Weekly Report :Week7

              3つのハイライトで1週間のメジャーリーグを辿る。Week-7のキーワードは「ジェームズ・パクストン」「スティーブン・ピスコ More »

Weekly Report: Week6

                3つのハイライトで1週間のメジャーリーグを辿る。Week-6のキーワードは「ノーヒットノーラン」「アルバート More »

2018 Team Preview:ボストン・レッドソックス

                *40人ロスターはリンクより参照 *SP横*マークはローテーション候補の意を示す   本拠地:フェ More »

Weekly Report :Week4,5

              4つのハイライトで1週間のメジャーリーグを辿る。Week-4,5のキーワードは「ショーン・マネイア」「プエルトリコ」「ダイ More »

好調メッツを変えた守備の強化とブルペンの強化

            今季のMLBは例年に比べて、春の珍事と呼ばれる開幕直後だけ好調な選手は少ない印象を持ちます。しかしチーム単位で見ると全く異なる景色が見え More »

 

Category Archives: コラム

好調メッツを変えた守備の強化とブルペンの強化

25652322252_d030467e88_z

 

 

 

 

 

 

今季のMLBは例年に比べて、春の珍事と呼ばれる開幕直後だけ好調な選手は少ない印象を持ちます。しかしチーム単位で見ると全く異なる景色が見えてきます。アメリカンリーグではレッドソックスが、そしてナショナルリーグではメッツが特に抜きん出た成績を記録しています。

さらにメッツ以外にもナ・リーグからはダイヤモンドバックスなどの名前も挙げるべきでしょう。ただしレッドソックスとダイヤモンドバックスは昨年もPOに進出していて、今季もある程度期待値が高い状態でシーズンに突入しています。その一方でメッツの下馬評は非常に低く、ナ・リーグ東地区はナショナルズの地区優勝で決まりという風潮が開幕前はありました。実際にESPNの識者29人のナ・リーグ東地区の優勝予想は満場一致でナショナルズでした(http://www.espn.com/mlb/story/_/id/22919123/2018-espn-expert-predictions-which-superteam-rule-baseball)

しかしいざ開幕を迎えると、メッツが予想外に好成績を残しています。今回のコラムでは、そのメッツにフォーカスして彼らが好調なスタートを切った背景を見ていきます。

メッツには昨年のシーズン開幕前に大きな期待が寄せられていました。それもそのはずで、ノア・シンダーガードやジェイコブ・デグロームらで構成する若手主体の夢のローテーションがフル稼働すると見られていたからです。しかし現実はそう甘くありませんでした。シンダーガードは僅か7試合投げただけでシーズンを終えて、マット・ハービーも防御率6.70と目を覆いたくなるような不振に陥りました。打線の核であるヨエニス・セスペデスも故障して、ナショナルズのライバルになるどころか勝率5割にすら届きませんでした。そしてシーズン終了後には長期政権となったテリー・コリンズ監督が退任しました。

そのコリンズの後にミッキー・キャラウェイが新監督として就任しました。キャラウェイはインディアンスの投手コーチをしていた人物で、その手腕は確かなものがあります。しかしメッツが昨年の不振からV字回復を遂げたのはキャラウェイ就任以上に大きな要因があります。

MLBを取り巻くメディアの変化~映像メディアの進化と活字メディアの挽回策~

14849104736_53491ab1e6_z

 

 

 

 

 

 

 

昨年の夏にMLBに関して衝撃のニュースが飛び込んできました。それは選手の移籍に関することでもなく、選手のゴシップネタでもありません。FOXSportsがMLBの報道に関してビデオ事業に専念することを決めたことです。そして何よりも大きな驚きを与えたのがFOXSportsで2005年から記者として活動していたケン・ローゼンタール記者が書き手としての仕事を失ったことです(その後もFoxの試合中継などでのコメンテーターの仕事は続けています)。今更説明するまでもないかもしれませんが、ローゼンタール記者はTwitterのフォロワー数が100万人近くいて有名選手の移籍情報などを1番に伝えることも多いMLBをカバーしている記者の中でも中心人物の一人です。そんな人物が書き手としての立場を失ったのです。今回の記事ではその背景には何があるのかとこれからMLBを取り巻くメディアがどう変化するかを考察していきたいと思います。

本格的にインターネットが普及し始めてからおよそ20年が経ちました。現在ではインターネットなしには、生活が成り立たないレベルにまで浸透しています。インターネットの普及は我々日本人のMLBファンのMLB観戦の方法をも劇的に変化させました。インターネットが普及する以前にはMLBの試合を見ようとすれば、テレビやラジオに頼るしかありませんでした。しかしテレビやラジオは全30球団をカバーしていたわけではありません。それが現在ではどうでしょうか。有料サービスであるMLBTVに加入すれば、いつでも好きな時に好きな試合を見ることができるのです。飛行機に12時間近く乗らないと着くことができないロサンゼルスの試合を東京で高画質で楽しむことができるのです。それだけではありません。TwitterやFacebookなどのSNSを利用すれば、選手のプライベートの様子や最新の移籍情報を瞬時に大量に楽しむことができるのです。英語が堪能な方であれば、現地の新聞のオンライン版から情報を得ることもできます。記者でもない一般人が、日本から遠く離れたアメリカの地方紙の記事を読むことができるというのは、まさにインターネットのおかげと言えるでしょう。

つまり現在のMLBでは、試合だけでなくSNSでの情報収集や選手のプライベートを垣間見るなど娯楽の種類と数がインターネット浸透以前と比較して圧倒的に増加しているのです。これは言葉を換えると、1つ1つの娯楽にファンがかける時間は減少しているということです。2015年の7月には試合中に自身がトレードされると報道されたことがきっかけでウィルマー・フローレス(NYM)が涙を流すという出来事がありました。これは実際には誤報でしたが、SNSは非常に盛り上がりました。これは現在のMLBでは試合以外にもエンターテイメントが潜んでいることと、時にはそれが試合以上に盛り上がる可能性があることを表す好事例です。

ここまで、インターネットが本格普及したことで起こった2つの変化についてまとめてきました。1つ目は高速通信が可能になったことで、日本にいても好きな時に高画質で試合を楽しめるということでした。2つ目は高速通信が可能になったことで、野球の試合以上にSNSが盛り上がったりすることが出てきて1つ1つの娯楽にファンがかける時間が減っていることでした。以下ではこの2つの変化が活字メディアの衰退にどのようにして繋がっていくのかを見ていきます。

今年のMLBで注目すべき意外な6選手たち

5992093081_336cdcb046_z

 

 

 

 

 

 

今回はいよいよ開幕を迎えた今年のMLBで注目されるかもしれない選手を紹介していきたい。今回のコラムでは6人の選手を紹介していく。注目選手と書いているが、実際にはMLB屈指のクローザーから大復活を遂げる可能性のある選手まで様々な選手を紹介している。つまり今季特別なシーズンを過ごしそうな選手を今までの実績に関係なく並べてみたということだ。それでは一人一人を詳しくみていこう。

①クレイグ・キンブレル(BOS)

誰もが知る球界の顔の一人であるキンブレルが一人目の注目すべき選手候補である。もちろん彼は今季も最高のピッチングをしてくれるだろう。今更彼の投球の素晴らしさに言及するのはナンセンスだ。それに今シーズンの後にはFAとなる。ケンリー・ジャンセンが持つリリーバー最高額を更新するためにも、今季もキンブレルには大いに期待できそうである。しかし今年のキンブレルに関して注目すべき事実は、マウンドの中以上にマウンドの外で彼が苦しい状況にいることだ。それは昨年11月に誕生したキンブレルの娘リディアに関してである。リディアは産まれた直後から先天的な心臓の病気を患っている。その為キンブレルはオフの自主トレをリディアの病院の近くにいられるようにボストンで行った。スプリングトレーニングの間もフロリダとボストンを往復する生活を送っている。

キンブレルにとって幸いだったのは彼がレッドソックスに所属している事だろう。そのおかげでリディアは全米でも最高クラスの治療を受ける事が出来ている。その事にキンブレルと彼の妻アシュリーはとても感謝している。

2018年はキンブレルにとってとてもタフなシーズンになるかもしれない。しかし彼ならば、この苦境も跳ね返してくれるだろう。

②ジョニー・ベンタース(TB)

2人目の注目選手は2010年台前半にブレーブスでキンブレルと最強ブルペンを構築したジョニー・ベンタースだ。もしかしたらベンタースの復活は今季MLBで最も感動的なストーリーになるかもしれない。彼は2010年から3年間65試合以上に登板してブレーブスの強力ブルペンをキンブレルらと支えた。その後5年間キンブレルが球界最高クローザーへと上り詰める一方で、ベンタースはその間1試合もMLBで登板出来なかった。ベンタースが最後にMLBで投げたのはチッパー・ジョーンズが引退した試合だ。そのジョーンズは今年1月に殿堂入りを果たした。この話はベンタースが体験した長期間にわたる苦労をよく表している。ベンタースがMLBの舞台から消えたのは、力が衰えたからではない。故障が原因だ。彼は過去5年に2度もトミージョン手術を受けたのだ。ちなみにだが、ベンタースはMLBデビュー前の2005年にもトミージョン手術を受けている。つまり彼はトミージョン手術を3回受けた事になる。トミージョン手術を3回受けてMLBに復帰した選手はいない。2度目のトミージョン手術は2013年の春に受けた。2005年の手術の時と比べて、2013年の時はリハビリが長引いた。若手時代と違い、肉体にかかる負担が増していたからだ。そして2014年の夏に投球練習を行うまでに回復した。しかしさらなる悲劇がベンタースを待っていた。わずか7球を投げただけで痛みを感じたのだ。そしてこの時に3度目のトミージョン手術が決まった。その後も壮絶なリハビリを経験することになるが、2017年にはマイナー合計で24試合に登板するまで回復した。そしてこの春のスプリングトレーニングでも好投した。開幕ロスター入りこそ逃したが、今季こそはMLBで再び躍動するベンタースを見られるだろう。