2018 NLDS Review : MIL vs COL

            NLDS : MIL 3-0 COL *Game部のリンクでゲームのRecapをチェック可。 Game 1 COL 2-3 MIL 勝: More »

2018 ALDS Review :NYY vs BOS

              *Game部のリンクでゲームのRecapをチェック可。 Game1:NYY(4) @ BOS(5) 勝:クリス・セール 負:J.A.ハップ S:クレイグ・キンブレル Game2:NYY(6) More »

2018 NLDS Review : LAD vs ATL

                NLDS : LAD 3-1 ATL *Game部のリンクでゲームのRecapをチェック可。 Game1 L More »

セプテンバーコールアップ NL編

            今シーズンのMLBもいよいよ終盤戦に差し掛かり、レギュラーシーズンは残すところ1ヶ月となった。9月に入りアクティブロスターが25人から4 More »

セプテンバーコールアップ AL編

            今シーズンのMLBもいよいよ終盤戦。レギュラーシーズンは残すところ1ヶ月となった。9月に入り、ロスターが拡大され多くのプロスペクトがメジ More »

 

Category Archives: NL西地区

2013 Top 15 Prospects:コロラド・ロッキーズ

4644670399_606c0a79ec_z

 

 

 

 

 

 

 

本ランキングのベースは、現在の活躍と今後のアップサイドによる総合的な評価である。傘下トップ15の素材を簡易のレポートと共に示している。選手名のリンクで表示されるマイナーでのスタッツと併せて参考にして頂ければ幸いだ。

 

 

1. デビッド・ダール:OF
2012年パイオニア・リーグMVP。5ツールの持ち主であり、優れたバットスピードとアプローチ、守備のインスティンクトも良い。基本的にミドルヒッターだがパワー面も向上の可能性を秘める素材。ジョニー・デーモンと比較される。 

2. ノーラン・アレナード:3B
2011年に122打点をマークしたRBIマシーンは伸び悩んだ。攻守で傑出したパートこそ無いが、いずれも優れたレベルを披露。四球を選ぶタイプでは無いも、アプローチ自体も悪くは無い。攻守トータルでのパフォーマンスが持ち味。 

3. ウィル・スワナー:C
キャリアのISOは.259。2012年はアベレージでも.302と向上を果たした。30本塁打クラスのパワーを誇るが、アプローチと守備は共に粗削り。後者は特にスローイング面の問題が深刻であり、1B転向の可能性も指摘される。 

4. トレバー・ストーリー:SS
2012年のパフォーマンスが本物であるかを確かめるには時間が必要だ。ドラフト時は試合に臨む姿勢と堅実な守備の一方でバッティングは疑問符たる評価。18本塁打はチーム2位。選球眼と共に、15盗塁とスピードも披露した。 

5. カイル・パーカー:OF
フットボール兼任のアスリートは2010年のドラフト全体26位指名。2012年はスイングを小さくした結果、パワーを損なわずにアプローチを大幅に向上させた。肩も強いが基本的にはヒッティングプロスペクト。ライトを任される。 

6. チャド・ベティス:RHP
故障による全休を経ても彼への評価は揺るがない。93マイルのストレートとスライダー。2011年のパフォーマンス通りコマンドも良いが、チェンジアップの向上は必要な側面。耐久性を含めリリーフとしての適性が囁かれている。 

7. エドワー・カブレラ:LHP
2011年のマイナー全体奪三振トップ。90マイル前後のストレートに織り交ぜるチェンジアップのクオリティが傑出している。安定してゾーンを突くだけのコントロールも兼ね備えたまとまりのある素材。ローテーション半ばクラス。 

8. エディー・バトラー:RHP
パワーアーム。ストレートとスライダーの動きはいずれもハード。2012年を防御率2.13&ゴロ%66.3%たるパフォーマンスで締め括った。コマンドに課題を露呈しておりチェンジアップも粗削り。リリーフ向きたる素材評も強い。 

9. コリー・ディッカーソン:OF
2011年に32本塁打&長打率.629。キャリアでもOPS.962を示すスラッガーにしては三振が少ない部類。アスリートでは無く守備は平凡。高いアップサイドを持たないとされるも、彼の爆発的なパワーは魅力的なモノだ。 

10. タイラー・アンダーソン:LHP
パフォーマンスとアップサイド両面を考えなければならない良いケースだ。2012年の優れたパフォーマンスは90マイルのストレートとチェンジアップ、コマンドの産物だ。K/9が示す通り、イニングイーターが彼の将来像となる。 

11. ジェーソン・アキーノ:LHP
鮮烈なパフォーマンス。ボールを低いゾーンに保ち、コントロールも安定している。ストレートは80マイル後半。変化球は粗削りながらチェンジアップに評価を得る。フレームの向上に伴いより磨かれた素材と成り得る可能性を秘める。 

12. フリアン・ヤン:OF
2012年の素晴らしいパフォーマンスは傑出したパワーにより生み出されたモノ。オフェンス面のステータスや肩の強さより適性はライトにある。アプローチが粗く、キャリアで.237に止まる打率に対しても答えを示せていない。 

13. ウィルフレッド・ロドリゲス:C
プエルトリコ出身の素材で2012年ドラフト全体228位指名。コンタクトに優れたミドルヒッターとして可能性を示し、守備面もスローイングや機動性含めたトータルでのまとまりを持つ。彼の真価は2013年に問われるだろう。

14. テイラー・フェザーストン:IF
攻守全ての項目で彼は一定のレベルを上回っている。傑出したツールは無いが、ギャップを抜くパワーとアベレージ、ショートと3Bを含め安定した守備と素材としてのまとまりがある。チームの2B事情を含め、彼はキーマンと成り得る。

15. エンジェル・レゼマ:RHP
キャリアで127イニングを投げ、137奪三振の一方で14四球だ。小柄な体格でフレームも出来上がっていないが、ここ2年をとても高いクオリティで飾っている。ただし彼は19歳になったばかりであり、すなわち粗削りな素材だ。 

 

Text by Koichi MIYAZAKI
写真:http://www.flickr.com/photos/whateyesee13/4644670399/

2013 Top 15 Prospects:ロサンゼルス・ドジャース

7365995116_39b33e9d13_z

 

 

 

 

 

 

 

本ランキングのベースは、現在の活躍と今後のアップサイドによる総合的な評価である。傘下トップ15の素材を簡易のレポートと共に示している。選手名のリンクで表示されるマイナーでのスタッツと併せて参考にして頂ければ幸いだ。

 

 

1. ヒョンジン・リュ:LHP
アジア野球の至宝がメジャーの舞台を踏む。多彩なボールを操る側面よりマーク・バーリーと比較されるが、よりパワフルだ。評価が高いチェンジアップはヨハン・サンタナが引き合いに出され、それを操るコマンドも安定している。 

2. ヤシエル・ピュイグ:OF
サミー・ソーサを彷彿させるツールのパッケージだ。特にパワーツールが傑出しており、相応なスピードと肩の強さも兼ね備えている。バッティングの安定で課題を露呈しているが、現在までは$42Mに相応しい価値を示している。 

3. ジョク・ペダーソン:OF
攻守でオールラウンドなポテンシャル。ギャップヒッターでアプローチとスピードを兼ね備えたバッティングと外野3ポジションで高いレベルを示す守備。5ツールの持ち主であり、あらゆる側面で試合を作り出すことが出来る。 

4. コリー・シーガー:3B
コンタクトの才覚にパワーの向上が加わった素晴らしいケースだ。ルーキーイヤーよりアプローチとパワー面で結果を示し、守備面のインスティンクトも高い評価を得ている。強肩を生かす上で3Bプランがベストたる向きも存在する。 

5. ザック・リー:RHP
アメフトのスタープレーヤーはドジャース史上最高額となる$5.25Mで契約を結んだ。90マイル後半を計時するポテンシャルと完成度を兼ね備えカーブも上質だが、スタッツはその両面が示す程傑出したモノでは無い。

6. ロス・ストリップリング:RHP
彼は目立つ存在では無いが、傘下で誰よりも堅実なアームプロスペクトだ。92マイル前後の動くストレートに上質なカーブ&チェンジアップ。理想的な体格と安定したコマンドを兼ね備え、常にカウントを整えることが出来る。 

7. マット・マジル:RHP
2010年より支配的な側面を大きく向上させている。90マイル前半のストレートと共に織り交ぜるスライダーとチェンジアップの評価がとても高い。既に2Aでも目立つ結果を示しているが、よりコマンドを向上させる必要がある。

8. ミゲル・サルバラン:LHP
18歳ながら傘下で顕著なパフォーマンス。小柄な体格で89マイルが最速ながらスライダー&カーブを操るコマンドの向上が自らのピッチングを進歩させている。ただしピッチング全体の力強さに欠ける側面で、彼は未知数な存在だ。  

9. クリス・リード:LHP
パワーアーム。96マイルを計時するストレートとパワースライダー。スタンフォード大ではクローザーであったが現在は先発を任されている。素材としては粗削りであり、コマンドを始め球速やセカンドピッチの不安定さが大きな課題だ。  

10. ティム・フィデロウィッチ:C
守備面の安定感で評価を得る素材だが、ここ2年はバッティングでもアプローチ面で向上を辿っている。ミドルヒッターであり大きなインパクトを与えられる存在では無いが、とても堅実だ。2013年のレギュラー候補の1人だ。

11. スティーブ・エイムズ:RHP
2009年以降全てのクラスで10以上のK/9を維持している。90マイル前半のストレートとスライダーを主に積極的にゾーンを突くことが出来る。カウントを優位に保ち、スライダーを振らせるスタイル。40人ロースター入りを果たした。 

12. ジェスミュエル・バレンティン:SS
ルーキーリーグで24三振に対し35四球。小柄な体格にはフィールド全体にラインドライブを放つことが出来るパワーポテンシャルと、SSでプレー出来るだけのツールも兼ね備えている。ただし粗削りな素材であることは言うまでも無い。

13. クリス・ウィズロー:RHP
ドジャース傘下で彼は最高のポテンシャルを誇る素材の1人だ。ストレートとカーブを兼ね備えたパワーアームでありながらコマンドの問題を改善出来ずにいる。2012年は主にリリーフとして扱われたが、そちらに適性を持つ素材だ。

14. オネルキ・ガルシア:LHP
キューバより亡命後2012年ドラフトで指名を受けた。92~95マイルの幅をコンスタントに計時するストレートとカーブを操る。キューバ国内リーグ3年間で205イニング/128四球。コマンドと共にチェンジアップの向上に取り組んでいる。

15. デューク・ヴァンシャーマン:RHP
ルーキーイヤーにして2Aまで自らのステージを進めた。恵まれた体格の持ち主だがパワーアームでは無く、80マイル後半のシンカーを主体にコマンド良くボールを集める。K/9が低いため、彼はイニングイーターとして評価を得る素材だ。

 

Text by Koichi MIYAZAKI
写真:http://www.flickr.com/photos/56907178@N08/7365995116/