好調メッツを変えた守備の強化とブルペンの強化

            今季のMLBは例年に比べて、春の珍事と呼ばれる開幕直後だけ好調な選手は少ない印象を持ちます。しかしチーム単位で見ると全く異なる景色が見え More »

Weekly Report :Week3

                3つのハイライトで1週間のメジャーリーグを辿る。Week-3のキーワードは「ライバル対決」「ジョー・マウアー More »

2018 Team Preview:ボルチモア・オリオールズ

                *40人ロースターはリンクより参照 *SP横*マークはローテーション候補の意を示す   本拠地:オ More »

Weekly Report : Week-1,2

          3つのハイライトで1週間のメジャーリーグを辿る。Week-1,2のキーワードは「開幕」「大谷翔平」「二刀流」だ。 ・開幕 いよいよメジャーリーグが開幕 More »

2018 Team Preview:タンパベイ・レイズ

                *40人ロースターはリンクより参照 *SP横*マークはローテーション候補の意を示す   本拠地:ト More »

 

Category Archives: ウィークリー

Weekly Report:Week-11

9299301610_6a3dab252c_z

 

 

 

 

つのハイライトで1週間のメジャーリーグを辿る。Week-11のキーワードは「オールスター」「アーロン・ジャッジ」「ドジャース」だ。

 

・オールスター

ァン待望のオールスターゲームの開催が近づいている。現地時間の11日に開催が予定される今年のオールスターはマイアミ・マーリンズのホーム球場であるマーリンズパークで行われる。今回で88回目となる今年のオールスターの気になる出場選手だが今回はアリーグとナリーグで対照的な選出となった。本記事ではスタメンに対象を絞って紹介していく。まずはアリーグからだが、アリーグのスタメンは4度目の選出となる2塁手のホセ・アルトゥーベと捕手のサルバドール・ペレス、昨年に続いての選出となった外野手のムーキー・ベッツ以外はすべての選手が初選出とフレッシュな印象を受ける。現在アリーグ最高勝率を誇り西部地区首位を独走するアストロズからはアルトゥーベの他にショートのカルロス・コレア、外野手のジョージ・スプリンガーがスターターに選出された。他にも現在メジャートップの本塁打数を誇るヤンキース期待の若手アーロン・ジャッジや今シーズンついにブレイクを果たしたブルージェイズのジャスティン・スモークなど初選出ではあるが今シーズンの活躍ぶりを考えると妥当な選出と言えるだろう。先発はレッドソックスのクリス・セールか。

 

続いてナリーグ。ナリーグはアリーグとは対照的に初選出はショートを守るレッズのザック・コザートだけ。バスター・ポージーやブライス・ハーパーなどオールスター常連の選手達が顔を合わせた。開催地であるマーリンズパークを本拠地とするマーリンズからは外野手のマーセル・オスーナが選出された。マーリンズの選手はベンチに入るジャンカルロ・スタントンと彼だけのため彼の活躍には大いに期待したい。先発投手はナショナルズのマックス・シャーザーが努めることが予想される。ここまでスタメンに関して記述したがベンチにもそうそうたる選手達が選出されており今年もハイレベルな戦いになるだろう。ここ4年間はアリーグが勝利しているが今年はどうなるのか予想して見てみるのも面白いだろう。

Weekly Report:Week-10

14669791229_93a2c5da18_z

 

 

 

 

 

 

 

のハイライトで1週間のメジャーリーグを辿る。Week-のキーワードは「日米通算2000本」 「エリック・ヤング・ジュニア」 「300号本塁打」だ。

 

・日米通算2000本安打

 ストロズの青木宣親が6月11日のエンゼルス戦で日米通算2000本安打を達成した。

青木は2003年ドラフト4位で早稲田大学からヤクルトに入団。プロ1年目に阪神の安藤優也からプロ初ヒットを放つと翌年には200本安打を達成。最多安打、首位打者、新人王を獲得し一躍球界を代表するヒットメーカーとなった。2012年にはNPB通算1284本を引っ提げてブリュワーズに入団し、4月8日のカージナルス戦ではミッチェル・ボッグスからMLB初安打を放った。

日本では順調すぎるキャリアを築いてきた青木だが、MLB挑戦後は打率3割の壁に苦しみ、ブリュワーズ、ロイヤルズ、ジャイアンツ、マリナーズ、アストロズと5球団を渡り歩いてきた。それでもコンスタントにヒットを積み重ね、昨季までの5年間で681安打。2000本まで残り35本として今季を新天地のアストロズで迎えていた。

2000本まで残り2本としてこの日を迎えた青木は9番レフトで先発出場。4回にタイムリーツーベースで1本とすると、続く6回には先頭で三遊間を抜くヒットを放ち大記録を達成した。さらに8回にも猛打賞となるヒットを放ち2001本目とした。

今シーズンはなかなか調子の上がって来ない青木だがチームは現在地区首位を独走中。この記録をきっかけに調子を上げ、優勝争い、さらにはポストシーズンで躍動するのを期待したい。

 

 

Weekly Report:Week-9

27749870125_86c1a11ac6_z

 

 

 

 

 

 

 

つのハイライトで1週間のメジャーリーグを辿る。Week-9のキーワードは「1試合4HR」「スランプ」「ハーパーのスイング」だ。

 

・1試合4HR

ンシナティ・レッズがセントルイス・カージナルスに13-1で大勝を収めた6月7日の試合。この試合でレッズの大勝に貢献したのは、思わぬ伏兵であった。5番レフトで出場したレッズのスクーター・ジェネットは、試合前までの本塁打数は3HR。過去に2桁本塁打を達成したのは2016年の14HRのみ、通算本塁打も38HRとお世辞にも本塁打を期待される選手ではなかった。

そのジェネットがこの試合では一転。初回に相手先発アダム・ウェインライトからシングルヒットを放ち1打点をあげると、3回に回ってきた打席では同じくウェインライトから満塁の場面でなんとセンターへ本塁打を放ちグランドスラム。ここまででも驚きだがまだまだ終わらない。4回には2番手ジョン・ガントからセンターへツーランホームラン。6回にもガントから今度はレフトへソロホームラン。最後は8回に3番手ジョン・ブレビアからライトへツーランホームランを叩き込み、ジェネットにとっての夢の1日はようやく終わった。

最終的にこの日の記録は5打数5安打4HR10打点。テレビゲームでも難しいような、まさに信じられない打撃成績だった。1試合4HRはレッズでは史上初。MLB全体では10人目の快挙で、1試合で4HRを含む5安打での10打点というのは史上初だったようだ。

開幕前にはミルウォーキー・ブリュワーズからDFAされレッズに加入したジェネット。そんな状況だった選手の大爆発は、MLBファンに大きな衝撃を与える5打席となった。