2018 NLCS Review : LAD vs MIL

             ロサンゼルス・ドジャースとミルウォーキー・ブリュワーズによるNLCSは、第7戦までもつれる好カードとなった。  初戦、2番手として登板 More »

2018 WS : BOS vs LAD

            WS:4-1 *Game部のリンクでゲームのRecapをチェック可。 Game1 BOS 8-4 LAD 勝:マット・バーンズ(1-0) More »

2018 ALDS Review : HOU vs CLE

                今回はプレーオフレビューとして、アメリカンリーグの地区シリーズインディアンスvsアストロズを分析する。 &n More »

2018 ALCS Review : BOS vs HOU

              ALDS : 4-1 *Game部のリンクでゲームのRecapをチェック可。 Game1 BOS 2-7 HOU 勝:ジャ More »

2018 NLDS Review : MIL vs COL

            NLDS : MIL 3-0 COL *Game部のリンクでゲームのRecapをチェック可。 Game 1 COL 2-3 MIL 勝: More »

 

Category Archives: NL西地区

2013 Team Preview:コロラド・ロッキーズ

3737348017_56983f402f_z

 

 

 

 

 

 

 

*40人ロースターはリンクより参照。
*SP横*マークはローテーション候補の意味を示す。

 

  • 予想オーダー

1 エリック・ヤング:2B
鮮烈なスピードツール。相応に優れたアプローチも兼ね備えたリードオフ候補の1人だ。マイナーでは2Bが主ながらメジャーではOFが主であり、2012年は2Bとしてのプレーは無し。 

2 デクスター・ファウラー:CF
2009年~2012年に放った50三塁打は両リーグトップ。ボールの見極めも優れており、攻守でアスレチック。ただし盗塁を始めテクニカルな側面で粗削りな部分も多い。 

3 カルロス・ゴンザレス:LF
5ツール。攻守に爆発的であり、パワー&スピードを兼ね備えたダイナミックなプレーを披露する。2010年から3年間20本塁打以上&20盗塁以上をマークし続けている。

4 トゥロイ・トゥロウィツキー:SS
メジャーリーグ最高のショートストップだ。パワフルかつアベレージを兼ね備えるバッティングに限らず、強肩を誇る守備も素晴らしい。2012年を含め彼は健康面に不安を示している。 

5 ウィリン・ロザリオ:C
2012年に放った28本塁打はルーキー捕手として史上5位の値。粗削りなアプローチながらパワーと強肩を兼ね備えたダイナミックな打者だ。4番として30試合&1番としても2試合に出場。

6 タイラー・コルビン:RF
フリースインガー。パワーと相応なスピードを兼ね備えており、1Bと外野3ポジションをこなせるユーティリティ性も持ち味だ。ただし2013年については悲観的な予測が多い。

7 マイケル・カダイヤー:1B
3年$31.5Mの1年目はISO.229とパワーを示した。バッテリーとSS以外をこなすユーティリティ性を兼ね備えた人格者として知られる。2012年は故障の影響で8月半ばにシーズン終了。

8 クリス・ネルソン:3B
2004年ドラフト全体9位指名。本来はSSながらメジャーでは2B&3Bを任される。アスレチックな素材で2012年にブレイクも、3B守備ではDRS-18と粗さを露呈。

9 P