2018年 Draft Review:ピッツバーグ・パイレーツ

            いよいよ2019年が始まった。今年は日本での開幕戦や初めてのロンドンでの試合開催等楽しみな出来事がある。また当サイトFar East D More »

2018年 Draft Review:カンザスシティ・ロイヤルズ

              いよいよ2019年が始まった。今年は日本での開幕戦や初めてのロンドンでの試合開催等楽しみな出来事がある。また当サイトFar More »

マニー・マチャドがFA歴代最高額でサンディエゴ・パドレスに入団

             ボルティモア・オリオールズで強肩強打の三塁手として活躍し、昨年TDLでロサンゼルス・ドジャースに加入。POで問題となるプレーもあったが More »

2018年 Draft Review:シカゴ・ホワイトソックス

            いよいよ2019年が始まった。今年は日本での開幕戦や初めてのロンドンでの試合開催等楽しみな出来事がある。また当サイトFar East D More »

2018年 Draft Review:ボストン・レッドソックス

              いよいよ2019年が始まった。今年は日本での開幕戦や初めてのロンドンでの試合開催等楽しみな出来事がある。また当サイトFar More »

 

Category Archives: Back To The Future

Back To The Future:Smackdown! -マット・ウィスラーvs. マイク・フォーティネヴィッツ-

8040994693_1645ea8dde_z

 

 

 

 

 

 

 

プロスペクト評価を得る上で異なる素材同士の比較は、彼らが示す価値を浮き彫りにする素晴らしいアプローチだ。そして、比較の後に得られる答えは1つでは無い。項目を辿りつつ、各人がそれぞれの結論を導かんことを。

  • アトランタ王朝崩壊?

2007年より7年近くGMを務めたフランク・レンの解雇。新GMジョン・ハートの就任及び、この解雇が意味していたのは、“レン色の一掃”だ。今オフ、ジェイソン・ヘイワード(STL)、ジャスティン・アップトン(SD)とメルビン・アップトンJr.(SD)両兄弟、クレイグ・キンブレル(SD)など主力勢を相次いでトレード。一気に再建モードへとチームは変遷を見せていた。

暗雲立ち込める中、少なからずプロスペクトの補強をハートGMは行った。今回は、前述したクレイグ・キンブレルとメルビン・アップトンJr.とのトレードで獲得したマット・ウィスラー(RHP)。エヴァン・ギャティス(HOU)らとのトレードで獲得したマイク・フォーティネヴィッツ(RHP)。全くタイプの異なる二人の投手を据え、スマックダウンを行う。

プロフィール
名前 マット・ウィスラー マイク・フォーティネヴィッツ
チーム アトランタ・ブレーブス アトランタ・ブレーブス
FEDリスト チーム2位(SD) チーム6位
生年月日 1992/9/12 1991/10/7
投/打 右/右 右/右
身長/体重 6-3/195 6-4/220
ポジション RHP RHP

 

  • ポテンシャル

通称「ライトニング・ボルト」。最速103マイルの剛速球を武器にするフォーティネヴィッツは、現マイナー最高のパワーピッチャーだろう。圧倒的な筋肉量から繰り出される速球は、現時点で70評価を与えられている。95~97マイルのアベレージを計測し、コンスタントに96~100マイルまで達するというレポートも。実際、昨年メジャーの舞台では平均球速97マイルをマークし、データがFakeでないと証明。変化球としては主にスラーブがあげられ、こちらも50評価と上々。

一方、ウィスラーのアベレージは92~95マイル。沈む速球はアベレージこそフォーティネヴィッツと比較するとやや落ちるが、最大の武器はスライダーだ。こちらは82~87マイルまでのレンジで、素晴らしい変化との評価。右打者へのアウトピッチとなっており、ゾーン内で勝負できるボール。その他にも、2シームのように手元で沈むチェンジアップは80マイル中盤を計測し、アームスロットの評価も高い。70マイル中盤のカーブも使用するなど、オーソドックス・スタイルな球種を扱う。年齢に見合わない、円熟したトータルパッケージとしての選手像が浮かび上がってくるだろう。

 

Back To The Future:Smackdown! -グァンヒョン・キム vs. ヒョンジョン・ヤン-

15242069871_fe376f7f11_z

 

 

 

 

 

 

 

プロスペクト評価を得る上で異なる素材同士の比較は、彼らが示す価値を浮き彫りにする素晴らしいアプローチだ。そして、比較の後に得られる答えは1つでは無い。項目を辿りつつ、各人がそれぞれの結論を導かんことを。

 

プロフィール
名前 グァンヒョン・キム ヒョンジョン・ヤン
チーム SKワイバーンズ(KBO) KIAタイガース(KBO)
FEDリスト
生年月日 1988/7/22 1988/3/1
投/打 左/左 左/左
身長/体重 6-2/176 6-0/172
ポジション LHP LHP

 

  • 韓国シリーズの裏で進む”輸出”

アジア大会のため公式戦を一時中断した韓国プロ野球は現在、史上初の4連覇を目指すサムソンと球団創設初の優勝を狙うネクセンが他国よりも一足遅く韓国シリーズで熱き戦いを繰り広げている。

しかし今韓国プロ野球を賑わせているのは何も韓国シリーズだけではない。

というのも今オフはKBOから3人ものMLBプレーヤーが誕生しようとしているからだ。今回は二人のKBOを代表する同世代の左腕スターター、グァンヒョン・キムとヒョンジョン・ヤンを取り上げ、これまでのキャリア、レポートを通しMLBにおいてどちらが活躍するかを予想してみたい。

 

  • グァンヒョン・キム

キムは全身をフルに使うダイナミックなフォームから繰り出す最速95マイルのストレートと、縦に大きく割れる独特の軌道を描く82~88マイルのスライダーの2つで打者を圧倒する左腕スターターだ。

ここでまず率直な私のキムに対する印象を書かせてもらうと、彼はあまりに早熟だったということだ。彼がリタイアした後野球ファンがキャリアを振り返った際に、北京五輪で金メダルを獲得した08年から17勝を挙げ2度目の最多勝を獲得した10年までの3年間が全盛期だ、と言われてしまう可能性は残念ながら大いにあると言わざるを得ない。翌11年は脳梗塞による顔面麻痺に悩まされ6月下旬にシーズンを終え17試合で4勝6敗、4.84ERAという平凡なスタッツに終始すると、以後13年まで体調不良、肩の怪我で万全なコンディションで投げられず3年連続でERAは4点台を記録してしまった。

しかし今シーズンのKBOでは、3割打者が36人も誕生する空前絶後の打高投低、投手にとっては受難以外の何物でもない一年において、キムは173.1IPを投げ3.42ERA、13勝とSKのエースとしての面目をなんとか保った。高校を卒業してすぐにスターターとして期待されエースに君臨したキムは、いくつかの挫折を経ながらも26歳にして83勝、最多勝2回を含む5度の2桁勝利を記録。ここまでの彼のキャリアはエースの名に恥じないモノと言えるだろう。

そんな彼がMLB進出において心配されているのは、コマンドの悪さと球種の少なさである。08~10年の平均BB/9は3.64も、ここ2年のBB/9は4.60、4.20と悪化しており、ボール球が多くなることからイニングを稼げず6イニング未満で降板した試合は10試合にも上るなど、極端な打高投低を考慮してもエースとしては決して手放しで称賛される成績でなかったことが分かる。一方でMLBの”先輩“とも言えるKBO出身のヒョンジン・リュ(LAD)がKBOラストイヤーとなった12年に27先発で2.66ERA、K/9は10.3、BB/9は2.3たる立派なスタッツで海を渡ったことを鑑みればキムは間違いなくワンランク落ちる評価でMLBに挑戦することとなる。

次に課題とされた球種の少なさについては――私はネットの中継、また今年は実際に球場を訪れキムの投球を目にする機会に恵まれたが――やはりネガティブな意味でのキムの「全力投球」が目についた。緩いボールも時折混ぜるようにはなったものの、依然としてストレートとスライダー頼みのスタイルにデビューから今まで大きく変わりはない。ランクの上がるMLBの打者相手にはリュのように緩いボールも投じ緩急交えたスタイルに切り替えていかなければ苦しいだろう。この点については09~10年までKBOSKワイバーンズ、斗山ベアーズ、ネクセン・ヒーローズでプレーし、現在はFOXスポーツのアナリストを務めるクリストファー・二コースキー(元ソフトバンク)も言及しており、「キムは今年チェンジアップとカーブを投げることもあったが、特にカーブは投球テンポの違いから球種が分かりやすく打者に見破られることもあった。タイプとしてはリリーフ向きではあるものの、チェンジアップやカーブを修得すればMLBの先発4、5番手になることができるだろう」と評している。

 

  • ヒョンジョン・ヤン

09年に行われた日韓クラブチャンピオンシップで小笠原道大(現中日)、アレックス・ラミレス(群馬DP→引退)など当時の巨人のベストメンバー相手に5.2IP/1Rと堂々たるナイスピッチングを見せたキアの先発投手と言われればピンと来る人もいるだろう。ヤンはダイナミックなピッチングを見せるキムと比べればいささか地味であり、またキャリアを通しての成績もキムが83勝、通算3.30ERAに対しヤンは62勝、通算4.33ERAとキムより劣る。

しかしながら事実として、MLBのスカウトはキムよりもヤンにより高い評価を下している。これは一体何故なのか?そのあたりに着目しながら彼のレポートをお届けしよう。

キムと異なりヤンはキャリア242試合に登板し先発が142試合とリリーフでも多く登板している。これは1~2年目とシーズン1勝と不振に喘いだ12年に多くリリーフとして登板したためで、今シーズンの投球回171.1IPは自己最多、4年ぶりに規定投球回に到達し勝利数も自己最多タイの16勝、K/9 8.67、FIP3.93、WAR5.23は韓国人投手ナンバーワンのスタッツを残し、今年からMLBのサイヤング賞、NPBの沢村賞を参考に制定された、最高の活躍をした韓国人投手に贈られるチェ・ドンウォン賞獲得という栄誉にも輝いた。10年に16勝を挙げて以降2年間は不振に喘ぐもこの2年で復調し無事ポスティングを迎えた形だ。

そんな彼がキムより高い評価をスカウトから受けている最も大きな要因はその球種の豊富さだ。ヤンは平均90マイル前後、最速95マイルのストレートにベストピッチである83マイル前後のスライダー、チェンジアップ、そして今年から投げ始めたという75マイルに満たない程度の大きく落ちるカーブを持ち合わせた4ピッチ型のアームであり、2ピッチ型のキムとはタイプが異なる比較的柔軟なアームの持ち主で、またメカニクスもスムースであり「C.J.ウィルソン(LAA)に似ている」とコメントしたスカウトもいる。そして肩肘の致命的な故障を負うリスクが低いこともヤンの評価を押し上げている。

しかしその一方で183cm、85kgたる細身の体格のヤンに対しフィジカルを心配する声や、キムと同じくBB/9の高さ(今年は4.04)から「長打を多く打たれるタイプではないものの多くのランナーを背負う傾向があり、MLBでもそのままのスタイルを通せるか心配」「ストレートは最速95マイルではあるものの実際は90マイル程度がほとんど。MLBでこれくらいの球速を出せる選手は珍しくないが果たして通用するのか」と危惧する声も聞かれる。

ただ多くのスカウトはLADで2年間スターターとして安定したスタッツを残したリュと彼ら二人を同じ左腕ゆえどうしても比較してしまうようだ。

 

  • 活躍するのはズバリどっち?

結論から先に言えば私も多くのスカウトと同じくヤンに軍配を上げたい。

KBOより公式戦が34試合多く、また移動も過酷なMLBではメカニクスがスムースであることは故障のリスクを少なくさせ、投球の組み立てが多彩であることは打者の慣れという観点から見ても有効であるからだ。ただその一方で、キムにはヤンにはないパワフルさがある分、MLBの環境に適応すればひょっとするとリュと同じレベルかそれに近いスタッツを残せるのではないかという期待を秘かに抱いているのもまた事実だ。とりあえずは162イニング、4.00ERA以下を達成すれば、二人に「合格」の二文字を与えたいと思う。

KBOは現在韓国人左腕スターター不足であり、2年前にリュが、そして今年彼らが海を渡ることとなれば来年一軍が10球団に増加することも相まってこの問題はより一層深刻になる。そんな中で二人がアメリカにおいて立派な活躍を見せることは韓国人のKBOファンにとって溜飲を下げるモノとなるに違いない。リュを含めた「KBO左腕スターター三羽ガラス」は一体来年どんな活躍を見せてくれるだろうか。そんな期待を抱かせる来シーズンが今から楽しみで仕方がない。

 

Text by Kenji KIMOTO
写真: https://www.flickr.com/photos/koreanet/15242069871/in/photolist-oWEaKV-oWF2VH-pdTvyc-oWEfhF-pdTqFr-7HkVpk-oWF7eJ-pdTAm8-oWFegj-oWF9hG-oWF6bv-pc8m7W-pe8p65-pc8t9m-6yG1qV-6XwMeM

Back To The Future:Smackdown! -アレクサンダー・ゲレーロ vs. バルバロ・アルエバルエナ-

185264803_fd18bfd0d2_z

 

 

 

 

 

 

 

  • Match Up:アレクサンダー・ゲレーロ vs. バルバロ・アルエバルエナ
プロフィール 
名前 アレクサンダー・ゲレーロ バルバロ・アルエバルエナ
チーム ロサンゼルス・ドジャース ロサンゼルス・ドジャース
FEDリスト チーム5位 チーム8位
生年月日  1986/12/10 1990/3/25 
投/打 右/右 右/右
身長/体重 5-11/205  6-1/200 
ポジション 2B/SS SS
出身地 キューバ キューバ
ドラフト FA FA
デビュー - -

 

  • バッティング

2人はいずれもキューバ出身のSSであり、ゲレーロが得た4年$28Mたる内容と、アルエバルエナの5年$25Mは特別大きな差を示すモノでは無い。

ただし、2人が高い評価を得る上で土台としている項目は正反対であり、バッティングについてはゲレーロがリードしている。SSながらもパワフルなバッティングに定評を受け、2012年にはキューバ国内リーグで.290/.402/.576たるスラッシュラインをマーク。2010~2012年合計でも.316/.406/.586&62本塁打とパワーを示しており、リーグのシステム上いずれのシーズンも400打席にも至っていない点が彼のバッティングの素晴らしさを引き立てている。「キューバのバリー・ボンズ」と形容されるホセ・ダリエル・アブレイユ(ホワイトソックス)のレベルには至らないも、40BB/42K→39BB/30Kと推移するK/BBは彼の磨かれたバッティングのクオリティを証明するモノだ。

ドジャースでマーク・エリスに代わる「2B」 ‐この点はゲレーロが持つ価値を考える上で幾らか重要な意味を持つ‐ としてプレーすると目されているゲレーロを、代理人であるスコット・ボラスはパワー面からダン・アグラ(ブレーブス)と比べている。アグラは8年のキャリアで7回の20本塁打以上をマークしているが、ゲレーロも彼と似た歩みを辿る可能性がある。1部ではボラスのこのコメントの信憑性を「疑わしいモノ」として捉える向きが存在するが、少なくともゲレーロはアグラよりもコンスタントにコンタクトを生み出せるはずだ。

アルエバルエナも2011年から国内リーグでバッティングが著しく向上し、2013年のWBCではゲレーロを差し置いて代表チームのSSのレギュラーに入っている。ここ2年はいずれのシーズンもOPSが.800を上回っており、WBCでも長打こそ無しも打率.375&OPS.819と結果を示した。しっかりと振り抜くスイングからギャップを抜くスタイルが持ち味であり、コンスタントにISO.200以上をマークとパワーアップも目立つ。

彼のバッティングにおけるネックはポテンシャルの乏しさである。パワー&スピードいずれのツールも平凡なレベルであり、パワーを生み出すべくスイングが大きくなる点もアルエバルエナのバッティングを脆くしている。何人かのスカウトはアルエバルエナが「打率.220&出塁率.300を上回るか」に対してすらも懐疑的であり、スピードの乏しさでもオフェンス面でのオプションを狭めている。23と若いアルエバルエナは攻守で磨かれるべき点が多く、マイナーでプレーを行うと目される2014年に相応なバッティングセンスを示す必要がある。 

決してアルエバルエナはバッティングの才覚に乏しいプロスペクトでは無いが、ゲレーロと比してツール・ポテンシャルが足りていない。ゲレーロは2B/SSとしてはリーグでも上位クラスに立ち得るロングヒッターだが、アルエバルエナはミドルヒッター止まりなのだ。

Back To The Future:ソクミン・ユン

7108851895_1a90e49c94_z

 

 

 

 

 

 

 

 

  • ヒョンジン・リュと並ぶ上質なアーム

今オフメジャーリーグは”TANAKA”フィーバーに沸きに沸いたが、その裏で1人の韓国人投手がMLBへと活躍の舞台を移した。

彼の名はソクミン・ユン。ボルティモア・オリオールズと3年5.575M、インセンティブ込みで最大$13.075Mの契約に合意。マイナー行きの拒否条項も含まれており、チームの先発5番目の枠を争うことになると目されている。KBO起亜タイガースにて9年間プレーし通算73勝59敗44S、3.19ERA。先発とリリーフ両方をこなす器用さを見せる一方で、ムラの激しいシーズンを送ってきたこともまた事実である。11年には投手3冠、リーグMVPを獲得する一方で、07年には打線の援護に恵まれず最多敗戦も記録。2013年の投球内容もERA4.00と自身8年ぶりの防御率4点台を記録し、あまり芳しいものとは言えなかった。

2008年北京五輪、2回のWBCで示したパフォーマンス(特に09WBCの準決勝、ベネズエラ戦では6.1IP/2Rの好投)がメジャーリーグからの注目を集めるきっかけとなり、93マイルのファストボール、そして上質なスライダーとチェンジアップを併せ持つ素材だ。マウンド上で示す闘争心もメジャーリーグで活躍するヒョンジン・リュ(ドジャース)と並ぶレベルと高い評価を受けている。メカニクスもスムースでコマンドが安定しており、打者の左右を問わず内角をつける投球も評価が高い。

 

  • ユンに対する不安要素

ただ韓国ではユンに対する不安を示すメディアも存在する。

最大の懸念は先発として起用されるのかどうか。ユン自身もメジャー入りにあたり先発としてプレー出来るかを重視しており、契約のオプションには先発登板数が盛り込まれているとのことだ。オプションは通常達成することが容易ではない成績を基準に設定されることから、オリオールズは先発としての登板回数にオプションを設定したと見ることが出来る。これは先発ローテーション入りするかはまだはっきりしないということの裏返しとも言える。またオプション契約の規模も大きく、ユンはオプションをすべて満たすと3年間で最大7.5Mのインセンティブを獲得する。年俸よりもオプションの割合がより高いことから、ここにはユンが先発でうまくやれば大当たりで、リリーバーとして活躍しても大きな損ではないという意味が込められている、とも見ることが出来る。

もう1つの不安要素は精神面だ。韓国の評論家の中には「昨年の不振は自信を失ったことから来るところがあり、ストレートも全盛期ほどのキレは無かった。メジャーでは変化球でかわす投球をしてもいずれは攻略される。以前の球威に戻らない限りメジャーの強打者相手に活躍は厳しいのでは?」と心配する声もある。

彼らの言う通り、もし田中将大(ヤンキース)に大きく劣るところがあれば精神面かもしれない。全く同じ舞台で活躍した2人を単純に比較するのは気が引けるが、田中が年々エースとして歴史の浅い球団の顔として成長を遂げ心身ともに日本のエースになっていったのに対し、ユンはエース、中継ぎ、抑えをこなしながら、ある意味で波乱万丈のキャリアを辿ってきた。その中で彼に自信が身に付いたのか…?そこには少々疑問が残る。

 

  • 「お買い得物件」の可能性

このように田中とユンは、2011年オフのダルビッシュ有(レンジャーズ)と岩隈久志(マリナーズ)と同じ形で比較される存在だろう。かたやNPBで無敗伝説を作りメジャーリーグ史上5番目の高額契約を勝ち取った一方で、先発とリリーフで平凡なスタッツに終始した男。メジャー入り前年に残した成績により市場での評価は大きく差がつく結果となった。

もちろん田中は今オフのFA市場で最高の先発とランクしても遜色ない右腕であるが、逆に言えばポテンシャル、投げるボールの質に大差のないユンがオリオールズにとって田中の約12分の1の「お買い得物件」となる可能性も、決して低くはないのだ。田中にはない紆余曲折を経た中で得た柔軟なオプションをユンは持っている。

今年はNPB最高のアームと並んで、このKBO2人目のMLB選手の活躍も見守っていきたい。

 

Text by Kenji KIMOTO
写真:http://www.flickr.com/photos/36307913@N00/7108851895/in/photolist-bQbHZZ-ip6UhY-aKtZsr-bM8g2M-dan4no-avRiAQ-aK4bxR-867smL-867sgQ-867sj7-7MerR5-7AABdT-aTE6dB-867qWU-867sD7-82pkKa-7K86Ze-8hqXab-j4BD76-j4DN2Q-j4DYsE-j4Aqbv-avZQG6-j4zPLt-9miSQe-gorHWN-drCtej-9NsoXz-ankkV6-cRu3Vb-cRu4cQ-cRu3hE-cRu47S-cRu42f-cRu3N5-cRu38U-cRu2TA-cRu3CY-cRu32L-cRu3xE-7Etvej-hJgXVk-hJgJTb-hJgY6w-hJgFaE-hJgVS2-hJgd8o-hJfTsX-hJh5pT-hJhjgk-hJhb7e

Back To The Future:2013 Rule 5 Draft

BeFunky_4552217288_1fe5a0e037_z.jpg

 

 

 

 

 

 

 

  • ルール5ドラフトとは?

ルール5ドラフトは「マイナーで選手を飼い殺すケースを防ぎ、多くの選手にチャンスを与える」機会として形作られた仕組みだ。名称の由来はメジャーリーグ規約の5条に規定されているためであり、同じ理由よりアマチュアドラフトは「ルール4ドラフト」と呼ばれている。

 

  • 仕組み

ルール5ドラフトはウィンター・ミーティングの締め括りとして開催され、具体的には以下条件1&2もしくは3を満たした選手を対象としてドラフトを行うモノだ。ドラフトはメジャー・3A・2Aと3つのフェーズに分かれている。

 

  1. 40人ロースター枠外
  2. 1のうち契約時の年齢が18以下であり、かつ入団から5年以上が経過した選手
  3. 1のうち契約時の年齢が19以上であり、かつ入団から4年以上が経過した選手

 

この規定は2006年より対象入りの期間が1年延び、この影響で以前よりも有望なプロスペクトを指名することが出来なくなったと評されている。MLB.comのジョナサン・メイヨーはこうコメントしている。「ここ数年はジョシュ・ハミルトン(エンゼルス)は愚か、ホアキム・ソリア(レンジャーズ)クラスの素材も数人に止まっている。チームの見極めが向上している結果もあるかもしれないが、良くても控えレベルに止まっている」

指名チームは$50Kを旧所属チームに支払い、自チームの25人ロースター枠に入れることが出来る。ただしロースター内にはシーズンを通じてキープする必要が生じ、DL入りの期間を除いて90日以上の登録日数に満たない場合は翌年も25人ロースター内にキープしなければならない。

25人ロースターから外す場合、旧チームに選手を返却し、代わりに$25Kを受け取る。旧チームが返却を拒否したケースでは、選手はウェーバー公示をされ、ウェーバー上でのルールは通常通りだ。ただし、ウェーバーでクレームしたチームも25人ロースターに当該選手をキープする必要がある。

これらのルールはチャンスを与える制度本来の目的の一方で、ルール5ドラフトを利用したプロスペクトの過剰な引き抜きを抑制する意味合いも含まれている。