エイドリアン・ベルトレの21年間の軌跡を振り返る

             2018年、1998年から21年間メジャーでプレーしたテキサス・レンジャーズのエイドリアン・ベルトレ(3B)が引退した。  最後のシー More »

1904年以来となるシリーズ5死球を記録したデレク・ディートリック

               シンシナティ・レッズ所属のデレク・ディートリック(2B)がメジャー新記録を樹立した。というのも、対ブリュワーズのシリーズ More »

Weekly Report : Week-11

              Photo link https://flic.kr/p/ziEooX   昨年のエドウィン・エンカーナシオンが More »

Weekly Report : Week-10

              Photo: http://bit.ly/2Z70TtE   カブスとキンブレルの契約の裏側 ホセ・イグレシアス More »

遊撃手が注目を集める2019 International Amateur FAについて

             MLB公式による2019~20年度の国際アマチュアフリーエージェント選手トップ30が発表された。    今年度の国際アマチュアフリーエ More »

 

Category Archives: コラム

エイドリアン・ベルトレの21年間の軌跡を振り返る

Adrian Beltre

 

 

 

 

 

 

 2018年、1998年から21年間メジャーでプレーしたテキサス・レンジャーズのエイドリアン・ベルトレ(3B)が引退した。

 最後のシーズンとなった2018年は、自身19度目の100試合出場となる119試合に出場し、15本塁打を放つなどレギュラーとして出場。キャリアの初めから終わりまでチームの中心として活躍する実力をもち、一方でチームメートのエルビス・アンドラス(SS)との絡みなど、笑いも提供してきたメジャーを代表する選手が引退を決意した。今回は、エイドリアン・ベルトレのキャリアを振り返っていく。6月24日は、彼がメジャーデビューを果たした日である。

 

メジャーデビューまで

 エイドリアン・ベルトレは1979年4月7日にドミニカ共和国の首都サントドミンゴに生まれ、リセオ・マキシモ・ゴメス高校を卒業した後、1994年にドジャースと契約した。マイナーでは1996年シーズンからデビュー。いきなりAとA+で131試合に出場し26本塁打を放つなど結果を残す。翌年もA+で123試合に出場し、26本塁打、打率も.317と結果を残し、1998年AAで64試合に出場し13本塁打、打率.321、OPS.992と好成績を残した後、当時ドジャースのサードだったボビー・ボニーヤが故障し、まだメジャー昇格は早いという声もあったものの、当時のドジャースGM代行だったトミー・ラソーダの意向でメジャー昇格を果たし、1998年6月24日にメジャーデビューした。その試合で放った初ヒットが以下である。

 

ドジャース時代

 メジャー1年目は77試合に出場し、7本塁打、打率.215、OPS.648という成績に終わった。しかし、翌年は15本塁打、打率.275、OPS.780と大ブレイクとまではいかないものの、ドジャースのサードのレギュラーを掴んだ。

Season Team G HR AVG OBP SLG OPS wRC+ BB% K%
1998 Dodgers 77 7 .215 .278 .369 .648 75 6.5% 17.3%
1999 Dodgers 152 15 .275 .352 .428 .780 100 9.9% 17.1%
2000 Dodgers 138 20 .290 .360 .475 .835 116 9.7% 13.9%
2001 Dodgers 126 13 .265 .310 .411 .720 90 5.4% 15.9%
2002 Dodgers 159 21 .257 .303 .426 .729 94 5.8% 15.1%
2003 Dodgers 158 23 .240 .290 .424 .714 86 6.1% 16.9%
2004 Dodgers 156 48 .334 .388 .629 1.017 161 8.1% 13.2%

 守備面では、デビューから早々にエラー数を減らし、2003年にDRS+25を記録するなどサード守備の名手としてのベルトレは出来上がっていた。そして、オフにFAを迎える2004年、ベルトレにとってキャリア最高の年となる。シーズン開幕直後の4月6日に当時史上36人目となる25歳以下での100号本塁打を達成したのを皮切りに、リーグ1位となる48本塁打、リーグ4位の打率.334、リーグ5位のOPS1.017を記録する等大ブレイクした。そして、オフにマリナーズと5年6400万ドルで契約する。

Season Team Pos Inn DRS RngR ErrR UZR
2002 Dodgers 3B 1372.0 0 23.7 -1 21.7
2003 Dodgers 3B 1346.0 25 19.2 0.4 20.6
2004 Dodgers 3B 1340.1 22 17.0 7.6 25.9

 

マリナーズ時代

 移籍1年目となった2005年は19本塁打、OPS.716に終わり、守備でも前年のDRS+22から+8に下がるなど攻守で期待に応える活躍はできなかった。

Season Team G HR AVG OBP SLG OPS wRC+ BB% K%
2005 Mariners 156 19 .255 .303 .413 .716 90 5.8% 16.6%
2006 Mariners 156 25 .268 .328 .465 .792 106 6.9% 17.3%
2007 Mariners 149 26 .276 .319 .482 .802 110 5.9% 16.3%
2008 Mariners 143 25 .266 .327 .457 .784 106 8.2% 14.7%
2009 Mariners 111 8 .265 .304 .379 .683 81 4.0% 15.5%

 マリナーズ時代のベルトレは、2007年5月に負傷し、左手親指の靭帯が切れた状態で出場を続け、2008年オフまで手術をしなかった。左手の故障を治して迎えたマリナーズとの契約最終年となる2009年は、メジャー2年目の1999年以降初めて規定打席に届かず、DRS+20と攻守は相変わらずだったものの、8本塁打、OPS.683とキャリア最低クラスのシーズンに終わった。オフにFAとなり、当時30歳と本来ならば大型契約を得られたはずだが、2009年の成績があまりにも悪かったためそれが難しく、代理人のスコット・ボラスは、1年契約を結んで好成績を残した後に大型契約を勝ち取る策を考え、その結果、レッドソックスと1年900万ドルで契約した。

Season Team Pos Inn DRS RngR ErrR UZR
2005 Mariners 3B 1325.2 8 7.7 1.9 8.9
2006 Mariners 3B 1358.0 19 16.6 1.7 18.5
2007 Mariners 3B 1279.1 4 -1.9 0.8 -1.1
2008 Mariners 3B 1208.1 27 10.2 0.8 11.7
2009 Mariners 3B 988.1 20 13.7 -1 13.9

 

レッドソックス時代

 そして臨んだ2010年は、28本塁打、打率.321、OPS.919と2004年に次ぐ好成績を残し、守備でもDRS+20と好守を見せた。そして、この年、球団初のリーグ優勝を果たし、初のワールドチャンピオンにあと1歩届かなかったレンジャーズとオプション含め最大6年9600万ドルという大型契約を結んだ。

Season Team G HR AVG OBP SLG OPS wRC+ BB% K%
2010 Red Sox 154 28 .321 .365 .553 .919 140 6.2% 12.8%
Season Team Pos Inn DRS RngR ErrR UZR
2010 Red Sox 3B 1342.2 20 9.5 0.1 10.4

 

遊撃手が注目を集める2019 International Amateur FAについて

46601102335_f7e7810daa_z

 

 

 

 

 

 

 MLB公式による2019~20年度の国際アマチュアフリーエージェント選手トップ30が発表された。

 

 今年度の国際アマチュアフリーエージェント選手トップ30をMLB公式が発表した。

 これは海外の優秀なアマチュア選手をMLB各球団が獲得する手段の一つである。近年は中南米系のメジャーリーガーの存在感が高まりつつあり、その手段の重要性は増してきている。最近ではトッププロスペクトとして颯爽とデビューを果たしたブラディミール・ゲレーロjr(TOR)、フェルナンド・タティースjr(SD)、ロナルド・アクーニャjr(ATL)、フアン・ソト(WSH)、イーロイ・ヒメネス(CWS)そして大谷翔平(LAA)といった面々がこのルートを通じて球団に獲得されていることからも、球団の戦力アップにおける重大さが伺えると思う。

 

 

 さて、今回発表されたランキングだが、上記の円グラフの通り、最多がSSで13人、その次がOFの9人と続いている。過去3年の平均と比較したら分かるように、全体的には今年も似たようなポジション比率となっている。野手の比率が高くなるのは、タレントが野手に固まる中南米選手が多いことから当然といえる。SSが不自然に多いのは、他のポジションと比較した場合のSSの難度の高さから、SSを守れることをアピールすることで、球団からの評価を上積みしようという選手側の考えが読み取れる。

 

 例年と異なる点は、今年度は投手の質が全体的に低いということだ。上記の過去3年の平均を見れば分かる通り、トップ10には平均して2~3人投手が入るのが通年である。だが、今年は初登場すら16位となっている。逆に考えれば、野手の質が高いと言い換えることもできるかもしれないが、2年前は大谷、3年前にはエイドリアン・モレホン(SD)といった選手がそれぞれ1位、3位にランクインしていたことを考えると、少々寂しいかもしれない。

 

 これらの選手のほとんどには既にどの球団が関心を持っているかが記載されており、最多はSDの4人となっている。マイナー、MLBレベル共に若き才能の宝庫であるSDだが、今後も人材集めを怠る気は毛頭ないようだ。その4人の中で個人的に注目しているのが、22位のレギナルド・プレシアド(SS)。パナマ出身の彼は、6フィート4インチという遊撃手には珍しいほどの大柄ながら走攻守兼ね備えており、ロマンを感じさせる。

 また、2人いる捕手のどちらもCHCがフロントランナーとなっていることも興味深い。スター捕手ウィルソン・コントレラスの後釜としては、トッププロスペクトである20歳のミゲル・アマヤが控えているが、さらにその後釜となる選手の獲得を模索しているのかもしれない。

 

 そして、関心を持つ球団の記載がない選手の1人である、7位ランクインのイディ・カッペだが、彼のインスタグラムの自己紹介文にはマイアミ・マーリンズ所属の一文があり(現在は変更済)、すでにMIAが接触している可能性がある(ちなみにサイト記載の写真でもMIA帽を被っている。ただファンなだけかもしれないが)。キューバ出身16歳の彼は、同年代だったころのデレク・ジーター(元NYY)、カルロス・コレア(HOU)と比較される右投右打の大型遊撃手。MIAが他にコンタクトを取っているとみられる2選手も共に遊撃手であり、もし3選手の獲得に成功したならば、内野手プロスペクトに欠けるMIAにとっては、再建の大きな一歩となるかもしれない。

 ただ、彼はまだ各球団と契約を結べる許可が下りておらず、契約可能になるのは2020~21年度からかもしれないということをここに付け加えておく。

 

 これらのランキングはあくまで現時点のもので、将来の成功を約束するものでは決してないことは過去のランキングを見れば明らかである。エイドリアン・ロンドンや、成功間違いなしだったはずのケビン・マイタン(LAA)の意外な苦戦を想起して頂ければすぐに理解できる。しかし、先ほど挙げたメジャーで華やぐ若手スターのうち、アクーニャ以外はトップ30に入っており、当初から評価の高かった選手である。期待値の高さを示すには十分であろう(ちなみに、ランキングの成功例を示すと、2015~16年度などは中々壮観である。逆に2012~13、2014~15などは失敗例といえる)。

 彼らの内何人がメジャーの舞台で活躍するかが、今から楽しみである。契約可能となる期間は、7月2日がスタートとなっている。

 

Written by Yoshihiro Ueda

Photo link https://flic.kr/p/2dZYQaD

ナショナルリーグ東部地区の現在地

43421876652_cbdfd3250d_z

 

 

 

 

 

 

ナショナルリーグ東部地区の現在地

Written by Eiji Kato

Photo link https://flic.kr/p/29a3t8J

 2018~2019年のシーズンオフにナショナルリーグ東部地区は大いに盛り上がった。マーリンズを除く4チームがそれぞれ補強を敢行した。まずその補強を振り返りたい。

 ・フィリーズ

 オフの勝ち組とも評されたフィリーズは史上最高額の13年3億3000万ドルでブライス・ハーパー(OF)と契約。(後にトラウトに抜かれる)他にもトレードでJTリアルミュート(C)やジーン・セグーラ(SS)。FAとなっていたダニエル・ロバートソン(RHP)、アンドリュー・マカッチェン(OF)を迎えた。この一連の補強により戦力が大幅にUPし地区優勝の1番手に躍り出た。

 ・メッツ

 フィリーズ同様にメッツも積極的に動いた。バンワゲネン新GMはマリナーズからロビンソン・カノー(2B)とエドウィン・ディアス(RHP)を獲得。さらにブルペンを強力にすべくジャスティン・ウィルソン(LHP)やジュウリス・ファミリア(RHP)も獲得。また同地区のライバルフィリーズからウィルソン・ラモス(C)も獲得した。

 ・ブレーブス

 昨年地区を制覇したブレーブスはベテランのブライアン・マッキャン(C)やジョシュ・ドナルドソン(3B)を獲得。戦力UPと同時に若手の指南役としても期待される。

 ・ナショナルズ

 ハーパーが去ったことによりインパクトは薄れたが地区優勝への道が無くなったわけではない。パトリック・コービン(LHP)、ブライアン・ドージャー(2B)、カート・スズキ(C)、トニー・シップ(LHP)、カイル・ベアクロウ(LHP)、TJ手術明けのトレバー・ローゼンタール(RHP)など投手を中心に補強を行った。

 

 4強1弱の構図で迎えた2019シーズン。日本時間5月10日時点で首位フィリーズ、2位は4ゲーム差でブレーブス、3位は4.5ゲーム差でメッツ、4位は6.5ゲーム差でナショナルズとなっている。

 ここまではフィリーズの独走まではいかないが、やや差がついている印象がある。それぞれのチームにスポットを当てると4位のナショナルズはフアン・ソト(OF)、トレイ・ターナー((SS))、ライアン・ジマーマン(IF)、アンソニー・レンドーン(3B)と野手にケガ人が続出。カーター・キーブーム(2B)やビクター・ロブレス(OF)と若手も才能をフルに発揮しているとは言い難い。投手陣はチーム防御率がリーグ14位とまさに踏んだり蹴ったり。

 一方でメッツは若手の野手が元気でルーキーのピート・アロンソ(1B)は既にホームラン11本と爆発、昨年デビューのジェフ・マクニール(2B)はMLB全体で打率2位。ブレーブスも打線が元気でチーム打率はリーグ3位、チーム出塁率もリーグ4位となっている。

 シーズンはまだ序盤で今後どうなるかは分からない。1弱とされているマーリンズもただ黒星を増やすようなことは許されない。リアルミュートの交換で加入したシクスト・サンチェス(RHP)やホルヘ・アルファロ(C)など素質の高い選手がいるだけに彼らが将来主力となれるよう育成、経験を積ませることが重要になるであろう。

 今後もナショナルリーグ東部地区から目が離せない。

ジョーイ・ギャロが通算100本塁打を達成

37939136901_00bb5b7f0a_z

 

 

 

 

 

 

 

Written by Akiyuki Suzuki and Edited by Tsubasa Komiyama

Photo link https://flic.kr/p/ZNxZC2

 現地時間5月9日、パイレーツの本拠地PNCパークで行われた試合で、レンジャーズのジョーイ・ギャロ(OF)が3回にニック・キンガム(RHP)からツーランホームランを放った。これがギャロのメジャー通算100号ホームランとなった。センター方向に飛んだホームランはスタンドを遥か超えて行く場外ホームランとなり、ギャロらしい飛距離のホームランだった。

 

 しかし、この100号ホームランには飛距離以外にもギャロならではの記録もついてきた。

 まず通算377試合での100号はアメリカン・リーグでは史上最速であり、メジャー全体でも歴代3位の速さでの達成となった。ギャロのホームランを打つ能力に関しては、これまでのメジャーリーガーの中でもトップクラスであることが改めて証明される形となった。

 そしてもう一つギャロが達成した記録は、メジャー史上初となる通算100単打を記録する前の通算100本塁打達成である。100号を達成した時点でギャロは単打93本。次に単打が少なかったラッセル・ブラニアン(元SEA他)は172本である。このことから、いかにギャロがホームランを打つことに特化しているか分かる。

 ちなみにブラニアンの次に少なかったのがライアン・ハワード(元PHI他)の176本で、4番目はクリス・カーター(OF)の179本となっており、ホームランを打つことに特化した他の打者も100号ホームランを放つまでにこれだけの単打を放っていた。さらにはギャロやカーターのような打者の象徴であるアダム・ダン(元CIN他)はもっと多くの単打を放っている。

 日本のプロ野球では先日、オリックス・バファローズの“ラオウ”の愛称で有名な杉本裕太郎(OF)がプロ通算9安打目(それまでの8安打は本塁打が6本、二塁打が2本)で初めて単打を放ったことが話題となっており、日米でホームランに関わる非常に珍しい記録が続けて誕生する結果となった。

 

Lock Back Big Trade-レンジャーズが逆転地区優勝を果たした2015年トレードデッドラインのトレード

Rangers at Orioles 8/4/16

 

 

 

 

 

 

 

 大型トレードのその後を追っていくコラム。

 

・TDLの時点で勝率5割未満ながら、PO進出をもたらしたトレードを振り返る

 Written by Akiyuki Suzuki

 Photo link https://flic.kr/p/KHXW5K

 2015年7月31日、レンジャーズとフィリーズの間で1つのトレードが発表された。

Rangers Acquire Cole Hamels In Eight-Player Deal

TEX
Player POS AGE $(M)
コール・ハメルズ LHP 31 23.5
ジェイク・ディークマン LHP 28 0.5
キャッシュ     9.5
PHI
Player POS AGE $(M)
マット・ハリソン LHP 29 13.2
ジェラッド・アイコッフ RHP 24 0.5
アレク・アッシャー RHP 23 0.5
ホルヘ・アルファロ C 22  
ニック・ウィリアムズ OF 21  
ジェイク・トンプソン RHP 21  

 

 当時、レンジャーズは50勝52敗で勝率5割を切っていたものの、53勝49敗のツインズと3ゲーム差でWCに望みがあり、また、翌年以降の優勝を目指すために、エースタイプの先発であるハメルズ(LHP)とリリーバーのディークマン(LHP)を獲得した。

 一方、フィリーズは再建真っ只中にあったため、長期構想から外れていた2投手を放出。見返りとして、2014年、15年に各種プロスペクトランキングに名を連ねていたウィリアムズ(OF)やアルファロ(C)と言ったハイシーリングなプロスペクトに加え、トンプソン(RHP)等のスリーパープロスペクト、計5人を獲得。ハリソン(LHP)は両チームの年俸調整的意味合いが強く、移籍後は登板を果たすことなくDL入りし、翌年リリースされた。

 

・トレードがレンジャーズに与えた影響

 ハメルズとディークマンを獲得したことにより、投手力の向上に成功した。ダルビッシュ有(RHP)をトミー・ジョン手術で欠いていたものの、エース不在のローテーション、不安のあるブルペンという重要な問題を同時に解決した。夏場以降レンジャーズは順調に勝ち星を積み重ね始め、9月1.5ゲーム差で追いかける首位アストロズとの4連戦をスウィープ。前年AL西地区最下位から地区優勝を成し遂げた。地区優勝を決した試合は、ハメルズの完投勝利だった。翌年も1年間を通して2人が活躍。地区2連覇を成し遂げた。

 

 しかし、アルファロ(C)を放出したことにより後年の正捕手不在を招いた他、地区2連覇を果たしたもののWS制覇はおろかALDS敗退に終わったことを鑑みれば、手放しに成功であったとは言い切れない。