タイラー・スカッグスに捧ぐノーヒット・ノーラン

             現地時間7月12日、ロサンゼルス・エンゼルスの選手達は、タイラー・スカッグスの背番号だった45とSKAGGSが記されたユニフォームをま More »

2019年MLBオールスター

               今年のオールスターは節目となる90回目だ。7月9日にクリーブランド・インディアンスの本拠地であるプログレッシブ・フィール More »

19奪三振ノーノーを達成したクマー・ロッカーがカレッジ・ワールドシリーズ最優秀選手に輝いた2019年シーズンについて

             先日、バンダービルト大学がミシガン大学を8-2で下し、2014年以来となるカレッジ・ワールドシリーズ(CWS)制覇を果たした。そこで最 More »

エイドリアン・ベルトレの21年間の軌跡を振り返る

             2018年、1998年から21年間メジャーでプレーしたテキサス・レンジャーズのエイドリアン・ベルトレ(3B)が引退した。  最後のシー More »

1904年以来となるシリーズ5死球を記録したデレク・ディートリック

               シンシナティ・レッズ所属のデレク・ディートリック(2B)がメジャー新記録を樹立した。というのも、対ブリュワーズのシリーズ More »

 

Category Archives: NL東地区

2013 Top 15 Prospects:アトランタ・ブレーブス

6811667078_375745fe62_z

 

 

 

 

 

 

 

本ランキングのベースは、現在の活躍と今後のアップサイドによる総合的な評価である。傘下トップ15の素材を簡易のレポートと共に示している。選手名のリンクで表示されるマイナーでのスタッツと併せて参考にして頂ければ幸いだ。

 

 

1. フリオ・テヘラン:RHP
ペドロ・マルチネスの再来たる立ち位置から2年を経て評価を落としている。それでもスプリング・トレーニングでは顕著なパフォーマンスを披露。93マイルのストレートとチェンジアップで緩急を作る。何より彼はまだ22歳だ。 

2. J.R.グラハム:RHP
グラウンドボーラー。体格を含めティム・ハドソンと比較される素材で、アスレチックだ。ストレートとスライダー主体のピッチングで、積極的にゾーンを突くことが出来る。より高いレベルに向けチェンジアップを磨く必要がある。 

3. トミー・ラステラ:2B
小柄な体格ながら2Bとして傑出したオフェンス面を披露している。アベレージとアプローチを兼ね備え、ギャップヒッターとしてのパワーも示している。守備では1部よりOF転向を指摘されているが、2Bとしても相応なレベル。 

4. コディ・マーティン:RHP
まとまりの高さが持ち味。カッターに一定の評価を得ており、90マイル前半のストレートとカーブ、チェンジアップを含め安定したコマンドで操る。スムースなメカニクスを示し耐久性も高い。ストレートは最速94マイルをマーク。 

5. アレックス・ウッド:LHP
90マイル半ばに届くストレートとチェンジアップ。緩急を作り出すカーブも兼ね備え、コマンドも安定している。2012年はA-で防御率2.22。ゴロ率も高い。変則的なメカニクスの持ち主で、既に1度トミー・ジョン手術の経験あり。 

6. ルーカス・シムズ:RHP
ローカルヒーロー候補。94マイルを計時するストレートとカーブはいずれもハイクオリティ。小柄ながらアスレチックな素材であり、マウンド上でもとてもアグレッシブ。一方でチェンジアップとコマンドは向上させる必要がある。 

7. マウリシオ・カブレラ:RHP
アップサイドは傘下で明らかにトップクラスだ。97マイルのストレートは今後よりパワフルになると目され、チェンジアップの評価も高い。平凡なK/BBの値が彼の粗削りな側面を示しており、コマンドを向上させる必要がある。 

8. ショーン・ギルマーティン:LHP
マイナー180イニングで既に3Aのステージに立つ。多彩なボールと安定したコマンドのコンビネーション。ボールは傑出していないが、技巧派左腕としての価値を示す。アップサイドへの評価が低く、ローテーション下位クラスの評価。 

9. エバン・ギャティス:OF
ブレーブスが披露する次なるドラフトマジックは彼かもしれない。かつての用務員はマイナーで2年連続長打率.600以上とパワーを示す。体格に比してスピードがあり、肩も強いも守備は平凡。2010年ドラフト指名も既に26歳。 

10. トッド・カニンガム:OF
2Aの舞台でキャリア初の打率.300をマーク。アグレッシブなアプローチの持ち主でコンタクトに優れ、ギャップを抜くパワーとスピードも兼ね備える。センターの守備も良く、スローイングも正確だ。リードオフ型として期待を得る。 

11. ルイス・メレーホ:LHP
ドミニカ出身の左腕は18歳ながら積極的にゾーンを突く内容を披露する。年齢に比してコマンドがまとまっており、カーブやチェンジアップのフィーリングも優れている。ただし年齢相応に粗削りでハイリスク。より磨かれる必要がある。 

12. アーロン・ノースクラフト:RHP
グラハムと並ぶ傘下のグラウンドボーラーだが、ポテンシャル面は平凡。動きのあるストレートとスライダー、チェンジアップ。左打者への対応にも苦しんでいたが、2012年に問題を解消した。イニングイーターたる将来像を得る。 

13. ガス・スクローサー:RHP
積極的なストライクスロワー。キャリア全てのクラスで2.0を上回らないBB/9が示す通りのコマンドを披露し、自らの平凡なポテンシャルを埋め合わせている。持ち味と言えるボールが無く、リリーバーが適切たる見方が主だ。 

14. クリスチャン・ベタンコート:C
2AでOPS.566。スカウト評では既にアップサイド無したる声も上がるバッティングの一方で、傑出した強肩を持ち味とした守りはとても鮮烈だ。アスレチックでプレート後方の動きは機敏。ブロッキングを含め高いまとまりを披露。 

15. アーネスト・メヒア:1B
ここ2年でアベレージとパワーを両立。2002年ドラフト外で契約。2012年オフのベネズエラ・ウィンターリーグでもMVPに輝いた。6フィート5&240ポンドと恵まれた体格で、パワーツールは傘下で最高と評されている。

 

Text by Koichi MIYAZAKI
写真:http://www.flickr.com/photos/lakelandlocal/6811667078/

2013 Top 15 Prospects:ワシントン・ナショナルズ

8330855799_ae42059bd9_z

 

 

 

 

 

 

 

本ランキングのベースは、現在の活躍と今後のアップサイドによる総合的な評価である。傘下トップ15の素材を簡易のレポートと共に示している。選手名のリンクで表示されるマイナーでのスタッツと併せて参考にして頂ければ幸いだ。

 

 

1. アンソニー・レンドン:3B
恵まれたバッティングセンス。故障が多く、かつ小柄な体格ながら、アプローチとアベレージ、相応なパワーを兼ね備える。3Bとして優れたディフェンダーであるが、故障の影響より2Bに適性と評される。攻守にオールラウンドな素材。

2. ブライアン・グッドウィン:OF
学業不振の過去はベースボールにおいて大した意味を持たない。5ツールの持ち主で選球眼にも恵まれている。Aでは.324/.438/.545&15盗塁。2Aでは苦しんだが、2012年はまだデビューの年である。守備面はルートの取り方等粗削り。 

3. ルーカス・ジオリト:RHP
恵まれた体格。最速100マイルを計時するポテンシャル。素晴らしいパワーカーブ。優れたチェンジアップとコマンドも兼ね備える。彼はまさしくトータルパッケージだが、右ヒジの故障を経てのパフォーマンスは未知数である。 

4. A.J.コール:RHP
A+で躓いてもなお彼のポテンシャルには疑う余地が無い。メカニクスとコマンドの問題は未だに改善されていないが、98マイルを計時するストレートはパワフル。チェンジアップも向上を辿るも、将来像をクローザーに見る向きもある。 

5. サミー・ソリス:LHP
コマンドに優れ、ストレートとチェンジアップ、カーブと攻め手も多彩。2011年はAとA+合計でK/BB 4.04&防御率3.26。トミー・ジョン手術の影響で2012年は全休。既に24歳であるが、彼は傘下で最も磨かれた素材だ。 

6. マット・スコール:3B
アベレージ。ボールの見極め。パワー。2012年は彼にとって全ての項目の証明を果たすシーズンとなった。3Bとして優れたディフェンダーだが、ライアン・ジマーマンの存在より1Bプランが濃厚とされている。AFLでは1Bを守った。 

7. ネーサン・カーンズ:RHP
96マイルに届くパワーシンカーとカーブのコンビネーション。関節唇の故障を経てK/9 11.6と素晴らしい支配力を披露した。チェンジアップは向上を辿っているステージ。コントロールも不安定であり、先発としての課題となっている。 

8. ユーリー・ぺレス:OF
スピードモンスター。スカウト間で最高の評価を得るスピードツールは攻守で鮮烈な影響を与えている。マイナー通算で打率.306をマークするアベレージも披露。ただしボールの見極めは粗い。パワーレスなコンタクトヒッター。 

9. ブレイク・トレイネン:RHP
ハードボーラー。90マイル半ばを計時するストレートとパワースライダー。スムースなメカニクスでBB/9 2.1とコマンドも安定している。チェンジアップは平凡な出来で先発として緩急を作り出せない。リリーフとしての適性は十分だ。 

10. マット・パーク:LHP
スライダーに高い評価を得る。チェンジアップにも優れており、ストレートもトップギアで96マイルを計時する。コマンドは粗削りで、球速の維持も不安定。耐久性に関わる項目で懸念を露呈しているが、ポテンシャルは鮮烈なモノだ。 

11. ザッカリー・ウォルタース:SS
相応なパワーとスピード。守備では強肩を披露する。2011年にジェーソン・マーキーのトレードで傘下に加わった。アグレッシブなアプローチで四球は少ない。内野3ポジションをこなし、ユーティリティたる素材評が一般的だ。 

12. イアン・クロール:LHP
彼は2012年のパフォーマンス以上に素晴らしい素材だ。優れたコマンドの持ち主であり、カーブとチェンジアップのクオリティも高い。素行に問題があり、高校時はアルコール、2011年にはゲイを批判したツイートをして処分を受けた。

13. スティーブ・ソウザ:OF
平凡な5年を経て2012年に躍進を果たした。AとA+合計でOPS.938&23本塁打&14盗塁。A+でパフォーマンスを向上させた点はスコールと異なるが、アプローチ面では劣る。2012年がブレイクイヤー。真価は2013年に問われる。 

14. マイケル・テイラー:OF
アダム・ジョーンズと比較される5ツールの持ち主だが、マイナーでは.241/.308/.385たるパフォーマンス。スピードを示す一方でパワーツールは潜在的なモノであり、アプローチも粗削り。守備では高い評価を得る。 

15. カルロス・リベロ:3B/SS
インディアンスとフィリーズで平凡なパフォーマンスの後、ウェーバーで移籍したナショナルズで.303/.347/.435。2011年より任される3B守備も優れたカバー範囲とスローイングを兼ね備える。2013年に40人ロースター入り。 

 

Text by Koichi MIYAZAKI
写真:http://www.flickr.com/photos/paulhadsall/8330855799/

2013 Top 15 Prospects:フィラデルフィア・フィリーズ

5727188795_ec9ac538ab_z

 

 

 

 

 

 

 

本ランキングのベースは、現在の活躍と今後のアップサイドによる総合的な評価である。傘下トップ15の素材を簡易のレポートと共に示している。選手名のリンクで表示されるマイナーでのスタッツと併せて参考にして頂ければ幸いだ。

 

 

1. ジェシー・ビドル:LHP
エース候補にしてフィラデルフィアのホームタウン・ヒーロー候補。投げ下ろすストレートとカーブのコンビネーションが鮮烈だが、チェンジアップのクオリティも高い。コマンドは向上の余地を残しているが、大きな課題では無い。

2. マイケル・フランコ:3B
スピードツール以外を兼ね備える4ツール型。鮮烈なパワーツールと強肩。スイングが不安定でありアベレージ面で不安を抱えているが、彼はまだ19歳の素材だ。攻守で粗削りながら、素晴らしいアップサイドは疑う余地が無い。

3. ロマン・クイン:SS
鮮烈なスピードツールが攻守で輝きを放っている。スイッチヒッターでギャップを抜くパワーも兼ね備えており、走塁面の評価も高い。相応なボールの見極めが出来る選球眼を示すが、アプローチと守備面をより磨く必要がある。

4. アダム・モーガン:LHP
キャリアを素晴らしいまとまりと共に辿っている。90マイル前半のストレートとスライダー、チェンジアップを織り交ぜてカウントを整える。攻め手が多彩であり、コマンドも安定。ローテーション3番手クラスのポテンシャルを示す。

5. ケビン・ブレディ:RHP
3度のドラフト指名を経て素晴らしいキャリアのスタートを示した。Aで主にプレーし合計で42.2イニング/54奪三振/7四球。94マイルのストレートとスライダー主体のパワーピッチ。コマンド面で大幅な向上を果たしている。

6. コディ・アッシュ:3B
2Aを含めた印象的なパフォーマンスで評価を高めている。左打席からスムースなスイングを披露するアベレージヒッター。相応なパワーとスピードも兼ね備えており、ウェード・ボッグスと比較される。ボールの見極めに課題を露呈。

7. シェーン・ワトソン:RHP
体格とメンタリティ、ポテンシャルのパッケージ。フォームが不安定でコマンドに粗さを露呈しているが、多彩なボールと共にカウントを整えることが出来る。96マイルのストレートは向上の余地がある。真価は2013年に問われるだろう。

8. トミー・ジョセフ:C
オフェンシブな素材と評されていたがここ数年で守備面が向上を果たした。キャリアの盗塁阻止率は37%。パワーツールの評価が高いバッティングは不安定で目立つ結果を示せておらず、アプローチを含め磨かれる必要がある。

9. ラリー・グリーン:1B/OF
スラッガー。上質なパワーツールよりライアン・ハワードと比較される素材だが、ルーキーイヤーはボールの見極めでも自らを証明した。ヒッティングプロスペクトであり守備面は平凡。多くのスカウトは彼の将来を1Bに見ている。

10. ダリン・ラフ:1B
「ベーブ」。全体617位指名の右打者が2012年に38本塁打&OPS1.028と素晴らしいパフォーマンス。パワーがありボールの見極めも良い典型的なスラッガータイプ。スピード面より1B向きながら、レフトを任されるだろう。

11. イーサン・マーティン:RHP
紛れも無くポテンシャルはエースクラスだ。コントロールに問題を抱えながらも97マイルのストレートとカーブのパワーピッチングへの評価は高い。コマンドの向上に全てを委ねている典型であり、現在の出来ならばリリーフが相応しい。 

12. セバスチャン・バリー:C
ディフェンシブという意味では彼は捕手らしい素材だ。守備はあらゆる項目で安定しており、まとまりを示している。バッティングはアプローチと安定において課題を露呈。アベレージとパワーポテンシャルは相応たる位置付けにある。

13. タイラー・クロイド:RHP
多彩なボールとコマンド。パワーアームでは無く最速92マイル。80マイル半ばのカッターやスライダー、チェンジアップでボールを動かす。アップサイドへの評価は低いが、2012年は2Aと3A合計で15勝1敗&防御率2.26。

14. セベリーノ・ゴンザレス:RHP
四球を許さずに、三振を持ってプレーを完結させる。彼が成し遂げていることはとてもシンプルだ。キャリアのK/9が7.6に対し、BB/9は0.6。ただしいずれもルーキーリーグでのパフォーマンスであることは考慮すべき側面だ。

15. ミッチ・ゲラー:RHP
高校時3つのスポーツを兼任したアスリート。コンスタントに93マイルを計時するストレートとカーブのコンビネーション。年齢相応に粗削りでコマンドに課題。平凡なパフォーマンスとは対照的に、アップサイドへの評価は高い。 

 

Text by Koichi MIYAZAKI
写真:http://www.flickr.com/photos/chamberoffear/5727188795/

2013 Top 15 Prospects:ニューヨーク・メッツ

7052622001_2235f8748e_z

 

 

 

 

 

 

 

本ランキングのベースは、現在の活躍と今後のアップサイドによる総合的な評価である。傘下トップ15の素材を簡易のレポートと共に示している。選手名のリンクで表示されるマイナーでのスタッツと併せて参考にして頂ければ幸いだ。

 

 

1. ノア・シンダーガード:RHP
ロイ・ハラディの再来。素晴らしいスタッツと100マイルを計時するポテンシャルを兼ね備えた素材は稀有なモノだ。スムースなメカニクスは安定したコマンドも生み出す。カーブはより安定させる必要があるが、上質なボールだ。

2. ザック・ウィーラー:RHP
彼を前にスタッツを語るのはナンセンスだ。95マイルを維持するストレート。落差の大きいカーブ。これらは明らかに最高と評されるべきモノだ。向上を辿っているがコマンドは不安定な部類。素材評としては明らかに粗削りだ。 

3. トラビス・ドアーノウ:C
オールラウンダー。本来は守備面の安定感が持ち味であったが、ここ2年でバッティングが向上を果たした。フィールド全体にボールを運ぶミドルヒッター。攻守で高いまとまりを示す一方で、健康の維持で不安を露呈している。

4. ウィルマー・フローレス:3B
ミドルヒッター。16歳にしてマイナーで証明を果たしたバッティングセンスは疑う余地が無い。一時伸び悩んだ後再びアベレージと相応のパワーを披露。守備は粗削り。本来はショートであったが2012年より3Bに転向している。

5. ブランドン・ニモ:OF
ツールの存在は明らかだがまだ粗削りだ。スムースなスイングはパワーツールを兼ね備えており、センターとして求められるスピードもある。2012年はA-で打率.248に対し出塁率.372。スター候補生の1人だ。

6. ローガン・ベレット:RHP
ストレート&スライダー&チェンジアップ。傑出したボールは持ち合わせていないが、常にカウントを整えることが出来る堅実なスターターだ。ルーキーイヤーにしてAとA+合計でK/BB7.15。ローテーション下位の素材と目される。

7. マイケル・フルマー:RHP
98マイルを計時するストレートとハードなスライダー。19歳にしてマイナーで目立つ活躍を披露した点は重要だが、メカニクスの不安定さも忘れてはならない。結果的にコマンドに課題を露呈し、チェンジアップも向上が必要だ。

8. タイラー・ピル:RHP
カリフォルニア州立大フラートン校時は外野手と投手の二刀流。アスレチックながらコマンドとボールの動きが持ち味なタイプ。パワーアームでは無いがストレートとチェンジアップをしっかりとコントロール出来、耐久性も高い。

9. ギャビン・チェッキーニ:SS
年齢に比して攻守で相応に磨かれた素材だ。スムースなスイングとツールを備えた守備を兼ね備えているが、チームはギャップヒッターとしての姿を期待している。2012年はアプローチ、パワー両面で適応を要する結果に終わった。

10. ラファエル・モンテロ:RHP
目立つボールでは無いが、スライダーやチェンジアップとのコンビネーションで効果的にピッチングを組み立てる。基本的にはストレート主体で確立したセカンドピッチに欠ける点が課題。体格も小柄でありリリーフのプランも存在する。

11. ドミンゴ・タピア:RHP
傘下でポテンシャルに恵まれた素材の1人だ。最速99マイルを計時するハードシンカーが高いゴロ率と共にピッチングの土台となっている。コントロールも相応だが変化球の扱いが粗く、緩急を生み出す側面で苦しんでいる。

12. ケビン・プラウキー:C
攻守で自らの価値を示している。バッティングはコンタクトの才覚が傑出しており、守備面でも多彩な項目で優れたプレーを披露している。アプローチも良いミドルヒッター。攻守で試合を作り出すことが出来、精神面も高評価だ。

13. コリン・マクヒュー:RHP
8月23日に7イニング9奪三振たる衝撃的なメジャーデビュー。純然たるポテンシャルは平凡だが、スライダーと70マイルを割るカーブを織り交ぜて試合を組み立てる。コマンドも安定しているが、左打者に対し攻め手に欠ける。

14. ジャック・レザーシック:LHP
2年のキャリアでマークしたK/9は14.8。95マイルを計時するパワフルなストレートとカーブのコンビネーション。セカンドピッチとコマンドに課題を露呈しており、リリーフたる役割がフィットしている素晴らしいケースだ。

15. コリー・バーン:OF
パワー&スピード。生来のパワーツールは傘下でもトップクラスの評価を得ており、常に.350以上の出塁率をマークする選球眼も兼ね備えている。アスレチックだがコンタクト面が磨かれず、アベレージで伸び悩みが顕著だ。

 

Text by Koichi MIYAZAKI
写真:http://www.flickr.com/photos/mwlguide/7052622001/

2013 Top 15 Prospects:マイアミ・マーリンズ

7968407796_a5b7b37a4a_z

 

 

 

 

 

 

 

本ランキングのベースは、現在の活躍と今後のアップサイドによる総合的な評価である。傘下トップ15の素材を簡易のレポートと共に示している。選手名のリンクで表示されるマイナーでのスタッツと併せて参考にして頂ければ幸いだ。

 

 

1. ホゼ・フェルナンデス:RHP
マーリンズが誇る将来の大エース候補。最速97マイルの速球に加え、スライダー、チェンジアップも素晴らしく、コマンドも安定しているなど20歳ながら完成度は非常に高い。彼に必要なのは長いイニングを投げられるスタミナと高いレベルにおいての順応性か。

2. クリスチャン・イエリッチ:OF
美しいスイングと卓越したバットコントロールの持ち主。選球眼もよく長身ながら盗塁もできる脚力もある。今季序盤でのMLB昇格もあり得る打者で今後の活躍に注目だ。守備は悪くはないが、欠点として肩の弱さが指摘されている。

3. マーセル・オズーナ:OF
マイナー屈指のパワーを誇る長距離砲。2010年から毎年20本塁打以上を放つパワーと並はずれた強肩を持つ。同じポジションであるジャンカルロ・スタントン級のパワーモンスターになれる素質を秘める。

4.  ジェイク・マリスニック:OF
あらゆるツールに才能を秘める5ツールプレーヤー。積極的な走塁と選球眼には定評がある。アベレージとパワーは成績に波があり、荒削りであるが伸びしろは十分にある。

5.  ジャスティン・ニコリーノ:LHP
昨季は初めてフルシーズンを投げ抜き、BB/9が1.5という記録を残した。非常に安定したコマンドの持ち主。エース級の素材ではないが、将来的にローテーションの2~3番手で試合を作ることができる貴重な先発投手になれるだろう。

6.  アデイニー・エチェバリア:SS/3B
ダイナミックな守備とアグレッシブな走塁が持ち味のショートストップ。打撃は昨季に打率.314を残したが、過去2年間、打者天国で有名なパシフィックコーストリーグに所属していたこともあり、そこまで評価は高くない。盗塁失敗も多く、今後は走塁技術を磨く必要がある。

7.  A.J ラモス:RHP
将来のクローザー候補。95マイルのフォーシームが武器で昨季のK/9は11.67と高い奪三振率を誇る。過去3年間で77セーブを挙げるなどマイナーでの実績は十分。リリーフ陣の層が薄いチーム事情もあり、今季は活躍が期待される。

8. カイル・ジェンセン:OF
マーリンズ傘下で屈指のパワーを誇るスラッガー。2年連続AA級で20本以上の本塁打を記録している。昨季のK%が31.1%を超えるもののキャリアハイとなるBB% 13.2%を記録するなど選球眼のツールに成長を見せた。まずは三振の割合を減らしていくことが課題だ。

9.  ザック・コックス:3B
典型的なミドルヒッタータイプ。将来的には打率3割を打てる巧打者タイプとみられている。四球をあまり選ばない不安はあるもののピュアなコンタクトヒッターである。守備・走塁に傑出したツールはなく、バッティングの出来がコックスの将来に直結する。

10.  アンドリュー・ヘニー:LHP
マイナーでの登板が少なくサンプル数は少ないものの、21歳ながら安定したコマンドの持ち主。速球は最速でも93マイルという技巧派タイプ。変化球はカーブとチェンジアップを持ち合わせるが、特に決め球のカーブに定評がある。

11.  アダム・コンリー:LHP
エース級の素材とは言えないが、先発1年目で安定した成績を残している。力強いストレートに加え、スライダーとチェンジアップを持つ。ストレートに磨きをかけてリリーフとして成長するプランもあるが、順調に成長を見せればローテーション上位を投げられる投手になるともみられている。

12.  グレゴリー・ナッポ:LHP
左のリリーフプロスペクト。今季は40試合に登板し78IPで108K/24BBという成績を残した。先発も3試合経験した。左投手ながら右バッターにも強く、先発に転向しても面白い素材。

13.  オースティン・バーンズ:2B
投手の左右に関係なく安定した打率、出塁率を期待できるアベレージヒッタータイプの素材。長打力はそれほど期待できないものの、パワーのツールにも成長を見せ、昨季に比べ本塁打数が1本→12本と2ケタに増やした。

14.  グラント・デイトン:LHP
ナッポと同じく傘下屈指のリリーフ左腕。通算の奪三振率(K/9)は11.0とリリーフでの才能を十分に発揮している。コマンドも安定しており昨季は73IPで90K/20BBであった。先発を6試合経験しているが、チームのブルペン陣を考慮すればすぐにでもリリーバーとしてメジャーに昇格させたい投手である。

15. リゴベルト・サンタマリア:RHP
ドミニカン・サマーリーグ・マーリンズに所属する18歳の右投手。実戦経験は浅く、エース級の素材とまではいかないものの若さに似合わぬコマンドの良さが持ち味。過去2年間で121.1IP、BB/9が1.7という記録を残している。コマンドの良さを維持しつつ三振が奪える球を習得すれば大化けする可能性は十分にある。

 

Text by Fumiya OGURA
写真:http://www.flickr.com/photos/hueytaxi/7968407796/