2017 NLCS Review LAD vs CHC

                NLDS  : LAD 4-1 CHC *Game部のリンクでゲームのRecapをチェック可。 Game1 More »

2017 NLDS:LAD vs ARI

            NLDS :  LAD3-0ARI    *Game部のリンクでゲームのRecapをチェック可。 Game1 ARI5-9@L More »

2017 ALDS Review:NYY vs CLE

            ALDS:NYY 3-2 CLE     *Game部のリンクでゲームのRecapをチェック可。 Game1 NYY More »

2017 ALDS Review : HOU vs BOS

        ALDS : HOU 3-1 BOS *Game部のリンクでゲームのRecapをチェック可。 Game1 HOU 8-2 BOS 勝;ジャスティン・バーランダー(1 More »

Playoff Preview:ロサンゼルス・ドジャース

                NL西地区5連覇を達成したドジャースは最終的に103勝58敗という成績でレギュラーシーズンを終えた。103勝 More »

 

Category Archives: 2012年 ドラフト

2012チーム別ドラフトレビュー:ナショナル・リーグ西地区

espnhs_max_fried_2011_area_code_baseball_576x324
  • アリゾナ・ダイアモンドバックス

○過去10年の傾向

大部分がメジャー昇格を果たすなど非常に上手くいっている印象(半分は既に移籍しているが)。高校生・大学生問わずにその時残っている一番の選手を指名する傾向で、そのためにはお金は惜しまない。
ジョシュ・バーンズGM政権下では投手の指名が多かったが、ケビン・タワーズGM政権でもその方針は変わっていない模様。2010年に全体6位で指名したバレット・ルークス(レンジャーズ)とまさかの契約失敗に終わるも、その補償で得た2011年全体7位指名で将来のエース候補アーチー・ブラッドリー(ダイヤモンドバックス)を指名・契約したあたりさすがである。

 

○2012ドラフト注目選手

ストライカー・トレイハン:C
右投左打,アカディアナ校,全体26位

アスレティック。力強い身体から放たれるスイングは早く、ストライクゾーンに保てる。非常にパワフルな打者だ。精神的にも非常に成熟しており、リーダーの素質あり。キャッチャーとしては強肩だが、プレートの後ろでのスキルはまだまだ磨く必要あり。打撃力を活かすためにライトにコンバートする可能性もある。ただ、球団のフロントは当分キャッチャーとして育成する方針。その名前も素晴らしく、今ドラフトでは1,2を争うレベルだろう。1,700,000ドル(スロットバリューと同額)でサインし、アリゾナルーキーリーグに出場中。159打席でリーグ2位となる34四球を選んでおり、スラッシュラインは.281/.300/.488。

 

ホゼ・ミュノズ
右投右打,ロス・アルトス高,全体90位

ルーカス・ジオリートやダニエル・ロバートソンのようにビッグネームではないが、スリーパーとして密かにスカウトの注目を集めていた。かなり粗削りだがアスレティックで、強肩、スピード、パワーを兼ね備えており、インスティンクトも優れている。守備面ではスカウトによっては素晴らしい守備力を持ったSSになれるという意見と、3Bに移ったほうがいいという意見に分かれる。520,500ドル(スロットバリューは540,000ドル)で契約し、アリゾナルーキーリーグでの156打席で.243/.312/.329を残している。

 

ジェイク・バーレット:RHP
アリゾナ州立大,全体120位

地元育ちのローカルボーイ。速球は95-96をコンスタントに叩きだし、最速で98マイルを計時する。スライダーは平均以上で、サードピッチとしてスプリッターもある。コマンドも優れており、大学3年時には33.1イニングで36K/9BBを記録している。起用法はリリーフに限定されるが、クローザーになれる素質あり。Dバックスファンとして生まれ育ち、今回の指名は相思相愛と言えるだろう。スロットバリューと同額の392,900ドルで契約後はAで19.1イニングを投げ18K/6BB、4.46 ERAを残している。

2012チーム別ドラフトレビュー:ナショナル・リーグ中地区

carlos_correa_field.800w_600h
  • シカゴ・カブス

○過去10年の傾向

総じてみると大学からの一巡目指名のほうがやや多い印象を受けた。タイラー・コルビン(ロッキーズ)やアンドリュー・キャッシュナー(パドレス)はメジャーの世界である程度の活躍を収めているが、大半はメジャーに上がれないままでいることからも、一巡目指名ではやや苦戦していると言える。

 

○2012ドラフト注目選手

アルバート・アルモラ:OF
右投右打,マター・アカデミー・カーター高,全体6位

アスリートで攻守に優れた素質を発揮する。打撃はフィールド全体に打ち分けるラインドライブヒッターで高いアベレージを維持出来る。パワー面でも成長が見込まれ、引っ張った打球からその片鱗を伺わせるとのこと。守備もスピードを生かした広いカバー範囲と肩の強さを誇る。今ドラフトでは屈指の5ツール候補生で、高校生ながら完成度も高い。優れたリーダーシップと練習熱心な姿勢も高評価で、大舞台での経験も豊富だ。ただしツール全体をより磨く必要はある。

 

ピアーズ・ジョンソン:RHP
ミズーリ州立大,全体43位

前腕の故障で評価を下げたが素質は今ドラフト屈指との評価を得ていた。91~96マイルのストレートとパワーカーブのコンビネーションは三振を奪うことが可能で、特にボールを低めに集めることが出来る時は非常に支配的な投球を披露する。チェンジアップも今後向上する余地を残し、ストライクゾーンを突ける姿勢も高く評価されている。ドリュー・ストーレン(ナショナルズ)を先発向きにした素材と見られるが、毎年故障を経験している健康面は不安材料。実力は確かなだけにこの点のケアが求められる。

 

デュエン・アンダーウッド:RHP
ポープ高,全体67位

全体67位指名。ポテンシャルを高く評価される右腕。高い運動能力と生来の肩の強さを誇る。ストレートは90マイル前半がベースで時に96マイル前後に届く。このボールがベストピッチで次いで縦に割れるカーブ、チェンジアップが続く。粗削りでコマンドと変化球は向上が求められる部分である。この部分の改善が見られればリーグ屈指の存在に成り得るだけの選手だが、場合によってはマイナーで埋もれる可能性も高く、ハイリスクハイリターンの典型と言える。

2012チーム別ドラフトレビュー:ナショナル・リーグ東地区

Harvard-Westlake-pitcher-Lucas-Giolito-Eric-Dearborn-photography
  • アトランタ・ブレーブス

○過去10年の傾向

過去10年間のドラフト指名順位は決して高くはないがジェフ・フランコーア(ロイヤルズ)、ジャロッド・サルタラマッキア(レッドソックス)、ジェイソン・ヘイワード(ブレーブス)など高校生を指名し、育成する上手さが武器。ヘイワードが2010年にMLBデビューし、メジャー初打席に本塁打を放つなど鮮烈なデビューを果たしたが、昨年は打率.227、14本塁打、42打点に終わるなど不振に喘いだが、チッパー・ジョーンズ(ブレーブス)に代わる次世代のフランチャイズプレーヤーとしての活躍が期待される。
マイク・マイナー(ブレーブス)は2010年にMLBデビューを果たし、ブレーブスの先発ローテーションに定着している。2010年、2011年合わせて23先発で8勝5敗、防御率4.74、123.1IPで120K、41BBを記録している。

 

○2012ドラフト注目選手

ルーカス・シムズ:RHP
ブレイクウッド高,全体21位

アトランタ近郊出身の地元っ子。常に90マイル代前半、最速98マイルに達したとのレポートもある速球を持つ。カーブはキレ、スピンはいいが安定感に欠ける。将来的にコマンドがもっと安定すればローテーションの中盤を任せられる投手になれるが、そうでない場合はセットアッパー若しくはクローザーにとどまるだろう。素材は十分だが、6フィート2インチの身長が懸念される。1,625,000ドル(スロットの金額は1.825,000ドル)で契約しフロリダのルーキーリーグに配属されたが3試合に登板後にアピーリーグ(上級のルーキーリーグ)に昇格し、合計5試合、10.2イニングで被安打6,3R,3ER,12K/4BB,2HRという成績(7月21日現在)。

 

アレックス・ウッド:LHP
ジョージア大,全体85位

2年生ながらドラフトの指名対象になった。速球は91-94マイルで、最速96マイルに達する。変化球は83-84マイルのチェンジアップと、それよりも遅いカーブを投げる。主に速球とチェンジアップ主体のピッチング。フォームはかなり変則的で、滅茶苦茶という評価も。1年時からエースの座を与えられ、2年の今季は102.1イニングで防御率2.73、100K/21BBの数字を残した。既に1度トミー・ジョン手術を受けている。700,000ドル(スロットの金額は583,300)で契約後はAのサリーリーグに配属され、16イニングで防御率2.25、15k/5BBの成績。

 

ジョシュ・イーランダー:C
右投右打,テキサス・クリスチャン大,全体209位

優れたコンタクト技術と打席でのアプローチ、平均以上のパワーがある。大学3年の今季は223打数で.314/.436/.525、44K/42BBという数字を残した。キャッチャーとしては非常にアスレティックで、ホームプレートの後ろでのスキル、キャッチング、スローイングにはともに難があるため、将来はRFになる可能性も高い。スロットの金額と同じ166,700ドルでサインし、アピーリーグでの89打席で.250/.348/.368,10K/10BBという成績。