Category Archives: Post Season Review

2018 NLCS Review : LAD vs MIL

41834752070_f09df4c0f9_z

 

 

 

 

 

 

 サンゼルス・ドジャースとミルウォーキー・ブリュワーズによるNLCSは、第7戦までもつれる好カードとなった。

 初戦、2番手として登板したブランドン・ウッドルフ(RHP)が投打で活躍。また、ジョシュ・ヘイダー(LHP)が3回無失点の好投をし、ブリュワーズが勝利。クレイトン・カーショウ(LHP)は先発としてゲームを作ることが出来なかった。
 第2戦、ジャスティン・ターナー(3B)が8回に逆転ツーランホームランを放ち、ドジャースが勝利。第3戦、ジョーリス・チャシーン(RHP)の好投でブリュワーズが2勝目をあげた。
 前半3試合はブリュワーズ優位の展開だったように思える。第2戦こそドジャースがサヨナラ勝利をしたものの、ブリュワーズが連勝していてもおかしくなかっただろう。

 第4戦、第5戦はドジャースが連勝。2度目の先発となったカーショウは第5戦で勝利投手になった。第4戦は延長13回まで続く激戦となり、結果から言えば、ここでリリーフ投手が疲弊したことがその後の勝敗に繋がったのではないだろうか。記事の公開順が前後したが、WSにおいて延長18回の激闘がボストン・レッドソックスとロサンゼルス・ドジャースの明暗を分けたと言えるが、NLCSにおいては第四戦がターニング・ポイントと言えるだろう。
 第6戦は追い込まれたブリュワーズが7ー2と意地を見せたが、第7戦でドジャースが勝利した。
 後半4試合はドジャース優位の展開だった。前半3試合では9得点だった打線は、後半4試合で14得点をマークした。ブリュワーズは前半3試合で13得点、後半4試合で11得点と、得点以上に失点が多くWS出場を逃した。

 ドジャースのキープレイヤーはマニー・マチャド(SS)だ。オフのFA市場において彼の価値を損なうであろうプレーがあったものの、NLCSで1本塁打3打点をマークし、オフの目玉としての貫禄を保った形だ。
 ブリュワーズのキープレイヤーはヘスス・アギラル(1B)だ。偶然にも、マチャドの問題のプレーに関わったのがこのアギラルだ。NLCSで1本塁打4打点をマークし、思わぬ伏兵であるオーランド・アルシア(SS)と共に奮闘した。

 

Text by Tsubasa Komiyama

Photo link https://flic.kr/p/26JN3hN

2018 WS : BOS vs LAD

17089916180_1e087ae0e2_z

 

 

 

 

 

 

WS:4-1

*Game部のリンクでゲームのRecapをチェック可。

Game1 BOS 8-4 LAD

勝:マット・バーンズ(1-0) 負:クレイトン・カーショウ(0-1)

Game2 BOS 4-2 LAD

勝:デビット・プライス(1-0) 負:柳賢振(0-1) S:グレイブ・キンブレル(1)

Game3 BOS 2-3 LAD

勝:アレックス・ウッド(1-0) 負:ネイサン・イオバルディ(0-1)

Game4 BOS 9-6 LAD

勝:ジョー・ケリー(1-0) 負:ディラン・フローロ(0-1)

Game5 BOS 5-1 LAD

勝:デビット・プライス(2-0) 負:クレイトン・カーショウ(0-2)

WSMVP:スティーブ・ピアース

 

 ーズンの勢いそのままに、ここまでのプレーオフ7勝2敗と圧倒してきたボストン・レッドソックスと昨年に引き続き2年連続の出場となったロサンゼルス・ドジャースのマッチアップとなった今年のWSは、レッドソックスが4勝1敗でWSを5年ぶりに制した。

 

以下、両チームの注目点を挙げ、試合を振り返る。

 

注目点1→投手陣の安定度

 

投手陣の安定度に差が見られた。後述するがドジャース投手陣はALCSの疲れからか、やや精彩を欠いていた。一方でレッドソックスはWS5戦すべてに登板し一度の失点も許さなかったケリー、第3選でロングリリーフながらも6回2失点に抑えたイオバルディ、カーショウとは対照的に2勝をあげたプライスなどが好投した。

 

注目点2→LCS疲れと第3戦

 

レッドソックスはALCSを4勝1敗と5試合で勝ち進み、WSまで中5日であったのに対し、ドジャースはNLCSを4勝3敗と7試合戦い、WSまで中3日しかなかった。これが結果的に投手陣の安定度に差が生まれ、第3戦の延長18回にわたる死闘が勝負の分かれ目になったようだ。ドジャース先発のウォーカー・ビューラーが7回を完璧に抑え有利に立っていたものの、イオバルディの思いがけない好投がドジャースのリリーフ陣の疲労に拍車をかけ、結果的に第4戦の逆転負けを引き起こしたように思える。

2018 ALDS Review : HOU vs CLE

5223825_12292230c4_z

 

 

 

 

 

 

 

 

今回はプレーオフレビューとして、アメリカンリーグの地区シリーズインディアンスvsアストロズを分析する。

 

2年前のアンドリュー・ミラーの柔軟な起用法を提案したインディアンスと昨年絶対的なクローザー抜きでワールドシリーズを制覇したアストロズの対決となった。両者共にリリーフ投手の起用法で、新しい指針を示したチームであり今回はどんな戦略が飛び出すかに注目していた。

 

結論から見ると、昨年本来は先発投手のチャーリー・モートンが優勝の瞬間マウンドに立っていたアストロズは1年前に比べて新顔を増やして先発投手が長イニングを投げて強力なリリーフ陣がそれを支えるクラシックな投手起用を見せた。一方でインディアンスは2年前の闘いぶりを大きく変えることなく臨んだという感じだった。ただし2年前ほどの力がミラーやコディ・アレンに無かったのが大きな違いとなってしまった印象を受ける。

 

初戦はジャスティン・バーランダーとコリー・クルーバーのサイ・ヤング賞受賞経験者同士の対戦となった。3回まではスコアが動かなかったが、アストロズ打線が2巡目に入った4回にアストロズがアレックス・ブレグマンのHRで先制に成功する。5回にも2点を追加したアストロズはクルーバーを5回途中でノックアウトした。バーランダーも6回を投げきれなかったが、7三振を奪いエースの貫禄を見せつけた。

 

この試合で1番印象的だったのは、両チームの先発投手の速球の平均球速だった。バーランダーがシーズン平均95.0マイルだった速球を96.2マイルまで上げてきた一方で、クルーバーのシンカーはシーズン平均が91.9マイルだったのに91.6マイルに低下していた。8月末まで平均92マイルを超えていたクルーバーのシンカーは9月に入ってから明確に遅くなっており疲れは明らかだった。

 

第2戦はインディアンスがフランシスコ・リンドーアのHRで先制。しかしアストロズが先発ゲリット・コールの12三振を奪う力投で流れを手繰り寄せ、6回にマーウィン・ゴンザレスのツーベースで逆転に成功。7回にはブレグマンの2試合連続HRで追加点を挙げたアストロズが連勝を飾った。シーズン中は凡庸な成績に終わったゴンザレスは、昨年9月25日以来の1試合4安打を記録した。インディアンスの切り札ミラーは先発カルロス・カラスコの後を受け継いだが、1アウトも取れなかった。

 

コールが見せた、プレーオフで四球を与えずに、12三振以上を奪ったのは実に45年前のメッツのトム・シーバー以来となる歴史的な好投だった。

 

第3戦はクリーブランドに舞台を移して行われた。先発投手はインディアンスがマイク・クレビンジャーで、アストロズがダラス・カイケル。5回裏にリンドーアのHRが飛び出した時はインディアンスに流れが傾いたが、試合は7回にインディアンスのエラーも重なりアストロズが3点を奪い態勢を決めた。

8回には後半戦のOPSが.517と絶不調に陥っていたカルロス・コレアにもHRが飛び出して、アストロズは文句無しの状態でALCSに駒を進めた。

 

アストロズのジョージ・スプリンガーは、2HRを放ち昨年のWSから合計10試合で8HRとPOではHRを量産している。

またアストロズにとってはチーム史上初のプレーオフでのシリーズスウィープ達成となった。

 

2018 ALCS Review : BOS vs HOU

3599761533_00a3da49c1_z

 

 

 

 

 

 

 

ALDS : 4-1

*Game部のリンクでゲームのRecapをチェック可。

Game1 BOS 2-7 HOU

勝:ジャスティン・バーランダー(1-0) 負:ジョー・ケリー(0-1)

Game2 BOS 7-5 HOU

勝:マット・バーンズ(1-0) 負:ゲリット・コール(0-1) S:クレイグ・キンブレル(1)

Game3 BOS 8-2 HOU

勝:ネイサン・イオバルディ(1-0) 負:ジョー・スミス(0-1)

Game4 BOS 8-6 HOU

勝:ジョー・ケリー(1-1) 負:ジョシュ・ジェームス(0-1) S:クレイグ・キンブレル(2)

Game5 BOS 4-1 HOU

勝:デビッド・プライス(1-0) 負:ジャスティン・バーランダー(1-1) S:クレイグ・キンブレル(3)

 

ーグ最多となるシーズン108勝をあげ、ALDSで強敵ニューヨーク・ヤンキースを退けたボストン・レッドソックスと昨年に引き続き2年連続での進出のヒューストン・アストロズの組み合わせとなった今年のALCS。アストロズ有利と予想されたこのシリーズは、予想とは裏腹に4勝1敗でレッドソックスが制した。

 

ここからはこのシリーズの注目点とシリーズを通して活躍した選手をピックアップしていく。

 

注目点1→打線の調子

 

持ち味の強打を武器にレギュラーシーズン、ALDSを勝ち上がってきた両チームだが、ALCSでは打線の調子に大きな差が見られ、シリーズの勝敗を決定づけたように思える。まずはレッドソックスだが、1番を打つムーキー・ベッツの調子こそ上がらなかったが、中軸のJ.D.マルチネスやラファエル・デバース、そしてシリーズMVPを獲得したジャッキー・ブラッドリーJrらが要所で結果を残し、アストロズから得点を重ねた。レギュ―ラーシーズンでメジャートップの打率を記録したレッドソックスだが、ポストシーズンでも持ち味の打線が結果を残している。一方のアストロズはレギュラーシーズンを支えたホセ・アルトゥーベやアレックス・ブレグマンが両者OPS.700未満と調子が上がらなかった。1番を打つジョージ・スプリンガーが打率.381と好調だっただけに、後ろを打つ彼らが不調だったことはアストロズにとっては痛手であったのではないだろうか。

2018 NLDS Review : MIL vs COL

42645814302_24a79c09a9_z

 

 

 

 

 

 

NLDS : MIL 3-0 COL

*Game部のリンクでゲームのRecapをチェック可。

Game 1 COL 2-3 MIL

勝:ホアキム・ソリア(1-0) 負:アダム・オッタビーノ(0-1)

Game 2 COL 0-4 MIL

勝:ヨーリス・チャシン(1-0) 負: タイラー・アンダーソン(0-1)

Game 3 MIL 6-0 COL

 勝:コービン・バーンズ(1-0) 負:ヘルマン・マーケス(0-1)

 

162試合では決着が付かず、コロラド・ロッキーズはロサンゼルス・ドジャースと163試合目を戦い敗北し、WCからPO進出をすることになった。一方、同じく決着が付かず163試合目を戦い勝利したミルウォーキー・ブリュワーズは、2011年以来となる地区優勝を果たした。対照的な両チームの対決は、ブリュワーズがロッキーズをスウィープするという衝撃的な幕切れであった。

ここからはこのシリーズの注目点とシリーズを通して活躍した選手をピックアップしていく。

 

注目点1→打線

 ロッキーズはリーグトップクラスの打線を誇るチームである。ホーム球場であるクアーズ・フィールドは打者天国として有名ではある。しかしながら、アウェーであってもロッキーズ打線は長打力を遺憾無く発揮してきた。その打線を牽引するのは、38本塁打をマークしたノーラン・アレナド(3B)と、37本塁打27盗塁をマークしたトレバー・ストーリー(SS)だ。だが、シーズンOPS.935をマークしたアレナドはOPS.354、シーズンOPS.914をマークしたストーリーはOPS.667とそれぞれ不振を極めた。ロッキーズに戻ってきたマット・ホリデイ(LF)はOPS.708と最低限の成績を収めたが、ロッキーズ打線は3戦で2得点と封じ込められた。

 一方、ブリュワーズは、オフシーズンに獲得したロレンゾ・ケイン(CF)とクリスチャン・イエリッチ(LF)が地区優勝の原動力となった。イエリッチ(LF)はシーズンOPS1.000の勢いそのままにOPS1.196と活躍してみせた。また、シーズン途中に獲得したマイク・ムスタカス(3B)はOPS.916とシーズン中以上の活躍を見せた。それから、ベテランのエリック・クラッツ(C)が打撃でもチームに貢献を果たし、ケインはOPS.298と不調だったが、キーオン・ブロクストン(CF)が充分過ぎる穴埋めをする活躍で、層の厚さが際立った。

 

注目点2→投手陣

 Game1において、ロッキーズの先発であるアントニオ・センザテラ(RHP)は5回を投げた。一方、ブリュワーズの先発であるブランドン・ウッドルフ(RHP)は、無安打1与四球にも関わらず3回を投げ切ってマウンドを降りた。そのような先発投手の起用はシリーズ一貫して行われ、3戦で13得点2失点と終始優位な状況をキープしたものの、ブリュワーズの先発が6回を投げきることは1度もなかった。(NLDSでの最長は5回だった)

 可能にしたのは、ブリュワーズの投手陣の層の厚さと、クレイグ・カウンセル監督による(リリーフ投手の酷使と言えなくもないが)時代や試合状況に応じた柔軟なプルペン運用だろう。ブリュワーズは4人のリリーフに3連投させた。シーズン55登板81.1回のジョシュ・ヘイダー(LHP)は、3登板し7人の打者と対決。1人として出塁を許さず無失点で抑えた。4人の投手に回跨ぎさせたりワンポイントリリーフとして起用し、ロッキーズ打線を沈黙させることに成功した。