2018 NLDS Review : MIL vs COL

            NLDS : MIL 3-0 COL *Game部のリンクでゲームのRecapをチェック可。 Game 1 COL 2-3 MIL 勝: More »

2018 ALDS Review :NYY vs BOS

              *Game部のリンクでゲームのRecapをチェック可。 Game1:NYY(4) @ BOS(5) 勝:クリス・セール 負:J.A.ハップ S:クレイグ・キンブレル Game2:NYY(6) More »

2018 NLDS Review : LAD vs ATL

                NLDS : LAD 3-1 ATL *Game部のリンクでゲームのRecapをチェック可。 Game1 L More »

セプテンバーコールアップ NL編

            今シーズンのMLBもいよいよ終盤戦に差し掛かり、レギュラーシーズンは残すところ1ヶ月となった。9月に入りアクティブロスターが25人から4 More »

セプテンバーコールアップ AL編

            今シーズンのMLBもいよいよ終盤戦。レギュラーシーズンは残すところ1ヶ月となった。9月に入り、ロスターが拡大され多くのプロスペクトがメジ More »

 

Category Archives: AL西地区

2013 Top 15 Prospects:シアトル・マリナーズ

6721064279_dd3b85e8cc_z

 

 

 

 

 

 

 

本ランキングのベースは、現在の活躍と今後のアップサイドによる総合的な評価である。傘下トップ15の素材を簡易のレポートと共に示している。選手名のリンクで表示されるマイナーでのスタッツと併せて参考にして頂ければ幸いだ。

 

 

1. マイク・ズニーノ:C
攻守とリーダーシップ。彼は本当の意味でオールラウンダーと言える素材だ。優れたパワーとアプローチを兼ね備えたバッティングとプレート後方での機敏な動き。スローイングも力強く、かつ正確だ。緩いボールへの対応が課題。

2. タイワン・ウォーカー:RHP
アスレチック。バネの利いたメカニクスから99マイルのストレートとカーブ。いずれもクオリティが高く、現在不安定なコマンドもシンプルなアームアクションより向上が期待される側面。2012年は2Aで防御率4.69&K/BB2.36。 

3. ダニー・ハルツェン:LHP
ドラフト時の評価とは様相が異なっている。既に3Aでプレーを経験しているが2012年はコマンドに課題を示した。ストレートとスライダーを主体に左右を問わないまとまり。アップサイドではジャロッド・ウォッシュバーンと比較される。

4. ニック・フランクリン:SS
多彩なツールが揃っている。スイッチヒッターながら左打者としてアベレージ&パワーをより高いレベルで両立している。SSとしてのカバー範囲やスローイングの精度も兼ね備えている。肩の強さより2Bに適性を見出す向きも存在する。 

5. ブラッド・ミラー:SS
誰も彼がこのポジションであり続けられるとは考えていない。2Aを含め高いレベルでアベレージとアプローチを両立しており、相応なスピードも兼ね備えたミドルヒッター。守備面の問題はバッティングの前では大きなモノでは無い。 

6. カーター・キャップス:RHP
スタッツが示す程彼はまとまっていないが、素晴らしいリリーバーだ。独特なアングルから100マイルを上回るストレート。スライダーの質も高く、ゾーン内で勝負が出来るパワーの持ち主。高校時はバックアップ捕手としてプレー。 

7. ブランドン・マウアー:RHP
ワークホース。92マイル前後のストレートを主体にスライダーとカーブ、チェンジアップでカウントを整えることが出来る。コマンドを含め多くの項目で求められるレベルを満たしており、ローテ半ばクラスの可能性を示している。 

8. ガブリエル・ゲレーロ:OF
叔父はブラジミール・ゲレーロ。あらゆるボールを捉えるバッティングセンス。生来のパワー&肩のツールは爆発的であり、相応なスピードもある。メジャー通算449本塁打をマークした叔父と比較されるが、彼は年齢に相応しく粗削りだ。 

9. ジェームズ・パクストン:LHP
コマンドに欠けるパワーアームの典型だ。92マイル前後のレンジで投げるストレートとカーブのツーピッチ型。2012年は2Aで目立つパフォーマンスもBB/9は4.6。磨かれる必要があり、リリーバーとして評価する人間も存在する。 

10. ステフェン・ロメロ:2B
ヒッティングプロスペクト。ここ2年で素晴らしいパフォーマンスを披露しており、優れたミドルヒッターとなる可能性を秘めている。ツールに恵まれた素材では無く、特に守備面は平凡。今後は3Bに転向すると目されている。 

11. ビクター・サンチェス:RHP
18歳にして6フィート0&255ポンド。パワフルなストレートは重量感があり、ゾーン内で捻じ伏せることが出来る。共通項からバートロ・コロンと比較される素材であるが、体格の向上が得られない点からアップサイドへの評価は低い。 

12. スティーブン・プライアー:RHP
配球の95%以上がストレート系。アベレージで96マイルを計時するストレート&カッター。リリーバーとして素晴らしいポテンシャルを示しているが、コマンドとセカンドピッチの不安定さを露呈している。メカニクスはオーソドックス。 

13. ルイス・ゴハラ:LHP
ブラジル出身であり、そして16歳だ。既に80マイル後半を計時し、チェンジアップの扱いも評価が高い。体格含めCCサバシアと比較されているが、コマンドを含め粗削りなダイヤモンドだ。アップサイドはエースクラスの素材。 

14. ジョン・ヒックス:C
攻守に高いアスリート性を披露している。2012年はA+で打率.312&15本塁打&22盗塁。盗塁阻止率はキャリアで51%をマーク。ボールの見極めに課題を露呈しているフリースインガー。三振は少ないがキャリアのBB%は4.8%。 

15. ディラン・アンスワース:RHP
トップツールはコマンド。90マイル前後のツーシームとチェンジアップのコンビネーションでボールを動かす。傑出したタレントでは無いが、常に低いゾーンにボールを維持することが出来る。年齢に比したまとまりの高さが持ち味。

 

Text by Koichi MIYAZAKI
写真:http://www.flickr.com/photos/chuckles396/6721064279/

2013 Top 15 Prospects:ヒューストン・アストロズ

3910932928_85f157436f_z

 

 

 

 

 

 

 

本ランキングのベースは、現在の活躍と今後のアップサイドによる総合的な評価である。傘下トップ15の素材を簡易のレポートと共に示している。選手名のリンクで表示されるマイナーでのスタッツと併せて参考にして頂ければ幸いだ。

 

 

1. ジョージ・スプリンガー:OF
ツールは揃っている。爆発的なパワー&スピード。肩も強く、攻守にアスレチックかつダイナミックだ。バッティングはやや穴が多く、インコースに脆さを露呈。アプローチも悪くは無いが、三振が多い。

2. ジョナサン・シングルトン:1B
ヒッティング・マシーン。それが全てだ。並外れてボールの見極めに優れた素材であり、パワーポテンシャルも高い。彼が2位であるのはバッティングの素晴らしさゆえであり、そして守備走塁は語る部分が無いからである。

3. ドミンゴ・サンタナ:OF
なぜ騒がれないのだろうか。彼は20歳にして自らのツールを結果として証明している。とてもアスレチックでパワフルな素材だ。パワーと強肩を兼ね備えており、アップサイドは明らかに傘下で傑出している。三振を減らす必要がある。

4. カルロス・コレイア:SS
アスリートで走塁、精神面の評価も高い。既にカバー範囲と強肩を披露する守備はショートとして高いレベルを示すが、バッティングは未知数。パワーポテンシャルを期待されているが、それの証明にはまだ至っていない。

5. デライノ・デシールズ:2B
シーズン101盗塁。攻守に粗削りであったツールがいよいよ磨かれつつある。2012年は攻守で素晴らしい向上を辿り、特にバッティングは格段に力強さを増した上、アプローチもより高いレベルのモノとなった。

6. ランス・マッカラーズ:RHP
その才能を疑う余地は無い。ストレートは100マイルを計時し、スライダーの質もとても高い。メカニクスや性格面の適正から起用プランが不透明。エース級のポテンシャルだが、コマンドの問題よりリリーバーが相応しいとも評される。

7. ニック・トゥロピアーノ:RHP
変化球の扱い、コマンド共に高いレベルでまとまっている。チェンジアップの評価が高く、スプリッターとスライダーの扱いも巧みだ。体格にも恵まれているがハードボーラーでは無く、完成度が持ち味であるタイプ。

8. リオ・ルイズ:3B
インスティンクトに優れた守備とコンパクトで鋭いスイング。エリック・チャベスと比較される素材だが、現時点では攻守で未知数な要素が目立つ。より明らかな評価を与えるには2013年を見守る必要がある。

9. ジャレッド・コザート:RHP
ポテンシャルに見合わないスタッツに終始している典型だ。90マイル半ばのストレートとパワーカーブのコンビネーションは傑出しているが、メカニクスの不安定さがコマンドや健康面に影響を与えている。

10. ビンセント・ベラスケス:RHP
トミー・ジョン手術以降の回復は順調だ。95マイルを計時するストレートとカーブ、チェンジアップの質が高い。優れたポテンシャルの持ち主だが、キャリアで50イニング以上を経験しておらず、コマンドもより向上させる必要がある。

11. ノーラン・フォンタナ:SS
アスリートでは無いが、攻守に試合に関われるタイプだ。試合を理解しており、攻守で常に正しい判断を下すことが出来る。評価の高い守備面に加えアプローチにも優れているが、やや引っ張りがちになるシーンは懸念だ。

12. テルビン・ナッシュ:OF
198三振を喫した側面の一方で、彼は明らかにスラッガーだ。アッパーカットのスイングから長打を放つアーチストであり、ボールの見極めも出来る。アスリートでは無く、パワー以外のツールは平凡。コンタクトも課題を露呈している。

13.  マーク・クラウス:OF
キャリアを通じアプローチとパワーが向上を辿っている。2012年に示した活躍は素晴らしいモノであったが、一方で既に25歳だ。ツール自体も傑出しておらず、優れたバッティングの一方で守備と走塁は平凡に過ぎない。

14.  ブレット・オバーホルツァー:LHP
おそらく2013年の開幕ローテーション候補に名を連ねるだろう。カッターとカーブ、チェンジアップ。目立つポテンシャルは無いがカウントを組み立てるだけのコマンドを兼ね備えており、カッターたる軸もある。

15.  ロビー・グロスマン:OF
テーブルセッター。ミドルヒッターで素晴らしい選球眼に恵まれている。目立つツールでは無いがスピードも兼ね備えている。レフトを守る素材としてはパワーポテンシャルの平凡さが懸念される部分。

 

Text by Koichi MIYAZAKI
写真:http://www.flickr.com/photos/lakelandlocal/3910932928/