後半戦展望:セントルイス・カージナルス

               現在、ナショナルリーグ中地区の首位はセントルイス・カーディナルスだ。この地区は、得失点差マイナスのミルウォーキー・ブリュ More »

後半戦展望:ミネソタ・ツインズ

             シーズンの大半を首位で過ごし続けたツインズ。トレード戦線ではリリーフ投手を中心に補強を展開した。マイアミ・マーリンズからセルジオ・ロモ More »

後半戦展望:ワシントン・ナショナルズ

             ブライス・ハーパー(RF)の流出から開幕したナショナルズ の2019年シーズン。序盤戦は低空飛行で一時期借金は二桁まで膨らんだ。しかし More »

2019年 Draft Review:トロント・ブルージェイズ

            今シーズンも終盤戦を迎え、地区優勝、ワイルドカード争いが激化している。19年シーズンも6月にドラフトを終え、各指名選手がマイナーでデビュ More »

2019年 Draft Review:ピッツバーグ・パイレーツ

              今シーズンも終盤戦を迎え、地区優勝、ワイルドカード争いが激化している。19年シーズンも6月にドラフトを終え、各指名選手がマ More »

 

Category Archives: AL中地区

2016 Team Preview:ミネソタ・ツインズ

20181871904_52528496d7_z

 

 

 

 

 

 

 

*40人ロースターはリンクより参照
*SP横*マークはローテーション候補の意味を示す。

  • 本拠地:ターゲット・フィールド
 

他の野球場と大きさを比較する→http://yakyujo.com/ml25/

 

広さ
レフト 103.3M
センター 123.1M
ライト 100M
フェンス高さ 2.4~7M
パークファクター平均*100
安打 103.9
ツーベース 97.9
スリーベース 81.6
HR 105.8
得点 99.4
  • 予想オーダー

1.ブライアン・ドージャー:2B
2Bとして両リーグ最多、自己最多の28HRをマークしたスラッガー。MLBでは4年間で打率.230〜.240台と確実性には欠けるものの、年々本塁打は増加傾向にある。14年に89四球/129三振だったのが、15年に61四球/148三振と悪化してしまったのが懸念される。

 

2.ジョー・マウアー:1B
ミネソタ出身、ツインズ一筋、MVP1度、首位打者3度、ゴールドグラブ賞3度、シルバースラッガー賞3度と輝かしい実績を残したフランテャイズプレーヤーだが、現在は大型契約を結んだ当初の「球界屈指の打てる捕手」の面影は全くなく、今や平均以下の1Bとなってしまった。度重なる怪我と脳震盪の影響で打撃に影響が出ているとされる。15年は自己最低の打率.265、出塁率.338に自己最多の112三振と不振に歯止めがきかず、18年まで年平均23Mの契約はチームにとって悩みの種となっている。

3.ミゲル・サノー:RF
パワーが魅力のドミニカ出身22歳。昨シーズンにメジャーデビューを果たすと、80試合で.269/.385/.530&18HRと爆発。ルーキーながら打席では威圧感が漂っていた。課題は三振の多さで、279打席で119三振とかなりのハイペースで三振を喫していた。また、パク・ビョンホの加入に伴いマイナーでも未経験のRFへコンバート。守備での不安が打撃にも影響することは避けたい。

4.トレバー・プルーフ:3B
12年以来の20HR以上となる22HRをマーク。.244/.307/.435とスラッシュラインは例年通りだった。3B守備は14年と比べるとDRS+6から-1、UZRは6.7から1.7と悪化してしまった。29歳と年齢的にもピークを迎える頃で、もう一段階上の存在になりたい。

5.エディー・ロザリオ:LF
昨シーズンはルーキーながら.267/.289/.459&13HR&11盗塁と結果を残した。初打席初本塁打、メジャー最多の15三塁打などインパクトも強かった。DRS+11、 UZR+7.4と守備でも貢献した。課題は積極的なアプローチのため四球が少なく、15四球/118三振に終わったことだ。まだ24歳、1つずつ改善していきたい。

6.パク・ビョンホ:DH
ポスティングに12.85Mを費やし、4年12Mの契約でKBOのネクセン・ヒーローズから加入した韓国の大砲。KBO史上初の2年連続50HR、歴代史上最多のシーズン146打点、4年連続本塁打&打点の二冠王ともはやKBOでは敵なしの状態だった。昨シーズンは.343/.436/.714&53HR&146打点。有望株のミゲル・サノーを外野にコンバートさせてまで起用することから期待がうかがえる。問題視されているのは三振の多さ。

7.エデュアルド・エスコバー:SS
シーズン途中からSSに定着。.262/.309/.445&12HRと初の2桁本塁打を記録するなど好調だった。DRS+2、UZR+2.6と、どちらもプラスを記録。両打ちという利点も生かしてチームに貢献したい。

8.カート・スズキ:C
ハワイ出身の日系3世。昨シーズンは131試合に出場したもののOPS.610&5HR、DRS-9と打撃でも守備でも低調な成績に終わってしまった。左腕には漢字で「鈴木」のタトゥーが入っている。

9.バイロン・バクストン:CF
昨シーズンにメジャーデビューしたルーキー。走攻守そろったトッププロスペクトとして期待され、スピードと守備ではメジャーでも十分通用することは証明済み。課題は打撃で、.209/.250/.326&2HRと苦しんだ。特に左投手に対してOPS.318とさっぱり打てなかった。打撃さえ改善させれば新人王の有力候補であることは間違いない。

 

2016 Team Preview:クリーブランド・インディアンス

9594784337_3465cb5a35_z

 

 

 

 

 

 

 

*40人ロースターはリンクより参照
*SP横*マークはローテーション候補の意味を示す。

  • 本拠地:プログレッシブ・フィールド
 

他の野球場と大きさを比較する→http://yakyujo.com/ml21/

 

広さ
レフト 99.1M
センター 121.9M
ライト 99.1M
フェンス高さ 2.4~5.8M
パークファクター平均*100
安打 116.9
ツーベース 144
スリーベース 77.4
HR 98.6
得点 126.1
  • 予想オーダー

1.ラジャイ・デービス:CF
通算322盗塁の俊足が武器の35歳のベテラン外野手。1年5.25Mで自身6球団目となるCLEに入団。同じCF のエイブラハム・アルモンテが薬物陽性反応によって80試合の出場停止になったため、開幕からしばらくはデービスの出場機会が増えそうだ。

2.ジェイソン・キプニス:2B
CLE生え抜きの2B。昨シーズンは141試合に出場し.303/.372/.451&9HR&18盗塁。打率こそ自己ベストだったものの、HRと盗塁は2年連続で2桁本塁打&30盗塁以上を記録した12、13年に比べると物足りない数字になってしまった。14年にDRS-11、UZR-8.0を記録した守備はDRS+1、UZR+4.3と改善した。28歳と年齢的にもピークの時期を迎える。

3.フランシスコ・リンドーア:SS
昨シーズンは守備がウリのルーキーとしてメジャーデビューを果たすと、予想通りの好守と予想以上の打撃で新人王投票2位につけた。99試合で.313/.353/.482&12HR&12盗塁。OPS.835や12HRはマイナー時代含めて自己ベストの成績だった。守備もDRS+10、UZR+10.5と抜群。両打ちで投手の左右関係なく成績を残し、今シーズンへの期待は高まる。

4.マイク・ナポリ:1B
昨シーズンはBOS/TEXの2球団でプレー。BOSではOPS.693&13HRと不調だったが、TEX移籍後はOPS.908&5HRと復調。結局OPS.734&18HRでシーズンを終えた。元は強打の捕手だったが、現在は1Bがメイン。

5.カルロス・サンタナ:DH
高出塁率と20本程度のHRをマークするスイッチヒッター。14年にはC/1B/3B/で出場したが、15年は1Bのみ。16年はDHがメインとなりそうだ。ボールをじっくり見て待つ打撃スタイルで、14年には113四球/124三振と四球数と三振数がほとんど一緒だった。

6.ヤン・ゴームス:C
ブラジル出身の平均以上の打力を持つC。12年のメジャーデビュー以来順調に成績を伸ばし、14年にはOPS.785&21HRでシルバースラッガー賞を獲得したものの、故障で離脱したこともあり昨シーズンは95試合しか出場できず成績が下がってしまった。

7.マーロン・バード:LF
メジャー15年目にして通算10球団目となるCLEに加入したベテラン外野手。13年に35歳にしてOPS.847とHR24本で自己ベストをマーク。翌14年にも25HR、15年はOPS.743&23HRとキャリアの後半にになってから安定した成績を残し出している。

8.フアン・ウリーベ:3B
15年にはLAD/ATL/NYMの3球団に所属したベテラン3B。3球団合計で.253/.320/.417&14HRを記録。16年は1球団で落ち着いてプレーしたいところ。チームをまとめる役割にも期待したい。

 9.コリン・カウギル:RF
通算OPS.633&12HRの外野手。本来は控えだが、マイケル・ブラントリーの怪我もあり、ブラントリーが帰ってくるまではOFのレギュラーとして出場機会はありそうだ。このチャンスでアピールしてスタメンの座を掴みたい。

 

2016 Team Preview:カンザスシティ・ロイヤルズ

3949183208_e39780cffa_z

 

 

 

 

 

 

 

*40人ロースターはリンクより参照
*SP横*マークはローテーション候補の意味を示す。

  • 本拠地:カウフマン・スタジアム

他の野球場と大きさを比較する→http://yakyujo.com/ml03/

 

広さ
レフト 100.6M

センター

125M
ライト 100.6M
フェンス高さ 2.4M
パークファクター平均*100
安打 99.5
ツーベース 122.1
スリーベース 145.5
HR 79.3
得点 101.9
  • 予想オーダー

1.アルシデス・エスコバー:SS
ベネズエラ出身のSS。昨シーズンはALCSでMVP、ワールドシリーズで先頭打者初球ランニングホームランを放つなどポストシーズンでOPS.861とワールドチャンピオンになったチームの中で印象的な活躍をした。一方シーズンではリーグワーストのOPS.614と不振。早打ちでOBP.293と1番打者として物足りない成績だった。守備ではDRSは-1だったがUZRは+7.1をマーク、自身初となるゴールドグラブ賞を受賞した。

2.マイク・ムスタカス:3B
07年にドラフト全体2位指名での入団もなかなか結果が出なかったが、起用し続けると14年のポストシーズンに15試合で5ホームランと開花の兆しを見せた。迎えた15年は.284/.348/.470&22HRと軒並み自己ベストの成績を叩き出し、オールスターにも初選出される1年となった。1番の成長は対左投手への成績で、OPS.554だった苦手だった14年から一転OPS.823と完全に克服した。3Bの守備は本来上手いが、昨シーズンはDRS+4と彼にしてはやや物足りない数字だった。

 3.ロレンゾ・ケイン:CF
メジャー有数のCFへ成長した走攻守全てでチームを引っ張る存在。昨シーズンは打での成長を見せ、14年の5HR→16HRとパワーアップ。.307/.361/.477と全て自己最高の成績だった。リーグ2位の28盗塁、DRS+18、UZR+14.3と走、守は変わらず高いレベルにあり、MVP投票では3位に入る活躍だった。今年29歳だが本格的に野球を始めたのは高校2年の時であり、まだまだ伸びしろはありそう。

4.エリック・ホズマー:1B
勝負強さが光るKCの4番。昨シーズンはともに自己最多となるOPS.822&93打点と4番として活躍。右投手に対してOPS.885と相性が良いが、対左でもOPS.730と苦手というほどでもない。26歳にしてゴールドグラブ賞3回の1B守備も評価が高い。唯一物足りないのは過去1度も20HR以上をマークしたことのない長打力だろう。今年は20HR以上をクリアしたい。

5.ケンドリス・モラレス:DH
キューバ出身のチャンスに強い両打ちのスラッガー。ビリー・バトラー(OAK)が3年30MでOAKに移籍し、その穴埋めとして2年17Mで獲得すると、主にDHとして出場し.290/.362/.485&22HR。シルバースラッガー賞&エドガーマルティネス賞を獲得した。当初は14年の不振からモラレスの契約に疑問視する声もあったがバトラーのOAKでの成績を見ても、今となってはモラレスと契約したことは成功だったと言わざるを得ない。

6.アレックス・ゴードン::LF
KC生え抜きでチームの中心選手。オフにFAとなり流出かと思われたが、4年72Mで残留を決めた。球団史上最高額の契約ではあるが、近年の高騰を考えれば契約自体はかなりお買い得。昨シーズンは怪我の影響で104試合の出場にとどまり、オールスターも辞退。4年連続で獲得していたゴールドグラブも逃してしまった。しかし打撃は.271/.377/.432&13HR、DRS+7、UZR+6.9と成績自体は例年通り。怪我さえなければ心配なさそうだ。

7.サルバドール・ペレス:C
昨シーズンのワールドシリーズMVP。KCを引っ張る25歳の若き司令塔。3年連続のゴールドグラブ、自己最多の21HRと攻守両面で存在感を示し、リーグ屈指のCへと成長した。欠点は四球を選べないことで、142試合でわずか13四球と相変わらずのフリースインガーっぷりだった。オフには5年52.5Mで契約延長。

8.レイモンド・フエンテス:RF
25歳、メジャーでは13年に23試合に出場しただけだが、スプリングトレーニングでは絶好調。26試合に出場し.386/.453/.632&3HRと、マイナー通算216盗塁の武器の俊足に加えて打撃でも結果を残し開幕25人枠入りを果たした。

9.オマー・インファンテ:2B
安定した成績を残してきた2Bだったが昨シーズンは.220/.234/.318&2HRと大不振。シーズン後半には移籍してきたゾブリストが2Bを守り、ポストシーズンのロースターからも外され、世界一となったロイヤルズで1人蚊帳の外となってしまった。14年には33四球&68三振だったのが15年には9四球&69三振。2年16Mの契約が残るが、昨シーズンのような体たらくならクリスチャン・コローンにポジションを奪われるかもしれない。

 

2016 Team Preview: シカゴ・ホワイトソックス

5674645920_2e0053e755_z

 

 

 

 

 

 

 

*40人ロースターはリンクより参照
*SP横*マークはローテーション候補の意味を示す。

  • 本拠地:USセルラーフィールド

他の野球場と大きさを比較する→http://yakyujo.com/ml22/

 

広さ
レフト 100.6M
センター 121.9M
ライト 102.1M
フェンス高さ 2.4M
パークファクター平均*100
安打 95.3
ツーベース 87.3
スリーベース 83.3
HR 111.3
得点 90.4
  • 予想オーダー

1.アダム・イートン:CF
パワーをつけた俊足のリードオフマン。デビューした12年から2本→3本→1本だった本塁打が昨シーズン14本と激増。OBP.361と1番打者として優秀だったが、18盗塁だった盗塁数を増やせると更に上のリードオフマンとなるだろう。一方で守備は14年のDRS+11から-14と大幅に悪化、UZRも-10.2と停滞気味。

2.ブレット・ロウリー:2B
OAKからトレードで加入。08年ドラフト全体16位でMILに入団も伸び悩みが続くカナダ出身の26歳。昨シーズンはDLには入らずにシーズンを過ごせたが、28四球/144三振と壊滅敵なアプローチは直らず。16本塁打は自己最多も、OPSは.706と精彩を欠いた。守備でも2B/3Bの2ポジションで合計24失策。攻守でさらなる活躍が求められる。両腕の刺青が特徴的。

3.ホセ・アブレウ:1B
アルバート・プホルス(LAA)以来となるデビューから2年連続30HR&100RBIを達成したキューバの大砲。OPSは昨シーズンの.964→.850とダウン、打撃成績は全体的に前年を下回ったが、他の補強選手が軒並み不調でチームも下位に沈んだ中で、1人期待通りの働きを見せたと言って良いだろう。守備ではDRSが-10から+1へと向上を見せた。

4.トッド・フレイジャー:3B
LADを絡めた三角トレードでCINから移籍してきた長距離砲。昨シーズンはCINで開催されたオールスターのホームランダービーで優勝するほどのパワーの持ち主で、独特なフォームから打球をスタンドへ飛ばす。昨シーズンはOPS.806&自己最多の35HRに加えて13盗塁、DRS+6と走攻守すべてでチームに貢献した。不安は後半戦に調子を落としたことで、オールスター後の72試合で.220/.274/.390&10HRと不調だった。

5.メルキー・カブレラ:DH
ドミニカ出身、両打ちの中距離打者。12年には打率.346を記録したが、その年はPED使用が発覚した。移籍初年度の昨シーズンは.273/.314/.394&12HR、強肩ではあるがUZR-7.4と守備にも不安を残し、3年42Mの契約に見合う活躍だったとは言い難い。

6.アビサイル・ガルシア:RF
高い身体能力を誇る強肩強打の24歳。DET時代には出身が同じで体型が似ていることから「ミニ・ミギー(ミゲル・カブレラの愛称)」と呼ばれていた。身体能力は高いがプレーが粗く、OPS.675&13HR、36四球/141三振。守備も強肩を生かして17補殺を記録したもののDRS-11、UZR-6.2。攻守に安定感が欲しい。

7.タイラー・サラディーノ:SS
昨シーズン、メジャーデビューしたスピードと守備がウリの26歳。OPS.602&4HRと打撃では印象を残せなかったものの、守備では本職ではない3Bを守ってDRS+12と華麗な守備を披露。今季は本職のSSでLADから移籍のベテラン、ジミー・ロリンズとポジションを争う。

8.アレックス・アビラ:C
DETの元正捕手だったが怪我と不振、若手の台頭もあり実の父であるGMから再契約を見送られCWSに移籍。昨シーズンは67試合の出場にとどまり、AVG.191&4HRと自己最低の成績だった。まだ29歳と復活の可能性はある。左投手がさっぱり打てない。

9.オースティン・ジャクソン:LF
昨シーズンSEA/CHCの2球団でプレーした外野手。.267/.311/.385&9HR&17盗塁と平凡な成績で、OPSは2年連続の6割台。守備では、DRSは14年、15年どちらも-1だったが、UZRは-8.6から+7.2へと大幅に向上した。

 

2016 Team Preview:デトロイト・タイガース

8120715457_91b841afb2_z

 

 

 

 

 

 

 

*40人ロースターはリンクより参照
*SP横*マークはローテーション候補の意味を示す。

 

他の野球場と大きさを比較する→http://yakyujo.com/ml09/

 

広さ
レフト 105.2M
センター 128M
ライト 100.6M
フェンス高さ 2.4~3.4M
パークファクター平均*100
安打 96.6
ツーベース 97.7
スリーベース 135.3
HR 79.1
得点 90.2
  • 予想オーダー

1.イアン・キンズラー:2B
守備では2Bとしてメジャー全体で最高のDRS+19をマークし、フィールディング・バイブル賞を受賞する活躍を見せた。打撃ではAVG.296、OBPも14年の.307から.342まで上昇させ健闘したものの、09年と11年に30HR30盗塁を記録して以降HRと盗塁は年々減少。昨年は11HR&10盗塁とギリギリ2桁を保つレベルだった。

2.ジャスティン・アップトン:LF
6年132.75MでSDから移籍。昨年は.251/.336/.454&26HR&19盗塁、守備もDRS+8とまずまずの成績。1番の課題は昨季AVG.191&3HR、OPS.558と散々な結果に終わった左投手への対応だろう。メジャー10年目を迎えるがまだ28歳。ドラフト全体1位で入団した頃の期待を考えれば現在の成績は物足りない。カブレラや2人のマルティネスなど援護砲が揃い、マークが分散される中でこれまで以上の結果を残したいところだ。兄メルビン(SD)も2002年にドラフト全体2位指名で、ドラフト順位では史上最高の兄弟。

3.ミゲル・カブレラ:1B
12年に三冠王を獲得した言わずと知れた現役最高の打者の1人。昨シーズンは怪我に苦しみ119試合の出場にとどまるも、.338/.440/.534&18HRで首位打者を獲得したのは流石といえる。技術面では何の問題もなく、不安なのは怪我だけだ。通算HR数や打点数など多くの打撃成績でベネズエラ人として歴代最高記録を更新中。14年開幕時に既に結んでいた8年248Mの契約が今年からスタート。

4.J.D.マルティネス:RF
14年に123試合でOPS.912&23HRと一気に成績を向上させ注目された昨シーズンはチーム最多の158試合に出場し、.282/.344/.535&38HR。オールスターにも出場、シルバースラッガー賞も獲得するなど、前年の成績が真の実力であることを証明した。初球から積極的に振っていくスタイルで、フライになる打球が多いのが特徴。全方向にホームランを放つ事ができ、逆方向へのホームラン14本はメジャーで最多だった。

5.ビクター・マルティネス:DH
自己最高のAVG&HRを記録し4年68Mの大型契約を結び最高の1年となった14年から一転、昨シーズンは故障に悩まされ.245/.301/.366&11HRと最悪のシーズンとなってしまった。14年に561打席で42三振だったのが昨シーズンは440打席で14年を上回る52三振と自慢のバットコントロールも不調だった。打線のほとんどが右打ちの中で両打ちの彼の復調は重要。もともとは強打の捕手だったが37歳となった現在はDH専門。

6.ニック・カステヤノス:3B
14年にメジャー全選手中最悪となるDRS-30を記録した3B守備は、特訓の甲斐あって-9と「最悪」から「悪い」程度までは改善した。打撃も.255/.303/.419&15HRと平凡だが、対左投手にはOPS.970と好相性。まだ24歳であり、1年で守備をある程度改善させたことから、まだまだ伸びる可能性を感じさせる。

7.ジェームズ・マッキャン:C
14年にメジャー初昇格、9試合しか経験していなかった25歳の捕手だが、アビラ(CWS)の怪我もあり正捕手の座を掴んだ。守備では112試合連続無失策で捕手のメジャー記録を塗り替える活躍。盗塁阻止率41%と強肩も活かし期待通りの守備力を発揮した。打撃でもAVG.264&7HRとまずまずの成績を残した。欠点は四球が少ないことで、OBPが.297と.300を下回ってしまった点はマイナスポイント。

8.ホセ・イグレシアス:SS
華麗な守備が持ち味の26歳のキューバン。14年は怪我の影響で1年間プレーしなかったが、昨シーズン復活を果たし120試合でAVG.300をマーク。特に前半戦は打撃好調でオールスターにも初選出された。守備は相変わらず華麗だったが、DRS-3、UZR2.3と数字ではイマイチ結果に終わった。

9.アンソニー・ゴーズ:CF
予想スタメンで唯一の左打者。昨シーズンは初の規定打席に到達した。新加入のキャメロン・メイビン(OF)とセンターのポジションを争うことになるが、どちらも身体能力の高さを生かしきれていない似たようなタイプ。両者は昨年140試合程度の出場で、ホームランはゴーズの5本に対してメイビンが10本と少し差がついたが、それ以外の打撃成績は似たり寄ったり。盗塁数も全く同じ23。DRSもゴーズが-12、メイビンが-16とどちらも不安だった。数少ない左打者という利点を活かしてポジション争いを制したい。