好調メッツを変えた守備の強化とブルペンの強化

            今季のMLBは例年に比べて、春の珍事と呼ばれる開幕直後だけ好調な選手は少ない印象を持ちます。しかしチーム単位で見ると全く異なる景色が見え More »

Weekly Report :Week3

                3つのハイライトで1週間のメジャーリーグを辿る。Week-3のキーワードは「ライバル対決」「ジョー・マウアー More »

2018 Team Preview:ボルチモア・オリオールズ

                *40人ロースターはリンクより参照 *SP横*マークはローテーション候補の意を示す   本拠地:オ More »

Weekly Report : Week-1,2

          3つのハイライトで1週間のメジャーリーグを辿る。Week-1,2のキーワードは「開幕」「大谷翔平」「二刀流」だ。 ・開幕 いよいよメジャーリーグが開幕 More »

2018 Team Preview:タンパベイ・レイズ

                *40人ロースターはリンクより参照 *SP横*マークはローテーション候補の意を示す   本拠地:ト More »

 

Category Archives: NL中地区

2015 Top 20 Prospects:シンシナティ・レッズ

Cincinnati Reds pitching coach Bryan Price (38) and starting pitcher Homer Bailey (34)

 

 

 

 

 

 

 

本ランキングのベースは、現在の活躍と今後のアップサイドによる総合的な評価である。傘下トップ20の素材を簡易のレポートと共に示している。選手名のリンクで表示されるマイナーでのスタッツと併せて参考にして頂ければ幸いだ。 

 

  

1. ロバート・スティーブンソン:RHP
エースポテンシャル。トータルパッケージで100マイルのストレート&パワーカーブのコンビネーションは傑出している。2Aでフルシーズンを過ごし136.2IP/140K/74BB/4.74ERA。制球面への不安を露呈した。 

2. ジェシー・ウィンカー:OF
傑出したバッティングセンスに支えられたミドルヒッター。68K/54BBとアプローチも磨かれており、パワーツールにも一定の評価を得ている。守備&走塁は平凡でLF向き。フューチャーゲームでもプレーした。

3. アンソニー・デスクラファニー:RHP
マット・レイトスとのトレードでMIA→CIN。96マイルに達するストレート&スライダー主体にコマンドよくゾーンを攻めるピッチング。チェンジアップを磨いてローテーションに定着したい。メジャーでは33IP/26K/5BB。 

4. マイケル・ローレンゼン:RHP
アスレチックでハイポテンシャル。99マイルを計時するプラスプラスのストレートを武器にパワーでねじ伏せる。 スライダー&チェンジアップはいずれも磨いていく必要があり、コマンドも未発達だ。

5. ライセル・イグレシアス:RHP
キューバから亡命し$27Mでサイン。95マイルのストレート&プラスのスライダー主体にカーブとチェンジアップも織り交ぜる。本職はリリーフでAFLでも全7試合全てリリーフ登板だったが、チームは先発として起用する見込み。

6. カイル・ウォルドロップ:OF
本人曰く「ホームラン狙いのバッティングをやめた」ことがきっかけでブレーク。リラックスしてバットコントロールを心掛けたことで、より一層フィールド全体を扱えるようになり打率.338/14本塁打/2塁打37本をマーク。 アスレチックでスピード&アームも相応なレベル。

7. アレックス・ブランディーノ:SS
2014年全体29位。 素早いスイングでフィールド全体に打ち分けギャップを破るバッティングスタイル。選球眼にも優れアプローチも優秀。守備では相応のアームの持ち主だが、レンジへの不安から3B/2Bに回ることになりそうだ。

8. アルシデス・アクイーノ:OF
パワーポテンシャル。 Rでは打率.292/16本塁打/21盗塁/OPS.919。変化球への対応に課題を抱えており、66K/15BBとアプローチが粗い。RF守備では強肩の持ち主で65試合で13補殺をマーク。

9. ニック・トラビエソ:RHP
98マイルを叩き出すパワーアーム。スライダーとのコンビネーションでマイナーのコーチからはロジャー・クレメンスと比べられる。Aでは14勝&3.03ERAと上々の成績。メカニクスを安定させていきたい。

10. ニック・ハワード:RHP
2014年ドラフト全体19位。大学では先発&リリーフを経験。リリーフ時には98マイルを計時するストレート&スライダーを軸にパワフルなピッチング。コマンドの平凡さがネック。 チームは先発として育成していく予定だ。

11. フィリップ・アービン:OF
 攻守にオールラウンド。特にスピード面の評価が高く、ディフェンスでも広いカバー範囲を生み出している。素早いスイングで2塁打34本とギャップパワーも示す。OPS.680と平凡なパフォーマンスに終わり、来季が正念場だ。

12. ジョナサン・クロフォード:RHP
ハイクオリティなポテンシャルの持ち主。スムースなメカニクスから上質な96マイルのストレート&スライダー。ERA2.85&被打率.220とパワフルなピッチングを披露した一方で、K/96.2は物足りない出来だ。課題であるコマンド&セカンダリーピッチを磨いていきたい。

13.  ヨーマン・ロドリゲス:OF
アスレチック。ダイナミックな攻守でアップサイドはチーム内でもトップクラスと評される。粗削りなアプローチ&コンタクトが原因でブレークできずにいるも9本塁打&OPS.720。守備ではキャノンアームの持ち主。

14. アミール・ギャレット:LHP
ハイポテンシャル。95マイルを叩き出すストレートで大きな注目を集める。カーブもアウトピッチに成り得るボールで体格も6-5/210と大柄。全体的に粗削りな部分が目立ち、特にコマンド&メカニクスが不安定。Aでは133.1IP/127K。

15. タイラー・マーレ:RHP
Rkでは4.73K/BB。最速94マイルのストレートを主体にストライクゾーンを攻める。カーブは大きく縦に割れる変化を描く。未熟な部分も多いが、安定したメカニクスからアップサイドを期待される。 

16. テイラー・スパークス:3B
5ツール。素晴らしいバットスピードを示し、Rでは10本塁打&OPS.840とゲームの中でもパワーツールを発揮。アプローチが粗くヒットツールを生かし切れていない。アスレチックで守備では目立ったレンジ&アームを示している。

17. セバスチャン・エリザルド:OF
A-A+で16本塁打&OPS.859。「パワーレスなリードオフタイプ」 たる評価を覆した。課題とされていたアプローチも92K/60BBと向上。一方でスピードツールの扱いは磨く必要があり19盗塁/17失敗。

18. イスメル・ギロン:LHP
ストレート&チェンジアップのコンビネーションで打者を惑わす。Aでは支配的なパフォーマンスもA+昇格後は58.2IP/45K/6.79ERAと苦しんだ。コマンド&カーブのクオリティが平凡。リリーフ向きとの見方も。 

19. フアン・シルバ:OF
プエルトリコ出身。全体的なツールのクオリティは平均レベルも、48BB/49Kのアプローチに支えられたバッティングが光る。走塁技術も上質で67試合/34盗塁をマークした。OF3ポジションをプレー出来る点も持ち味。計算が立て易い素材。  

20.  チャド・ウォラック:C
卓越したアプローチに支えられたミドルヒッター。A-A+では打率.322/7本塁打/46K/62BB。守備では正確なスローイングを示しているが、レシービングに課題。守備を向上できればオフェンシブなCとして期待できるだろう。

Plus One Prospect
ギャビン・ラバリー:3B
6-3/235たる大柄な体格にパワーポテンシャルを秘める。Rでは59試合/6本塁打とゲームの中でもツールを披露。柔らかいスイングでフィールド全体に打ち分けるヒットツール&成熟したアプローチでも評価が高い。3Bの守備は未知数。 

Text by Haruki SAKURAI
写真:https://flic.kr/p/9XbwFS

2015 Top 20 Prospects:シカゴ・カブス

8593389703_324f4596cc_z

 

 

 

 

 

 

 

本ランキングのベースは、現在の活躍と今後のアップサイドによる総合的な評価である。傘下トップ20の素材を簡易のレポートと共に示している。選手名のリンクで表示されるマイナーでのスタッツと併せて参考にして頂ければ幸いだ。

 

 

1. クリス・ブライアント:3B
ナンバーワンプロスペクト。2A-3AでOPS1.09/43本塁打/110打点と素晴らしいパフォーマンスを辿り、20-80スケールで80評価のパワーツールを証明。平凡とされていたコンタクト面では162三振も打率.325と改善の兆し。3B守備は平均以下でOF転向もありうる。 

2. アディソン・ラッセル:SS
攻守でハイレベルな素質を披露しているマイナー屈指のSSプロスペクト。ハイクオリティなスイング&ゾーンを理解したバッティングでパワー&アベレージを両立。ディフェンスでも傑出したアームツールに支えられた高い評価を得ている。 

3. ホルヘ・ソレア:OF
キューバ出身の5ツール型。特にパワー&アームが傑出。R-2A-3A合計で62試合/打率.340/15本塁打と鮮烈なパフォーマンス。メジャー昇格後も24試合/5本塁打と印象的な活躍。アプローチも安定している。

4. カイル・シュワバー:C
2014年ドラフト全体4位。大学ナンバーワン打者の名を引っ提げA+-A-A-で72試合/打率.344/18本塁打/OPS1.06と圧巻のパフォーマンス。完成されたバッティングとは対称的にCディフェンスは平均以下でポジションを移ることになりそうだ。

5. アルバート・アルモラ:OF
5ツールの持ち主で攻守でパーフェクトなOFに成り得るスターポテンシャル。リラックスした構えから滑らかなスイングを披露し広角に打ち分ける。A+-2AでOPS.683は平凡もまだ19歳と若い。CFの守備はゴールドグラブ級で洗練されている。 

6. C.J.エドワーズ:RHP
肩を痛め12試合の登板に止まるもR-2Aで53.2IP/54K/25K/2.35ERA。98マイルを叩き出すストレート主体にアグレッシブにゾーンを攻め、スライダー&チェンジアップも向上が著しい。6-2/155と非常に細身のためアップサイドは高い。 

7. ジェンホー・ツェン:RHP 
20歳にして完成度が高く、黒田博樹(元NYY)と比較される。 コマンドが安定しており、90マイル前半のストレート&カーブ&チェンジアップで自在にストライクゾーンを操る。Aでは105IP/85K/15BB/2.40ERA。

8. ピアース・ジョンソン:RHP
ピッチングスタイルからドリュー・ストーレン(ナショナルズ)と比較される。93マイルのストレート&スライダーのコンビネーション。相応なコマンドでゾーンを攻め、A-2Aで102.2IP/99K/2.54ERA。 

9. デュエン・アンダーウッド:RHP
ハイポテンシャル。コンスタントに90マイル中盤を計時するストレートは98マイルに達し、セカンダリーピッチのカーブもパワフル。コマンド面でも大きな飛躍を遂げBB/9は4.5→3.2。チェンジアップをモノにしたい。 

10. ビリー・マッキニー:OF
高いヒッティングセンスを示し、特にスムースなスイングに定評を得ている。OPS.766/11本塁打とパフォーマンス自体は平凡も19歳ながらA+でプレーした点は評価できる。守備&走塁は平凡。アームの乏しさからLF向き。

11. グレイバー・トーレス:SS
17歳にしてR-A-で50試合/打率.297/2本塁打。若いながらもツール&ルーティーンプレーでミスをしない安定感を兼ね備えたディフェンスに定評。バッティングでもスムースなスイングを披露する。

12.  カーソン・サンズ:LHP
94マイルに達するパワフルなストレートを軸にスライダー&チェンジアップも織り交ぜアグレッシブにゾーンを攻める。 高卒選手ながら既に制球面が安定しており、3球種でストライクを取れる点は大きい。6-3/195たる体格からアップサイドは高い。

13. ダン・ボーゲルバック:1B
ヒッティングプロスペクト。A+で16本塁打をマーク。6-0/250たる体格に秘められた傑出したパワーツールに注目が集まるが、91K/66BBとアプローチも上質。大きすぎる体格もあり守備&走塁は平均以下。  

14. ポール・ブラックバーン:RHP
グランドボーラー。93マイルのハードシンカーを主体にゴロを打たせるピッチング。カーブ&チェンジアップも上質で一定の評価を得ている。三振は少ないが、コマンドが安定しており、BB/9は2.4。プロ入り後に35ポンドの増量に成功。

15. マーク・ザグニス:OF
アスレチック。大学ではCもプロ入り後は持ち前のスピードツールを生かすためOFに挑戦。成熟したアプローチに支えられたギャップを抜くバッティングで57試合/OPS.840/42K/42BB。

16. ジェーク・スティネット:RHP
ノーラン・ライアンを彷彿とさせるメカニクスからパワフルなピッチング。力を抜いても97マイルを計時するストレートの評価が高い。スライダーもプラスピッチになりうるクオリティ。大学時代に酷使した肩を休めるためプロでは5登板のみ。

17. エロイ・ヒメネス:OF
2013年のインターナショナルFA。ツールのパッケージで『ホルヘ・ソレア2世』と呼ばれる。印象的なパワーポテンシャルの持ち主で17歳たる年齢に比したゾーンの見極めも示している。 ディフェンスではアーム&アスリート性からライト向き。

18. コーリー・ブラック:RHP
最速100マイルのストレート&ハードスライダーのコンビネーション。124IP/119K/被打率.224とパワフルなピッチングを示した。チェンジアップも緩急を生み出すのには効果的。荒削りで5.1BB/9とコマンドに乏しい。

19. ビクター・カラティニ:C
プエルトリコ出身。ハイクオリティなアプローチに支えられたバッティングが持ち味。101試合/5本塁打とパワーでの評価が大きく分かれる。プロ入り時にC→3Bも、2014年は再びCに挑戦。アームは強いが、守備は全体的に磨く必要がある。

20. ジョナサン・マルティネス:RHP
ダーウィン・バーニーとのトレードでLAD→CHC。Aで5.05K/BBをマークした抜群のコマンドを武器に94マイルのストレートで両コーナーを突く。スライダー&チェンジアップは発達段階も、まだ20歳と若くポテンシャルを秘める。 

Plus One Prospect
ディラン・シーズ:RHP
98マイルのストレートで高い評価を得る。パーフェクトゲームにも登板した右腕だが、ドラフト後にトミージョン手術。セカンダリーピッチ&コマンドに乏しく、リスキーな素材だが、高校では16を超えるK/9をマーク。 

 

Text by Haruki SAKURAI
写真:https://www.flickr.com/photos/mjl816/8593389703/in/photolist-cmc6s7-cmc6z7-cmc6hq-cmc6M3-bXNpph-mP7v9R-8LrCmv-iNxj6E-iNzsw5-e6sYQf-e6sYu7-e6nndV-e6nnnr-3eoqV4-cN2yD3-dkKGp7-dSDJe8-dgFfvt