Weekly Report : Week-7

               Photo link https://flic.kr/p/cmAsKq   今週のプロスペクト―ウラディミール More »

ナショナルリーグ東部地区の現在地

            ナショナルリーグ東部地区の現在地 Written by Eiji Kato Photo link https://flic.kr/p/2 More »

ジョーイ・ギャロが通算100本塁打を達成

              Written by Akiyuki Suzuki and Edited by Tsubasa Komiyama Phot More »

Weekly Report : Week-5

            Photo link https://flic.kr/p/2fGwE8E   好評発売中のプロスペクトハンドブック2019です More »

Lock Back Big Trade-レンジャーズが逆転地区優勝を果たした2015年トレードデッドラインのトレード

               大型トレードのその後を追っていくコラム。   ・TDLの時点で勝率5割未満ながら、PO進出をもたらしたトレード More »

 

Category Archives: AL中地区

2015 Team Preview:クリーブランド・インディアンス

15008082329_cc7a180c5f_z

 

 

 

 

 

 

 

*40人ロースターはリンクより参照 
*SP横*マークはローテーション候補の意味を示す。

  • 本拠地:プログレッシブ・フィールド 

他の野球場と大きさを比較する→http://yakyujo.com/ml21/

 

広さ
レフト 99.1m
センター 123.4m
ライト 99.1m
フェンス高さ 2.4〜5.8m
パークファクター *平均100
安打 98.2
ツーベース 102.8
スリーベース 52.8
本塁打 108.3
得点 95.0
  • 予想オーダー

1. マイケル・ボーン:CF
かつては一流のリードオフだったが、CLEに加入した13年以降は劣化が激しく年俸に見合った活躍ができていない。昨季は左ハムストリングの故障に悩み、シーズン中に2度離脱した。OPSは2年連続で6割台に留まり、自慢の守備もDRS、UZR共にマイナスを記録。4年$48M+$12Mのオプションの契約の3年目。

2. ホセ・ラミレス:SS
13年に20歳の若さでメジャーデビュー。13年に2Aで38SBをマークしたスピードと、マイナー通算AVG.306のコンタクトが武器。昨季は7月下旬に再昇格すると閉幕までレギュラーとして出場し続けた。マイナーでは2Bでの出場がメインだったが、メジャーではSSとしてDRS+4&UZR+7.0を記録し適性を見せた。

3. マイケル・ブラントリー:LF
“ドクター・スムース”が大ブレイク。 AVG.327はリーグ3位に着ける好成績で、前年の10HRから20HRに倍増させるなどパワー面でも進歩を見せた。また23SBとスピードも発揮。守備もそつなくこなし、非常に穴の少ない選手。

4. カルロス・サンタナ:1B
メジャートップクラスの選球眼の持ち主。昨季の113BBはメジャー1位で、キャリアでのBB%は15.6%。パワーも優秀で、キャリアハイタイの27HRを放った。元々はCだったが、ヤン・ゴームスの台頭に伴ってC→3B→1Bとコンバート。

5. ブランドン・モス:RF
プロスペクトのジョー・ウェンドルとのトレードでOAKから加入。投手有利本拠地ながら3年連続で21HR以上を記録したパワーが武器。昨季はDL入りこそしなかったが怪我が多く、10月に臀部の手術を受けた。 

6. ヤン・ゴームス:C
12年12月のエスミル・ロジャースを放出したトレードでマイク・アビレスと共に加入。Cリーグ3位の21HRとパンチ力を発揮して、SS賞を受賞した。肩が強く、ブロッキングの技術にも優れ守備への評価も高い。昨季開幕前に6年$23M+オプション最大2年で囲い込んだ。ブラジル初のメジャーリーガー。

7. ジェイソン・キプニス:2B
開幕直後に6年$52.5M+$16.5Mのチームオプションで契約延長に合意したものの、素晴らしい1年だった13シーズンから一転昨季は不振に陥った。OPS.818→.640と大幅に成績を落とし、守備でもDRS-11&UZR-8.0と攻守ともに精彩を欠いた。4月で28歳と全盛期真っ只中の年齢であり、復活に期待したい。

8. ニック・スウィッシャー:DH
昨季は怪我に悩まされAVG.208&8HRとレギュラー定着以降ではキャリアワーストの成績を残した。8月下旬に両膝の関節の手術を受けてシーズン終了。05~13年にかけて9年連続21HR以上をマーク。16年まで年$15Mの契約が残り、16年に550PA以上&フィジカルチェックを受けて問題がなければ自動行使される$14Mのベスティングオプションが17年に残る。 

9. ロニー・チゼンホール:3B
08年ドラフト全体29位で入団し、長らく期待されていたプロスペクトがAVG.280&13HRと開花の兆し。 コンパクトで素早いスイングで打球を全方向に打ち分けることができると言われ、パワーとコンタクトは共に一定の評価を受ける。守備は平均的との評判だったが、昨季はDRS-14を記録。生き残りをかけて今季も好成績を収めたい。

 

2015 Team Preview:デトロイト・タイガース

16948548815_49a5bbd199_z

 

 

 

 

 

 

 

*40人ロースターはリンクより参照 
*SP横*マークはローテーション候補の意味を示す。

  • 本拠地: コメリカ・パーク

他の野球場と大きさを比較する→http://yakyujo.com/ml09/

 

広さ
レフト 105.2m
センター 128.0m
ライト 100.6m
フェンス 2.4〜3.4m
パークファクター*平均100
安打 97.9
ツーベース 79.6
スリーベース 183.3
HR 101.4
得点 100.3
  • 予想オーダー

1. イアン・キンズラー:2B
プリンス・フィルダーとのトレードでTEXから加入。主に1,2番を任されてメジャー1位の726PA&684ABと多くの機会に恵まれ、自身3度目の40 2B以上&キャリアハイの92RBIをマーク。DRS+20はメジャー1位、UZR+13.0は同2位と守備面も文句の付けようのないシーズンを送った。オプションを含めて18年まで安価な契約が残る。

2. アンソニー・ゴース:CF
12月にプロスペクトのデボン・トラビスとのトレードで加入。プラスのスピードを攻守に渡って如何なく発揮する未来のリードオフ候補。細身だが11年に2Aで16HRを記録したこともある。プロ入りは08年ドラフトで、PHI→TOR→DETと移籍。メジャー4年目の24歳。 

3. ミゲル・カブレラ:1B
2年連続でMVPを受賞して迎えた昨季は右足首の骨棘に悩まされ、8年振りに30HRを下回り、OPSが2割下がる低調なシーズンを送った。10月に手術を受け、22日に実戦に復帰した。

4. ビクター・マルチネス:DH
35歳ながら昨季はAVG.335&32HR&リーグ1位のOBP.409&メジャー1位のOPS.974で自己ベストを更新。4年$68Mで再契約に至った。11年以降はDHでの出場がメインになっている。AS選出5回。

5. ヨエニス・セスペデス:LF
リック・ポーセロとのトレードでBOSから加入。 メジャーデビューから3年連続で22HR以上をマークしており、パワーと強肩には定評がある。CFでの守備はお世辞にも上手いとは言えないが、LFでは優秀な数値を残している。今季で契約が満了するが、シーズン終了後に即FAとなる条項が盛り込まれているためチームはQOを出すことができない。

6. J.D.マルチネス:RF
マイナー契約で得た拾い物が23HR&OPS.912と開花。特にvsLHPはOPS1.003と非常に良く打った。守備は平均的。早いカウントからでも積極的に打ちにいくようになったことがブレイクの要因?

7. ニック・カステヤノス:3B
3Bのレギュラーとして初のフルシーズンを過ごした昨季は、自慢のバッティングが.259/.306/.394/.700と”まずまず”の域を出ないものに留まり、守備でメジャーワーストのDRS-30を記録するなどメジャーの厚い壁にぶつかった。23歳とまだまだ若く、今年こそは飛躍が期待される。

8. アレックス・アビラ:C
ASに選出されSSを受賞し、MVP投票で得票した11年以降、毎年打撃成績が悪化。選球眼には定評があり多くの四球を選んでいるが、一方で昨季はK%が33.0%とメジャー平均を大きく上回るなど三振も非常に多かった。守備面はリードも含め安定感がある。

9. ホセ・イグレシアス:SS
昨季は両スネの疲労骨折で全休。ダイナミックな守備が武器で、ハイライトに上げられるようなファインプレーを量産する。一方の打撃は13年にAVG.303をマークしたが、BABIP.356と運に恵まれた面が強く今年は真価が問われる。

 

 

2015 Team Preview:カンザスシティ・ロイヤルズ

3905559448_a0345deb34_z

 

 

 

 

 

 

 

*40人ロースターはリンクより参照 
*SP横*マークはローテーション候補の意味を示す。

  • 本拠地:カウフマン・スタジアム

他の野球場と大きさを比較する→http://yakyujo.com/ml03/


広さ
レフト 100.6m
センター 125.0m
ライト 100.6m
フェンス高さ 2.4m
パークファクター*平均100
安打 100.8
ツーベース 103.8
スリーベース 106.9
HR 84.3
得点 101.4

 

  • 予想オーダー

1. アルシデス・エスコバー:SS
コンタクトとスピード、安定感のある守備が売りの28歳。昨季は全試合にSSとして先発出場し、2度目の30SB以上&30 2B以上をマーク。メジャーワースト12位のP/PA3.56が示すように早打ちで、OBPは3割前後に留まる。10年オフにザック・グレインキーを放出したトレードでMILから加入。

2. アレックス・ゴードン:LF
KCの顔。打撃も例年通り好調で、19HR&74RBI&65BB&OBP.351&SLG.432など、ほぼ全ての項目でチーム1位の成績を残した。守備でもOFリーグ1位のDRS+27をマークして、4年連続でGG賞を獲得。来季に$12.5Mのプレーヤーオプションが残る。

3. ケンドリス・モラレス:DH
昨季はQO物件であることを嫌われて、ドラフト終了後まで契約を得られず。実戦を離れていた期間が長かったため、シーズンが終わるまで低調なままだった。LAA、SEAなど投手有利本拠地チームで過去に結果を残しており、本調子を取り戻すことができれば活躍が期待できる。

4. エリック・ホズマー:1B
ポストシーズンでは15試合で2HR&12RBI&OPS.983と大活躍だったものの、レギュラーシーズンの9HR&58RBIはクリーンナップ失格。守備は堅実にこなし、2年連続でGGを受賞した。打者としてもう一皮剥けて、チームを再びワールドシリーズに導きたい。 

5. サルバドール・ペレス:C
守れて打てる理想的なC。17HR&DRS+8はそれぞれCリーグ4位&1位。その一方で早打ちなためにOBPは伸びず、OPSも6割台に留まった。AS選出&GG賞受賞はどちらも2年連続。

6. アレックス・リオス:RF
1年$11M+$12.5Mの相互オプションで加入。今年で34歳を迎えたが、打者有利本拠地のTEXで僅か4HR、守備でも2年連続でDRSがマイナスを記録するなど攻守ともに衰えが顕著で、$11Mは払い過ぎだ、との声も聞こえる。

7. オマー・インファンテ:2B
昨季は自慢のコンタクトが冴えずAVG.252に留まり、OPS.632はリーグワースト4位と散々な成績に。それを補って余るような守備を備えているわけでもなく、本来ならばレギュラーの座が危ぶまれて然るべき選手。

8. マイク・ムスタカス:3B
長く開花が待たれている主軸候補。昨季も15HR&OPS.632とIFとしては物足りない数字に終わったが、ポストシーズンでは5HRを放つパワフルなバッティングを披露した。守備はエラーが少し多いが、そつなくこなす。

9. ロレンゾ・ケイン:CF
自己最多の133試合に出場して打率3割をクリア、28SBとスピードも存分に発揮。守ってもゴードンに次いでOFリーグ2位のDRS+24と素晴らしい一年を送った。24BB/108Kと荒いアプローチを改善したい。

 

2015 Team Preview:シカゴ・ホワイトソックス

14917525836_ac752cb060_z

 

 

 

 

 

 

 

*40人ロースターはリンクより参照 
*SP横*マークはローテーション候補の意味を示す

  • 本拠地:US セルラー・フィールド

他球場と大きさを比較する → http://yakyujo.com/ml22/

 

広さ
レフト 100.6m
センター 121.9m
ライト 102.1m
フェンス高さ 2.4m

 

パークファクター*平均100
安打 100.6
ツーベース 99.6
スリーベース 110.0
HR 104.9
得点 105.2

 

  • 予想オーダー

1.アダム・イートン:CF
5フィート8の小兵。 13年オフに三角トレードでARIから加入し、昨季はリードオフヒッターとして123試合に出場した。パワーはないが、マイナー通算AVG.348の優れたコンタクトが武器。CF守備でもDRS+12をマーク。

2.メルキー・カブレラ:LF
12年にステロイドの陽性反応で50試合の出場停止を科せられた過去もあったが、その後TORで結果を残して3年$42Mの契約を勝ち取った。四球三振が共に少ない早打ちで、ヒットツールが売りの選手だが、昨季はキャリアハイの16HRを放った。守備は平均程度。

3.ホセ・アブレウ:DH
6年$68Mの大型契約で入団した昨季は、怪我での欠場もありながら36HRを放って見事ROYに輝いた。 SLG.581、OPS+169(球場毎の不利有利の差を無くしたもの)はどちらもメジャー1位。1B守備でDRS-11を記録しており、今年は主にDHで出場する見込み。

4.アダム・ラローシュ:1B
$15Mの相互オプションを破棄されてWSHからFAになった後、2年$25Mで契約合意。投手有利のナショナルズ・パークを本拠地としながら直近3年は平均26HR&OPS.804と、既に35歳になったが未だパワーは健在。 12年にGG受賞。

5.アビザイル・ガルシア:RF
13年夏にジェイク・ピービーを放出したトレードでDETから移籍。昨季は左肩の関節唇を痛めて4ヶ月程離脱した。”リトル・ミギー”の愛称で知られるが、現状パワーはミドルヒッター止まり。RFとして400イニング程の出場でDRS-10を記録しており、攻守共にステップアップしたい。

6.アレクセイ・ラミレス:SS
昨季は3年振りに二桁HRをマークし、初のAS選出&2度目のSS受賞。5年連続で156試合以上に出場し、3年連続20SB以上、SSリーグ1位の35 2Bと30の峠を既に少し過ぎたが衰えは見えない。

7.コナー・ギレスピー:3B
傘下の有望株マット・デビットソンが伸び悩み、昨季も3Bとして130試合の出場機会を得た。キャリア通算のOPSがvsLHP.510、vsRHP.765と左右で大きく隔たっており、プラトーン起用が理想的。一方の守備はレンジが狭く、DRS-12と平均以下。

8.タイラー・フラワーズ:C
意外性のあるパンチ力と堅実な守備がセールスポイント。昨季の15HRは、Cリーグ4位。 三振が非常に多く、BABIP.355と運に恵まれたにも関わらずAVGは.241に留まった。メジャーデビューからDRSが0を下回ったシーズンが一度もない。

9.マイカ・ジョンソン:2B
AL版ビリー・ハミルトン。13年にマイナー3階級で計84盗塁をマークした抜群のスピードとコンタクトが売りの未来のリードオフマン。パワーは武器になるほどのものではないが、同年に46本の長打を放っている。スプリング・トレーニングでも絶好調で、熾烈なレギュラー争いを制して開幕戦のスターティング・オーダーに名を連ねる可能性も十分にある。

 

2015 Team Preview:ミネソタ・ツインズ

9159241605_a052be75b0_z

 

 

 

 

 

 

 

 

 *40人ロースターはリンクより参照 
*SP横*マークはローテーション候補の意味を示す

  •  本拠地:ターゲット・フィールド

他の野球場と大きさを比較する→http://yakyujo.com/ml25/

 

広さ
レフト 103.3m
センター 125.3m
ライト 100.0m
フェンス高さ 2.4〜7.0m
パークファクター*平均100
安打 108.0
ツーベース 107.5
スリーベース 140.7
HR 102.2
得点 111.6

 

  • 予想オーダー

1.ダニー・サンタナ:SS
昨季5月にメジャー昇格を果たすと、バットで結果を残しレギュラー確保。SSとCFで計101試合に出場して129H&20SBをマークした。傑出したスピードを活かした抜群のレンジ、優れたグラブ捌きとプラスのアームを備えており、ディフェンス面には高い評価を得ている。

2.ブライアン・ドージャー:2B
2Bとしてメジャー1位タイの23HRをマークして2013年の18HRがフロックでないことを証明。 AVG.242ながらも選球眼に非常に優れ、OBPは.345だった。21SBとスピードも兼備。守備も堅実にこなす。

3.ジョー・マウアー:1B
チームに取っても本人に取っても残念なシーズン。 健康面を考慮しての1Bコンバートだったが、4HRは幾ら投手有利のターゲット・フィールドが本拠地とは言えレギュラー失格レベル。せめてAVGだけでも全盛期の水準に戻したい。

4.ケニーズ・バルガス:DH
6フィート5、275ポンドの超巨漢スラッガー。昨季は2Aから飛び級でメジャーに昇格すると、53試合で9HRを放つ活躍を見せた。元来右打ちでリトルリーグ時代に両打ちに転向したが、現在では左OPS.899/右OPS.602と左打席の方が優秀な数字を残している。

5.トリー・ハンター:RF
8年振りの古巣復帰。39歳だった昨季もAVG.286&17HRと打棒は健在だったが、RFでのDRS-18&UZR-18.3と守備面では衰えが顕著。フィールド内外で若いチームに好影響を齎すことを期待されている。「ここが私の終着駅だ」と述べており、シーズン終了後には引退か。 

6.トレバー・プルーフ:3B
3年連続14HR以上。昨季は四球が増え三振が減るなど、アプローチ面で進歩を見せた。守備でもプラスの数値を残しており、fWARはエバン・ロンゴリア(TB)を上回った。超有望株ミゲル・サノー昇格後も生き残ることができるか。

7.オズワルド・アルシア:LF
ハンターの加入に伴ってRFからLFへコンバート。20HRはドージャーに次いでチーム2位だった。現在23歳とまだまだ若く、成長の余地は多く残されている。 弟オーランドはブリュワーズ傘下所属の有望株で、守備力がウリのSSとタイプは正反対。

8.カート・スズキ:C
Cリーグ1位の34/2Bを放つなど低迷気味だった打撃が復活し、シーズン途中に最大3年の契約延長を勝ち取った。 一方の守備では、CS%25%と弱肩ぶりは相変わらず。

9.アーロン・ヒックス:CF
打席での開花が待たれるスター候補。 優れたアスリートで、かつて投手として97マイルをマークしたこともある強肩の持ち主。プラスのスピードを活かして抜群のレンジを誇るCF守備はプレミア級とも言われる。