2017 NLCS Review LAD vs CHC

                NLDS  : LAD 4-1 CHC *Game部のリンクでゲームのRecapをチェック可。 Game1 More »

2017 NLDS:LAD vs ARI

            NLDS :  LAD3-0ARI    *Game部のリンクでゲームのRecapをチェック可。 Game1 ARI5-9@L More »

2017 ALDS Review:NYY vs CLE

            ALDS:NYY 3-2 CLE     *Game部のリンクでゲームのRecapをチェック可。 Game1 NYY More »

2017 ALDS Review : HOU vs BOS

        ALDS : HOU 3-1 BOS *Game部のリンクでゲームのRecapをチェック可。 Game1 HOU 8-2 BOS 勝;ジャスティン・バーランダー(1 More »

Playoff Preview:ロサンゼルス・ドジャース

                NL西地区5連覇を達成したドジャースは最終的に103勝58敗という成績でレギュラーシーズンを終えた。103勝 More »

 

Category Archives: AL中地区

2015 Top 20 Prospects:ミネソタ・ツインズ

8483842841_cc87d07e2f_z

 

 

 

 

 

 

 

本ランキングのベースは、現在の活躍と今後のアップサイドによる総合的な評価である。傘下トップ20の素材を簡易のレポートと共に示している。選手名のリンクで表示されるマイナーでのスタッツと併せて参考にして頂ければ幸いだ。

 

 

1. バイロン・バクストン:OF
故障によりシーズンを棒に振ったが、いまだ高いポテンシャル評は揺るがない。5ツールを兼ね備えたアスリートでマイク・トラウト(LAA)の再来と評され、特にアーム&スピードは20-80スケールで80のクオリティ。 

2. ミゲル・サノー:3B
アルバート・プホルス(LAA)の再来。マイナートップクラスのパワーツールの持ち主だが、2014年はトミージョン手術により全休。2013年は35本塁打&OPS.992。1年間のブランクがどう影響するか。

3. ホゼ・べリオス:RHP
トータルパッケージ。90マイル前半のストレート&スライダー&チェンジアップをコマンドよく投げ込む。ハイレベルなピッチングセンスも兼ね備えA+-2A-3Aでは140IP/140K/38BB/2.76ERAたるパフォーマンス。メジャーで投げる準備は整っている。

4. アレックス・メイヤー:RHP
6-9/220と大柄な体格からパワフルなストレート&スライダーのコンビネーション。ストレートは最速で100マイルにも達する。2Aでは130.1IP/153K。平凡なコマンドに苦しむも支配的なアームでゴロアウトも多い。 

5. ニック・ゴードン:SS
2014年ドラフト全体5位。兄ディーはドジャースの2B、父トムは元オールスタープレーヤーとアスリートの家系に生まれたサラブレッド。プラスのアーム&スピードに支えられたハイレベルなSS守備が光る。シュアなバッティングでRkでは打率.294をマーク。

6. コール・スチュワート:RHP
97マイルのストレート&スライダーのコンビネーションで打者を捻じ伏せる。高校では野球とフットボールで名声を得たアスリート。肩の故障により19試合の登板にとどまりパフォーマンス面でもK/9は6.4止まり。懸念されていた耐久性の不安を露呈した。

7. ルイス・ソープ:LHP
オーストラリアの至宝。2012年7月に7年$500Kで契約を結んだ。18歳にしてAでプレーし71.2IP/80K/36BB。90マイル前半のストレート&スライダー&チェンジアップ。シーズン終盤には肩の違和感を訴えており、来季に不安が残る。

8. ホルヘ・ポランコ:2B
A+-AAで打率.288/7本塁打とソリッドなシーズンを送った。上質なパワー&スピードには欠けるも、目立つヒッティングセンスの持ち主。コンタクトを生み出し、2B守備でもアスリート性が光る。SSとしてはレンジ不足。

9.  ニック・バーディ:RHP
クローザーポテンシャル。20-80スケールで80評価を得る90マイル後半のストレート&セカンダリーピッチとして申し分ないスライダーのコンビネーションで打者をねじ伏せる。 A-A+で20試合にリリーフし、K/9は16.8をマークした。

10. エディー・ロザリオ:OF/2B
オフェンシブな2Bとして評価を得る。小柄な体格もアベレージ&パワーを兼ね備えた存在に成り得る左打者。今季は薬物使用により50試合の出場停止を受け出遅れた。シーズンでは打率.243/8本塁打と平凡なパフォーマンスもAFLではリーグ2位の打率.330と復調の兆し。

11. トレバー・メイ:RHP
95マイルのストレートにアウトピッチに成り得るスライダー&チェンジアップのコンビネーション。不安定だったコマンドを改善させBB/9は4.0→3.6。それにともないERAも4.51→2.84と向上を辿った。しかしメジャーの舞台では再び制球難に苦しみ4.3BB/9&7.88ERA。

12. スティーブン・ゴンサルベス:LHP
ストレートは90マイル前後だが、 R-Aで14試合に先発し65.2IP/70K/21BB/3.02ERAと支配的なパフォーマンス。カーブ&チェンジアップをより磨いていきたい。細身な体格から恵まれたアップサイドの持ち主と評される。

13. マックス・ケプラー:1B-OF
ドイツ出身。ジャスティン・モーノー(COL)と比較されるバッティング。 パワーはまだ未発達もコンタクトを向上させ打率は.237→.264。肘の故障により1Bでの出場が増えたが、OF守備では着実に向上を辿っており87試合/6補殺。

14. アダム・ウォーカー:OF
豪快なパワーを武器にA+ではリーグトップとなる25本塁打。また同リーグのオールスターゲームで催されたホームランダービーでは貫禄の優勝。 一方でアプローチは粗削り。フリースインガーで44BB/156K。

15. スチュアート・ターナー:C
ディフェンシブなCとして評価を得る。アームは力強く正確。メークアップにも優れ天性のリーダーシップを発揮。ピッチャー陣を引っ張り、ゲームをコントロールする力も示す。バッティングの向上が将来を左右する。 

16. J.R.グラハム:RHP
ルール5ドラフトでATL→MIN。90マイル半ばのストレート&90マイル前半のツーシーム&スライダーのハードボーラー。肩の故障により満足なプレーができず昨8月にはブルペンに回った。STでは力強いボールを投げ込み首脳陣も絶賛。

17. ジェーク・リード:RHP
リリーバープロスペクト。R-Aで20試合に登板し、31IP/39K/3BB/0.29ERAと素晴らしい成績。 95マイルのストレート&スライダーのコンビネーション。コマンドも安定しており、カウントを整える力も示している。

18. マイケル・セデロース:RHP
98マイルを計時するパワーアーム。 スティーブン・ストラスバーグ(WSH)を輩出したサンディエゴ大学の出身。フルエフォートなメカニクスは不安定で制球に苦しむケースが多い。チームはスターターとして育成していくプランだが、大学時は主にクローザーを務めていた。

19. テイラー・ロジャース:LHP
90マイル前半の動く速球&スライダーのコンビネーションで積極的にストライクゾーンを攻める。昨年は2Aで145IP/113K/37BB/3.29ERAと安定したパフォーマンス。チェンジアップが磨かれればスターターのポジションを掴めるだろう。

20. トラビス・ハリソン:3B
A+で129試合出場して本塁打はわずか3本も、2塁打は33本とゲームの中でパワーを発揮し始めている。そのため来季は本塁打が大幅に増加すると予想される。21歳ながらアプローチは成熟しており、86K/64BBたる内容。ディフェンスを磨く必要がある。

Plus One Prospect
タイラー・ダフィー:RHP
ジョン・ラッキー(STL)とも比較されるイニングイーター。90マイル前半のストレート&カーブをコマンドよく投げ込むピッチングでA+-2A-3A合計で149IP/113K/30BB/3.68ERA。被本塁打の多さがネック。

 

 

 Text by Haruki SAKURAI
写真: https://flic.kr/p/dVFUUr

 

2015 Top 20 Prospects:カンザスシティ・ロイヤルズ

5487572923_60d0c94d00_z

 

 

 

 

 

 

 

 

本ランキングのベースは、現在の活躍と今後のアップサイドによる総合的な評価である。傘下トップ20の素材を簡易のレポートと共に示している。選手名のリンクで表示されるマイナーでのスタッツと併せて参考にして頂ければ幸いだ。

 

 

1. カイル・ジマー:RHP
 トータルパッケージ。エースポテンシャルの持ち主であるアスリート。100マイルを計時するストレート&ハイクオリティなカーブ。スライダー&チェンジアップは平均レベルだがコマンドも安定。故障によりシーズンを棒に振ったがポテンシャルに疑いの余地はない。

2. ブランドン・フィネガン:LHP
2014年ドラフト組で最速のメジャーデビュー。プレーオフではリリーフで好投し、チームのリーグ優勝に貢献した。90マイル中盤のストレート&スライダーのコンビネーションでゾーンをアグレッシブに攻める。来季はスターターとして起用される見込み。 

3. ショーン・マナエア:LHP
懸念された故障の影響もなく力強いシーズンを送った。96マイルのストレート&スライダーを主体に支配的なピッチングを示し、A+では121.2IP/146K/54BB/3.11ERAたる支配的な内容。 コマンド&チェンジアップの向上が課題。

4. ラウル・モンデシー:SS
父は元オールスタープレーヤー。ハイポテンシャルの持ち主として知られるがA+ではOPS.610たる平凡なパフォーマンス。122K/24BBと粗削りな面を露呈した。一方でSSのディフェンスでは108試合/30エラー→106試合/16エラーと向上を辿った。 

5. ハンター・ドージャー:3B
6-4/220たる恵まれた体格に相応しいパワーの持ち主。パワフルなバッティングで8本塁打をマーク。BB%12%を選んだ上質な見極めも備える。プロ入り前はSSだったが、プロ入り後は3Bにコンバート。スピードに欠く一方上質なアーム&インスティンクトを披露。

6. ミゲル・アルモンテ:RHP
21歳にして卓越したピッチングセンスを示す。90マイル中盤のストレート&傑出したチェンジアップのコンビネーションでゾーンを攻める。110IP/101K/32BBたる支配力も、カーブのクオリティが平凡なことから4.49ERAと打ち込まれた。

7. クリスチャン・ビンフォード:RHP
傑出したコマンドを土台にゲームを作り上げる。6-6/217の長身から90マイル前半のストレート&スライダー&チェンジアップ。3Aまで到達しピッチングのクオリティの高さを証明した。ぎこちないメカニクスから耐久性を不安視する声も。 

8. フォスター・グリフィン:LHP
2014年ドラフト全体28位左腕。90マイル前半のストレート&セカンダリーピッチになり得るチェンジアップ&平均レベルまでの向上が見込まれるスライダーのスリーピッチでアグレッシブにゾーンを攻める。アスレチックでメカニクスでの評価も高い。

9. スコット・ブレウェット:RHP
6-6/210たる恵まれたフレームから投げ込まれるストレートはすでに94マイルに達し、将来的には90マイル中盤をコンスタントに計時するだろうと言われている。 セカンダリーピッチを磨いていく必要があるが、コマンドは年齢に比して安定している。

10. ホルヘ・ボニファシオ:OF
兄エミリオは現役のメジャーリーガー。ハイポテンシャルの持ち主もゲームの中でパワーツールを示すことが出来ないでいる。2Aでは打率.230/4本塁打と物足りない成績。ディフェンスでは強いアームを備えここ3年間で26補殺をマーク。

11. レイモンド・フエンテス:OF
カルロス・ベルトラン(ヤンキース)の従兄弟。パワー以外の4ツールを示すアスリート。リードオフ型。2A-3A計88試合/25盗塁/3失敗とハイレベルな走塁センスを披露。OF守備でもカバー範囲が広い。 

12. オーランド・カリクステ:SS
 アスレチックなSS守備で高い評価を得る。一方でアグレッシブなフリースインガーであるバッティングは未知数。2Aで11本塁打と一定のパワーを示したが、アプローチを含め不安定な部分が非常に多い。磨かれる必要がある。

13. チェース・バロー:C
2014年ドラフト全体40位指名。 オフェンシブなCとして高く評価される。豪快なスイングで傑出したパワーを示しており、パーフェクトゲームのホームランダービーでは華麗なアーチを披露。相応のアームを備えるが、Cとしての守備は磨いていく必要がある。

14. エリアー・ヘルナンデス:OF
2011年インターナショナルFAのトッププロスペクト。平均レベルのスピードに止まるも目立つアスリートとして知られ、ライトに相応しいアームも持ち合わせる。99K/16BBと粗削りでパワーを生かし切れていない。

15. グレン・スパークマン:RHP
2013年ドラフト20巡目指名ながらA+で121IP/117K/25BB/1.56ERAと素晴らしいパフォーマンス。 22歳ながらハイレベルなピッチングを披露した。18先発/11救援とリリーフ登板が多く、将来はスターターではなくリリーフ向きだという見方も存在する。

16. ババ・スターリング:OF
生粋の5ツールポテンシャル。アメリカンフットボールで鳴らした傑出したツールの持ち主だが、打率.218&OPS.642と平凡なパフォーマンスに終わった。本塁打&盗塁ともに昨年より減少し、インパクトを生み出せないでいる。粗削りなアプローチで150三振を喫した。

17. チェスラー・カスバート:3B
ソリッドなシーズンを送った。2A-3A計121試合に出場し打率.274/12本塁打。平均以上のパワーポテンシャルを示すオフェンスでのアップサイドは高い。ディフェンスでは3Bとして相応のアームを持つがスピードの乏しさから1B転向案も。

18. ライアン・オハーン:1B
2014年ドラフト8巡目指名ながらRkでは64試合に出場して打率.361/OPS.1.03/13本塁打の素晴らしいパフォーマンス。59K/39BBとアプローチも成熟している。研究熱心なハードワーカーとして知られる。上のレベルの投手との対戦でもパフォーマンスを維持できるか。 

19. サム・セルマン:LHP
平凡なコマンドを露呈し2A-3Aで5.2BB/9。独特のメカニクスから93マイルのストレート&スライダー&チェンジアップ。97IP/94Kの支配力を生かすためリリーフもこなした。来季は本格的にリリーフ転向か?

20. ドミニック・テイラー:OF
パワー&スピードのコンビネーション。Aをメインに92試合に出場し打率.298/7本塁打/21盗塁。 三振が少なく相応の四球も選ぶことが出来る。ディフェンスでは平均以上のスピードに支えられたプレーが光る。

Plus One Prospect
コリー・トゥープス:SS
ドラフト15巡目の下位指名ながらRkでは57試合に出場して打率.335&OPS.960と素晴らしいパフォーマンスを披露。5-10/170と小柄でパワーには乏しいが、38K/43BBたるハイレベルなアプローチが光る。ディフェンスでは57試合/16エラーと粗さを露呈。 

 Text by Haruki SAKURAI
写真: https://flic.kr/p/9mVffg

 

2015 Top 20 Prospects:デトロイト・タイガース

9642433062_f31810b025_z

 

 

 

 

 

 

 

本ランキングのベースは、現在の活躍と今後のアップサイドによる総合的な評価である。傘下トップ20の素材を簡易のレポートと共に示している。選手名のリンクで表示されるマイナーでのスタッツと併せて参考にして頂ければ幸いだ。

 

1. スティーブン・モーヤ:OF
粗削りながら 6-6/230たるフレームに豪快なパワーポテンシャルを秘める。2Aでは35本塁打をマークしフューチャーゲームにも選出された。一方で161K/23BBたるコンタクトへの不安を露呈した。RFに相応のアームの持ち主だが、打球判断など守備センスに難がある。

2. デレク・ヒル:OF
2014年ドラフト全体23位指名。アスレチックでベストツールは60ヤードを6秒4で駆け抜けるプラスプラスのスピード。CF守備でも広大なレンジを披露し高い評価を得る。相応のバットスピードを備えギャップヒッターと評されるがR-A-では打率.208&OPS.598たる物足りないパフォーマンスにとどまった。

3. ケビン・ジオメック:LHP
ハイクオリティなスリーピッチでゾーンを攻める。94マイルに達するストレート&改善点は多いが、左バッターに有効なスライダー&プラスピッチになり得るチェンジアップのコンビネーションでAでは123IP/152K/53BBたる内容。また独特なアームアクションは打者を欺く。 

4. オースティン・クビッツァ:RHP
6-5の長身から角度のある90マイル前半のシンカー&プラスピッチであるスライダーをゾーンの低めに集めGB%は驚異の72%をマーク。コマンドも安定しており、ローテーションに食い込めるだけの実力の持ち主だが、クロスファイアー気味のメカニクスから耐久性を不安視する声も。

5. バック・ファーマー:RHP
シーズンはAでスタートも素晴らしいパフォーマンスを辿り、ドラフトからわずか2年でデビュー。 スムースなスリークォーターから上質なストレート&チェンジアップのコンビネーション。マイナーではA-2A-3A合計でK/BB4.03をマーク。

6. タイラー・コリンズ:OF
パワフルなバッティングが持ち味で3Aでは18本塁打をマーク。9月1日のゲームではメジャー初本塁打を放った。ここ2年間で計238三振を喫するなどアプローチの粗さは課題。ツール自体は目立たないも、ベースランニング&守備では相応なセンスを披露。 

7. ジョー・ジメネス:RHP
A-では26.2IP/41K/6BBたる支配的な内容。最速94マイルだったストレートは1年で100マイルに達した。カーブもいずれプラスピッチになり得るクオリティだ。まだ19歳と若く、またこの1年で急成長を遂げたことを考慮すればアップサイドへの期待は大きい。

8. ハビア・ベタンコート:SS
叔父は読売ジャイアンツでもプレーしたメジャー通算1532安打のエドガルド・アルフォンゾ。 コンタクトを生み出し、相応にパンチの利いたバッティングが出来る。守備は未知数で今年は2Bをメインにプレーしたが、スピードの乏しさから叔父と同じく3Bに回る可能性も。

9. ドリュー・バーヘイゲン:RHP
6-6たる長身から投げ下ろすシンカーボーラー。97マイルに達するシンカー&向上を辿ったプラスのカーブのコンビネーションでマイナー3年のGB%はいずれも55%以上の高水準。7月にはメジャーデビューも果たした。

10. スペンサー・ターンブル:RHP
94マイル止まりだったストレートはドラフトイヤーにして98マイルに達した。よく動く角度のあるストレート&プラスのカーブ&平均レベルのチェンジアップのコンビネーションでGB%は68%をマーク。コマンドを磨いていけばローテーション半ばクラス。 

11. グレイソン・グライナー:C
6-6/215たるキャッチャーとしては極めて大柄なフレームの持ち主だが、オフェンスよりもディフェンスで高い評価を得る。特にスローイングは正確だ。 バッティングでは持ち前のパワーを生かしAで.322/.394/.444/2HR/18K/11BBと結果を出した。

12. ジェームズ・マッキャン:C
ディフェンスで高い評価を得るC。マイナー5年間での盗塁阻止率は39%と安定したスローイングを誇る。またリーダーシップの持ち主で、投手陣を牽引する。課題とされていたバッティング面では3Aで.295/.343/.427/7HRと成長を見せた。

13.  エンジェル・ネスビット:RHP
6-1/240たる大柄なフレームから投げ込まれるストレートは98マイルにも達する。スライダー&チェンジアップが向上を辿り、A+-2Aでは66.2IP/72K/23BB/1.48ERAと目立ったパフォーマンス。フルエフォートなデリバリーからコマンドが不安定。 

14. エルナン・ペレス:2B/SS
小技もこなすユーティリティータイプのIF。 2013年にはポストシーズンのロースターにも入った。コンタクトに優れたバッティングでラインドライブ性の打球を量産し打率.287&2塁打32本。SS守備では平均的なアーム&レンジ&スピードを示す。

15. ホゼ・バルデス:RHP
100マイルのストレート&ハードなスライダーのコンビネーションで打者をねじ伏せる。クローザーポテンシャルの持ち主だが、キャリアで5.2BB/9とコマンドに不安を抱えている。今年は47試合に登板して4.11ERAと繊細さを欠いた。2010年は薬物使用により50試合の出場停止処分を受けた。

16. ディクソン・マチャド:SS
プラスプラスのディフェンスで高い評価を得ていたが、今シーズンはバッティングが開花。2011~2013年の3シーズンで一度も.600を超えなかったOPSはA+-2Aで.779をマーク。特にアプローチでは70K/63BBたる粘り強さを発揮。今季の打撃成績がフロックではないことを示したい。

17. コナー・ハレル:OF
パワー&スピードを兼ね備えたCFになり得る。バッティングでは変化球への対応に難を示しており、三振も多いが、14本塁打&15盗塁と持ち前のツールを発揮した。 CF守備では平均以上のスピード&平均レベルのアームを披露。9個の補殺を記録し、失策はわずか1つだった。

18. エドガー・デラロサ:RHP
6-8/225たる大柄なフレームから投げ込まれるストレートは90マイル後半に迫るが、フラットな軌道から5.9K/9とインパクトを生み出せないでいる。スライダー&チェンジアップも磨いていく必要がある。リリーフ向きか。

19. チャド・グリーン:RHP
傑出したコマンドに支えられたピッチングでAでは130.1IP/125K/28BB。ベストピッチとも評されるストレートは90~94マイルのレンジで投げ込まれ威力がある。スライダー&チェンジアップは平均以下で、セカンダリーピッチを磨いていく必要がある。 

20. ザック・レイニンガー:RHP
最速93マイルだったストレートはこの1年で95マイルに達した。6-3/170と細見なフレームからさらなる飛躍の余地を残す。カーブは大きな軌道を描き、セカンダリーピッチになり得るクオリティ。Aでは56.2IP/58K/2.54ERAたる支配的な内容。
 

Plus One Prospect
アダム・ラベネル:RHP
90マイル中盤のシンカー&カーブでパワフルにゾーンを攻める。大学では肘の手術も経験し、主にリリーフとして活躍。アスレチック&クリーンなデリバリーで評価を得るも耐久性への不安を拭いきれない。 

 Text by Haruki SAKURAI
写真:https://flic.kr/p/fG4ZpU