2019 NLDS Review : WSH VS LAD

            ナショナルズが通算成績3勝2敗でドジャースを下し、ナショナルリーグ優勝決定シリーズへ駒を進めた。   Game 1 WSH 0 More »

2019 ALWC Review:TB vs OAK

             総年俸の低い球団対決として注目されたこの試合はレイズが勝利した。 TB 5 – 1 OAK    レイズの先発は More »

2019 NLWC Review:MIL vs WSH

             2019年のポストシーズン開幕戦として現地時間10月1日にワシトン・ナショナルズとミルウォーキー・ブルワーズがワシントンD.Cで対戦し More »

後半戦展望:テキサス・レンジャーズ

             シーズン開幕前は昨シーズンの最下位から大きな補強もなく、今シーズンも苦戦が予想されていた。しかしながら、ここまでオールスター前は48勝 More »

夢へのスタート地点が人によって違うということ―ジミー・ガバーンとCJ エイブラムスの場合―

             アイダホ・フォールズ・チューカーズ(KC傘下)にジミー・ガーバン(2B)という選手が所属している。1996年11月11日生まれの22歳 More »

 

Category Archives: チーム別プレビュー

2016 Team preview:ロサンゼルス・エンゼルス

17139367893_3d785abb20_z

 

 

 

 

 

 

 

 *40人ロースターはリンクより参照
*SP横*マークはローテーション候補の意味を示す

  • 本拠地:エンゼル・スタジアム・オブ・アナハイム

他の球場と比較する→ http://yakyujo.com/ml26/

 

広さ
レフト 100.6m
センター 121.9m
ライト 100.6m
フェンス高さ 2.4 m~5.5 m
パークファクター*平均100
安打 98.2
ツーベース 99.3
スリーベース 55.2
HR 83.7
得点 91.9
  •  予想オーダー

1 ユネル・エスコバー:3B
若手リリーフのトレバー・ゴットとマイナーリーガーのマイケル・ブレディ、金銭とのトレードでWSHから獲得。5年振りにナショナル・リーグに復帰した昨シーズンは、139試合でAVG.314&OPS.790と100試合以上に出場した年では自己ベストをマークした。ゾーン内の球には積極的に手を出していくバッティングスタイル。以前はSSとして優れた守備数値を記録していたが、近年は衰えが激しく、3BへとコンバートされてもDRS-11、UZR-7.7と大きなマイナスを叩いた。

2 コール・カルフーン:RF
主に上位打線を任された昨シーズンは159試合に出場して26HR&83RBI&OPS.731をマーク。 大きな飛躍を見せたのは守備面で、DRS+6&UZR+13.8と優秀な成績を残してゴールドグラブを受賞した。5フィート10(約177センチ)、205ポンド(約93キロ)の低身長ながらずっしりとした体形からパワフルなバッティングを披露する。ボール球のコンタクト率が48.6%とメジャー平均を大きく下回り、K%=23.9%と多くの三振を喫した。セレクティブな打者ではなく、OBPは上位を任せるには物足りない。

3 マイク・トラウト:CF
メジャーを代表する選手の1人。2年連続でのMVP獲得とはいかなかったが、AVG.299&OPS.991&41HRと打席では14年を超える成績を残した。14年に大きく悪化したアプローチ面は、三振が若干減り、四球が増えるなど改善された。4年連続でオールスター選出、シルバースラッガー賞受賞は果たした。12年には49SBを記録するなど抜群のスピードを見せていたが、33→16→11と減少し続けている。一方の守備は3年振りにDRSでプラスを記録。

4 アルバート・プホルス:1B
35歳で迎えた昨シーズンは157試合に出場して、5年振りに40HRをクリア。同じく5年振りにオールスターにも選出された。AVG.244はキャリアワーストだったが、メジャーワーストだったBABIP.217が揺り戻せば、かつてのような3割には届かないにしても改善が見られるだろう。守備数値にはまだ衰えは見られず、毎年平均以上の数字を残している。41歳で迎える21年まで6年$165Mの契約が残る。

5 C.J. クロン:DH
パワフルな打撃が売りの26歳。113試合の出場で16HRを放つなどパワーは優れたものを持っているが、BB%=4.2%とほとんど四球を選ばず、確実性にも欠ける。1B以外のポジションを守ることはできず、またその1B守備も平均を大きく下回るため、メジャーの舞台に残り続けていくためにはより一層バッティングを磨いていく必要がある。

6 ダニエル・ナバ:LF
1年$1.4Mで加入。13年には規定打席に到達してAVG.303&OPS.831&12HRと抜群の活躍を見せたが、この年以外で目立った成績は残せていない。両打ちだが右打席でのOPS.589に対して左打席では.787と、両打席で大きな開きがある。14年に744.2InnでDRS+17、UZR+11.9を記録したが、他の年の数値は平均程度。独立リーグでのプレーを経てからプロ入りを果たした33歳。

7 アンドレルトン・シモンズ:SS
メジャーNo.1のSSディフェンス。今オフにホセ・ブリセノと共に、エリック・アイバー、ショーン・ニューカム、クリス・エリスとのトレードでATLから移籍した。昨シーズンはゴールドグラブ賞をブランドン・クロフォードに譲ったが、守備数値はDRS+25&UZR+17.3と例年通りの水準だった。 打撃はそれほど期待できないが、守備だけでチームに多大な貢献をすることができる選手。

8 カルロス・ペレス:C
メジャー1年目の昨シーズンは86試合の出場ながら、WAR+1.1を記録。昨季のAVG.250&OPS.645はマイナー成績から見てペレスの実力通りの数字。DRS+1に加え、CS%=37.9%と優れた盗塁阻止率を残し、守備では貢献した。前正捕手のクリス・アイアネッタ(SEA)がFAで退団したため、今シーズンはペレスが多くの出場機会を得ると見られている。

9 ジョニー・ジャボテーラ:2B
3Aでは好成績を残しながらメジャーの壁に跳ね返されるシーズンが続いていたが、昨シーズンはメジャー5年目にしてようやくレギュラーの座を掴んだ。パワーレスでアプローチやスピードも平凡なため、AVG.272をマークしたコンタクトが生命線。守備もDRS-18、UZR-7.2と非常に苦しい数字を残した。ケイレブ・カワートやカイル・クビッツァらの3Bプロスペクトも控えており、3Bのレギュラーであるエスコバーは2Bも守れるため、生き残るには今シーズンも結果を出し続けていく必要がある。

 

2016 Team Review:シンシナティ・レッズ

5676626074_0342382cd7_z

 

 

 

 

 

 

*40人ロースターはリンクより参照
 *SP横*マークはローテーション候補の意味を示す

  • 本拠地:グレート・アメリカン・ボールパーク

他の野球場と大きさを比較する→http://yakyujo.com/ml23/

 

広さ
レフト 100M
センター 123.1M
ライト 99.1M
フェンス高さ 2.4~3.6M
パークファクター平均*100
安打 107.5
ツーベース 104.3
スリーベース 44.4
HR 113.7
得点 111.5
  • 予想オーダー

1. ザック・コザート:SS
12年からレッズの正遊撃手を務める30歳。昨シーズンは6月に靭帯断裂をしてしまい、そのままシーズンエンド。怪我をする前は非常に好調で、59試合の参考記録ながらも、AVG、OBP、SLGともに14年を上回る数字を残している。怪我明けの開幕で昨シーズンのようなバッティングができるか。

2. ジョーイ・ボットー:1B
メジャー屈指の選球眼を持つ。特に昨シーズンのオールスター後はOBP.535と驚異的な数字を残した。62試合の出場にとどまった14年を除けば、11年から毎年リーグ最多の四球を選んでいる。また、選球眼以外にもパワーが持ち味で過去5年間で320本以上のホームランを打っている。まだ32歳と老け込むには早く、健康体であれば今年もよい成績が期待できるだろう。

3.ブランドン・フィリップス:2B
34歳のベテラン。ゴールドグラブ4回、シルバースラッガー賞1回、オールスター3回選出されている名選手である。昨シーズンは好調で、K%は自己ベストの10.9%、盗塁に関しては12年から14年シーズンの盗塁数を足したものよりも多い23個の盗塁を決めた。2番のボットーとは対照的に、積極的に打っていく選手で、昨年の四球数はなんとボットーの五分の一以下。昨シーズンが少しできすぎのように見えるため盗塁数などは減るかもしれないが、CINの打線の中心選手であることに違いはない。

4.ジェイ・ブルース:RF
1113年まで毎年30本以上ホームランを打っていたが、過去2年間は不調に陥っている。昨シーズンはパワーこそ復調し26本のホームランを打ったが、AVGは全盛期の時からは程遠い.226。昨年からトレードの噂が立っているが、年棒の高さがネックとなりなかなか話が進んでいない。

5. デビン・メゾラコ:C
12年から着々と出場試合数を伸ばし、シーズンはレギュラー獲得かと思われたが、怪我で戦線離脱し23試合の出場にとどまった。14年にはホームラン25本、OPS.893の成績を残してオールスターにも選出されている。しかし、いまだメジャーで110試合以上出場したことがなく、耐久性に疑問符が打たれる。

 6.エウヘニオ・スアレス:3B
14年にDETから移籍。コザートの怪我で試合に出始めると、DET時代にはあまり見られなかったパワーを見せ、DET時代のISO 0.94から昨シーズンは倍近くの.167まで上がった。しかし、コンタクトには依然として問題が残っており、K%=23.6%と決していい数字ではない。また、守備にも問題があり昨シーズンは13失策、DRS-12と悲惨な結果。今後はアプローチと守備に改善が求められるだろう。コザートが返ってくるため、今シーズンは主にサードを守ることになる。

 7.スコット・シェブラー:LF
13、14年シーズンにマイナーで2年続けてホームラン25本以上打ったプロスペクト。21歳のホセ・ペラーザとともにLADから移籍してきた。昨シーズン、セプテンバーコールアップでメジャー昇格を果たし、19試合に出場。.250/.325/.500とメジャーでもまずまずの成績。CINではある程度出場機会が与えられると考えられている。

8.ビリー・ハミルトン:CF
誰もがその名を知っているスピードスター。昨シーズンは故障などで114試合の出場に限られたが、57盗塁と走りに走った。足は速いのだが、打撃スキルに関しては課題が山積み。AVG.226、OBP .274とあまりコンスタントに出塁できていない。問題点の一つとして、アプローチが挙げられ、BB%=6.2%、K%=16.5%の数字には改善が求められる。

9.投手

 

2016 Team Preview:デトロイト・タイガース

8120715457_91b841afb2_z

 

 

 

 

 

 

 

*40人ロースターはリンクより参照
*SP横*マークはローテーション候補の意味を示す。

 

他の野球場と大きさを比較する→http://yakyujo.com/ml09/

 

広さ
レフト 105.2M
センター 128M
ライト 100.6M
フェンス高さ 2.4~3.4M
パークファクター平均*100
安打 96.6
ツーベース 97.7
スリーベース 135.3
HR 79.1
得点 90.2
  • 予想オーダー

1.イアン・キンズラー:2B
守備では2Bとしてメジャー全体で最高のDRS+19をマークし、フィールディング・バイブル賞を受賞する活躍を見せた。打撃ではAVG.296、OBPも14年の.307から.342まで上昇させ健闘したものの、09年と11年に30HR30盗塁を記録して以降HRと盗塁は年々減少。昨年は11HR&10盗塁とギリギリ2桁を保つレベルだった。

2.ジャスティン・アップトン:LF
6年132.75MでSDから移籍。昨年は.251/.336/.454&26HR&19盗塁、守備もDRS+8とまずまずの成績。1番の課題は昨季AVG.191&3HR、OPS.558と散々な結果に終わった左投手への対応だろう。メジャー10年目を迎えるがまだ28歳。ドラフト全体1位で入団した頃の期待を考えれば現在の成績は物足りない。カブレラや2人のマルティネスなど援護砲が揃い、マークが分散される中でこれまで以上の結果を残したいところだ。兄メルビン(SD)も2002年にドラフト全体2位指名で、ドラフト順位では史上最高の兄弟。

3.ミゲル・カブレラ:1B
12年に三冠王を獲得した言わずと知れた現役最高の打者の1人。昨シーズンは怪我に苦しみ119試合の出場にとどまるも、.338/.440/.534&18HRで首位打者を獲得したのは流石といえる。技術面では何の問題もなく、不安なのは怪我だけだ。通算HR数や打点数など多くの打撃成績でベネズエラ人として歴代最高記録を更新中。14年開幕時に既に結んでいた8年248Mの契約が今年からスタート。

4.J.D.マルティネス:RF
14年に123試合でOPS.912&23HRと一気に成績を向上させ注目された昨シーズンはチーム最多の158試合に出場し、.282/.344/.535&38HR。オールスターにも出場、シルバースラッガー賞も獲得するなど、前年の成績が真の実力であることを証明した。初球から積極的に振っていくスタイルで、フライになる打球が多いのが特徴。全方向にホームランを放つ事ができ、逆方向へのホームラン14本はメジャーで最多だった。

5.ビクター・マルティネス:DH
自己最高のAVG&HRを記録し4年68Mの大型契約を結び最高の1年となった14年から一転、昨シーズンは故障に悩まされ.245/.301/.366&11HRと最悪のシーズンとなってしまった。14年に561打席で42三振だったのが昨シーズンは440打席で14年を上回る52三振と自慢のバットコントロールも不調だった。打線のほとんどが右打ちの中で両打ちの彼の復調は重要。もともとは強打の捕手だったが37歳となった現在はDH専門。

6.ニック・カステヤノス:3B
14年にメジャー全選手中最悪となるDRS-30を記録した3B守備は、特訓の甲斐あって-9と「最悪」から「悪い」程度までは改善した。打撃も.255/.303/.419&15HRと平凡だが、対左投手にはOPS.970と好相性。まだ24歳であり、1年で守備をある程度改善させたことから、まだまだ伸びる可能性を感じさせる。

7.ジェームズ・マッキャン:C
14年にメジャー初昇格、9試合しか経験していなかった25歳の捕手だが、アビラ(CWS)の怪我もあり正捕手の座を掴んだ。守備では112試合連続無失策で捕手のメジャー記録を塗り替える活躍。盗塁阻止率41%と強肩も活かし期待通りの守備力を発揮した。打撃でもAVG.264&7HRとまずまずの成績を残した。欠点は四球が少ないことで、OBPが.297と.300を下回ってしまった点はマイナスポイント。

8.ホセ・イグレシアス:SS
華麗な守備が持ち味の26歳のキューバン。14年は怪我の影響で1年間プレーしなかったが、昨シーズン復活を果たし120試合でAVG.300をマーク。特に前半戦は打撃好調でオールスターにも初選出された。守備は相変わらず華麗だったが、DRS-3、UZR2.3と数字ではイマイチ結果に終わった。

9.アンソニー・ゴーズ:CF
予想スタメンで唯一の左打者。昨シーズンは初の規定打席に到達した。新加入のキャメロン・メイビン(OF)とセンターのポジションを争うことになるが、どちらも身体能力の高さを生かしきれていない似たようなタイプ。両者は昨年140試合程度の出場で、ホームランはゴーズの5本に対してメイビンが10本と少し差がついたが、それ以外の打撃成績は似たり寄ったり。盗塁数も全く同じ23。DRSもゴーズが-12、メイビンが-16とどちらも不安だった。数少ない左打者という利点を活かしてポジション争いを制したい。

 

2016 Team Review:マイアミ マーリンズ

21472274812_1fb2783421_z

 

 

 

 

 

 

 

*40人ロースターはリンクより参照
*SP横*マークはローテーション候補の意味を示す

  • 本拠地:マーリンズ・パーク

他の野球場と大きさを比較する→http://yakyujo.com/ml07/

 

広さ
レフト 104.9M
センター 124.1M
ライト 102.1M
フェンス高さ

1.7~3.4M

パークファクター平均*100
安打 99.0
ツーベース 94.0
スリーベース 122.6
HR 74.0
得点 95.0
  • 予想オーダー

1.ディー・ゴードン:2B
昨シーズンは史上2人目となる首位打者、盗塁王、最多安打、ゴールドグラブ賞の同時受賞。攻守ともに移籍1年目にして大きくレベルアップしたシーズンとなった。特に守備面では、DRSが前年の-5から+13へ飛躍的に向上。しかし、走塁面では2年連続で盗塁王を獲得した一方で、リーグ最多の20個の盗塁死を記録。試合後のインタビューでチームメイトにダンクシュートをお見舞いする。

2.マーセル・オズーナ:CF
一昨年にはHR23本も、昨年は不振。79試合で4本とHRが出ず、マイナー落ちとなった。8月にメジャーに復帰してからは復調し、9,10月は.301/.357/.466のスラッシュラインであった。右投手に対し打率.241、左投手に対し打率.341と左投手を得意とした昨シーズンだったが、放ったHR10本中8本は右投手からだった。バリー・ボンズ氏の打撃コーチ就任がどんな影響を与えるか。

3.クリスチャン・イェリッチ:LF
腰痛の影響からシーズン序盤は不振に陥り打率1割台の低迷が続いたが、最終的には.300/.366/.416のスラッシュラインをマーク。10月3日のPHIとのダブルヘッダーでは8打数連続安打を含む10打数9安打の大暴れ。前年ゴールドグラブ賞を獲得したレフトの守備ではDRS+13を記録。一方、36試合守ったセンターではDRS-5だった。

4.ジャンカルロ・スタントン:RF
メジャー屈指の長距離砲。 昨季は開幕からホームランを量産し、6月は12HR&OPS1.204と驚異的な数字。しかし、6月26日のドジャース戦で空振りをした際、左手首を骨折。そのままシーズンを終えることとなった。ライトの守備ではDRS+9をマーク。まさにチームの心臓であり、ケガなくシーズンを過ごせるかどうかがチームの成績に直結するだろう。

5.ジャスティン・ボーア:1B
13年オフにルール5ドラフトでCHCから入団。昨シーズンはマイケル・モースの故障により5月にレギュラーの座をつかむと打率.262、23本塁打の成績を残し、新人王投票5位に入った。左投手に弱く、昨季放ったホームランはすべて右投手から。チャンスに強く、得点圏ではOPS.981、9本塁打、57打点をマークした。守備と走塁は平均以下。

6.マーティン・プラド:3B
毎年安定した成績を残すユーティリティプレーヤー。NYYから移籍してきた昨季は、.288/.338/.394と例年通りのスラッシュラインをマーク。9試合のみセカンドで先発出場した他はすべてサードを守り、DRS+9と安定感のある守備を披露した。

7.J.T.リアルミュート:C
14年にはMLB.comのプロスペクトランキングでチーム5位に入った有望株。昨シーズンは序盤にジャロッド・サルタラマキアがチームを去り、以降正捕手に抜擢されると打率.259、HR10本をマークした。7本の三塁打を放つなど捕手としては珍しい俊足の持ち主である。四球率4.1%と選球眼に課題。盗塁阻止率は27%と及第点だが、パスボール11個の捕球技術は改善の余地がある。

8.アデイニー・エチェバリア:SS
昨シーズンはDRSが+9と前年の-3から大幅に上昇。評判の高い守備が数字にも表れた。打撃では、HRが1→5本と増えたものの、パワー不足は否めない。また、BB%は4.6と選球眼も悪い。定位置の8番で起用された試合では3割を超えるアベレージを残している。今年こそ打撃面で成長したいところだ。

9.投手

 

2016 Team Review ロサンゼルス・ドジャース

9889665013_66d795565b_z

 

 

 

 

 

 

 

*40人ロースターはリンクより参照
 *SP横*マークはローテーション候補の意味を示す

  • 本拠地:ドジャー・スタジアム
他の野球場と大きさを比較する→http://yakyujo.com/ml11/

 

広さ
レフト 100.6m
センター 121.9m
ライト 100.6m
フェンス高さ 1.2〜2.4m
パークファクター *平均100
安打 94.8
ツーベース 105.9
スリーベース 64.3
HR 100
得点 91.8
  • 予想オーダー

1.コーリー・シーガー:SS
各媒体のプロスペクトランキングで1位に選ばれているトッププロスペクト。昨シーズン、9月3日のSD戦でメジャーデビューを成し遂げ、いきなり2安打2打点の活躍を見せるなど、大器の片鱗を見せた。12日にはメジャー初HRを含む4打数4安打を記録。今後の課題は、1年を通してのスタミナがあるかどうなのか、守備面で更にレベルアップできるかだろう。

 2.ハウィ・ケンドリック:2B
昨シーズン、同じロサンゼルスのLAAから移籍してきたメジャーを代表するセカンド。昨シーズンは怪我もあり117試合の出場に留まったが、打率は.295を残すなど堅実なバッティングでチームの地区優勝に貢献した。オフには2年総額約2000万ドルで契約を延長した。ケガで開幕は間に合わないが重傷ではないためすぐに試合に出始めるだろう。

 3.エイドリアン・ゴンザレス:1B
メジャーを代表する1B。06年にSDでメジャー定着して以降、最低でも156試合以上に出場しているなど怪我とは無縁で、頑丈な選手である。しかし、10年に31HRを打って以降は一度も30本以上をマークしておらず、長打力の衰退が見え始めているのが気掛かりな点である。ここ2年は打率も.270台と落ち込んでおり、復調が期待される。

 4.ジャスティン・ターナー:3B
14年にNYMから移籍して以降チームに欠かせない選手となった。14年は規定未到達ながら、109試合で打率.340をマーク。昨シーズンも.294、60打点をマークするなどクラッチヒッターとしてランナーを返す役割をしている。シーズン途中に怪我で離脱したこともあり、今シーズンは万全な体調で1年を過ごすことが一番の課題かもしれない。

5.ヤシエル・プイグ:RF
13年に衝撃的なデビューをしたものの、昨シーズンは怪我もあり79試合の出場に留まり、打率も.255と低調なシーズンであった。好不調の波が激しく、プレーオフでも毎年活躍出来ずに終わっている。技術面のレベルアップも大事ではあるが、精神面での成長が選手としての成長に繋がるであろう。健康でまじめに野球に取り組めばタイトル争いに絡める選手になるはずだ。

 6.ジョク・ペダーソン:CF
昨シーズンにメジャーデビュー。序盤は持ち前の長打力でHRを量産するなど、前半戦だけで20HRをマーク。オールスターにも選ばれた。最終的には26HRを打ったものの、打率は.210とメジャーに対応できたかというと点には疑問が残った。またマイナーでは30盗塁を記録したが、メジャーでは4盗塁に終わった。今シーズンは継続して安定が求められる。

7.ヤズマニ・グランダル:C
昨シーズンSDから加入した元ドラフト1位のC。昨シーズンはエース、カーショウ登板時はエリスがマスクを被る時が多かったが、バッティングではグランダルに分があるのでトータルではグランダルの出場回数が多くなった。怪我もあり115試合の出場に留まるも、HRはキャリアハイの16本をマークするなど初のオールスターにも選出された。今シーズンはスタメンマスクとして期待されるがケガで開幕に間に合わず。監督は開幕して1週間も経たないうちに復帰できる話している。 

8.カール・クロフォード:LF
かつてはオールスターの常連だった元スター選手。近年は度重なる故障に苦しみ昨シーズンもわずか69試合の出場に留まっている。打撃成績も年々悪化している中でせめて守備だけでも貢献できればいいのだがその守備もDRSでマイナスの数字をマークしている。故障で長期離脱となったアンドレ・イーシアが復帰するまでスコット・バンスライクらとの併用になるだろう。
 

9.投手