2018 ALCS Review : BOS vs HOU

              ALDS : 4-1 *Game部のリンクでゲームのRecapをチェック可。 Game1 BOS 2-7 HOU 勝:ジャ More »

2018 NLDS Review : MIL vs COL

            NLDS : MIL 3-0 COL *Game部のリンクでゲームのRecapをチェック可。 Game 1 COL 2-3 MIL 勝: More »

2018 ALDS Review :NYY vs BOS

              *Game部のリンクでゲームのRecapをチェック可。 Game1:NYY(4) @ BOS(5) 勝:クリス・セール 負:J.A.ハップ S:クレイグ・キンブレル Game2:NYY(6) More »

2018 NLDS Review : LAD vs ATL

                NLDS : LAD 3-1 ATL *Game部のリンクでゲームのRecapをチェック可。 Game1 L More »

セプテンバーコールアップ NL編

            今シーズンのMLBもいよいよ終盤戦に差し掛かり、レギュラーシーズンは残すところ1ヶ月となった。9月に入りアクティブロスターが25人から4 More »

 

Category Archives: コラム

セプテンバーコールアップ NL編

492525455_344c6ea037_z

 

 

 

 

 

 

シーズンのMLBもいよいよ終盤戦に差し掛かり、レギュラーシーズンは残すところ1ヶ月となった。9月に入りアクティブロスターが25人から40人に拡大され、多くのプロスペクトがメジャーに昇格している。ここでは各地区1名ずつ昇格を果たしたプロスペクトを紹介していく。

 

トゥキ・トゥサント:RHP アトランタ・ブレーブス

 今季8月13日のマイアミ・マーリンズ戦でメジャーデビュー。6回2被安打2与四球4奪三振1失点と打線を抑え、デビューを勝利で飾った。今月の3日にはボストン・レッドソックス戦に先発したが、4.2回4被安打2与四球6奪三振3失点で敗戦投手となっている。

 2014年のドラフトでダイヤモンドバックスから全体16位で指名され入団。翌年、ブロンソン・アローヨと共にトレードでブレーブスに加入。FED制作によるチーム別TOP20プロスペクトに2度選出されている(2016年9位→2017年18位)。

 球種は速球、カーブボール、チェンジアップである。好評価の速球は、90マイル中盤のフォーシームと90マイル台のツーシームの2つ。ただしリリースポイントの安定性が課題。傘下トップの質を誇るカーブは、70マイル中盤の12-6カーブでありマネーピッチだ。チェンジアップは80マイル後半であり変化量は平均以上だが、メカニクスが課題。ハイポテンシャルなタレントと称されながらも、メカニクスが不安定であるためにコントロールやコマンドが悪くマイナーで燻っていたが、2018年にBB/9とS%を改善しメジャー昇格を果たした。メカニクスは現在も課題だが、運動能力が高いこともあり改善される見通し。

 奪三振(マイナー通算K/9=9.46)と与四球(マイナー通算BB/9=4.31)が共に多いピッチングであり、コンディションにムラがある。先の通りコマンドが悪いことが問題となっているが、ポテンシャルで補うことが出来るだろう。スターターとしては4~5番手レベル。ブレーブスは投手のプロスペクトが飽和状態であり、リリーバーに配置転換される可能性も充分あるだろう。

 

セプテンバーコールアップ AL編

9470954176_00db79eb67_z

 

 

 

 

 

 

シーズンのMLBもいよいよ終盤戦。レギュラーシーズンは残すところ1ヶ月となった。9月に入り、ロスターが拡大され多くのプロスペクトがメジャーに昇格している。ここではそんなセプテンバーコールアップで昇格したプロスペクトを紹介する。

 

・ショーン・リード・フォーリー ;RHP トロント・ブルージェイズ

ブルージェイズ期待の将来のローテーション候補。昨シーズンに成績が悪化し、評価を落としていたが、元々チームトップクラスの評価を受けていたプロスペクトで16年にはマイナー全体6位となる被打率.190を記録している。速球は97マイルに達し、キレのあるスライダー、カーブとの組み合わせで多くの三振を奪うことが出来る。メジャーデビューは8月に既に果たしていたが、結果を残すことが出来ずにマイナー降格していた。今回の昇格では来年以降のローテーション争いに食い込むような活躍を見せることが出来るのか注目したい。

 

また、ブルージェイズはキャッチャーのダニー・ジャンセン、外野手のアンソニー・アルフォードなど他のプロスペクトも昇格を経験しており、来年にはメジャートップの評価を受けるブラディミール・ゲレーロJrの昇格も予想される。現在、チームは苦しい戦いを強いられているが着実にチームの再建は進んできているだろう。

8月のトレード補強を振り返る

44315099881_46679af398_z

 

 

 

 

 

 

 7月31日は、「トレードデッドライン」である。だが、MLBではウェイバーを通過する、もしくはクレームされることで8月31日までトレードを行うことが出来る。基本的に強豪チームが目当ての選手を獲得することは難しいが、シカゴ・カブスがダニエル・マーフィー(2B)を獲得したように、タイミングさえ良ければPO直前に大きな補強を行うことが出来る。さて、8月はメジャー全体で39件のトレードが行われた。そこでカブスのように、PO直前に補強に成功したチームを振り返りたい。

 

 ニューヨーク・ヤンキース
 7月、投手を重点的に補強していたヤンキースは、アデイニー・エチャバリア(SS)とアンドリュー・マッカッチェン(RF)を獲得。ディディ・グレゴリウス(SS)が復帰間近とは言えDL入りしており、SSの強化に成功した。また、エチャバリアは守備に定評があるため、グレゴリウス復帰後は控えとしてチームに貢献することが出来るだろう。外野手はアーロン・ジャッジ(RF)がDL入りしており、手薄となっていた。ジャッジ復帰後はアーロン・ヒックス(CF)やブレット・ガードナー(LF)と併用すると見られている。クリント・フレイジャー(LF)もリハビリ中であるため、第四の外野手をアップグレードすることが出来たのはPOでは大きな強みである。尚、マッカッチェンは2012年から始まった長期契約の最終年でありオフにFAとなる。おそらく来季はピンストライプではないユニフォームに袖を通していると思われるが、ヤンキースでの活躍に期待したい。

 

 クリーブランド・インディアンス
 ジョシュ・ドナルドソン(3B)を獲得。今季は故障によりシーズンの大半をDLで過ごしているものの、インディアンスの地区優勝は安泰であるため、急いで復帰する必要はなさそうだ。エースのトレバー・バウアー(RHP)等がDL入りしているものの、投手陣には手を付けなかった。7月はブラッド・ハンド(LHP)とアダム・シンバー(RHP)を獲得している。

 

 オークランド・アスレチックス
 ショーン・ケリー(RHP)やフェルナンド・ロドニー(RHP)、コーリー・ギアリン(RHP)、そしてマイク・ファイヤーズ(RHP)を獲得。1人1人はスター級ではないものの、確実にブルペンをアップグレードし、PO進出有力候補になることが出来た。
※アスレチックスのリリーバーの成績()内はAL内の順位
防御率3.29(3位)
勝利数35(2位)
投球回506.1(3位)
(9/2時点)
 ブルペンはALトップクラスであり、今季のアスレチックスの好調を支える鍵と言えるだろう。ファイヤーズは移籍後もスターターとして起用されている。5先発し、27.2回3与四球30奪三振で3勝をマーク。ヒューストン・アストロズと地区優勝争いをしているチームに大きな貢献をしており、トレードは大成功と言えるだろう。尚、ファイヤーズは来季以降も保有することが出来る。地味な補強ながら後半戦も好調をキープしているアスレチックスから目が離せない。尚、、7月は僅か1度しかトレードを行なっておらず、そのトレードではジュウリス・ファミリア(RHP)を獲得している。