2017 Team Preview:シカゴ・カブス

              *40人ロースターはリンクより参照 *SP横*マークはローテーション候補の意味を示す    本拠地:リグレー・フ More »

2017 Team Preview:マイアミ・マーリンズ

              *40人ロースターはリンクより参照   *SP横*マークはローテーション候補の意を示す    本拠地: More »

2017 Team Preview:ニューヨーク・メッツ

                *40人ロースターはリンクより参照   *SP横*マークはローテーション候補の意を示す   More »

2017 Team Preview:タンパベイ・レイズ

                *40人ロースターはリンクより参照   *SP横*マークはローテーション候補の意を示す   More »

2017 Team Preview:ボルティモア・オリオールズ

              *40人ロースターはリンクより *SP横*マークはローテーション候補の意   ・本拠地:オリオールパーク・アット More »

 

Category Archives: 2013 Rookie Review

2013 Rookie Review:ナショナル・リーグ西地区

Hyun-Jin Ryu

 

 

 

 

 

 

 

熾烈を極めたレギュラーシーズン。緊迫した雰囲気に包まれて連日熱戦が繰り広げられたポストシーズン。今年も我々にこの上ない楽しみを提供してくれたMLBのその大舞台に上り詰めた、次世代の若きスター達の活躍をここで振り返ってみよう。

 

 

  • アリゾナ・ダイヤモンドバックス

ディディ・グレゴリウス:SS

オランダ・アムステルダム出身のグレゴリウスは2007年、16歳のときにシンシナティ・レッズに入団し、持ち前の身体能力の高さを活かしてのアクロバティックな守備で高い評価を得ていた有望株だ。2012年にメジャーデビューを果たすと同年オフにはトレバー・バウアー、シンスー・チュー、ドリュースタッブスなどが絡んだ三角トレードでアリゾナ・ダイヤモンドバックスへ移籍。今シーズンは正遊撃手としての活躍を期待された。

5月には月間27安打、2本塁打を、続く6月には月間21安打を放ち自身の課題でもある打撃において素晴らしいパフォーマンスを示した。しかしオールスターゲーム明けの7月19日以降、後半戦37試合の出場で120打数25安打と大ブレーキ。持ち前のダイナミックな守備でも精彩を欠き、最終的に13失策、DRS-1、UZR-0.6とグレゴリウスにとって厳しいシーズンとなった。それでも、打席でのアプローチは成長をみせ、BB%はキャリアハイの9.2%をマークし自身最多の7本塁打を放つなど明るい話題もあったことは確かなことだ。

グレゴリウスはまだ22歳。荒削りな部分は多いが、今シーズンの悔しさを糧に来季以降、その素晴らしい才能を我々に披露してくれることを期待したい。

 

A.J.ポロック:OF

A.J. ポロックは2009年ドラフトでダイヤモンドバックスから17巡目指名を受けた。パワーのツールに課題を残すがコンタクト能力に長けており、いわゆる「ギャップヒッター」との評価を得ていた。また、足の速さも兼ね備えており2011年2Aで36盗塁を記録した。守備も広く、打球判断の良さと俊足で外野3ポジションを守れる器用さもみせた。

2012年4月18日にメジャーデビューを果たし、31試合に出場しダイヤモンドバックスの第4の外野手として重宝された。

メジャー2年目の2013年は137試合に出場し不動の1番・センターとして定着し、打率.269、8本塁打、38打点、12盗塁とまずまずの成績を残した。守備でもセンターでDRS+15、UZR17.4と大きく貢献しヘラルド・パーラとともに鉄壁の右中間を形成した。ただし、トップバッターとしてはBB%が6.8%、OBP.322は改善されなければならない数字だろう。

将来的には10~15本塁打、20盗塁を記録できるオールラウンドプレーヤーとして期待されており、フルシーズン1年目としてはまずまずの1年となった。

2013 Rookie Review:アメリカン・リーグ西地区

Nick Franklin

 

 

 

 

 

 

 

熾烈を極めたレギュラーシーズン。緊迫した雰囲気に包まれて連日熱戦が繰り広げられたポストシーズン。今年も我々にこの上ない楽しみを提供してくれたMLBのその大舞台に上り詰めた、次世代の若きスター達の活躍をここで振り返ってみよう。

 

 

  • ヒューストン・アストロズ

ブランドン・バーンズ:OF

7年に渡ってマイナーで過ごした後、昨季デビューを果たした好守の外野手。アストロズが外野手不足だった背景もあり、今季は新人リーグ最多の136試合に出場した。5月からは怪我で離脱したジャスティン・マックスウェルに代わってCFに定着し、好捕を連発、DRS+7&UZR/150=6.6を記録して守備面に於いてチームに多大な貢献をしてみせた。また打撃でも7月21日のシアトル・マリナーズ戦でサイクルヒットを達成する活躍を見せたが、シーズンでは.240/.289/.346と低調な成績に終わった。BB%=4.7%&K%=28.5%だったアプローチの改善や、2010年にA+と2A合わせて28HRを記録したパワーを発揮することによって打撃成績を向上させることができれば、超有望株のジョージ・スプリンガーらが台頭してきてもレギュラーを務められるはずだ。

 

ブレット・オーバーホルツァー:LHP

2011年のトレード・デッドライン当日7月31日に、マイケル・ボーンを放出した見返りとしてポール・クレメンスらと共にアトランタ・ブレーブス傘下から移籍してきた左腕投手。今季のスタートを切った3Aで16試合に登板して防御率4.37とまずまずの成績を残したところで今年3度目のメジャー昇格を果たし、以降閉幕まで先発を務めた。何かきっかけを掴めたのか、先発した10試合では防御率2.24と素晴らしい成績を残し、9月1日のシアトル・マリナーズ戦では完封勝利を挙げる活躍を見せた。現在アストロズ傘下では多くの有望株がメジャーデビューに向けて順調にその歩を進めているが、その中で唯一と言っていいほど左腕投手は人材に乏しく、今後もオーバーホルツァーが優秀なイニングイーターとしてローテーションに残り続ける可能性は高い。

 

ジャレッド・コザート:RHP

ハンター・ペンスをフィラデルフィア・フィリーズに放出した際に見返りとしてジョナサン・シングルトンらと共にアストロズにやってきた「エレクトリック」と言われる投手。3Aで18試合に登板して防御率3.29を残すと7月12日のタンパベイ・レイズ戦でメジャーデビュー。この試合でコザートは7回1アウトまでノーヒッターを継続する見事なピッチングを披露し、デービッド・プライスとの投げ合いを制して勝ち星を手にした。その後もコザートの快投は閉幕まで続き、10先発して防御率は1.95と目を見張る様な出来だった。しかし実際の投球内容は、BB/9は5.25、K/9も4.95と与四球数が奪三振数を上回るなどコザートの抱える問題点を浮き彫りにしているものだった。威力のある直球系の球でゴロを量産するグラウンドボーラーで、優れたスターターに成れる選手ではあるが、コントロールとコマンドを改善することが出来なければいずれブルペンに回る日が来るかもしれない。

 

ブラッド・ピーコック:RHP

今季開幕前の2月4日にジェド・ラウリーをオークランド・アスレチックスに放出した際の見返りとしてアストロズに移籍してきた右腕投手。2012年はアスレチックスの3Aで防御率6点台とスランプに陥っていたが、アストロズに移籍した後も序盤はなかなか調子が上がらなかった。昇格と降格を繰り返したが、後半戦に入ると真価を発揮し始めて防御率3.64を記録。今季は最速96マイルに達したストレートの他に、スライダー、チェンジアップ、カーブ、ナックルカーブ、ナックルなど多くの球種を投げ込んだ。ストレートはムーブメントに欠けるが、コマンド良く投げ込むことが出来る日は、評価の高いカーブとチェンジアップとで優れたコンビネーションを成して多くの三振を奪った。8月4日のミネソタ・ツインズ戦では7回で10奪三振、9月5日のアスレチックス戦では7回で9奪三振の好投。 

2013 Rookie Review:アメリカン・リーグ中地区

6345229830_31b9fdaa54_z

 

 

 

 

 

 

 

熾烈を極めたレギュラーシーズン。緊迫した雰囲気に包まれて連日熱戦が繰り広げられたポストシーズン。今年も我々にこの上ない楽しみを提供してくれたMLBのその大舞台に上り詰めた、次世代の若きスター達の活躍をここで振り返ってみよう。

 

 

  • シカゴ・ホワイトソックス

コナー・ギラスピー:3B

1巡目補完で指名され、2008年のドラフト組の中で最も早くメジャーデビューを果たしたにも関わらずなかなかメジャーに定着出来ないでいた右投げ左打ちの3B。オプションが切れていたため、開幕前にサンフランシスコ・ジャイアンツからトレードでホワイトソックスに移籍してきた。期待のブレント・モレルが伸び悩んでいるために多くの出場機会を得ることが出来、結局リーグ新人2位の134試合に出場。また13HRも同2位だった。守備ではダイビングで打球を止める好プレーが飛び出すことが多かったが、守備数値自体はマイナスだった。目立つツールは、ジャイアンツ所属時に「傘下最高の」と言われた選球眼程度しか備えておらず、来シーズンもレギュラーを務められるかどうかは何とも言えないが、ロースターの邪魔者扱いされて事実上左遷させられた選手がこれだけの奮起を見せたのは立派と言えよう。

 

ジョーダン・ダンクス:OF

2008年のドラフト7巡目で指名された、優れたアスリート性の持ち主であるOF。Baseball Americaが選出するホワイトソックスの「Best Defensive Outfielder」に直近5年で4回選出されるほど守備への評価は高く、実際に今年のメジャーの舞台でもその身体能力の高さを活かしてファインプレーを見せる場面が多々あった。一方の打撃は平均未満で、特にコンタクトを苦手としている。パワーの方はまだまだ発展途上ながら、コンスタントに球を捉えることができるようになれば15~20HRを放つことが出来るとも言われており、ここが花開くか否かがレギュラーを務められるかどうかの問題に直結する。また今季の5HRは全て右投手から放っており、左投手への対応も課題の一つ。現状でも第4のOFとして起用するなら十分な選手。

 

アンドレ・リエンゾ:RHP

メジャーに到達した初のブラジル人投手。今年のWBCにはブラジル代表で出場した。2012年にはPEDの使用(本人はサプリメントに偶然入っていたと主張し故意の使用を否定)で50試合の出場停止が課されるなどの出来事もあったが、A+から3Aまで昇格を果たしメジャー昇格へ大きく前進。今季の開幕も3Aで迎え、20先発で防御率4.06とそれなりの成績を残すと7月30日にメジャー初登板初先発。勝利投手にこそならなかったが、7回3失点6奪三振3与四球とクオリティスタートを達成するまずまずの投球を見せた。最速95マイルに達するストレートの他に、多くの空振りを奪えるカーブ、効果的に使えるカッター、スライダーなどを投げる。チェンジアップも持っているが、メジャーのスターターとしてはまだ物足りないレベルだと言われている。体格が細身であることもあり、セットアップが将来像だとの声もあるが、ローテーション後半を任せることも可能と考える向きも。