アレックス・アンソポロスのブレーブス改革

            ブレーブスは11月13日に新たなGMとしてアレックス・アンソポロスを任命した。これは約3年間GMを務めたジョン・コッポレラの辞任を受けて More »

大谷翔平の移籍先が遂に決定、マイク・トラウトとの共演へ

              日米の野球ファン注目の大谷翔平の球団がついに決まった。日本時間の8日に発表が行われ、大谷が選択したのはロサンゼルス・エンゼ More »

スタントンがヤンキースへトレード、ジャッジと本塁打王コンビを結成へ

            日本時間の9日、遂にマイアミ・マーリンズのジャンカルロ・スタントンがトレードされた。移籍先はニューヨーク・ヤンキース。これによりアーロン More »

動く投手コーチ~選手以上に盛んな投手コーチの移籍市場とその背景~

                このオフのFA市場は非常に静かだ。この文章を執筆している時点ではレッドソックスからFAとなったダグ・フィスタ More »

2017 NLCS Review LAD vs CHC

                NLDS  : LAD 4-1 CHC *Game部のリンクでゲームのRecapをチェック可。 Game1 More »

 

Category Archives: AL中地区

2016 Team Preview: シカゴ・ホワイトソックス

5674645920_2e0053e755_z

 

 

 

 

 

 

 

*40人ロースターはリンクより参照
*SP横*マークはローテーション候補の意味を示す。

  • 本拠地:USセルラーフィールド

他の野球場と大きさを比較する→http://yakyujo.com/ml22/

 

広さ
レフト 100.6M
センター 121.9M
ライト 102.1M
フェンス高さ 2.4M
パークファクター平均*100
安打 95.3
ツーベース 87.3
スリーベース 83.3
HR 111.3
得点 90.4
  • 予想オーダー

1.アダム・イートン:CF
パワーをつけた俊足のリードオフマン。デビューした12年から2本→3本→1本だった本塁打が昨シーズン14本と激増。OBP.361と1番打者として優秀だったが、18盗塁だった盗塁数を増やせると更に上のリードオフマンとなるだろう。一方で守備は14年のDRS+11から-14と大幅に悪化、UZRも-10.2と停滞気味。

2.ブレット・ロウリー:2B
OAKからトレードで加入。08年ドラフト全体16位でMILに入団も伸び悩みが続くカナダ出身の26歳。昨シーズンはDLには入らずにシーズンを過ごせたが、28四球/144三振と壊滅敵なアプローチは直らず。16本塁打は自己最多も、OPSは.706と精彩を欠いた。守備でも2B/3Bの2ポジションで合計24失策。攻守でさらなる活躍が求められる。両腕の刺青が特徴的。

3.ホセ・アブレウ:1B
アルバート・プホルス(LAA)以来となるデビューから2年連続30HR&100RBIを達成したキューバの大砲。OPSは昨シーズンの.964→.850とダウン、打撃成績は全体的に前年を下回ったが、他の補強選手が軒並み不調でチームも下位に沈んだ中で、1人期待通りの働きを見せたと言って良いだろう。守備ではDRSが-10から+1へと向上を見せた。

4.トッド・フレイジャー:3B
LADを絡めた三角トレードでCINから移籍してきた長距離砲。昨シーズンはCINで開催されたオールスターのホームランダービーで優勝するほどのパワーの持ち主で、独特なフォームから打球をスタンドへ飛ばす。昨シーズンはOPS.806&自己最多の35HRに加えて13盗塁、DRS+6と走攻守すべてでチームに貢献した。不安は後半戦に調子を落としたことで、オールスター後の72試合で.220/.274/.390&10HRと不調だった。

5.メルキー・カブレラ:DH
ドミニカ出身、両打ちの中距離打者。12年には打率.346を記録したが、その年はPED使用が発覚した。移籍初年度の昨シーズンは.273/.314/.394&12HR、強肩ではあるがUZR-7.4と守備にも不安を残し、3年42Mの契約に見合う活躍だったとは言い難い。

6.アビサイル・ガルシア:RF
高い身体能力を誇る強肩強打の24歳。DET時代には出身が同じで体型が似ていることから「ミニ・ミギー(ミゲル・カブレラの愛称)」と呼ばれていた。身体能力は高いがプレーが粗く、OPS.675&13HR、36四球/141三振。守備も強肩を生かして17補殺を記録したもののDRS-11、UZR-6.2。攻守に安定感が欲しい。

7.タイラー・サラディーノ:SS
昨シーズン、メジャーデビューしたスピードと守備がウリの26歳。OPS.602&4HRと打撃では印象を残せなかったものの、守備では本職ではない3Bを守ってDRS+12と華麗な守備を披露。今季は本職のSSでLADから移籍のベテラン、ジミー・ロリンズとポジションを争う。

8.アレックス・アビラ:C
DETの元正捕手だったが怪我と不振、若手の台頭もあり実の父であるGMから再契約を見送られCWSに移籍。昨シーズンは67試合の出場にとどまり、AVG.191&4HRと自己最低の成績だった。まだ29歳と復活の可能性はある。左投手がさっぱり打てない。

9.オースティン・ジャクソン:LF
昨シーズンSEA/CHCの2球団でプレーした外野手。.267/.311/.385&9HR&17盗塁と平凡な成績で、OPSは2年連続の6割台。守備では、DRSは14年、15年どちらも-1だったが、UZRは-8.6から+7.2へと大幅に向上した。

 

2016 Team Preview:デトロイト・タイガース

8120715457_91b841afb2_z

 

 

 

 

 

 

 

*40人ロースターはリンクより参照
*SP横*マークはローテーション候補の意味を示す。

 

他の野球場と大きさを比較する→http://yakyujo.com/ml09/

 

広さ
レフト 105.2M
センター 128M
ライト 100.6M
フェンス高さ 2.4~3.4M
パークファクター平均*100
安打 96.6
ツーベース 97.7
スリーベース 135.3
HR 79.1
得点 90.2
  • 予想オーダー

1.イアン・キンズラー:2B
守備では2Bとしてメジャー全体で最高のDRS+19をマークし、フィールディング・バイブル賞を受賞する活躍を見せた。打撃ではAVG.296、OBPも14年の.307から.342まで上昇させ健闘したものの、09年と11年に30HR30盗塁を記録して以降HRと盗塁は年々減少。昨年は11HR&10盗塁とギリギリ2桁を保つレベルだった。

2.ジャスティン・アップトン:LF
6年132.75MでSDから移籍。昨年は.251/.336/.454&26HR&19盗塁、守備もDRS+8とまずまずの成績。1番の課題は昨季AVG.191&3HR、OPS.558と散々な結果に終わった左投手への対応だろう。メジャー10年目を迎えるがまだ28歳。ドラフト全体1位で入団した頃の期待を考えれば現在の成績は物足りない。カブレラや2人のマルティネスなど援護砲が揃い、マークが分散される中でこれまで以上の結果を残したいところだ。兄メルビン(SD)も2002年にドラフト全体2位指名で、ドラフト順位では史上最高の兄弟。

3.ミゲル・カブレラ:1B
12年に三冠王を獲得した言わずと知れた現役最高の打者の1人。昨シーズンは怪我に苦しみ119試合の出場にとどまるも、.338/.440/.534&18HRで首位打者を獲得したのは流石といえる。技術面では何の問題もなく、不安なのは怪我だけだ。通算HR数や打点数など多くの打撃成績でベネズエラ人として歴代最高記録を更新中。14年開幕時に既に結んでいた8年248Mの契約が今年からスタート。

4.J.D.マルティネス:RF
14年に123試合でOPS.912&23HRと一気に成績を向上させ注目された昨シーズンはチーム最多の158試合に出場し、.282/.344/.535&38HR。オールスターにも出場、シルバースラッガー賞も獲得するなど、前年の成績が真の実力であることを証明した。初球から積極的に振っていくスタイルで、フライになる打球が多いのが特徴。全方向にホームランを放つ事ができ、逆方向へのホームラン14本はメジャーで最多だった。

5.ビクター・マルティネス:DH
自己最高のAVG&HRを記録し4年68Mの大型契約を結び最高の1年となった14年から一転、昨シーズンは故障に悩まされ.245/.301/.366&11HRと最悪のシーズンとなってしまった。14年に561打席で42三振だったのが昨シーズンは440打席で14年を上回る52三振と自慢のバットコントロールも不調だった。打線のほとんどが右打ちの中で両打ちの彼の復調は重要。もともとは強打の捕手だったが37歳となった現在はDH専門。

6.ニック・カステヤノス:3B
14年にメジャー全選手中最悪となるDRS-30を記録した3B守備は、特訓の甲斐あって-9と「最悪」から「悪い」程度までは改善した。打撃も.255/.303/.419&15HRと平凡だが、対左投手にはOPS.970と好相性。まだ24歳であり、1年で守備をある程度改善させたことから、まだまだ伸びる可能性を感じさせる。

7.ジェームズ・マッキャン:C
14年にメジャー初昇格、9試合しか経験していなかった25歳の捕手だが、アビラ(CWS)の怪我もあり正捕手の座を掴んだ。守備では112試合連続無失策で捕手のメジャー記録を塗り替える活躍。盗塁阻止率41%と強肩も活かし期待通りの守備力を発揮した。打撃でもAVG.264&7HRとまずまずの成績を残した。欠点は四球が少ないことで、OBPが.297と.300を下回ってしまった点はマイナスポイント。

8.ホセ・イグレシアス:SS
華麗な守備が持ち味の26歳のキューバン。14年は怪我の影響で1年間プレーしなかったが、昨シーズン復活を果たし120試合でAVG.300をマーク。特に前半戦は打撃好調でオールスターにも初選出された。守備は相変わらず華麗だったが、DRS-3、UZR2.3と数字ではイマイチ結果に終わった。

9.アンソニー・ゴーズ:CF
予想スタメンで唯一の左打者。昨シーズンは初の規定打席に到達した。新加入のキャメロン・メイビン(OF)とセンターのポジションを争うことになるが、どちらも身体能力の高さを生かしきれていない似たようなタイプ。両者は昨年140試合程度の出場で、ホームランはゴーズの5本に対してメイビンが10本と少し差がついたが、それ以外の打撃成績は似たり寄ったり。盗塁数も全く同じ23。DRSもゴーズが-12、メイビンが-16とどちらも不安だった。数少ない左打者という利点を活かしてポジション争いを制したい。