Weekly Report: Week11

            3つのハイライトで1週間のメジャーリーグを辿る。weekly-11のキーワードは「ブレイク選手」「マックス・シャーザー」「アンドリュー・ More »

Weekly Report : Week9,10

              2つのハイライトで2週間のメジャーリーグを辿る。weekly-9,10のキーワードは「ポール・ゴールドシュミット」「グレイ More »

2018 Draft TOP21~40 Prospects

              21.ナンダー・デ・セダス:SS 背が高く(185cm)、運動能力が高いショートとしてフランシスコ・リンドーア(現CLE) More »

2018 Draft TOP1~20 Prospects

              1.ケーシー・マイズ:RHP アラバマ出身で高校時代はドラフトで指名されなかった。しかしソフモアの年に大きく飛躍して一躍ト More »

Weekly Report : Week8

            3つのハイライトで1週間のメジャーリーグを辿る。Week-8のキーワードは「フレディー・ペラルタ」「アストロズ投手陣」「ロビンソン・カノ More »

 

Category Archives: NL西地区

2014 Team Preview:ロサンゼルス・ドジャース

puig

 

 

 

 

 

 

 

 

*40人ロースターはリンクより参照
 *SP横*マークはローテーション候補の意味を示す

 

 

  • 本拠地:ドジャー・スタジアム

他球場と大きさを比較する → http://yakyujo.com/ml11/

 

広さ
レフト 100.6m
センター 121.9m
ライト 100.6m
フェンス高さ 1.2〜2.4m

 

パークファクター *平均100
安打 95.8
ツーベース 92.6
スリーベース 45.8
本塁打 96.3
得点 86.8

 

  • 予想オーダー

1 ヤシエル・プイグ:RF
昨年6月に彗星の如くメジャー昇格を果たすと、ドジャースの快進撃の大きなピースに。 NL MVP投票15位、新人王投票2位とロサンゼルスのファンの心をガッチリ掴んだ。しかし今年のスプリングトレーニングには体重オーバーで登場すると、打撃も絶不調と不安なスタートとなっている。

2 カール・クロフォード:LF
ハムストリングの怪我もあり116試合の出場に留まったが、.283/.329/.407、6HR、31打点と2番打者としてはまずまずの成績を残した。しかし盗塁数は15とかつて5シーズン連続45盗塁以上を残した脚力はもう期待できないか。また年俸が2000万ドルと非常に高額なのもネック。 

3 ハンリー・ラミレス:SS
WBC決勝戦での怪我で1カ月、さらに復帰3試合目で今度はハムストリングを怪我し、さらに1カ月を棒に振った昨年のラミレス。これらのせいでわずか86試合の出場に留まったが、.345/.402/.638、20HR、57打点とフルシーズンで出場していればMVPも十分狙えたペースで打った。プイグのデビューとラミレスの打撃がドジャースの大きな原動力となったのは間違いない。今シーズンはまず健康に1年を送りたい。

4 エイドリアン・ゴンザレス:1B
MLB屈指のパワーヒッターのはずが、昨年の長打率.461はメジャー定着を果たした2006年以降では自身最低の数値。OPS.803も同じく最低の数値となっている。今年の5月で32歳とまだ老けこむような年齢ではないのだが…。

5 マット・ケンプ:CF
2011年にはNL MVP投票2位につける活躍を見せた外野手もここ2年間は怪我の影響で実に145試合を欠場。オフシーズン中はトレードの噂も絶えなかったが、最終的にはドジャース残留となった。現時点ではセンターのスタメンの予定だが、果たして今年こそ健康に過ごすことができるのだろうか? 

6 フアン・ウリーベ:3B
ドジャースでの最初の2年間はfWAR計0.6だったが、契約最終年の昨季はfWAR5.1と大爆発。特にサード守備に関しては文句なしで、UZR24.0、DRS15といずれも非常に高い成績を残している。この活躍もあり、オフにドジャースと新たに2年契約を結んだ。 

7 A.J.エリス:C
2012年と比較して、打撃成績が大きく下落したが、選球眼の良さは相変わらず。また守備面で向上を見せ、盗塁阻止率44.4%は2012年から10%以上改善させることに成功している。 

8 アレックス・ゲレーロ:2B
キューバ出身。昨年10月に4年2800万ドルの契約でドジャース加入。STではここまで17試合で.300/.400/.500、1HR、9打点と首脳陣に良いアピールができている。本職はショートだが、ハンリー・ラミレスがいる関係でセカンドに回っている。

9 投

2014 Team Preview:サンフランシスコ・ジャイアンツ

posey

 

 

 

 

 

 

 

*40人ロースターはリンクより参照
*SP横*マークはローテーション候補の意味を示す

 

 

  • 本拠地:AT&Tパーク

他球場と大きさを比較する → http://yakyujo.com/ml16/

 
広さ
レフト 103.3m
センター 121.6m
ライト 94.2m
フェンス高さ 2.4〜7.6m

 

パークファクター *平均100
安打 96.2
ツーベース 102.2
スリーベース 195.1
本塁打 76.8
得点 86.9

 

  • 予想オーダー

1 アンジェル・パガン:CF
ジャイアンツ不動のリードオフマンも昨年は怪我に泣き、わずか71試合の出場に留まった。しかし健康であれば2010年や2012年のように、fWAR4.5クラスの活躍が期待できるため、ジャイアンツの巻き返しには彼の存在は不可欠である。

2 マルコ・スクータロ:2B
昨年は1年間ジャイアンツでプレーし、.297/.357/.369、2HR、37打点、fWAR2.7とまずまずの成績。今年の10月に39歳の誕生日を迎えるが、まだまだ打撃面での衰えは見られない。今年もクリーンナップの前を打つだろう。

3 ブランドン・ベルト:1B
昨年は攻撃面で大きな成長を見せ、自己最多の17HRを記録。ようやく一塁手らしいパワーが見られるようになってきた。同時期にデビューし、先日超大型契約を結んだブレーブスのフレディ・フリーマンに続けるか?

4 バスター・ポージー:C
2012年のNL MVP受賞者。昨年は成績が落ちたが、それでも.294/.371/.450、15HR、72打点、fWAR4.8と打撃成績自体は悪くない。むしろ捕手というポジションを考慮すれば十分とも言えるが、この数字で期待外れと思ってしまうあたりがポージーの凄いところ。今年はシーズン後半に疲れがたまらないよう約5キロ増量し、スプリングトレーニングに臨む。

5 ハンター・ペンス:RF
昨年9月に5年9000万ドルの大型契約でジャイアンツ残留。昨年は全試合に出場し、.283/.339/.483、チームトップの27HR、99打点と打撃面で活躍すれば、野球選手とは思えないほどのぎこちない動きをしながらもUZR5.5と守備範囲の広さを披露した。全ての動作がぎこちないのだが、なぜここまで活躍できるのかはファンにとっても大きな謎だろう。

6 パブロ・サンドバル:3B
「カンフーパンダ」の愛称で親しまれるサンドバル。何かと怪我が多い選手だが、昨年は141試合に出場した。ただ.278/.341/.417、14HR、79打点とチームの主砲としては物足りない成績に終わっている。 打者不利なAT&Tパークが本拠地のため、仕方がない部分もあるが、やはり20+HRは期待したいところ。

7 マイケル・モース:LF
1年契約でオリオールズから加入。昨年は古巣マリナーズに復帰したが怪我に苦しみ、シーズン途中にオリオールズへとトレードされたが、こちらでも不本意な結果となった。2年ぶりのNLとなるが、ナショナルズ時代の成績を考えれば特に大きな問題はないだろう。懸念材料は健康面と年々長打力が落ちている点。

8 ブランドン・クロフォード:SS
ショート守備は一流、打撃が課題とされてきたが、昨年は4月にいきなり5HR、.272/.346/.511と打ちまくった。以降は平凡だったが最終的に自己最高のOPS.674を記録した。

9 投