Weekly Report: Week11

            3つのハイライトで1週間のメジャーリーグを辿る。weekly-11のキーワードは「ブレイク選手」「マックス・シャーザー」「アンドリュー・ More »

Weekly Report : Week9,10

              2つのハイライトで2週間のメジャーリーグを辿る。weekly-9,10のキーワードは「ポール・ゴールドシュミット」「グレイ More »

2018 Draft TOP21~40 Prospects

              21.ナンダー・デ・セダス:SS 背が高く(185cm)、運動能力が高いショートとしてフランシスコ・リンドーア(現CLE) More »

2018 Draft TOP1~20 Prospects

              1.ケーシー・マイズ:RHP アラバマ出身で高校時代はドラフトで指名されなかった。しかしソフモアの年に大きく飛躍して一躍ト More »

Weekly Report : Week8

            3つのハイライトで1週間のメジャーリーグを辿る。Week-8のキーワードは「フレディー・ペラルタ」「アストロズ投手陣」「ロビンソン・カノ More »

 

Category Archives: ライブラリー

2018 Draft TOP21~40 Prospects

460704464_38e958e5e2_z

 

 

 

 

 

 

 

21.ナンダー・デ・セダス:SS

背が高く(185cm)、運動能力が高いショートとしてフランシスコ・リンドーア(現CLE)と比較される。滑らかな動きでショート守備をこなすが、平均以下のスピードもあって3Bに移るのではないかと見るスカウトもいて評価が分かれている。打撃やスピードも平均以上で、将来的に5ツールを兼備したショートになる可能性も十分にある逸材。

22.ブレイン・ナイト:RHP

昨年はTEXからの指名を断り大学に戻った選手。速球は最速97マイルで、普段は90マイル前半を計測する。身体は細く筋肉をさらに付ければ、速球の球速はさらに伸びるだろう。スライダーなのかカッターなのか見分けが付きにくいスライダーが変化球では最も優れている。チェンジアップは1年目まではスライダーより評価が高かったが、どちらも平均以上の球種。カーブの評価は低いが先発として十分やっていけるレパートリーを誇っている。細い体格故に頑丈さを懸念する声はある。

23.J.T.ジン:RHP

速球の球速は今年のドラフトでもトップクラスの高校生右腕。今春には99マイルを出したと伝えられていて、高校3年間で103イニングで182三振を奪った。カーブの評価も高く、チェンジアップを磨けばマイケル・コペック(現CWS)のようになってもおかしくない。打撃も一流だが、身体はまだ出来上がっていない。

24.マイク・シアニ:OF

センター守備に定評のある高校生。ベースランニングでも相手に脅威を与えられるスピードと肩の強さで、センターとしては今回のドラフトでも最高レベル。打撃面はバットコントロールが素晴らしくこれからの成長に期待される。出身地域が近いこともあって、マイク・トラウト(現LAA)と比較されることもある。

 

2018 Draft TOP1~20 Prospects

460704464_38e958e5e2_z

 

 

 

 

 

 

 

1.ケーシー・マイズ:RHP

アラバマ出身で高校時代はドラフトで指名されなかった。しかしソフモアの年に大きく飛躍して一躍トップクラスのプロスペクトと見なされるようになった。球種は主に4つである。速球は最速96マイル常時92-96マイル。変化球ではカッター、カーブ(スライダー)も投げるが、最も評価されているのはスプリッターだ。またコントロール及びコマンドが素晴らしく、2017年から2年連続でBB/9が1を割っている。昨年は肩の故障で早めにシーズンを切り上げたが、今季は大きな故障には苦しんでいない。速球、スプリッター、スライダーの上質な3球種を持っているので、MLBでもエースとして長く活躍できる可能性を秘めている。

 

2.ブレイディ・シンガー:RHP

2月のシーズン開幕前は全体1位の可能性も噂されたプロスペクト。しかし支配的な投球を続けるケーシー・マイズに立場を逆転されている。投球は速球及びスライダー、チェンジアップの3球種から構成される。速球は最速95-96マイルを記録しているが、この春は球速低下を指摘している媒体もある。スライダーの評価も高いが、チェンジアップは現在向上中だ。また投球のデリバリーが安定していないことを問題視されていることもある。チェンジアップが成長しなければ、リリーバーに収まる可能性も高くそこも評価を難しくさせている。4月末の対戦ではマイズに投げ勝った。

 

3.ニック・マドリガル:2B

今年のドラフトの野手No1候補の選手だ。小柄でスピードと打撃センスに定評があり、ホセ・アルテューべ(現HOU)と比較できる。盗塁数が傑出して多いわけではないが、ベースランニングのセンスがいい。また打撃でもコンタクト能力とアプローチに優れていて2017年シーズンは三振を四球が上回っていた。今季は手首の故障で開幕から数週間欠場したが、復帰後はしっかりと打てていて大きな問題は見つからない。また現在は2Bと目されているが、ショートでもプレイ可能と見られることもあり、実際にショートに転向すればさらに価値が向上するだろう。

 

4.ジャレッド・ケレニック:OF

美しい打撃フォームから強烈な打球を飛ばすヒッター。昨年のU18W杯でも活躍した。現在最も評価されているツールはヒッティングだが、体格がさらに成長すればパワー面も期待できそうである。スピードでもチームに貢献できる選手である。守備に関してはセンターに残ることができるかを疑問視する声もある。ただし肩の強さは高く評価されていて、ライトを十分務めることができるはずだ。打撃フォームの美しさは2015年フィリーズ1巡目のミッキー・モニアクを想起させるが、ケレニックが全体何位で指名されるかは大いに注目である。

 

2018 Team Preview:ボストン・レッドソックス

18bos

 

 

 

 

 

 

 

 

*40人ロスターはリンクより参照

*SP横*マークはローテーション候補の意を示す

 

本拠地:フェンウェイ・パーク

他の野球場と大きさを比較する→http://yakyujo.com/ml15/

 

広さ
レフト 94.5m
センター 118.8m
ライト 92.0m
フェンス高さ 0.9~11.3m
パークファクター平均*100
安打 110.3
ツーベース 115.6
スリーベース 75.6
HR 82.4
得点 102.6

 

  • 予想オーダー

1.ムーキー・ベッツ:RF

SS、GG受賞、MVP投票2位に終わった16年からOPSを100ポイント近く下げるなど打撃成績を落とした。しかし守備や走塁は健在で40二塁打・20盗塁・UZR+20をマークしMVP投票では6位につけた他、BB/Kを0.61から0.97にあげるなどアプローチで成長が見られた。

2.アンドリュー・ベニンテンディ:LF

20二塁打20本塁打20盗塁の活躍で新人王投票2位につけた。ErrR=-0.8を記録してUZR=-0.1に終わるも、DRS=9を記録。プルヒッターであるものの広角に打ち分ける技術を持ち合わせており、アプローチも上々。UBRは16年、17年で合計-0.5を記録しており、かつ16年は3階級で17盗塁9盗塁死に終わっているため盗塁は減少すると見られる。

3.ハンリー・ラミレス:1B

レッドソックス加入後は走攻守で今ひとつの成績を残している。16年はWAR3.0を記録したものの17年はWAR-0.4を記録。15-17年のwFC=-5.4、wSI=-16.4と芯を外すボールへの対応が出来なくなっていることが1つの要因と言えるだろう。今季は497打席立つことで19年のオプションが行使されるため、ミッチ・モアランド(1B)等との併用が予想される。

4.JD・マルチネス:DH

5年$110Mの契約で加入したスラッガー。19年-21年(21年はDL登録日数によって生じるオプション)にオプトアウト可能。FB%を増加させてGB/FB=0.89とすると僅か119試合で45本塁打を放った。尚38本塁打を放った15年はGB/FB=0.79。守備指標が悪いため、DHでの出場がメインになると思われる。

5.ザンダー・ボガーツ:SS

17年はOPS+=95を記録。SS受賞は2年連続で途絶えた。通算BABIP.336のグラウンドボールバッターだが、16年には21本塁打を放つなど柵を超えるパワーと技術もある。守備はSS通算DRS=-30、UZR=-2.9。RngRの値が悪い一方でErrRは良い。UBR、wSB共に良く、走塁技術は高い。

6.ラファエル・デバース:3B

17年にメジャーデビューを果たし、58試合240打数で10本塁打を放った。アプローチはまだ洗練されていない部分が見受けられるが、21歳という年齢を考えれば伸びしろは大きい。17年は広角に打ち返すバッティングだったが、キャリア全体ではプルヒッターの傾向がある。バッティングのレベルの高さは既に昨年証明済みであり、フィールディングには難があるが問題はないだろう。

7.ダスティン・ペドロイア:2B

AS出場4回、GG受賞4回、08年MVP受賞という輝かしいキャリアを持つALで最も有名な2Bの1人。17年は故障で105試合の出場に留まり、fWAR=1.9とスタメン定着後ワーストの成績に終わった。ただアプローチやバッティング、変化球の対応に目立った衰えは見られず、フィールディングもUZR=6.3、DRS=-2。近年は守備範囲が狭まっているものの、DL復帰後は攻守で地区優勝争いに貢献出来るだろう。

8.ジャッキー・ブラッドリー Jr:CF

CF通算UZR=22.8、DRS=37のフィールディングと通算UBR=5.2、wSB=2.7のランニングが売りのCF。16年には26本塁打を放ったが、17年は17本塁打でOPS+は118から88に低下。18年は新監督の元盗塁を増やそうとしており、16年の9盗塁以上を期待したい。

9.クリスチャン・バスケス:C

フレーミングに定評のあるプエルトリカン。マイナーではある程度安定していたアプローチはAAAより上の階級ではやや苦戦している。C通算DRS=29、17年リーグ3位のRAA=8.3(MLB1位はタイラー・フラワーズの28.1)の堅守で”ミニ・ヤディ”の愛称に見合う活躍を期待したい。