡き友に捧げるグランドスラムとなった。

後日、フェルナンデスの背番号であった16が、マーリンズの永久欠番になるとこが決まった。彼の野球選手としての生き様は、永遠に刻まれることとなる。

 

Weekly Report:Week-25

13938296737_9fce9cac0d_z

 

 

 

 

 

 

 

 3つのハイライトで1週間のメジャーリーグを辿る。Week-25のキーワードは「ボストン・レッドソックス」「地区優勝」「ホセ・フェルナンデス」だ。

 

・レッドソックス

ストン・レッドソックスの勢いが止まらない。     

レッドソックスは目下11連勝中であり、世界一に輝いた2013年以来の地区優勝に向けて一丸となっている。この連勝が始まる前、レッドソックスは地区首位に立っていたものの2位のトロント・ブルージェイズとは1ゲーム差、3位のボルティモア・オリオールズとは2ゲーム差、4位のニューヨーク・ヤンキースとは4ゲーム差という混戦の中から脱せずにいた。しかし、この11連勝を経て2位のブルージェイズに5.5ゲーム差をつけマジックナンバーを2にまで減らすなど地区優勝目前のところまできた。

 今シーズンのレッドソックスの強みはなんといっても打線である。

最も躍進したのはセンターからライトへ転向したムーキー・ベッツであろう。今季は自身初の200安打を達成。さらには打率.32131本塁打、109打点、26盗塁、OPS.905と主軸として申し分のない成績を残している。残り試合の活躍次第ではトリプルスリーの達成も夢ではない。

また、今シーズン限りでの引退を表明しているデビッド・オルティスも引退年とは思えない成績を残している。OPS1.039はメジャートップであり自身5度目の330100打点クリアを確実なものとしている。そのほかにも200安打を射程圏内にとらえているダスティン・ペドロイアや100打点をクリアしているハンリー・ラミレス、100得点を記録しているザンダー・ボガーツ、デビューイヤーながらOPS.893を記録して来シーズン以降のレギュラー定着が期待されるアンドリュー・ベニンテンディなど豊富なタレントが揃っている。

 

投手陣に目を向けてみるとエースとして期待されたデビッド・プライスが218イニングを投げ178敗、222奪三振とイニング、勝利、三振を稼げる投手として十分なピッチングを披露しているほか、昨年不振に喘いでいたリック・ポーセロが覚醒。217イニングを消化し、224敗で防御率はリーグ3位とサイヤング賞候補としても名前が上がるまでになった。

中継ぎ陣も守護神のクレイグ・キンブレルはセーブ成功率93.8%、上原浩治はここにきて13試合連続無失点、ブラッド・ジーグラーは移籍後29試合で防御率1点台を記録するなど安定している。

 

投打で軸がしっかりしているレッドソックスは10連勝を飾った924日に地区優勝よりも一足早くプレーオフ進出を決めた。ビッグパピの長い旅路の終わりにはどんな結末が待っているのだろうか。このチームからはまだまだ目が離せなさそうだ。

 

Weekly Report:Week-24

29188453792_3b43bf7313_z

 

 

 

 

 

 

 

 

3つのハイライトで1週間のメジャーリーグを辿る。Week-24のキーワードは「T.J.リベラ」「A.J.プレラーGM」「シーズンアウト」だ。

  • リベラ

地時間13日、ナショナルズパークで行われたニューヨーク・メッツ対ワシントン・ナショナルズの試合は9回までメッツがリードしていたが、クローザーのジェリース・ファミリア(RHP)がホゼ・レイエス(3B)のエラーななどで同点に追いつかれ延長へと入った。

延長10回1アウト、ランナーなしの場面で打席に入ったのはルーキーのT.J.リベラ(2B)。マウンドにはナショナルズのクローザーのマーク・メランコン(RHP)。0-2と追い込まれた後に投げられた3球目のカットボールをリベラが振りぬくと打球はぐんぐんと伸びていきレフトスタンドへと。メランコンがナショナルズ移籍後初めて打たれた本塁打は、リベラにとってはメジャー初本塁打であり、メッツにとっては試合を決める本塁打であった。

リベラは今年で27歳とかなり遅咲きである。幼い頃から打つことが好きで、テニスボールを壁に向かってバットで打つという遊びもよくやっていた。2011年、大学在籍時、ドラフトクラスだったにも関わらずリベラはどこからもドラフトで指名されず、ドラフト外でメッツと契約した。全く期待されていない0からのスタートとなった。

それでも持ち前のヒッティングスキルでマイナーではほとんどのクラスで打率.300以上をマークしていた。コンパクトなスイングとボールに対する反応の速さは本物だったのだ。

そして苦節5年、今シーズンの8月10日に念願のメジャー昇格を果たす。同日にメジャー初出場となると、早速メジャー初ヒットをマークした。その後、AAAとメジャーを行ったり来たりとなっていたが、試合に出ればヒットを打ち、しっかりと結果を残していた。

そして13日の試合を決めるメジャー初本塁打へと繋がっていった。この日のリベラはこの本塁打も含め3安打を放ち3打点をマークしていた。本当ならこの日はリベラは先発で試合に出るはずではなかった。ウィルマー・フローレス(IF)を故障で欠き、相手の先発はRHPのA.J.コールだったため普通は左打者のケリー・ジョンソンを2Bで先発させるところだったが、テリー・コリンズ監督はリベラの打撃を買ってリベラを2Bで先発させたのだった。

結果的にこの采配は大成功だった。先発を外されたケリー・ジョンソンでさえリベラについて「本当によくヒットを打てる奴だ」と別の試合の後に語っていたほどなので当然といえば当然だったのかもしれない。

メッツはこの試合でナショナルズの勝ったとはいえゲーム差は大きく地区優勝はかなり厳しい。それでもワイルドカードでのプレーオフ進出の可能性はあるので毎試合負けられない戦いが続く。リベラは故障者が相次ぐメッツの内野陣の救世主となれるかもしれない。幼い頃に打っていたテニスボールは硬球へと変わり、打った先にあるものは壁ではなくスタンドへと変わったのだ。