2017 NLCS Review LAD vs CHC

                NLDS  : LAD 4-1 CHC *Game部のリンクでゲームのRecapをチェック可。 Game1 More »

2017 NLDS:LAD vs ARI

            NLDS :  LAD3-0ARI    *Game部のリンクでゲームのRecapをチェック可。 Game1 ARI5-9@L More »

2017 ALDS Review:NYY vs CLE

            ALDS:NYY 3-2 CLE     *Game部のリンクでゲームのRecapをチェック可。 Game1 NYY More »

2017 ALDS Review : HOU vs BOS

        ALDS : HOU 3-1 BOS *Game部のリンクでゲームのRecapをチェック可。 Game1 HOU 8-2 BOS 勝;ジャスティン・バーランダー(1 More »

Playoff Preview:ロサンゼルス・ドジャース

                NL西地区5連覇を達成したドジャースは最終的に103勝58敗という成績でレギュラーシーズンを終えた。103勝 More »

 

Category Archives: 2015トップ20プロスペクト

2015 Top 20 Prospects:サンフランシスコ・ジャイアンツ

8621077114_ca2299f16a_z

 

 

 

 

 

 

 

本ランキングのベースは、現在の活躍と今後のアップサイドによる総合的な評価である。傘下トップ20の素材を簡易のレポートと共に示している。選手名のリンクで表示されるマイナーでのスタッツと併せて参考にして頂ければ幸いだ。

 

 

1. アンドリュー・スーサック:C
 攻守を示すオールラウンダー。50K/34BBと成熟したアプローチと上質なパワーツールを兼ね備える。アスレチックなディフェンスでも高い評価を得ており、バスター・ポージー(SF)のバックアップには惜しい素材だ。

2. カイル・クリック:RHP
98マイルのストレート&ハードなスライダーを主体に2Aでは11.1K/9をマークしたKマシーン。チェンジアップも向上を辿る。メカニクスのキープに問題があり、コマンドも粗削り。BB/9は6.1。

3.  ケウリー・メラ:RHP
傘下随一のアップサイド。95マイルのハードシンカーが傑出しており、カーブ&チェンジアップを交えゴロアウトを稼ぐ。制球もまとまっており、SS-Aでは4.37K/BBをマークした。 6-2/200と体格も十分。

4. タイラー・ビ-ド:RHP
2014年ドラフト全体14位。97マイルのストレート&プラスのチェンジアップ&カーブのパワーピッチング。6-4/200たる恵まれた体格に加えアスレチックさも備えるが、メカニクスのキープが不安定でコマンドも粗い。

5. マック・ウィリアムソン:OF
6-5/240たる恵まれた体格の持ち主でパワー&アームに優れるアスリート。トミージョン手術により、23試合の出場にとどまるもOPS.926をマーク。ボールの見極めと三振の多さが課題。守備では体格に比した機敏さを示す。

6. クレイトン・ブラックバーン:RHP
 ドラフト16巡目指名を受けてからハイレベルなパフォーマンスをキープ。R-2Aでは98IP/94K/20BB/3.31ERA。安定したコマンドで90マイル前半のストレート&カーブ&チェンジアップを操るグラウンドボーラー。メカニクスもスムース。

7. タイ・ブラック:LHP
コマンドが優れており、洗練されたストライクスロワー。2Aでは141IP/3.13ERA。90マイル前半のツーシーム&プラスのチェンジアップを低めに集め打たせて取るピッチング。スライダーもサードピッチとして有効に織り交ぜる。 

8. ハンター・ストリックランド:RHP
トミージョン手術をきっかけに球速が伸び、コンスタントに100マイルを計時するようになった。大きく曲がるスライダーとのコンビネーションを武器にA+-2Aでは38.2IP/55K/4BB/2.09ERA。プレーオフではブライス・ハーパー(WAS)に2ホーマーを浴びた。

9. スティーブン・オカート:LHP
アンドリュー・ミラー(NYY)と比較されるスペシャリスト。特に左バッターに対しては被打率.165&被OPS.449と圧倒的。97マイルのストレート&ハードスライダーのコンビネーションでA+-2Aでは12.1K/9。コマンドも向上を辿る。

10.  クリスチャン・アローヨ:SS
ツールは傑出していないも、ゲームを理解した攻守に評価を得る。SS-Aではコンタクトを生み出す持ち味を示し打率.291をマーク。上質なスイングからギャップを抜く。守備ではSSよりも2B向きとの見方が多い。

11. ダニエル・カーボネル:OF
キューバから亡命し$1.4MでSF入り。R-A+では31試合の出場ながら打率.336&OPS.907と目立ったパフォーマンス。20-80スケールで80評価を得るスピードが最大の武器で、CF守備ではアーム&レンジを両立。一方でバッティングは評価が分かれる。 

12. ルイス・アイスラ:LHP
97マイルに届くストレートは威力があり、力で打者をねじ伏せる。 スライダーは改善の余地があるもののプラスピッチになるだろうとの評価。Aでは121.1IP/115K/2.45ERAと目立ったパフォーマンス。リリーフ向き?

13. アダルベルト・メヒア:LHP
スムーズなメカニクスが安定したコマンドを生み出す良いケースだ。ゾーンを攻める内容は非凡なモノであり、90マイル前半のストレート&スライダー&チェンジアップを扱う。シーズンでは4.67ERAも、後半11試合は2.95ERAと復調。

14. マイケル・サントス:RHP
Rでは59.2IP/2.56ERA&3.85K/BBと印象的な投球。90マイル前半のストレート&カーブ&チェンジアップをコマンドよく投げ込む。中でもカーブは70マイル前半で大きく曲がり緩急を生み出すのに最適だ。6-4/170とアップサイドも高い。

15. マット・ダフィー:SS
ツールに乏しくユーティリティタイプも2Aで打率.332&20盗塁と無視できないパフォーマンス。ストライクゾーンを理解したコンタクトヒッティング。守備では派手なプレーは少ないが堅実さを売りとしており、2Bや3Bもこなす。

16. クリス・ストラットン:RHP
アスレチックなアームで94マイルのストレート&スライダーのコンビネーションが持ち味。ドラフトイヤーに向上を辿ったコマンドも相応なレベル。チェンジアップもポテンシャルを示している。

17. アラミス・ガルシア:C
攻守に長けたオールラウンダーになり得る素材。ヒットツール&アプローチを両立したバッティングで高い評価を受けるが、パワーも次第に伸びるだろうといわれている。守備ではレシービング&ブロッキングを磨いていきたい。 

18. ホアン・グレゴリオ:RHP
6-7/180たる大柄なフレームの持ち主だが、全体的に磨かれる必要がある。サイドから投げ込まれる90マイル前半のストレート&スライダーを軸にA-A+では9.1K/9をマークも4.0BB/9&4.37ERAと繊細さを欠いた。 

19. レイ・ブラック:RHP
3年にも渡ったトミージョン手術のリハビリから復帰すると100マイルのストレートを武器にA-A+で18.1K/9と圧巻のパフォーマンス。H/9も4.3と規格外の数字を叩き出した。未熟な制球力を磨いていきたい。

20. ローガン・ウェッブ:RHP
荒削りだがアップサイドは高い。90マイル中盤を叩き出すストレートが最大の武器。高校時代には1試合で145球を投げた3日後にリリーフ登板をさせられるなどの過酷により肩の状態を不安視され評価を落とした。

Plus One Prospect
ディラン・デービス:OF
桁外れのパワー&アームの持ち主でジョシュ・ウィリンガム(元KC)と比較される。 アプローチは粗いもヒットツールでは一定の評価を得ている。アームは投手として97マイルを計時するクオリティだ。

 Text by Haruki SAKURAI
写真:https://flic.kr/p/e8PgSA

2015 Top 20 Prospects:サンディエゴ・パドレス

7588752114_f0bf87aabf_z

 

 

 

 

 

 

 

本ランキングのベースは、現在の活躍と今後のアップサイドによる総合的な評価である。傘下トップ20の素材を簡易のレポートと共に示している。選手名のリンクで表示されるマイナーでのスタッツと併せて参考にして頂ければ幸いだ。

 

  

1. ハンター・レンフロー:OF
 ハイクオリティなパワー&アームを持ち合わせているアスリート。大学ではスター選手としての地位を確立しドラフト全体13位指名。A+-2AでOPS.812&21本塁打と順調なステップを歩む。フューチャーゲームでもプレーした。

2. マット・ウィスラー:RHP
トータルパッケージ。93マイルのストレート&ハンマーカーブ&チェンジアップのコンビネーションを持ち味に、ゾーンをアグレッシブに攻める。21歳ながら3Aまで到達しており、2Aでのプレーも合わせてK/BBは3.24と高水準。 

3. オースティン・ヘッジス:C
ハイレベルなディフェンス。上質なキャッチング&アームを兼ね備え、プレート後方でもアスリート性を披露する。一方のバッティングでは伸び悩み打率.225&OPS.589。スイングのメカニクスが悪化し、バットスピードが落ちたという声も。

4. レイマー・リリアーノ:OF
トミージョン手術による全休を経てカムバック。2A-3Aを通してOPS.836&14本塁打&20盗塁。 、5ツールが生み出すインパクトの大きさで注目を集め、スイング&スピード&アームはいずれもハイクオリティ。三振の多さがネック。

5. ホセ・ロンドン:SS
アスレチックなSS。ヒューストン・ストリートのトレードでLAA→SD。バッティングではラインドライブを生み出し、ディフェンスでもSSを守る上で必要なツールの持ち主。R-A+で打率.315&13盗塁。 

6. マイケル・ゲティズ:OF
2014年ドラフト最高のアスリートもコンタクト面の不安から全体51位までスリップ。規格外のパワー&スピード&アームを示し、外野からの送球は100マイルを計時する。Rでは52試合で打率.310&3本塁打&14盗塁とプロのレベルに適応。 

7. セス・ストレイヒ:RHP
デレク・ノリスとともにOAK→SD。優れたコマンドに支えられた投球が持ち味でA+では5.27K/BB&3.16ERAをマークした。ストレートは最速95マイルにも達する。カーブ&チェンジアップを磨いていく必要がある。 

8. コリー・スパンジェンバーグ:2B
2Aを中心にマイナーで74試合プレーし打率.317をマークしメジャーデビュー。パワーレスながら持ち前のスピードを生かしたバッティング技術が光る。守備でも内外野をこなす器用さを示している。

9. ザック・レモンド:RHP
90マイル中盤のストレート&パワーカーブ主体のパワフルなピッチング。肘の故障から3巡目までスリップも順調なパフォーマンスを見せ、2Aまで昇格。耐久性に不安が残るもスターターの1角を争えるだけの実力の持ち主。

10. テイロン・ゲレーロ:RHP
100マイルを計時するパワーリリーバー。コマンドが向上をたどり、BB/9は7.4→3.4。A-A+では49.2IP/56K/1.45ERAと支配的な内容。スライダーもアウトピッチとして平均以上のクオリティを誇る。

11. テイラー・リンジー:2B
目立ったツールはないもオールラウンダーとして定評を得る。3Aでは打率.238&10本塁打と持ち前のヒッティングセンスを生かすことはできなかった。守備ではアーム&スピードに欠けるも平均レベルのカバー範囲を示す。 

12. フランシー・コーデロ:SS
好守に傑出したアップサイドの持ち主。粗削りながらSS-Aでは打率.255&9本塁打&16盗塁。SSのディフェンスでは平均以上のカバー範囲&アーム&グラブ捌きを示すも56試合/51失策は看過できないレベルだ。

13. ジョーダン・パロウベク:OF
パワー&スピードのパッケージとして注目を浴びる。両打席からスムーズで力強いスイングを示し、パワーも体重の増加にともない向上が見込まれる。Rでは34試合でOPS.803&4本塁打。 

14. ラファエル・デパウラ:RHP
スムーズなメカニクスからコンスタントに90マイル半ばを上回るストレートを放つ。パワーカーブ&チェンジアップの持ち主もコマンドを含め出来は不安定。 A+では4.92ERAと平凡な内容。 

15. アレックス・デッカーソン:OF/1B
傑出したツールは持たないもバランスのとれたミドルヒッター。故障により41試合の出場も、2012-13年は2年間で30本塁打をマーク。キャリア4年間で打率.298とコンタクトも安定。OF守備も経験。 

16. イェイソン・アセンシオ:OF
卓越したバットコントロールの持ち主。ハードなコンタクトを生み出しギャップを破るバッティングで2A-3 Aで打率.291&15本塁打。キャリア5年でK%は11%と三振が少ない。守備では強肩が武器。

17.  ガブリエル・キンタナ:3B
豪快なパワーポテンシャル。 150K/21BBと多くの三振を喫しアプローチは粗いが、A+では18本塁打&2塁打35本。守備では強肩の持ち主もレンジに乏しく1BやOFに回る可能性も。

18. ライアン・バトラー:RHP
100マイルを叩き出すパワーリリーバー。ストレートは球速以上の威力を示し、絶妙な変化を伴い多くのゴロを生み出す。 SS-Aでは11.0K/9をマークした。セカンダリーピッチを磨きたい。

19. エリオット・モリス:RHP
ヒューストン・ストリートとのトレードでLAA→SD。6-4/210たる恵まれた体格から90マイル中盤を計時するストレート主体のピッチング。セカンダリーピッチは発展途上もポテンシャルはローテ下位レベル。

20. オーストン・ボスフィールド:OF
好守にプラスのスピードを発揮。ディフェンスでは広大なカバー範囲を誇り、バッティングでも体格に比したパワーを示す。SSではOPS.914&3本塁打&12盗塁と目立ったパフォーマンス。

Plus One Prospect
フランミル・レイエス:OF
18歳にしてAでプレーし11本塁打を放ったパワーポテンシャル。6-5/240と大柄ながらアスレチック。2011年にはドミニカンプロスペクトリーグのオールスターゲームでMVPを獲得した。

 Text by Haruki SAKURAI
写真: https://flic.kr/p/cyAkBG

2015 Top 20 Prospects:ロサンゼルス・ドジャース

13133257095_b6cc564cd2_z

 

 

 

 

 

 

 

本ランキングのベースは、現在の活躍と今後のアップサイドによる総合的な評価である。傘下トップ20の素材を簡易のレポートと共に示している。選手名のリンクで表示されるマイナーでのスタッツと併せて参考にして頂ければ幸いだ。 

 

 

1. ジョク・ピダーソン:OF
3Aではリーグ史上初となる「30-30」達成。傑出していないが上質な5ツールを揃えており、攻守で技術面も磨かれている。守備でもセンターとしてプレーできるレベルの広大なレンジと強いアームを備える。

2. フリオ・ユリアス:LHP
17歳にして圧巻のパフォーマンス。A+でプレーし87.2IP/109K/2.36ERA。序盤は制球に苦しんだが、後半は見事適応し潜在能力の高さを見せつけた。ストレート&カーブ&チェンジアップ&コマンド全てが1級品。 

3. コリー・シーガー:SS
カイル・シーガー(SEA)の弟。スムーズなスイングからギャップを破る傑出したヒッティングセンスの持ち主。A+-2Aで打率.349&20本塁打&2塁打50本と圧倒的。守備ではレンジの問題から3B向きとされる。

4. グラント・ホームズ:RHP
2014年ドラフト全体21位。6-1/215たるがっちりしたフレームから100マイルのストレート。カーブ&チェンジアップも上質だ。コマンドも年齢に比して安定しており、完成度の高さが光る。パーマヘアーが印象的。 

5. アレックス・バードュゴ:OF
高校では2刀流としてプレーしたハイポテンシャルの持ち主。傑出したバットスピード&パワフルさを兼ね備えたバッティングが印象的で、Rでは打率.353&OPS.932。CF守備でも目立ったアーム&インスティンクトを披露。 

6. アレクサンダー・ゲレーロ:2B
4年$32Mでドジャース入りしたキューバ出身のプレーヤー。オフェンシブで傑出したスイングスピードからパワーを生み出し、R-A+-3AではOPS.994&17本塁打。14年はマイナーでの試合中に口論にとなりミゲル・オリボ(元LAD)に耳を噛みちぎられた。

7. ホゼ・デレオン:RHP
西海岸のドクターK。 R-Aでは13.9K/9をマークし、8月19日の試合では14個の三振を奪う投球でチームレコードを塗り替えた。96マイルのストレート&スライダー&チェンジアップのコンビネーション。スタミナに不安。

8. スコット・シェブラー:OF
スムースでパワフルなスイングのロングヒッター。成長が顕著で2AではOPS.921&28本塁打。10盗塁&3塁打14本と相応なスピードも示している。フリースインガーで守備も平凡でLF向き。

9. クリス・アンダーソン:RHP
98マイルを叩き出すストレート&スライダーが主体のパワーピッチング。チェンジアップも向上を辿るボール。A+では9.8K/9をマークもコマンドに苦しみ不安定なパフォーマンス。 コマンドを向上させればローテーション上位クラス。

10. ジュリアン・レオン:C
メキシコ出身。パワーポテンシャルの持ち主でRで打率.332&OPS.985&12本塁打とブレーク。アグレッシブだったバッティングでもアプローチが改善されつつある。守備ではプラスのアームを備えるが技術的に未熟。 

11. ダーネル・スウィーニー:SS/2B/OF
 ベストツールはスピード。バッティングではパワー向上に伴い、ギャップを破るスタイルを確立している。2AでOPS.850&14本塁打&15盗塁とオフェンスでの成長が顕著。守備ではツールは十分も荒さが目立つ。

12. ザック・リー:RHP
フットボールのクォーターバックとしても高い評価を受けていたアスリート。契約金$5.25Mはドジャース史上トップ。93マイルをコンスタントに計時するストレート&カーブ&チェンジアップ。被本塁打が多い。

13. オースティン・バーンズ:C/2B
ディー・ゴードンらのトレードでMIA→LAD。Cと2Bをこなすスーパーユーティリティプレーヤー。A+-2Aでは打率.304&13本塁打&61K/69BB。Cとしては盗塁阻止率38%。走塁も巧みで11盗塁を決めた。

14. カルロス・フリアス:RHP
最速99マイルを計時するハードボーラー。カットボールは磨かれたボールでグランドボールを生み出す。安定してストライクを投げることが出来、BB/9は2.2と高水準。リリーフ向きとの見方も多い。 

15. ジョー・ウィーランド:RHP
傑出したコマンドに支えられたクレバーなピッチング。ストレートは90マイルもカーブ&チェンジアップを織り交ぜ打者のバランスを崩す。ポテンシャルは平凡も、安定してゲームを作り上げるローテーション下位と目されている。  

16. ジェーコブ・スキャビューゾ:OF
ツールは粗いも傑出したパワー&スピードが持ち味。ハイポテンシャルも変化球の見極めに苦しみ、コンタクトを生み出せずR-Aでは打率.217&136三振。守備はアームに乏しくLF向き。 

17. カイル・ファーマー:C
ドラフト時にSS→C。比較されるラッセル・マーティン(TOR)よりも上質なアスリート性を示す。ソフトなキャッチングと強いアームを兼ね備えCの守備にも適応。バッティングも向上が目される。 

18. コディ・べリンジャー:1B
父のクレイはヤンキースでプレーし2度のワールドチャンピオンを経験。滑らかなスイングからヒッティングセンスを披露しており、パワーも6-4/180たる体格から向上が目される。インスティンクトに富んだ1B守備は上質だ。 

19. ザック・バード:RHP
アスレチックでハイポテンシャル。6-4/205と体格にも恵まれており、95マイルを計時するストレートはよりパワフルになり得る。カーブも平均以上の球種になる可能性を秘める。制球を安定させていきたい。 

20. ロス・ストリップリング:RHP
安定したコマンドに支えられたピッチング。2014年はトミージョン手術により全休も2013年にはA+-2Aで2.82ERA&K/BB3.90をマークした磨かれた投手だ。6月頃に復帰か?

Plus One Prospect
ジャスティン・シバグー:1B 
20-80スケールで70評価を受ける傑出したパワーポテンシャル&上質なバットスピードを示す。R-Aでは23本塁打。スイングが大きく三振の多さが課題。1B守備は体格に比してアスレチック。

 Text by Haruki SAKURAI
写真: https://flic.kr/p/m1xnMa