2017 Trade Deadline ~躍進チームそれぞれの判断

               今年のMLBは例年にも増してサプライズチームが多い印象を受ける。ナショナルリーグ中地区のブルワーズは、前半戦を終えた時点 More »

How To Pitch Like Yu Darvish

              Meta description: Learn how to pitch like Yu Darvish employin More »

Weekly Report:Week-11

        3つのハイライトで1週間のメジャーリーグを辿る。Week-11のキーワードは「オールスター」「アーロン・ジャッジ」「ドジャース」だ。   ・オールスター More »

Weekly Report:Week-10

              3のハイライトで1週間のメジャーリーグを辿る。Week-のキーワードは「日米通算2000本」 「エリック・ヤング・ジュニア More »

2017 Draft Review:アメリカン・リーグ中地区

                  *順位:選手名:出身校:ポジション:身長/体重 シカゴ・ホワイトソックス   11: More »

 

Category Archives: AL西地区

2014 Top 15 Prospects:テキサス・レンジャーズ

9250756475_bc762e9a55_z

 

 

 

 

 

 

 

本ランキングのベースは、現在の活躍と今後のアップサイドによる総合的な評価である。傘下トップ15の素材を簡易のレポートと共に示している。選手名のリンクで表示されるマイナーでのスタッツと併せて参考にして頂ければ幸いだ。

 

 

1. ラーンド・オドアー:2B
攻守にオールラウンド。アグレッシブなアプローチで35BB/91Kもハイクオリティなヒッティングセンスを示し、19にしてA+-2AでOPS.839&32盗塁。ディフェンシブで広いカバー範囲&安定したスローイング。SSもプレー出来る。 

2. ホルヘ・アルファロ:C
Aで16本塁打&16盗塁。パワー&アームツールの評価が高かったが、相応なアスリート性も示した。20本塁打&ゴールドグラブクラスのディフェンダーになると目されている素材。AFLではリーグ2位の打率.386。アプローチが粗い。 

3. ルーク・ジャクソン:RHP
コンスタントに90マイル半ばを叩き出すストレートはパワフル。カーブ&チェンジアップのコンビネーションで高い支配力を示し、A+-2Aで128IP/134K&2.04ERA。コマンドが不安定も、ゾーン内で打者を捻じ伏せる。 

4. マイケル・チョイス:OF
3Aでキャリアハイの.302たるアベレージをマーク。コンタクト面で課題を露呈していたバッティングはアプローチを含め向上を辿っている。2011年にA+で30本塁打とパワーポテンシャルも高い。守備はアスレチックもアームが平凡。

5. ジョーイ・ギャロ:3B
マイナー全体トップの40本塁打&ISO.372。マイナーでも傑出したパワーモンスター。ボールを見極めたアプローチも出来、アームも傑出している。スイングが大きくコンタクトを生み出せない点が課題。R-Aでは50BB/172K。 

6. ルイス・サーディナス:SS
才能はエルビス・アンドラスを上回るとの評価。20-80スケールで60のスピードを攻守で巧みに扱うことが出来る。ここ2年で64盗塁&打率.280以上。ディフェンダーとしても傑出したツールの持ち主。ISO.100以下のパワーが課題。 

7. ハイロ・ベラス:OF
2012年に$4.5Mでレンジャーズ入り。パワー&スピード&アームのパッケージ。レンジャーズでプレーしたホアン・ゴンザレスと比較される5ツール型。7月に入りRでデビューしOPS.752。体格にも恵まれ、傑出したアップサイドを持つ。 

8. クリス・ボスティック:2B
ドラフト全体1336位のアンダードッグがAでブレーク。14本塁打&25盗塁&OPS.806をマーク。5-11/185と小柄も上質なパワー&スピードのツールを示す。SSからコンバートされた2B守備も平均以上。K%22%と三振が多い。 

9. アレックス・ゴンザレス:RHP
2013年ドラフト全体23位指名。カッター気味に変化するストレートにドラフトクラス内でトップと評されたスライダーを織り交ぜゾーンを攻める。メカニクスもシンプル。チェンジアップの向上が先発として活躍出来るかのカギとなる。 

10. トラビス・デメリット:SS
アスレチックなミドルヒッター。Rではボールの見極めを示し出塁率は.411。パワーは体格の成長と共に向上を辿ると目されている。ハイクオリティなアームツールの持ち主。グラブ捌きの柔らかさからSSより3B向きとも見られている。 

11. アレク・アッシャー:RHP
ハードボーラー。90マイル後半を計時するストレートを主体にA+でリーグトップの139K。カーブ&スライダーを織り交ぜるピッチングはパワフルも、単調でリリーフ向きとの見方も存在。チェンジアップも平凡で、緩急を生み出せない。 

12. ノマー・マザラ:OF
2011年にレンジャーズが$4.95Mを支払った素材。左打席で生み出すスイングスピードは傑出しており、ハイクオリティなパワーを作り出す。AではOPS.692と平凡なパフォーマンス。ヒッティングセンスの平凡さが懸念。三振も多い。 

13. ルイス・ブリンソン:OF
アスリートで攻守にインパクトを生み出せる。バッティングはパワフルで、センターをプレーする守備も目立つレベルを示す。Aでは21本塁打&24盗塁。技術的に粗削りな部分が多く、特にコンタクト面が平凡。447打数で191Kを喫した。 

14. アキーム・ボスティック:RHP
高校ではフットボールも兼任したアスリート。従兄弟のブライアントもフットボールプレーヤー。94マイルのストレート&チェンジアップのコンビネーションが光る。プレー経験の浅さ&恵まれた体格から、アップサイドは高評価。 

15. ニック・ウィリアムス:OF
パワフルでアグレッシブなバッティング。上質なヒッティングセンスの持ち主。AではISO.250とゲーム内でもパワーポテンシャルを示した。キャリア628打席で31BB/160Kのフリースインガー。守備も平凡でレフトをプレー。

 

Notable Prospects
コディ・ビューケル:RHP
ホセ・サマヨア:RHP
ニック・マルティネス:RHP
ビクター・パヤノ:LHP
アレックス・クラウディオ:LHP
ロナルド・グズマン:1B
ライアン・ルア:2B
ドリュー・ロビンソン
:3B
ハンサー・アルバート:SS
エンジェル・ベルトレー:OF

 

Text by Koichi MIYAZAKI
写真:http://www.flickr.com/photos/27003603@N00/9250756475/in/photolist-f6sxBi-bsCMGH-9xA6LL-9xxy3s-9xuCcK-9xuD8H-9xxAis-9xxmd2-9xtWFB-f7ksS1-f5LHAT-f7692P-f7iSL1-f74oj6-f6svG8-9xuz6z-8GSdQM-aAQj4f-99Cwa1-9mWYtg-7YR57J-9hgpHp-99Cw9Q-9g4wWF-bUmqRN-bW3HZQ-bUocNf-bUnguo-bUoy3d-bUjKtE-bUmEq5-bW3GYJ-bUmuo7-bW3MgE-bUmFdS-bUoaF1-bUoqR5-bW4DR3-bUo7i1-bVZuom-e9zXvj-9RAh4C-9Rxort-9Rxndg-9RAgHA-9RAhwG-9RxnWt

2014 Top 15 Prospects:シアトル・マリナーズ

9441444138_5d485a31bb_z

 

 

 

 

 

 

 

本ランキングのベースは、現在の活躍と今後のアップサイドによる総合的な評価である。傘下トップ15の素材を簡易のレポートと共に示している。選手名のリンクで表示されるマイナーでのスタッツと併せて参考にして頂ければ幸いだ。

 

 

1. タイワン・ウォーカー:RHP
エースポテンシャル。99マイルを計時するストレート&カーブ&チェンジアップのコンビネーションは傑出したクオリティ。アスリート性も高くメカニクスはスムースだ。2013年はコマンドが向上を辿り、8月30日にはメジャーデビュー。 

2. エドウィン・ディアズ:RHP
プエルトリコ出身のアームがRで支配的なパフォーマンス。69IP/79K/1.43ERA。喫した被安打は45本のみ。細身なフレームながら97マイルのストレートの持ち主で、コマンドも向上を辿った。抜きん出たアップサイドを示している。 

3. ルイス・ゴハラ:LHP
ブラジル出身。16にしてRでプレーし21.2IP/27Kとポテンシャルを証明。90マイル前半のストレートにスライダー&カーブ&チェンジアップを織り交ぜる。体格&コマンド共に年令以上に成熟。CCサバシア(ヤンキース)と比較される。 

4. D.J.ピーターソン:3B
アベレージ&パワーを両立したオールラウンドヒッター。SS-AでもアグレッシブなアプローチながらもOPS.918。55試合で13本塁打とパワーを示した。小柄なフレームからアップサイドの評価は平凡。守備も特筆すべきレベルでは無い。 

5. ビクター・サンチェス:RHP
アグレッシブにゾーンを攻める。18ながら安定したコマンド&チェンジアップを示し、Aでは2.78ERA&K/BB4.39をマーク。7月17日にはノーヒッター。6-0/255たる重量型でバートロ・コロン(アスレチックス)と比べられる。 

6. クリス・テイラー:SS
ハイクオリティなSS守備で評価を得ていた素材がブレーク。上質なアプローチに支えられたミドルヒッティングを示し、A+-2AでOPS.865&38盗塁。チームのマイナートップの84BBもマーク。パワーツールに比して三振は多い部類。 

7. ジェームズ・パクストン:LHP
シーズン後半に目立つパフォーマンスを示し、メジャーでも4先発で3勝&1.50ERA。独特なメカニクスで打者を欺き、パワフルな94マイルのストレート&カーブで打者を捻じ伏せる。メカニクスが不安定。コマンドも粗削り。 

8. ダニー・ハルツェン:LHP
93マイルのストレート&スライダー&チェンジアップ。バランスの良さに定評を得ており、3Aでも30.2IP/2.05ERA/4.86K/BBと傑出したパフォーマンス。左肩を痛め6~9月はほぼ全休。シーズンオフには手術に踏み切り2014年は全休。 

9. フリオ・モーバン:OF
ピュアヒッター。上質なアベレージ&パワーは証明済み。パワーポテンシャルへの評価も高い。アスレチックでOF守備も3ポジションをプレー出来る。キャリアで90試合に出場したシーズンは無し。2013年は8月に右脚を骨折し86試合。 

10. カーソン・スミス:RHP
マイナートップのリリーフプロスペクトだ。97マイルのシンカー&スライダーのコンビネーションでキャリアのK/9 11.9をマーク。2AではGO/AO4.13とグラウンドボーラーの側面も顕著。独特なメカニクスでコマンドは不安定な出来。 

11. オースティン・ウィルソン:OF
アスレチックでハイポテンシャル。パワー&アームのツールが傑出しており、ジャンカルロ・スタントン(マーリンズ)と比較される。アベレージ&パワーを両立出来ると目されているが、SSで17BB/42Kのアプローチを磨く必要がある。 

12. エイブラハム・アルモンテ:OF
DFAされたショーン・ケリーのトレードでオフシーズンにヤンキース→マリナーズ。小柄な体格にエネルギーを秘めており、15本塁打&26盗塁とパワー&スピードを証明。特にスピードツールの評価が高く、50盗塁クラスとの見方も存在。 

13. ジマン・チェ:1B
韓国出身。2009年に$425Kでマリナーズ入り。ハイクオリティなヒッティングセンスの持ち主。A+-2A-3AでOPS.929。18本塁打&ISO.240とパワーも示した。契約時はCとしてプレーも2011年に肩を痛め、1B/DHに収まっている。 

14. ジャバリ・ブラッシュ:OF
傑出したパワーポテンシャル。A+-2Aで25本塁打&ISO.263とツールを証明した。ボールの見極めが出来るもK%が23%を下回ったシーズンは無し。コンタクト面を向上させる必要がある。15盗塁とスピードも相応。アームも強い。 

15. タイ・ケリー:2B
6月にエリック・テームズのトレードでオリオールズ→マリナーズ。2012年に3クラスを駆け上がりブレークを辿った素材。パワーレスながら2A-3Aで102BBをマークした選球眼が持ち味。2B&3Bをプレーする守備は平均レベル。

 

Notable Prospects
ディラン・アンスワース:RHP
ラース・ハイヤー:RHP
スティーブン・コールシーン:RHP
タイラー・パイク:LHP
タイラー・オルソン:LHP
タイラー・マーレット:C
ジョン・ヒックス:C
ステフェン・ロメロ:3B-OF
ガブリエル・ゲレーロ:OF
タイラー・オニール:OF 

 

Text by Koichi MIYAZAKI
写真:http://www.flickr.com/photos/27003603@N00/9441444138/in/photolist-foiSpC-foiU4w-fn4ywm-fohzQA-fmPbnH-fodeA3-fo4Fcx-fo4tmv-fo4mxF-foiYRA-fnox7r-fo4qBZ-9GKjbV-9GJMsk-9GMRD3-9GMy4o-9GwGK1-9GwK67-9Gw3td-9GwHJ7-9GwEsC-9GxBsu-9GNaEW-9GsFtX-9GH5mi-9GJBZP-9GKn1t-9GNdYQ-9GKaQF-9GJGMz-9GN8k3-9GKXau-9GMDgy-9GJVkH-9GLrXf-9Gvz4J-9GMyXC-9GK2Xe-9GJN5H-9GHAja-9GHvSF-9GNa19-9GMZoE-9GvuLb-9GJXRB-9GugBc-9Gw5YY-9GttSF-9Guf2X-9GwqeQ-9Gx42f

2014 Top 15 Prospects:オークランド・アスレチックス

7626294226_618fc0167f_z

 

 

 

 

 

 

 

本ランキングのベースは、現在の活躍と今後のアップサイドによる総合的な評価である。傘下トップ15の素材を簡易のレポートと共に示している。選手名のリンクで表示されるマイナーでのスタッツと併せて参考にして頂ければ幸いだ。

 

 

1. アディソン・ラッセル:SS
2Aで17本塁打&21盗塁&OPS.885。アスリート性が高く攻守でインパクトを生み出せる。ハイクオリティなスイング&ゾーンを理解したアプローチを両立。ディフェンスでも傑出したアームツールに支えられた高い評価を得ている。 

2. ビリー・マッキニー:OF
高いヒッティングセンスを示し、特にスムースなスイングに定評を得ている。パワーは向上が目されているツールも、R-SSではISO.111。OF守備&走塁のツールも平均レベル。デビッド・マーフィー(インディアンス)と比較される素材。 

3. ラウル・アルカンタラ:RHP
2011年オフにアンドリュー・ベイリーのトレードでレッドソックス→アスレチックス。A-A+で12勝&K/BB5.17&3.11ERAとブレークイヤーを辿った。92マイルのストレートをコマンド良く投げ込み、チェンジアップも向上を辿る。 

4. B.J.ボイド:OF
高校ではフットボールでも傑出した存在。スピードツールを土台に攻守でインパクトを生み出すことが出来る。バッティングはギャップを抜くミドルヒッター。OF守備でも広いカバー範囲を示している。8盗塁/6失敗と走塁技術は未熟。 

5. マックスウェル・マンシー:1B
アプローチが良いミドルヒッター評を覆すパフォーマンス。A+-2Aで25本塁打&100打点をマーク。88BB/102Kとボールの見極めもハイクオリティ。小柄ながらアスレチックで1B守備も上質。大学では2Bコンバートも検討された。 

6. レナト・ヌネス:3B
傑出したパワーポテンシャルで注目を得る。アームも強く3Bに相応しいツールのパッケージだが、攻守で磨かれる必要がある。バッティングは28BB/136Kとアプローチが粗削り。守備でもレンジ&グラブ捌きが平凡。OFにコンバート? 

7. ビリー・バーンズ:OF
リードオフ型。20-80スケールで70評価のスピード&A+-2Aで72BB/54Kのアプローチに支えられ、74盗塁&出塁率.425&OPS.808。アームは平凡もセンターに相応しいカバー範囲も示している。キャリア1本塁打とパワーレス。

8. マイケル・イノア:RHP
故障でプレーが出来ない時期を経て2013年はキャリアハイの75.2IP。ポテンシャルへの高い評価は変わらず、スリークォーターから95マイルのストレート&カーブ&チェンジアップ。アスリート性も高く、エースポテンシャルの持ち主。 

9. ボビー・ウォール:RHP
95マイルのストレート&スライダー主体にアグレッシブにゾーンを攻める。チェンジアップも向上の余地があり、小柄な体格からティム・ハドソン(ジャイアンツ)と比較される。コマンドの評価は平凡。リリーバー向きとの見方も存在。 

10. アンソニー・アリオッティ:1B
2A-3Aで14本塁打&OPS.896。ゾーンを理解したアプローチに支えられたミドルヒッター。大きなスイングで三振も多い一方で出塁率は.416をマーク。1B守備もハイクオリティ。攻守を兼ね備えるも既に26。アップサイドは平凡だ。 

11. チャド・ピンダー:SS
SSではOPS.579たるパフォーマンスも、攻守で上質な存在に成り得ると高い評価を受ける。バッティングはアプローチが良いミドルヒッティング。大学では3Bだが、SSとしてプレー出来るツールも示している。メンタリティも高評価。 

12. マット・オルソン:1B
フレーム&スイング&パワーポテンシャルいずれの項目もハイクオリティ。Aではコンタクト面に課題を露呈も23本塁打&ISO.210とパワーを証明した。チームのマイナー7位の72四球とボールの見極めも向上。守備は機敏さに欠ける。 

13. タナー・ピータース:RHP
6-0/155と小柄なフレームから投げ下ろすメカニクス。キャリアでK/BB4.82のコマンドの持ち主。8月9日のゲームでは8.1IP/14K/0BBをマークと高い支配力も示している。フライボーラーでA+ではHR/9 1.3。GO/AO0.93。 

14. アーノルド・レオン:RHP
メキシコ出身。メキシカン・リーグで2年のプレーを経て2008年にアスレチックス入り。2013年から先発に転向し144IP/24BBと上質なコントロールを示した。90マイル前半のストレート&チェンジアップでボールを動かす。

15.  ディロン・オバートン:LHP
大学ではジョナサン・グレー (ロッキーズ)とチームメート。スライダーをアウトピッチに90マイル前半のストレート&チェンジアップで安定したピッチングを示す。ドラフト指名を受けた後にトミー・ジョン手術を行った。

 

Notable Prospects
ブレーク・ハッセブロック:RHP
ドリュー・グレニアー:RHP
ノーラン・サンバーン:RHP
ライアン・ダル:RHP
セス・フランクオフ:RHP
ブルース・マックスウェル:C
デビッド・フレイタス:C 
B.A.ボルマス:3B 
マイルズ・ヘッド:3B 
アーロン・シップマン:OF 

 

Text by Koichi MIYAZAKI
写真:http://www.flickr.com/photos/8333744@N05/7626294226/in/photolist-cBUKzu-cFqNP3-cFsCd1-bChieJ-cEUjy5-cFqQ1d-cEViqA-cFqMeJ-cEVfVE-cEUHmu-cFrdi1-cEUkU9-cEVk7Y-cFqThY-cEUp5Q-cEWo23-cEWoMN-cFqXQ1-cFqKYY-cEXecs-cEUKUL-cFuddw-cFqZdA-cEUGnh-cFqUk9-bRc3u8-cEUJuC-cFqVVG-cFsArW-cFqRM9-bCMn71-bRGad8-cEVsds-cFqJTJ-cEUFvh-cEULFU-awKeJM-fBeK13-fArQGR-fBiAXL-9RaW5b-9RaXaE-fAG5dd-fBdX5U-9RKSrm-9R68av-9RKuLJ-9RGGPz-9Rb291-9RKCnh-9Re5ci