2017 Trade Deadline ~躍進チームそれぞれの判断

               今年のMLBは例年にも増してサプライズチームが多い印象を受ける。ナショナルリーグ中地区のブルワーズは、前半戦を終えた時点 More »

How To Pitch Like Yu Darvish

              Meta description: Learn how to pitch like Yu Darvish employin More »

Weekly Report:Week-11

        3つのハイライトで1週間のメジャーリーグを辿る。Week-11のキーワードは「オールスター」「アーロン・ジャッジ」「ドジャース」だ。   ・オールスター More »

Weekly Report:Week-10

              3のハイライトで1週間のメジャーリーグを辿る。Week-のキーワードは「日米通算2000本」 「エリック・ヤング・ジュニア More »

2017 Draft Review:アメリカン・リーグ中地区

                  *順位:選手名:出身校:ポジション:身長/体重 シカゴ・ホワイトソックス   11: More »

 

Category Archives: AL中地区

2013 Top 15 Prospects:クリーブランド・インディアンス

4605443602_a65180ca0f_z

 

 

 

 

 

 

 

本ランキングのベースは、現在の活躍と今後のアップサイドによる総合的な評価である。傘下トップ15の素材を簡易のレポートと共に示している。選手名のリンクで表示されるマイナーでのスタッツと併せて参考にして頂ければ幸いだ。

 

 

1. トレバー・バウアー:RHP
パワフルなストレートとブレーキの利いたカーブ。独自のトレーニングや信念はDバックスで受け入れられずも、明らかにエースのポテンシャルがある。マイナーでのK/9は11.5。一方でBB/9は4.2であり、コマンドが不安定だ。 

2. フランシスコ・リンドーア:SS
オマー・ビスケルの再来。パワーに欠けアベレージも平凡ながら、攻守で年齢に似合わぬまとまりを披露。素晴らしいアプローチを示し、ショートの守備はマイナー最高クラス。メンタリティも成熟。試合への姿勢も高い評価を得る。 

3. ホセ・ラミレス:2B
マイナー2年間で打率.342。19歳にしてAでプレーし、相応なスピードとパワー、アグレッシブながら優れたアプローチを証明している。本来はショートを任されていた素材で、2Bとして広いカバー範囲と強肩も兼ね備えている。 

4. ドルシー・ポーリーノ:SS
攻守にアグレッシブなダイアモンドはキャリアのスタートをOPS.938たる素晴らしいスタートを切った。パワーポテンシャルに恵まれ、スピードと強肩も兼ね備える。ツールは鮮烈だが、それを生かすためにより磨かれる必要がある。 

5. ミッチ・ブラウン:RHP
バーベル上げの選手であった韓国人の父親譲りの頑健な体格。96マイルを計時するストレートとカーブ。カッター、チェンジアップの質も高い。既にパワフルで、メンタリティにも高い評価を得る。変化球とコマンドの向上がテーマ。 

6. タイラー・ネークイン:OF
2012年ドラフトで最高の打者の1人。パワー以外の4ツールを兼ね備える。フィールド全体にラインドライブを打ち分けるミドルヒッターで、ボールの見極めとアプローチも優秀。守備も強肩を主に評価を得る。リードオフ型の素材。 

7. ロニー・ロドリゲス:SS
良し悪しがとても鮮明だ。パワーツールと強肩、相応なスピードを示す一方でフリースインガー。守備もツールが揃うも粗さを露呈している。彼の価値は20歳にしてA+の舞台でプレーしたことであり、磨かれる可能性はまだ残されている。 

8. コディ・アレン:RHP
ドラフト全体698位指名の右腕が98イニングでマイナーを卒業。95マイルのストレートと落差のあるカーブを持ち味にメジャーで防御率3.72。ゾーンを突くコントロールも兼ね備えている。クローザーとしてのポテンシャルの持ち主。 

9. ダニー・サラザー:RHP
90マイル後半をも計時するハードボーラー。チェンジアップとパワースライダーも兼ね備え、コンスタントにゾーンを突くことも出来る。セカンドピッチが不安定で経験したイニング数も少ないため、リリーフ向きとの評価もある。 

10. トニー・ウォルタース:SS
ツールのクオリティでは無く総合的なパフォーマンスで評価を得る。アベレージが持ち味のミドルヒッターで、小柄な体格に比してパワーもある。相応なスピードも攻守で発揮。アプローチが粗く分類としてはフリースインガー。 

11. へスス・アギーラ:1B
6フィート3&250ポンドの恵まれた体格。ヒッティングプロスペクトでパワーポテンシャルがあり、ボールの見極めも洗練を辿っている。ルール5ドラフトで指名される可能性があったが、守備やスピードは平凡なレベルにすぎない。 

12. メーソン・ラデク:RHP
平凡なポテンシャルにより見過ごされている典型的な素材だ。傘下で最もまとまりのあるアームプロスペクトの1人。2012年はAと2A合計でK/BB4.58。スムースなメカニクスから多彩なボールをコマンド良く織り交ぜる。 

13. ルイージ・ロドリゲス:OF
リードオフ。持ち味はスピード。年齢に比してボールを見極めることが出来、本来はアベレージ面で才覚を示していた素材でもある。攻守で経験が不足しており粗削り。三振の多さや盗塁技術、外野守備を学ぶ過程を辿っている。 

14. チェン・リー:RHP
サイドアーム。リリーフとしてエリートクラスのキャリアを辿る。2011年に2Aと3A合計でK/9 12.5。K/BBも4.30の高いレベルを示した。92マイルのストレートとスライダーのコンビネーション。2012年にトミー・ジョン手術。 

15. スコット・バーンズ:LHP
支配的な先発としてキャリアを辿っていたが、2012年にリリーフ転向。3AでK/9 11.6をマークし、2013年のSTでも6.1イニング/7奪三振。独特なアングルのスリークォーター。92マイルのストレートとスライダーを織り交ぜる。 

 

Text by Koichi MIYAZAKI
写真:http://www.flickr.com/photos/ensignbeedrill/4605443602/

2013 Top 15 Prospects:デトロイト・タイガース

5607691645_648bbff38f_z

 

 

 

 

 

 

 

本ランキングのベースは、現在の活躍と今後のアップサイドによる総合的な評価である。傘下トップ15の素材を簡易のレポートと共に示している。選手名のリンクで表示されるマイナーでのスタッツと併せて参考にして頂ければ幸いだ。

 

 

1. ニック・カステラノス:3B/OF
2012年フューチャーズ・ゲームMVP。フィールド全体にラインドライブを放つミドルヒッター。マイナーでの打率は.316も、一方でアプローチの粗さを露呈している。2012年よりOFに転向も、3B守備の評価は決して低くは無い。 

2. エウへニオ・スアレス:SS
初のフルシーズンで躍進を果たした。2012年は.288/.380/.409&21盗塁。年齢に比して成熟したボールの見極めを披露し、ギャップを抜くパワーも兼ね備えている。守備面もカバー範囲と肩の強さ共にショートとしてのレベルにある。 

3. ジェーク・トンプソン:RHP
恵まれたフレームから沈むストレートとスライダー、チェンジアップ。変化球が不安定であり、コマンドも向上の必要があるも、メカニクスはスムース。エースクラスのポテンシャルでは無いが、ローテーション半ばの可能性を示す。 

4. ブルース・ロンドン:RHP
2013年のクローザーはベネズエラ出身の22歳に託される様相だ。6フィート3&275ポンドの体格が示す通りのパワフルなストレートを放つ。最速103マイルで、スライダーの動きも鋭い。マイナーでのBB/9 5.1は彼の大きな懸念だ。 

5. タイラー・コリンズ:OF
ギャップを抜くパワー。アベレージとアプローチを両立し、20盗塁をマークしたスピードも兼ね備える。ニック・マーケイキスと比較されるも、OF両コーナーを守る上ではパワー面が物足りず、センターを守るためのスピードも無い。 

6. アビザイル・ガルシア:OF
体格とスイングより「ミギーJr」の愛称を得るも、3冠王を得た彼とは対照的にアベレージとスピード型。守備もカバー範囲と優れた肩を兼ね備え、マイナーではセンターも経験。アプローチが粗く、パワーツールも発揮出来ていない。 

7. ケーシー・クロスビー:LHP
クレイトン・カーショーと比較されるポテンシャルをコマンドが阻んでいる。90マイル半ばに届くストレートと落差の大きいカーブ。マイナーでのBB/9は4.7。より積極的にゾーンを突く必要がある。アップサイドはあるも、既に24歳だ。 

8. オースティン・スコッツ:OF
傑出したスピードツール。スイングもスムースで2012年は打率.310をマークし、相応なパワーも発揮する。肩の問題より高校時はショートをプレーも現在はセンターを任される。積極的かつ粗削りなアプローチはより磨く必要がある。 

9. ダンリー・バスケス:OF
アップサイドにはいくらか懐疑的だ。優れたスイングからSSで打率.311をマーク。一方でパワーに欠けるフリースインガー。A-では打率.162と苦しんだ。未だに19歳である点は考慮すべきだが、スピード含め傑出したツールは少ない。 

10. ローガン・イーラース:LHP
90マイル前半のストレートとカーブ、チェンジアップを織り交ぜる。いずれのボールでもゾーンを突けるも、コマンドは不安定。2012年はルーキーリーグで16.1イニングのみ。彼はローテーション半ばクラスの可能性を秘めた素材だ。 

11. スティーブン・モーヤ:OF
6フィート7&229ポンドの恵まれたフレームのOFは珍しいモノだ。伸び悩んだ3年間を経て2012年によりパワーツールを披露することに成功した。守備面も体格に比して動きは優れている。6月にヒジを痛めトミー・ジョン手術。 

12. ドリュー・バーヘーゲン:RHP
シンカー軌道のストレートでゴロを量産する。恵まれた体格から96マイルを計時するパワフルなボールを放ち、ゴロ%は77%をマーク。メカニクスの問題に伴いコマンドも不安定。1.36に止まるK/BBがその不安を露呈している。 

13. カイル・ライアン:LHP
90マイル前後に止まるストレートに、高い評価を得るカーブを織り交ぜる。マイナーではBB/9が2.5を上回ったシーズンが無く、コマンドに優れた左腕。6フィート5の体格を含めて、彼はイニングイーターとしての価値を示している。 

14. フリオ・フェリックス:RHP
リリーバーで4つのボールを織り交ぜる存在は珍しい。フォーシームは96マイルを計時し、腕の振りもパワフル。左右に対する攻め手も年齢に比して多彩だ。トップクラスの素材では無いが、彼は7~8回のリリーバーと成り得る存在だ。

15. デボン・トラビス:2B
傑出したアップサイドの持ち主では無く、ツールも平凡。それでも攻守で試合を作り出すまとまりを示し、高い技術面が土台となっている。ミドルヒッターでアプローチも良い。2B守備も堅実。小柄な体格より指名位置が落ちた典型。

 

Text by Koichi MIYAZAKI
写真:http://www.flickr.com/photos/chuckles396/5607691645/

2013 Top 15 Prospects:ミネソタ・ツインズ

8025334920_47598b63b3_z

 

 

 

 

 

 

 

本ランキングのベースは、現在の活躍と今後のアップサイドによる総合的な評価である。傘下トップ15の素材を簡易のレポートと共に示している。選手名のリンクで表示されるマイナーでのスタッツと併せて参考にして頂ければ幸いだ。

 

 

1. ミゲル・サノー:3B
ミネソタが誇る最高級のプロスペクト。19歳でA+のレベルにおいて28本塁打&100打点という記録を叩き出した。打率はキャリアワーストを記録したが出塁率は打率を大きく上回る.373という数字を残した。非常に肩が強い選手だが、三塁の守備は雑で昨季は42失策を記録した。フットワークや送球に難があり、今後改善する必要がある。

2. バイロン・バクストン:OF
2012年ドラフト全体2位指名された高い潜在能力を秘めるスーパースター候補生。強肩に加えて右打者でありながら一塁到達時間が3.9秒という俊足が持ち味でアンドリュー・マッカッチェンやマット・ケンプのような5ツール揃ったスター選手に例えられる。プロ1年目は打率.248、5本塁打、20打点、11盗塁という成績だった。

3. アレックス・メイヤー:RHP
2011年ドラフト1位(全体23位)で指名された右腕。平均95~97マイルのフォーシームに加えて92~95マイルを記録するツーシーム、84~87マイルのパワースライダーが武器。大崩れする心配もなく、まとまりのある投手だ。三振を奪える球を持っているのでコマンドをさらに向上させれば、ローテーション上位を投げられる素材。

4. オズワルド・アルシア:OF
アパラチアンリーグMVPを獲得したこともあるプロスペクト。2011年はひじの故障に苦しむなど本来の才能を発揮できなかったが、昨シーズンは打率.320、17本塁打、98打点を記録しアベレージとパワーのツールをアピールした。守備では15補殺と肩も強く送球は正確だ。

5. アーロン・ヒックス:OF
2010年にベースボールアメリカが選ぶプロスペクトランキングで19位に輝くも伸び悩みが続いた。やや確実性に欠けるものの選球眼の良さと俊足が持ち味の選手で、昨季は打率.286で出塁率.384、キャリアハイとなる32盗塁をマークした。将来はリードオフマンとしてチャンスメイクできる存在になるだろう。

6. カイル・ギブソン:RHP
2011年にチームのNo.1プロスペクトに選ばれた素材。同年9月にトミー・ジョン手術を受け、昨年復帰した。13試合に登板し0勝2敗、ERA4.13に終わったが28.1IPで33K/6BBとコマンドの良さは健在だった。アリゾナ秋季リーグにも参加し、6試合に先発したが最後の3試合で合計13失点と課題を残した。最速94マイルのフォーシーム、ツーシーム、チェンジアップを投げる。

7. ホゼ・ベリオス:RHP
2012年ドラフトで1巡目補完指名(全体32位)指名された18歳右腕。昨年はルーキークラスで11試合に登板し31IPで49K/4BBと鮮烈なデビューイヤーを飾った。最速95マイルのストレートはツインズ傘下の先発投手でも屈指のクオリティを誇り、両コーナーに投げ分けるコマンドの良さも持ち合わせる。速球のほかにパワフルで鋭く変化するスライダー、チェンジアップも投げる。

8. トレバー・メイ:RHP
ベン・リビア(PHI、OF)とのトレードでバンス・ウォーリーとともに移籍してきたプロスペクト。最速95マイルのフォーシームのほかにツーシーム、カーブ、スライダー、チェンジアップを投げる。イニングを上回る三振を奪える投手で将来は先発ローテ2番手あるいは3番手を担う存在とみられるが、コマンドの悪さが成長を妨げている。

9. エディー・ロザリオ:2B、OF
昨シーズンはA⁻クラス昇格後、二塁打を量産しリーグ9位となる32二塁打を記録した。本塁打数は2011年から21本→13本と減ったがリーグ6位のOPS(.835)を記録した。ラインドライブの打球をギャップ(野手と野手の間)に放つのが上手い。守備ではセンターから二塁にコンバートされたがスムーズに定着し、安定感のある守備をみせた。

10.  マックス・ケプラー:OF
2009年にツインズに入団したドイツ出身のプロスペクト。2ストライクに追い込まれても動じない落ち着きぶりと選球眼に定評がある。ルーキークラスのアパラチアンリーグにおいてリーグ1位の長打率(.539)とリーグ2位のOPS(.925)、リーグ2位の49打点を記録した。バクストンの昇格によりセンターからレフトへコンバートされた。

11. J.T・チャーゴイス:RHP
ライス大学時代はクローザーだけでなくバッティングでも活躍したが、パワーや選球眼に欠けていたことからプロ入り後はリリーバーとしての道を選んだ。昨シーズンは12試合に登板し5セーブ、16IPで22K/5BBという成績だった。最速97マイルのフォーシームにスライダーやカーブなどハードなブレーキングボールも持ち合わせる。

12. ネイト・ロバーツ:OF
コンタクト能力に長けており、昨シーズンは選んだ四球数が三振数を上回った。盗塁数も劇的に増え、キャリアハイの27盗塁を記録。確実性も備えているが、同じようなタイプが数多くいるツインズ傘下でどう差をつけられるか注目したい。

13. アドニス・パチェコ:OF
18盗塁に加えて12三塁打を記録した俊足が持ち味。パワーのツールは物足りないが出塁率がキャリアハイとなる.405を記録するなどリードオフマンとしての活躍が期待される。

14. レビ・マイケル:SS、2B
2011年ドラフトで1巡目指名されたショートストップ。長打力や走力で飛び抜けたものはないが2012年に出塁率が打率を約1割上回るなど、選球眼は良い。守備は堅実でショートだけでなく二塁も守った。

15. キャンディード・ピメンテル:OF、2B
アベレージ、スピードのツールが持ち味の素材。ホームランはプロ入り後4シーズンでわずか2本と長打力はあまり見込めないが、昨シーズンはキャリアハイの打率.330に加えて出塁率.405、16盗塁を記録したリードオフマン候補。昨シーズンから二塁の守備も務め、器用な面もみせた。

 

Text by Fumiya OGURA
写真:http://www.flickr.com/photos/begreen90/8025334920/