アレックス・アンソポロスのブレーブス改革

            ブレーブスは11月13日に新たなGMとしてアレックス・アンソポロスを任命した。これは約3年間GMを務めたジョン・コッポレラの辞任を受けて More »

大谷翔平の移籍先が遂に決定、マイク・トラウトとの共演へ

              日米の野球ファン注目の大谷翔平の球団がついに決まった。日本時間の8日に発表が行われ、大谷が選択したのはロサンゼルス・エンゼ More »

スタントンがヤンキースへトレード、ジャッジと本塁打王コンビを結成へ

            日本時間の9日、遂にマイアミ・マーリンズのジャンカルロ・スタントンがトレードされた。移籍先はニューヨーク・ヤンキース。これによりアーロン More »

動く投手コーチ~選手以上に盛んな投手コーチの移籍市場とその背景~

                このオフのFA市場は非常に静かだ。この文章を執筆している時点ではレッドソックスからFAとなったダグ・フィスタ More »

2017 NLCS Review LAD vs CHC

                NLDS  : LAD 4-1 CHC *Game部のリンクでゲームのRecapをチェック可。 Game1 More »

 

Category Archives: コラム

アレックス・アンソポロスのブレーブス改革

21854038765_bac8f61c15_z

 

 

 

 

 

 

ブレーブスは11月13日に新たなGMとしてアレックス・アンソポロスを任命した。これは約3年間GMを務めたジョン・コッポレラの辞任を受けて発表されたものだ。コッポレラは国際アマチュアドラフトで違法行為を行ったことが報じられて10月2日に辞任した。その後彼は球界からの永久追放処分を受けた。球団社長を務めたジョン・ハートはこの違法行為に関して処分は受けなかったが、彼もブレーブスを去りブレーブスのフロントの顔ぶれに大きな変化が起きた。

 

そこで本稿ではブレーブスの新たなフロントを以下の手順で紹介していく。

・アレックス・アンソポロス新GMの経歴とブレーブスに新たに加わったフロント陣の紹介

・ブルージェイズ時代のアンソポロスの実績

・ドジャース時代にアンソポロスが衝撃を受けたデータ分析

 

まずはアンソポロスの経歴を見ていこう。アンソポロスは2000年にモントリオール・エクスポズの無給インターンから野球界でのキャリアをスタートした。その後2003年オフにブルージェイズに移籍して2009年オフからブルージェイズのGMに就任した。2015年にはブルージェイズを22年ぶりのプレーオフ進出に導いた。その後2016年1月からドジャースのフロントに入っていた。

 

次にアンソポロスがブレーブスGM就任後他球団から招いたメンバーを見ていこう。アンソポロスが現時点で召集しようとした人物は4人いた。そのうちブルージェイズから引き抜こうとしたアンドリュー・ティニッシュは家庭の事情でこのオファーを固辞してブルージェイズに残留することになった。以下で3人の既にブレーブスに加入したメンバーを紹介したい。

・ペリー・ミナシアン(ブルージェイズから)

・アレックス・タミン(ドジャースから)

・アレックス・パレ(マーリンズから)の3人だ。

 

動く投手コーチ~選手以上に盛んな投手コーチの移籍市場とその背景~

8670274938_2a1dec72d0_z

 

 

 

 

 

 

 

 

このオフのFA市場は非常に静かだ。この文章を執筆している時点ではレッドソックスからFAとなったダグ・フィスターがレンジャーズと契約しただけで他の選手は噂すらほとんど聞こえてこない。しかし意外な移籍市場が盛り上がっていた。それは投手コーチである。このオフは投手コーチの移籍が相次いだ。

2018年に新しい投手コーチを起用するチームはなんと全30球団のうち3分の1を超える11チームである。長年レイズで敏腕投手コーチとして評判だったジム・ヒッキーはかつての同僚であるジョー・マッドンが監督を務めるカブスに移籍した。ナショナルズとカージナルスはまるでお互いの投手コーチを交換するように、それぞれデレック・リリクイストとマイク・マダックスを新たな投手コーチとして迎えた。メッツはインディアンスで投手コーチを務めたミッキー・キャラウェイを監督として招集した。確かにこのオフは投手コーチの移籍が多いようだ。

今回はどうしてこのオフにこれほど多くの投手コーチが移籍しているのかを考察して、その特徴や移籍の背景を考えていきたい。

ロイ・ハラデイ特別追悼コラム

3571178311_9876ef47f5_z

 

 

 

 

 

 

 

 

 突然の悲報を私が知ったのは日本時間の11月8日の朝であった。いつものように目を覚ましてコーヒーを飲みながら私はTwitterを見ていた。するとMLBの公式アカウントがロイ・ハラデイのプレーオフ初登板のビデオハイライトを投稿していた。私は戸惑った。なぜワールドシリーズが終わったこの時期にハラデイの映像が流れているのか理解できなかった。ハラデイがどこかのチームでコーチに就くのかとも考えた。それから様々なツイートを見て私はようやく事の重大さを知ることになる。

 メキシコ湾の沖合でロイ・ハラデイが飛行機事故で亡くなったのだった。

 今回の記事では2000年代最高の投手と評価されたハラデイのキャリアを振り返り改めて彼の偉大さを振り返りたい。

 ハラデイは1977年にコロラドのデンバーで誕生した。ハラデイの父は食料輸送会社でパイロットとして勤務していた。一方の母は専業主婦として家族を支えた。ハラデイは父の影響もあって飛行機が好きでブルージェイズに所属していた時から模型の飛行機を使って遊んでいた。ハラデイの父は息子が飛行機を購入しパイロットになる時にも多くの助言をした。デンバー郊外の北西にあるアルバダ西高校を卒業後ブルージェイズに1995年のドラフト1巡目全体17位で指名を受けてプロ入りした。ブルージェイズのハラデイの指名をアシストしたのが現在ダイヤモンドバックスでスカウトを務めるティム・ウェルケンのレポートだった。ウェルケンによるとドラフトの時には後にハラデイが所属することになるフィリーズも指名に興味を持っていた。しかしフィリーズは後にレッズなどで活躍する外野手のレジー・テイラーを優先した。そのために全体の17人目までハラデイが残ってブルージェイズが指名することになった。