2019 NLDS Review : WSH VS LAD

            ナショナルズが通算成績3勝2敗でドジャースを下し、ナショナルリーグ優勝決定シリーズへ駒を進めた。   Game 1 WSH 0 More »

2019 ALWC Review:TB vs OAK

             総年俸の低い球団対決として注目されたこの試合はレイズが勝利した。 TB 5 – 1 OAK    レイズの先発は More »

2019 NLWC Review:MIL vs WSH

             2019年のポストシーズン開幕戦として現地時間10月1日にワシトン・ナショナルズとミルウォーキー・ブルワーズがワシントンD.Cで対戦し More »

後半戦展望:テキサス・レンジャーズ

             シーズン開幕前は昨シーズンの最下位から大きな補強もなく、今シーズンも苦戦が予想されていた。しかしながら、ここまでオールスター前は48勝 More »

夢へのスタート地点が人によって違うということ―ジミー・ガバーンとCJ エイブラムスの場合―

             アイダホ・フォールズ・チューカーズ(KC傘下)にジミー・ガーバン(2B)という選手が所属している。1996年11月11日生まれの22歳 More »

 

Category Archives: Post Season Review

2019 NLDS Review : WSH VS LAD

33746773632_465af7c30a_c

 

 

 

 

 

 

ナショナルズが通算成績3勝2敗でドジャースを下し、ナショナルリーグ優勝決定シリーズへ駒を進めた。

 

Game 1 WSH 0- 6 LAD

 先発はドジャースがウォーカー・ビューラー(RHP)、ナショナルズはパトリック・コービン(LHP)。

1回裏 ナショナルズ先発コービンは制球に苦しみ4つの四球を与え、ドジャースに先制を許す。

4回表 今度はドジャース先発ビューラーが3つの四球を出して満塁になるがアズドルバル・カブレラ(IF)を打ち取りピンチを乗り切る。

5回裏 簡単に2アウトとなったドジャースだがコディ・ベリンジャー(OF)の四球、クリス・テイラー(IF)の内野安打の後マックス・マンシー(1B)の打った打球をナショナルズのファースト、ハウィ・ケンドリックがまさかのトンネル。ドジャース2点リードとなる。

7回裏 マンシーのタイムリヒットでドジャースが2点を追加。

8回裏 メジャーデビューしてまだ1ヶ月少ししか経ってないルーキーのギャビン・ラックス(IF)と途中出場のジョク・ピーダーソン(OF)のホームランでさらにリードを広げる。

9回表 ドジャース4人目のジョー・ケリー(RHP)がヒット1本許すも無失点で締め試合終了。

 

所見

 終始ドジャースペースで試合が進む、さすがドジャース!という試合運びだった。初回制球が定まらないコービンに対して1点で終わったのは不発気味だったがコービンから代わった投手を攻略し着実に点を奪った。投手の方はビューラーが被安打1と完璧に封じ込め、リリーフ陣もアダム・コラレック(LHP)→前田健太(RHP)→ケリー、とつけ入る隙を与えない投球で見事に大事な初戦を勝利した。

 

Game 2 WSH 4- 2 LAD

先発はドジャースがクレイトン・カーショー(LHP)、ナショナルズが今シーズンのナショナルリーグ最多勝投手スティーブン・ストラスバーグ(RHP)。

1回表 ケンドリックが前日の失敗を取り返すべくタイムリーヒットで先制。

2回表 ナショナルズはアダム・イートン(OF)のタイムリーヒットとアンソニー・レンドン(3B)のタイムリー2ベースでこの回3点を追加する。

6回裏 ドジャースはトレイ・ターナー(SS)の犠牲フライで1点を返す。

7回裏 マンシーのソロホームランで1点差に迫る。

8回表 ナショナルズはカブレラのタイムリーヒットで再び引き離す。

9回裏 ドジャースはランナーを2人出し、ホームランでサヨナラの場面を迎えたがコーリー・シーガー(SS)が三振に倒れ試合終了。

 

所見

 両先発投手の好投で引き締まった試合だった。カーショーは先に3点は取られたが、すぐに立ち直った。ストラスバーグは無四球、三振10と非の打ち所がない投球だった。しかし一方でナショナルズのブルペン陣の不安がモロに露呈した試合とも言えるだろう。ショーン・ドゥーリトル(LHP)が一発を浴び、クローザーのダニエル・ハドソン(RHP)も結果的には無失点だったが四死球2つと安定感に欠けた。

 

Game 3 LAD10- 4WSH

先発はナショナルズがアニバル・サンチェス(RHP)、ドジャースはリュ・ヒョンジン(LHP)

1回裏 ホアン・ソト(OF)の2ランホームランでナショナルズ先制。

5回表 マンシーのホームランでドジャースが1点を返す。

6回表 ラッセル・マーティン(C)とエンリケ・ヘルナンデス(IF)のタイムリーツーベースとジャスティン・ターナー(IF)のホームランでこの回一気に7点を入れる

9回表 マーティンの2ランホームランが出て勝利を手繰り寄せる。

 

所見

 35歳サンチェスの予想外の好投に驚かされた。数年前には終わった存在のように思われたサンチェスがここ2年復活しポストシーズンでも活躍してる姿はなんとも頼もしい。

この試合のターニングポイントは6回裏であろう。ナショナルズは無死満塁の場面でカブレラが犠牲フライを放ったのだが、その後2塁ランナーのケンドリックが走塁ミスでアウトとなり事実上のダブルプレーとなり追い上げムードに水をさした。

またナショナルズの懸案事項とも言えるブルペンも初戦に先発したコービンを送ったりと策を練ったが、ドジャース打線の勢いを止められずサンチェス降板後だけで9点も取られた。

 

Game 4 LAD 1- 6WSH

先発はドジャースがリッチ・ヒル(LHP)、ナショナルズがマックス・シャーザー(RHP)

1回表 ジャスティン・ターナーのソロホームランでドジャース先制。

3回裏 ナショナルズのレンドンの犠牲フライで同点。

5回裏 レンドンのタイムリーヒットとライアン・ジマーマン(1B)の3ランホームランで計4点追加する。

6回裏 再びレンドンの犠牲フライで1点を追加。

9回表 ナショナルズはハドソンが無失点に打ち取り勝利をものにする。

 

所見

 この試合はシャーザーにつきると思う。試合後の会見では疲労を口にしていたが、実際の試合では疲労を感じさせない投球だった。とりわけ7回表の1死満塁の場面でテイラーにはフルカウントまで粘られながらも三振に取り、続くビーダーソンもゴロで打ち取った時は本当に感服した。

一方負けたドジャースもナショナルズ同様ブルペンに不安を抱え込むような敗戦であった。日本人の我々からすると前田健太の力投ぶりが輝いて見えるかもしれないが、問題はその後でフリオ・ウリアス(LHP)は2/3回を投げ被安打3、べドロ・バイエスは1/3回を被安打2うちホームラン1本という内容だった。

 

Game 5 WSH  7- 3 LAD

先発はナショナルズがストラスバーグ、ドジャースはビューラー。

1回裏 マンシーの2ランホームランでドジャースが先制。

2回裏 ヘルナンデスのソロホームランでドジャースのリードは3点。

6回表 ソトのタイムリーヒットでナショナルズが1点を返す。

8回表 レンドン、ソトの2者連続ホームランで同点に追いつく。

10回表 無死満塁でケンドリックが満塁ホームランを放ちナショナルズ4点リードとなる。

10回裏 ドゥーリトルが三者凡退に打ち取り試合終了。

 

所見

 両先発投手が好投した。ストラスバーグは3点先行せれたが、すぐに立ち直り3回以降は被安打1無四球という内容だった。ビューラーは自慢の剛速球ではなく変化球主体のピッチングで好投した。ちなみに奪った7つの三振のうち5つは変化球によるもだった。

 

総括

 ドジャース優勢とみられた  NLDSはナショナルズの3勝で幕を閉じた。ナショナルズは本拠地をワシントンに移して以来初の地区シリーズ突破となった。

このシリーズを通してブルペンの整備、起用法の難しさが浮き彫りになった。ドジャースに関してはブルペンの防御率は6.75である。要因として考えられのは守護神ケンリー・ジャンセン(RHP)の不調であろう。今回のシリーズこそ点は取られなかったが、レギュラーシーズンの不調により満を持してクローザーに固定出来なくった。これによりクローザーから逆算して継投することが難しくなりブルペン全体が瓦解したと考えられる。

ナショナルズもドジャースほど悪くないがハンター・ストリックランド(RHP)、先発とリリーフを兼任したコービンに関してはNLCS以降も不安ではある。また元々ブルペンにかなりの不安を抱えていて、それがストラスバーグとシャーザーの酷使に繋がった。今後チームどんな形で影響を与えるか注視していきたい。

 

また両チームともベテランの活躍が光った対戦でもあった。ケンドリックは満塁弾まで3つのエラーと致命的な走塁ミスと足枷のようだったが最後に意地を見せてくれた。ドジャースはターナーはシャーザーから本塁打とこちらもベテランの存在感を見せつけた。ポストシーズンでのベテランの活躍はマストであることを認識させられたシリーズでもあった。

 

Written Eiji Kato

Photo by https://flic.kr/p/Tq635G

2019 ALWC Review:TB vs OAK

2515421377_520a03b84f_c

 

 

 

 

 

 

 総年俸の低い球団対決として注目されたこの試合はレイズが勝利した。

TB 5 – 1 OAK

 

 レイズの先発はチームの勝ち頭のチャーリー・モートン(RHP)、アスレティックスは9月に復帰したばかりのショーン・マナエア(LHP)だった。

 

 試合は初回にレイズのヤンディ・ディアス(3B)の先頭打者ホームランで先制。マナエアはホームランこそ打たれたが、その後3者連続三振で乗り切って立ち直ったようにも見えた。

 しかし、2回表に先頭打者にヒットを許すとレイズのアビサイル・ガルシア(OF)に2ランホームランを浴びてしまう。

 3回表マナエアはディアスに2本目のホームランを献上したところで降板。2番手のユスメイロ・ペティート(RHP)がマウンドにあげる。レイズのリードは4点となる。その裏アスレティックスもラモン・ローレアーノ(OF)の犠牲フライで1点を返し踏み止まる。

 5回表レイズはトミー・ファム(OF)のソロホームランが飛び出し再び突き放す。

 

 対するレイズのモートンは5イニングを投げ被安打5、与えた四死球3と毎回ランナーを背負いながらも要所を締めてなんとか1失点で切り上げる綱渡りのような投球で後続のピッチャーに後を託す。

  6回以降は両チームの救援陣が奮闘し、両チームとも得点が入らずそのままレイズが5-1で勝利をおさめた。

 

所見

 レイズの得点が全てホームランで、また両チームとも三振が12個と粗さも目立ちホームラン or 三振という現代のMLBのトレンド最前線を見た感じだ。

 

 アスレティックスに関してはマナエアはホームラン2本を打たれたが2回0/3を投げて三振も5個取れており来年以降の復活に期待を覗かせた。期待の若手ヘスス・ルザルド(LHP)もプレーオフという大舞台でも物怖じせず、自慢の剛速球でヒット被安打1、三振4、無失点と大いにファンを楽しませてくれた。

 

 レイズはモートンが思いのほか安定してなかったが、それでも試合を作るという観点からはさすがであり、後を継いだブルペン投手も前評判通りのピッチング内容でアスレティックスの反撃を許さなかった。さすがブルペン王国レイズ‼︎

 

 普段のリングセントラル・コロシアム(オークランド・コロシアム)といえば閑古鳥が鳴いていて空席も目立つが、この日のリングセントラル・コロシアムは5万人以上のお客さんで埋め尽くされた。アスレティックスが優勢とも思われていただけに駆けつけたアスレティックスファンは失意のどん底であったろう。アスレティックススとしてもホームでの敗退は避けたかったはずだ。

 

 “お金の無い球団”と形容されがちなレイズとアスレティックス。しかし、限られた資金の中で上手くやりくりして、他の強豪球団と渡り合う姿はレイズファンやアスレティックスファンでなくとも応援したくなる。財政事情が苦しいのは今後も暫く続くかもしれないが、レイズはアストロズとの地区シリーズ、アスレティックスは来年以降の戦いに期待したいところだ。

 

Written by Eiji Kato

Photo link https://flic.kr/p/4Qhc96

2019 NLWC Review:MIL vs WSH

47529870022_fe8d3b3daa_c

 

 

 

 

 

 

 2019年のポストシーズン開幕戦として現地時間10月1日にワシトン・ナショナルズとミルウォーキー・ブルワーズがワシントンD.Cで対戦した。

MIL 3 – 4 WSH

 

 先発投手はナショナルズがエースのマックス・シャーザー、ブルワーズがオールスターゲームに初選出されたブランドン・ウッドラフという本格派右腕対決となった。

 試合は予想に反して初回から動き、ヤズマニ・グランダル(C)の2ランホームランでブルワーズが先制。2回にもエリック・テームズ()のソロホームランでブルワーズが主導権を握ったように思えたが、3回裏にナショナルズはトレイ・ターナー(SS)のソロホームランで1点を返した。

 シャーザーは3点を取られたものの、その後は立ち直りランナーを出しながらも要所はきちんと締めた。ナショナルズはシャーザーを5回で降板させ、スティーブン・ストラスバーグ(RHP)との黄金リレーを断行。3イニングを2安打無四球とブルワーズの勢いを沈め、反撃のお膳立てをした。

 一方ブルワーズのウッドラフも100マイルに迫る速球を軸に好投。さらにその後ブレント・スーター、ドリュー・ポメランツの両サウスポーも2人合計で3イニングを投げ被安打1、無四球と完璧な投球で次のジョシュ・ヘイダー(LHP)へとバトンタッチした。

 8回裏ブルワーズはクローザーのジョシュ・ヘイダーを送り込む。ナショナルズは1アウトからデッドボールでマイケル・テイラー(CF)が出塁、2アウトになったがベテランのライアン・ジマーマン(1B)がしぶとくヒットを放ち、主砲アンソニー・レンドン(3B)も四球で歩き満塁になる。そしてホアン・ソト(LF)が打席に入る。3球目の速球をライト前にヒット、さらにブルワーズのライトのトレント・グリシャムがまさかの後逸し、3点入り逆転。

9回表ナショナルズはシーズン途中に加入してクローザーに定着したダニエル・ハドソン(RHP)が0点に抑えて、ゲームセット。ナショナルズがドジャースとの地区シリーズに駒を進めた。

 

 所見

 今回の試合は両チームの投手が輝きを放った。特に印象に残ったのがブルワーズの3番手のポメランツである。ポメランツは今シーズンのフォーシームの平均球速は93マイル程度だったが今回の試合ではフォーシームは全てが95マイルオーバーでそこに武器のナックルカーブを織り交ぜ打者を完全に手玉にとった。

 そして気になったのは、やはりヘイダーである。シーズンを通して複数イニングも辞さないスタンスがここに来て悪影響を及ぼしたように見える。元々はフォーシーム主体のヘイダーだが、試合では特にスライダーのコントロールに苦しんだ。故にフォーシームへの依存度がより増したところを痛打された恰好になった。

 ブルワーズは9月に主砲クリスチャン・イエリッチ(RF)が怪我で今季残りの試合欠場が決まって以降、猛烈にスパートをかけワイルドカードに滑り込んできたが、やはり「イェリッチがいたら」と思わずはにいられない結果となってしまった。

 

 ナショナルズは劣勢を跳ね返す力は見事だと感じた。また、あまり目立たないが当初不安視されていたブルペンも1点差の場面で登板したハドソンがきっちり抑えたのは今後を見据えた上では好材料であろう。

 東海岸のワシントンから西海岸のロサンゼルスへの移動を強いられるスケジュールは選手たちにとって大変だと思う。しかし9月そして今回のブルワーズ戦でさらに勢いをつけてロサンゼルスに乗り込める。リーグ最高勝率で完全無欠のようなドジャースに対してナショナルズがどんな戦いを見せてくれるか楽しみだ。

 初戦はドジャースに敗れたものの、2戦目はWCで好投したストラスバーグを先発に据えて勝利を引き寄せた。

 

Written by Eiji Kato and Edited by Tsubasa Komiyama

Photo link https://flic.kr/p/2fq41rC

2018 NLCS Review : LAD vs MIL

41834752070_f09df4c0f9_z

 

 

 

 

 

 

 サンゼルス・ドジャースとミルウォーキー・ブリュワーズによるNLCSは、第7戦までもつれる好カードとなった。

 初戦、2番手として登板したブランドン・ウッドルフ(RHP)が投打で活躍。また、ジョシュ・ヘイダー(LHP)が3回無失点の好投をし、ブリュワーズが勝利。クレイトン・カーショウ(LHP)は先発としてゲームを作ることが出来なかった。
 第2戦、ジャスティン・ターナー(3B)が8回に逆転ツーランホームランを放ち、ドジャースが勝利。第3戦、ジョーリス・チャシーン(RHP)の好投でブリュワーズが2勝目をあげた。
 前半3試合はブリュワーズ優位の展開だったように思える。第2戦こそドジャースがサヨナラ勝利をしたものの、ブリュワーズが連勝していてもおかしくなかっただろう。

 第4戦、第5戦はドジャースが連勝。2度目の先発となったカーショウは第5戦で勝利投手になった。第4戦は延長13回まで続く激戦となり、結果から言えば、ここでリリーフ投手が疲弊したことがその後の勝敗に繋がったのではないだろうか。記事の公開順が前後したが、WSにおいて延長18回の激闘がボストン・レッドソックスとロサンゼルス・ドジャースの明暗を分けたと言えるが、NLCSにおいては第四戦がターニング・ポイントと言えるだろう。
 第6戦は追い込まれたブリュワーズが7ー2と意地を見せたが、第7戦でドジャースが勝利した。
 後半4試合はドジャース優位の展開だった。前半3試合では9得点だった打線は、後半4試合で14得点をマークした。ブリュワーズは前半3試合で13得点、後半4試合で11得点と、得点以上に失点が多くWS出場を逃した。

 ドジャースのキープレイヤーはマニー・マチャド(SS)だ。オフのFA市場において彼の価値を損なうであろうプレーがあったものの、NLCSで1本塁打3打点をマークし、オフの目玉としての貫禄を保った形だ。
 ブリュワーズのキープレイヤーはヘスス・アギラル(1B)だ。偶然にも、マチャドの問題のプレーに関わったのがこのアギラルだ。NLCSで1本塁打4打点をマークし、思わぬ伏兵であるオーランド・アルシア(SS)と共に奮闘した。

 

Text by Tsubasa Komiyama

Photo link https://flic.kr/p/26JN3hN

2018 WS : BOS vs LAD

17089916180_1e087ae0e2_z

 

 

 

 

 

 

WS:4-1

*Game部のリンクでゲームのRecapをチェック可。

Game1 BOS 8-4 LAD

勝:マット・バーンズ(1-0) 負:クレイトン・カーショウ(0-1)

Game2 BOS 4-2 LAD

勝:デビット・プライス(1-0) 負:柳賢振(0-1) S:グレイブ・キンブレル(1)

Game3 BOS 2-3 LAD

勝:アレックス・ウッド(1-0) 負:ネイサン・イオバルディ(0-1)

Game4 BOS 9-6 LAD

勝:ジョー・ケリー(1-0) 負:ディラン・フローロ(0-1)

Game5 BOS 5-1 LAD

勝:デビット・プライス(2-0) 負:クレイトン・カーショウ(0-2)

WSMVP:スティーブ・ピアース

 

 ーズンの勢いそのままに、ここまでのプレーオフ7勝2敗と圧倒してきたボストン・レッドソックスと昨年に引き続き2年連続の出場となったロサンゼルス・ドジャースのマッチアップとなった今年のWSは、レッドソックスが4勝1敗でWSを5年ぶりに制した。

 

以下、両チームの注目点を挙げ、試合を振り返る。

 

注目点1→投手陣の安定度

 

投手陣の安定度に差が見られた。後述するがドジャース投手陣はALCSの疲れからか、やや精彩を欠いていた。一方でレッドソックスはWS5戦すべてに登板し一度の失点も許さなかったケリー、第3選でロングリリーフながらも6回2失点に抑えたイオバルディ、カーショウとは対照的に2勝をあげたプライスなどが好投した。

 

注目点2→LCS疲れと第3戦

 

レッドソックスはALCSを4勝1敗と5試合で勝ち進み、WSまで中5日であったのに対し、ドジャースはNLCSを4勝3敗と7試合戦い、WSまで中3日しかなかった。これが結果的に投手陣の安定度に差が生まれ、第3戦の延長18回にわたる死闘が勝負の分かれ目になったようだ。ドジャース先発のウォーカー・ビューラーが7回を完璧に抑え有利に立っていたものの、イオバルディの思いがけない好投がドジャースのリリーフ陣の疲労に拍車をかけ、結果的に第4戦の逆転負けを引き起こしたように思える。