Category Archives: AL西地区

2017 Top 20 Prospects:テキサス・レンジャーズ

21038297792_2c55377b68_z

 

 

 

 

 

 

 

本ランキングのベースは、現在の活躍と今後のアップサイドによる総合的な評価である。傘下トップ20の素材を簡易のレポートと共に示している。選手名のリンクで表示されるマイナーでのスタッツと併せて参考にして頂ければ幸いだ。

 

1. ヨハンダー・メンデス:LHP
90マイル前半の動く速球とチェンジアップのコンビネーション。チェンジアップはよく沈み、速球と同じアームスピードで投げられ、低めに集めることができるため評価は非常に高い。コマンドがいいため速球を自在に操ることができている。カーブ、スライダーといった変化球も改善の一途を辿っているが、コントロールが不安定。懸念材料はスタミナで5回を投げきる前に降板することが多く、メジャーで1年間ローテーションを守れるか疑問が残る。

2. アンディ・イバニェス:2B
高いヒッティングスキルが魅力の小兵。コンパクトなスイングでラインドライブの打球を量産することができる。ストライクゾーンの見極めもよく、三振が少ない割に四球が多い。昨シーズンはAA昇格以降成績が落ちたが、A+を飛ばしたことを考えると仕方のないことだろう。スピードがなく、肩も弱いため2Bしか守れない。

3. ロナルド・グスマン:1B
一時はノマー・マザラ(TEX)よりも期待されていたが、現在は遅れを取っている。非常に大柄な体格だが、ラインドライブの打球を打つことに意識を置いたスイングのためそれほど長打は多くない。フィールド全体を使った打撃ができ、低打率に陥ることが少ない。アプローチは可もなく不可もなくといったところ。スピードは全くなく、1B守備も平均以下。

4. アリエル・フラド:RHP
速球は2種類あり、フォーシームとツーシームを投げるがメインは80マイル後半のよく沈むツーシーム。これに速球と同じアームスピードで投げられるチェンジアップを組み合わせてゴロに打ち取る。優れたコマンドの持ち主で、大きなミスを滅多にしない。速球の球威に欠ける点が懸念材料。

5. ハイロ・ベラス:OF
大柄な体格から生み出されるパワー魅力のスラッガー。昨シーズンは打者有利なA+のリーグでプレーしたということもあり、一昨年よりも長打が急増したが持前のパワーも素晴らしいものがある。身長の割りに細身であるため今後筋肉をつけていけばさらにパワーアップができるだろう。肩は非常に強いがスピードは平凡なため、RFを守らせるのが無難。

6. コール・レーガンズ:LHP
16年ドラフト全体30位指名。90マイル前半の速球と曲がりの大きなカーブ、チェンジアップのコンビネーション。変化球はいずれも平均以上との評価を得ている。速球も今後上昇する可能性が大いにある。真上から投げおろすデリバリーはクリーンで力感がなく、乱すことがなければコントロールよく投げられるが、デリバリーが安定せずコントロールを乱すことがしばしばある。

7. マイケル・マチュエラ:RHP
15年のドラフト時にトミー・ジョン手術を受けて以来まともに試合で投げられていないが実力は本物。90マイル後半の速球にキレのあるスライダーとカーブのコンビネーションで三振の山を築くことができる。健康ならエース級の逸材だが、昨シーズンようやく3イニング投げただけでメジャーへの道のりは厳しい。

8. ブレット・マーティン:LHP
現在の速球の球速は90マイル前半程度だが、身長の割りに細身であるため筋肉をつけていけば今後さらに球速が上昇する可能性があるハイシーリングなタレント。アウトピッチはパワーカーブで平均以上のクオリティ。チェンジアップも徐々に改善されてきている。デリバリーも力感がなく無駄な動きが少ないためコントロールも悪くない。

9. アンダーソン・テハダ:SS
小柄な体格だが力強いスイングができるためパワーは平均以上。コンタクトスキルも悪くないが何でも打ちに行くアプローチは心配の種。より上のクラスでもこのアプローチのままでは通用しないかもしれない。守備では肩の強さとレンジで光るものを見せるがエラーが多く、将来は2Bに移る可能性もある。

10. ホセ・アルモンテ:OF
まだ20歳と若いが体はすでにできあがっており、パワーポテンシャルは非凡なものがある。スイングは無駄が少なく、コンパクトだが何でも打ちに行くアプローチのため打率がイマイチ上がらない。スピードは平均以下。肩が強いためRFを守っている。

11. ペドロ・パヤノ:RHP
90マイル前半の速球とカッター、カーブ、チェンジアップのコンビネーション。コマンドに優れており、いずれの球種もストライクゾーンに集めることができる。試合の終盤になってもボールのクオリティを落とさないようにできるスタミナも魅力の1つ。デリバリーは力感はないが、投げ終わった時に若干体が1塁方向に流れてしまっている。

12. コナー・サゼック:RHP
速球は最速100マイルを計測するが、リリースポイントが不安定なため甘く入ることが多くHRをよく打たれてしまう。アウトピッチのスライダーはキレがよく空振りを容易に奪うことができる。リリーフに回った方が球速が増し、多少アバウトなコントロールでも通用するためリリーフ転向が考えられている。

13. アレックス・スピース:RHP
16年ドラフト2巡目指名。最速97マイルの速球が最大の魅力。今後も球速は上昇していく可能性がありアップサイドは大きい。アウトピッチとしているカーブは大きく曲がり、速球と緩急をつけることもできるので空振りを簡単に奪える。チェンジアップは発展途上。コントロールは先発として投げるには厳しいほど悪く、改善が見られなければブルペンに回ることになるだろう。

14. レオディ・タベラス:OF
18歳という年齢ながら無駄が少ないスイングを見せるハイシーリングなタレント。現時点ではパワーは平均以下だが、今後筋肉をつけていけば2桁HRをマークすることも不可能ではなくなるだろう。スピードも平均以上で広いレンジをカバーできるため今後もCFに留まれるだろう。より上のクラスでも成績を残すことができれば一気に評価を上げることができる。

15 ザビアー・ターナー:3B
確実性と長打力を併せ持つ打撃に高い評価を得ている。アプローチも悪くなく、高出塁率が期待できる。問題は精神面で、大学時代はチームポリシーに違反し出場試合数に制限がかけられ、プロ入り後も禁止薬物使用で出場停止処分をくらっている。メジャー昇格前に永久追放にならないことを祈るばかりである。

16. ホセ・レクラーク:RHP
昨シーズンメジャーデビューを果たしたリリーフプロスペクト。最速98マイルの速球と、2種類のチェンジアップのコンビネーションで三振の山を築く。チェンジアップは他の投手と同じように沈むものとスライダーのように沈むものがあり、特にスライダーのように沈むチェンジアップは右打者に対して非常に有効。コントロールが悪く、許容範囲を超える勢いで四球を出すので要改善。

17. コール・インライト:3B
16年ドラフト3巡目指名。大学への奨学金が打ち切られたことをきっかけに真剣に野球に取り組むようになり頭角を現した。若干スイングは大きいがパワーポテンシャルは平均以上。肩は強いが、ハンドリングなどの細かい部分に改善の余地を残している。

18. マイク・ハウスチャイルド:RHP
昨年ルール5ドラフトで加入。90マイル前半のよく動くシンカーとスライダー、チェンジアップのコンビネーションでゴロを打たせて取るピッチングスタイル。コントロールがいい点とプロ入り後目立った故障なく投げ続けられている耐久性は評価に値する。

19. スコット・ハインマン:OF
ヒッティングスキルに高い評価を得るタレント。コンパクトなスイングで鋭い打球を弾き返すことできる。ストライクゾーンの見極めもできており、出塁率も高い。パワーも平均かそれ以上はあるだろう。スピードは平均以上だが、盗塁成功率は68%とイマイチ。守備ではCFを守ることもあるが、肩の強さは平凡なためLFを主に守っている。

20. ホセ・トレビーノ:C
コンタクトスキルに優れており、滅多に三振をしない。早打ちのため四球が少ない。非常に小柄でアプローチも長打を意識したものではないためパワーは平均以下。守備ではソリッドさと肩の強さが光る。メークアップに優れており、投手とのコミュニケーションも欠かさないため数字で出てこない部分での評価も高い。

 

Text by Ookaya Ryota
写真:https://flic.kr/p/y45LYh

2017 Top 20 Prospects:シアトル・マリナーズ

26460635626_08f74768db_z

 

 

 

 

 

 

 

本ランキングのベースは、現在の活躍と今後のアップサイドによる総合的な評価である。傘下トップ20の素材を簡易のレポートと共に示している。選手名のリンクで表示されるマイナーでのスタッツと併せて参考にして頂ければ幸いだ

 

1. カイル・ルイス:OF
16年ドラフト全体11位指名。昨年Baseball Americaが選ぶカレッジ・オブ・ザ・イヤーに選出されたスラッガー。せわしなく動くスイングはきれいなものとは言えないが、しっかりと力をためて振りぬくことができている。アプローチも悪くなく四球を選ぶことができる。守備は現在CFを守っているがそれほど上手いわけではないので将来はRF/LFに転向するだろう。昨シーズン途中にシーズンエンドとなる故障をし、手術も受けたが経過は良好とのこと。

2. タイラー・オニール:OF
小柄な体につまった筋肉から生み出されるパワーが魅力。昨シーズンは一昨年からHR数が減ったものの、打者有利なA+のリーグからAAのリーグに移ったことが原因であるため心配は無用。三振の数は減らなかったが、四球の数は増え打率も上がっており、上のクラスのボールに対応できている。スピードも平均レベルにはあり、OFを守るには申し分ない。

3. ダン・ボーゲルバック:1B
大柄な体格が特徴的なヒッティングプロスペクト。秘めているパワーポテンシャルはシーズン20HRも可能なほどだが、試合ではコンタクトに意識を置いているためそれほど長打が多いわけではない。その分低打率に陥ることはなく、アプローチもいいため四球が多く高出塁率が残せる。打撃以外はからっきしで、スピードはなく、1Bしか守れない守備も平均以下。

4. ミッチ・ハニガー:OF
昨年11月にタイワン・ウォーカー(ARI)とのトレードで加入。昨シーズン、外角のボールを流し打ちして長打が打てるようになったことで成績が向上しメジャーデビューも果たした。アプローチがよく、四球を多く選ぶ割に三振が少ない。スピードは平凡だが、OF3ポジションをしっかりとこなすことができる。肩が非常に強く送球も正確なためRFで使えば平均以上に守ることができるだろう。

5. マックス・ポーブス:RHP
昨年11月にアレックス・ジャクソン(ATL)とのトレードで加入。90マイル前半の速球とカーブ、2種類のスライダーのコンビネーション。速球はフォーシームで動きが少なく、変化球はいずれも平均レベルだが、デセプションに優れたデリバリーでタイミングを取りづらくし、打者を打ち取っていく。非常に大柄な体格で故障も少ないため、将来像は優秀なイニングイーター。

6. アンドリュー・ムーア:RHP
卓越したコマンドが持ち味のハイフロアーなタレント。90マイル前半の速球と速球と同じアームスピードで投げられるチェンジアップのコンビネーション。カーブ、スライダーも投げるが、クオリティは高くない。小柄な体格のため耐久性に不安があり、85球ほどで疲労を隠せなくなるスタミナのなさも懸念材料。先発1本でいくよりも、リリーフもこなすスイングマンとして起用する方が無難か。

7. ニック・ナイダート:RHP
20歳という年齢に似つかわしくない老獪なピッチングを見せる。90マイル前半の速球とカーブ、チェンジアップ、スライダーのコンビネーション。速球はよく沈み、低めに集めることができるためゴロを打たせるには最適。カーブ、チェンジアップといったブレーキングボールも評価は高いが、スライダーは投げ始めたばかりなのでクオリティはまだイマイチ。凄みに欠けるが、ソリッドな成績を期待できる。

8. ブライアン・ヘルナンデス:OF
身体能力が高いハイシーリングなタレント。スピードの評価高く、盗塁も上手い。肩が強いためCFを守ることができる。パワーポテンシャルが高く、シーズン15HRをマークすることも不可能ではない。ボール球でも打ちに行くアプローチを改善する必要があるだろう。

9. ジョー・リゾー:3B
16年ドラフト2巡目指名。ボールの見極めに優れたピュアヒッター。速球に強く、力負けしない鋭いスイングでラインドライブの打球を量産することができる。小柄な体格だが、パワーは平均レベルにはあるだろう。肩は強いがスピード、守備共に平均以下で3Bに留まることは難しく、将来は1B/LFに移ることになるだろう。

10. ベン・ギャメル:OF
突出したツールはないが、致命的な弱点もないハイフロアーなタレント。打撃ではコンタクトスキルが高く、アプローチがいいため四球を多く選び三振を少なく抑えることができる。スピードは若干平均を上回っておりシーズン2桁盗塁をマークできるだろう。守備はRF/LFに置くなら問題なく守れる。

11. ディロン・オーバートン:LHP
トレードでOAKから加入。コマンドに優れたハイフロアーなタレント。コントロールを乱す場面はほとんどなく、コンスタントにストライクゾーンに投げこむことができる。カーブ、チェンジアップといったブレーキングボールの評価も悪くないが、ドラフト時に受けたトミー・ジョン手術からの復帰以降球速が最速でも90マイル前半程度となっており、球威不足からメジャーではHRを簡単に打たれてしまった。

12. ロブ・ウェイレン:RHP
アレックス・ジャクソン(ATL)とのトレードで加入。速球は最速でも90マイル前半と球威に欠けるが、カッター気味に動かしたり、沈むアクションをつけたりと工夫している。スライダーとカーブの評価は悪くないが、チェンジアップのクオリティはイマイチ。コントロールも若干平均を下回っており、先発として投げるなら4/5番手になるだろう。

13. チェイス・デヨング:RHP
90マイル前半の速球とパワーカーブ、チェンジアップのコンビネーション。真上から投げおろすデリバリーのため角度はついているが、速球は球威に欠け、ムービングにも乏しいためより上のレベルでも通用するか未知数。 コントロールは悪くなく、四球を出すことは少ない。極端なフライボーラーなためセーフコフィールド向きと言える。

13. ギレルモ・エレディア:OF
コンタクトスキルに優れたキューバ人。多くのキューバ人プレイヤーと異なり、しっかりとボールを見極め四球を多く選ぶことができる。パワーは全くと言っていいほどなく、長打は期待できない。スピードがあり、守備ではOF3ポジション全てをこなすことができる。典型的な第4のOFとしてメジャーで活躍できるだろう。

14. シェイ・シモンズ:RHP
ルイス・ゴハラ(ATL)とのトレードで加入。90マイル中盤の速球とスライダーのコンビネーションで三振を大量に奪うリリーフプロスペクト。既にメジャーデビュー済で実力が通用することも証明している。ツーシームを多投するためゴロ率が高く長打を打たれるリスクが少ない点も評価に値する。

15. ダン・アルタビラ:RHP
最速97マイルの速球が武器である小柄なリリーフプロスペクト。一昨年までは先発として投げていたが、昨シーズンからブルペンに転向。AAの打者を圧倒しAAAを飛ばしてメジャー昇格を果たした。アウトピッチのスライダーはキレがよく容易に空振りが奪える。コントロールはアバウトだが、四球を連発してしまうほどではない。

16. ディラン・アンスワース:RHP
卓越したコマンドが魅力の南アフリカ人。速球の球速は80マイル後半程度だがよく動き、バットの芯を外すことができる。チェンジアップの扱いにも長けており、速球と緩急をつけて空振りを奪うことが可能。昨シーズン途中に故障をし、そのままシーズンアウトとなったがAFLで復帰し故障前と変わらない投球を見せていた。

17. チアゴ・ビエイラ:RHP
最速103マイルの沈む速球が武器であるリリーフプロスペクト。この速球に80マイル前半のカーブを組み合わせ緩急をつけて空振りを奪う。昨シーズンは最低限のコントロールを身に着けることに成功し、全体的に成績も向上した。メジャーのチームのブルペン次第では今シーズン中の昇格もあり得る。

18. トニー・ジク:RHP
昨シーズンの大半を故障で棒に振ったリリーフプロスペクト。実力は確かで、小さなテークバックから繰り出される90マイル後半の速球とキレのいいスライダーのコンビネーションは素晴らしく、健康ならセットアッパーを務めることもできるだろう。

19. デビッド・グリア:OF
16年ドラフト10巡目指名。昨シーズン大学で早打ちだったアプローチを改善し四球を選べるようになったことで評価を上げた。コンパクトなスイングながらも左右両方向に長打が打てる打力を持っている。課題は守備でIF、OFとポジションを転々としているがどこを守っても平均以下。スピードもない。

 

Text by Ookaya Ryota
写真:https://flic.kr/p/GjeF6C

2017 Top 20 Prospects:オークランド・アスレチックス

29039427632_646044b22c_z

 

 

 

 

 

 

 

本ランキングのベースは、現在の活躍と今後のアップサイドによる総合的な評価である。傘下トップ20の素材を簡易のレポートと共に示している。選手名のリンクで表示されるマイナーでのスタッツと併せて参考にして頂ければ幸いだ。

 

1. フランクリン・バレット:SS
高いヒッティングスキルが魅力。バットスピードが速く、ラインドライブの打球を量産することができる。パワーも平均かそれ以上あり、シーズン15HRをマークすることができるだろう。毎シーズン盗塁数は多いが、スピードは平均レベル。現在はSSを守っているが、レンジが平凡でミスが多いため2B/OFへの転向が考えられている。肩は強いためOFならCF/RFに入ることになるだろう。

2. マット・チャップマン:3B
パワー、肩の強さ、守備の上手さはマイナーでも有数のものだが、コンタクトスキルが異様に低いため評価が打ち止めとなってしまっている。そのため打率は常に低空飛行だが、長打を警戒されるため四球が多く総合的な打力は平均以上。肩はマウンドで98マイルを計測するほど強く、守備はマイナーの3Bで最も上手いとの評価を得ている。どれだけバットにボールを当てられるかが今後のカギ。

3. A.J.パク:LHP
16年ドラフト全体6位指名。90マイル後半の速球とスライダー、チェンジアップのコンビネーション。速球を内角に投げこむことにためらいがなく、果敢に攻めていくことができる。スライダーの評価は現時点でも高いが、まだ、向上の余地があり絶対的なボールにすることができる。チェンジアップは平均程度のクオリティで試合で使う分には悪くないボール。時折四球を連発してしまうコントロールの悪さは改善する必要があるだろう。

4. ジャレル・コットン:RHP
昨シーズン途中にジョシュ・レディック(HOU)らとのトレードでOAKに移籍後頭角を現した。速球は常時90マイル前半程度だが、多投するチェンジアップのクオリティは非常に高く、メジャーデビュー後も打者をきりきり舞いにしていた。コントロールもよく四球は滅多にださない。球威がなく長打が出やすい点と、小柄なため先発として投げ続けられるかという点が懸念材料。

5. ダニエル・ゴセット:RHP
不調に苦しんだ一昨年から一転、昨シーズンは1年を通して好投を見せた。90マイル前半のよく動く速球、カッター、カーブ、チェンジアップのコンビネーション。アウトピッチはカーブで速球と緩急をつけて空振りを奪う。四球を出すことが少なく、どの球種もコマンドをつけて投げることができる。細身のため耐久性に疑問符がつく。

6. マット・オルソン:OF/1B
OAKのマイナー屈指のパワーを持ちながらも慎重すぎるアプローチと対左投手への対応の悪さが仇となって満足に発揮できないでいる。それでも平均以上の打力を有しており、レギュラークラスの選手になれるだろう。懸念されていた守備はOF/1Bともにそつなくこなし、1Bについては平均以上との声も。

7. グラント・ホルムズ:RHP
高校時代に速球が100マイルをマークしたことがあるが、プロ入り後は95マイル前後で推移している。それでも速球はよく動くため捉えることは難しく、カーブ、チェンジアップのブレーキングボールは共に平均以上のクオリティのためコンスタントに空振りを奪うことができる。デリバリーに力感はなく、崩れることは少ないが、リリースポイントを見失いコントロールを乱す場面が目立つ。

8. レナト・ヌネス:3B
小柄な体格ながら筋肉が詰まった肉体の持ち主でパワーは平均以上。甘く入った速球を逃すことなくHRにすることができる。何でも打ちに行くアプローチのため三振が多い割に四球が少ない。スピードがなく、守備も現在守っている3Bに留まることが難しいので将来は1Bに転向することになるだろう。

9. ヒース・フィルマイヤー:RHP
大学時代に投手に転向したため投手としての経験は実質3年程度。それでもプロ入り後高い能力を見せ短期間でAAにまで到達した。90マイル前半の速球とカーブ、チェンジアップのコンビネーション。アウトピッチはカーブでスピンが利いており空振りを奪うことができる。チェンジアップの評価も悪くない。一昨年はコントロールを乱すことが多かったが、昨シーズンは四球を出すことが少なかった。この傾向が続けば今シーズン中のメジャー昇格も有り得る。

10. ドルトン・ジェフェリーズ:RHP
16年ドラフト全体37位指名。ソニー・グレイ(OAK)と比較されていることから分かるように小柄な体格。90マイル前半の沈む速球とカーブ、スライダー、チェンジアップのコンビネーション。スライダーはカウント球としてしか使わないが、カーブ、チェンジアップはアウトピッチとして優秀なボール。デリバリーは力感がなく、コントロールもいい。肩を故障して同期のパク、ローガン・ショアに出遅れたが実力は負けるとも劣らず。

11. ラウル・アルカンタラ:RHP
14年から2年間故障に悩まされていたが、昨シーズンは1年健康に過ごしメジャーデビューも果たした。90マイル前半の速球とチェンジアップ、カーブ、スライダーのコンビネーション。チェンジアップの評価が高く、速球と緩急をつけることができる。ストライクスロワーで四球を出すことは滅多にないが、メジャーではそれが仇となってかHRを打たれる場面が目立った。

12. ブルース・マックスウェル:C
プロ入り後打撃で苦戦していたが、昨シーズンは大学時代の打撃を取り戻し、メジャーデビューも果たした。打席では柔軟なスイングで広角に打ち分けることができている。パワーも平均かそれ以上はあるためCとしては優秀な打力の持ち主。守備ではパスボールなどのミスが少ない上にフレーミングの数字もよく、盗塁阻止率も常に高い数字をマークしている。

13. ローガン・ショア:RHP
16年ドラフト2巡目指名。大学時代はパクを抑えてエースとしての扱いを受けていた技巧派投手。速球の球速は最速でも90マイル前半だが、卓越したコマンドと昨年のドラフトクラスの投手で最高級と言われたチェンジアップを駆使し打者を打ち取っていく。ブルドックのようだと形容される闘争心の高さもウリで、プレーオフに投げさせたい投手とも言われている。

14. マックス・シュロック:2B
高いヒッティングスキルが武器の小兵。当てるだけのスイングではなく、しっかりと振りぬくためそこそこ長打を打つことができる。アプローチは悪くなく、大量に四球を選ぶわけではないが滅多に三振をしない。守備は平凡で2Bを守らせておく分には問題はない。スピードも平均レベル。将来像はIF版青木宣親(HOU)。

15. ノルヘ・ルイズ:RHP
昨年の12月にインターナショナルFAで加入したキューバ人。90マイル前半のよく動く速球とスライダー、チェンジアップ、スプリッターのコンビネーション。変化球はいずれも平均かそれ以上の評価を受けており、アクションも大きく申し分ない。13年にはアレックス・ブレグマン(HOU)、カイル・シュワバー(CHC)らなど現在メジャーの一線級で活躍する選手がいたアメリカ大学代表チームを相手に11奪三振1失点の投球を披露したこともある。

16. フランキー・モンタス:RHP
最速102マイルの速球が最大の武器であるリリーフプロスペクト。この速球にキレのあるカッターのようなスライダーを交えて三振の山を築く。一昨年までは先発として投げることがほとんどだったが、昨シーズンは故障もあってリリーフに回る機会が増えた。コントロールに難があるため、今後もリリーフとして使う方が無難だろう。

17. チャド・ピンダー:SS/2B
無駄の少ないスイングで引っ張った時のパワーは目も見張るものがある。コンタクトスキルは平凡だが、何でも打ちに行くアプローチのため四球が少なく、その割には三振が多いため打率が上がらない。肩は非常に強く、膝をついたまま1Bへ正確な送球が投げられるが、レンジやハンドリングは平均かそれ以下。将来は代打もこなすユーティリティーか。

18. ラザロ・アーメンタロス:OF
昨年の7月にインターナショナルFAで加入。キューバのブライス・ハーパー(WSH)と形容されるように素晴らしい肉体と型外れなスイングから生み出される規格外のパワーが持ち味。身体能力が非常に高く、スピードや肩の強さも一級品。キューバではRF/LFを守っていたがCFを守ることもできるだろう。まだ、投球に対する理解などは浅く、育成に時間はかかるが上手くいけばメジャーを代表する選手の1人になるだろう。

19. ジェイコブ・ブラグマン:OF
走攻守全てをそつなくこなすことができるハイフロアーなタレント。打撃では広角に打ち分けることができ、低打率に陥ることは少ない。パワーも平均程度にはある。スピード、肩も平均レベルで守備はOF3ポジション全てに入ることが可能。第4のOFとしては優秀な部類になるだろう。

20. ダコタ・チャルマーズ:RHP
90マイル後半をたたき出すこともある速球が武器のハイシーリングなタレント。アウトピッチのカーブ、スライダーも評価が高く、三振を簡単に奪うことができる。身長の割りに体重がついておらず、デリバリーが不安定となりコントロールを乱す原因となっている。

 

Text By Ookaya Ryota
写真:https://flic.kr/p/Lf7E7L

2017 Top 20 Prospects:ロサンゼルス・エンゼルス

18691508085_c5ffc374a8_z

 

 

 

 

 

 

 

本ランキングのベースは、現在の活躍と今後のアップサイドによる総合的な評価である。傘下トップ20の素材を簡易のレポートと共に示している。選手名のリンクで表示されるマイナーでのスタッツと併せて参考にして頂ければ幸いだ。

 

1. マット・タイス:1B
16年ドラフト全体16位指名。自分の打てるボールを見極め確実に捉えることができるヒッティングスキルの高さが魅力。アプローチもよく三振は少なく、四球は多い。パワーは若干平均を下回るがそれでもシーズン15HRほどはマークすることができるだろう。大学時代はCだったが、あまりにも下手なためプロ入り後は1Bに専念。その1Bも満足に守れるかは疑問符がつく。

2. ジャーメイ・ジョーンズ:OF
身体能力の高さが光るアスリート。スイングは若干大回りをしているが、バットスピードが速くラインドライブの打球を量産することができる。アプローチでも成長を見せ三振を減らしつつ四球を増やすことに成功した。平均以下と言われていたパワーも徐々に筋肉をつけているため、シーズン2桁HRをマークすることも不可能ではなくなってきている。スピードは平均以上で盗塁も上手い。肩が強いためCFを守ることができる。

3. アレックス・メイヤー:RHP
なかなかメジャーで結果が残せないでいる大型投手。90マイル後半の速球にスライダー、チェンジアップのコンビネーションはマイナーでは敵なしだが、デリバリーが不安定でストライクを取ることに苦労する場面が多い。細かいコマンドがなくてもコンスタントにストライクを取れればフロントスターターになることができるだろう。

4. ブランドン・マーシュ:OF
16年ドラフト2巡目指名。高校時代はアメリカンフットボールのワイドレーシーバーとしてもトップクラスの選手だったアスリート。純粋な身体能力の高さだけなら昨年のドラフトクラスの選手の中でも有数のもの。打撃では平均以上のパワーを見せ、守備ではスピードと強肩を活かしたCF守備を披露する。まだ、ところどころが粗っぽいタレントだが洗練されればスター選手になれる素質を有している。

5. グレイソン・ロング:RHP
90マイル前半の沈む速球とスライダー、チェンジアップのコンビネーション。スライダーのクオリティは平均程度だが、速球と同じアームスピードで投げられるチェンジアップの評価は高い。マウンドの傾斜を上手く使ったデリバリーはスムーズで力感もなく、コントロールも悪くないが、たまにストライクゾーンにボールを集めることができなくなる場面がある。

6. ノーニー・ウィリアムズ:SS
16年ドラフト3巡目指名。身体能力が高くSSとして必要なレンジ、肩の強さを有しているが大柄な体格のため将来は2B/3Bに移るものと見られている。他のポジションに移ったとしても平均以上には守れるだろう。打撃ではパワーポテンシャルの高さが光るが、スイングの時に上体だけが突っ込んでいくクセがあり上手くコンタクトできない原因となっている。

7. テイラー・ワード:C
昨シーズンは前半はインサイドの速球への対応に苦しみ、絶不調に陥ったが後半は対応して持ち直すことができた。アプローチに優れており、四球を多く選ぶ割には三振が少ない。守備では強肩が盗塁阻止が持ち味。キャッチングやブロッキングなども平均レベルにはこなすことができる。

8. ビンセンテ・カンポス:RHP
90マイル中盤の速球とスライダー、チェンジアップのコンビネーション。スライダー、チェンジアップ共に平均レベルのクオリティにある。デリバリーは下半身を上手く使えておらず、アームスピードに頼る形となっている。また、腕のアングルが安定しないため細かいコマンドがつけられない要因となっている。耐久性に問題があり、頻繁に故障し戦列を離れる。

9. トロイ・モンゴメリー:OF
16年ドラフト8巡目指名。小柄な体格ながら筋肉質な体の持ち主でパワーは他の選手と見劣りすることはない。スイングもしっかりと振りぬき、当てるだけのスイングではない。アプローチもよく、低身長でストライクゾーンが狭いことも相まって四球を多く選ぶことができる。スピードは平均以上で肩も強く、CF/RF共に平均以上に守ることができる。

10. ハイメ・バリア:RHP
90マイル前半の速球とカーブ、チェンジアップのコンビネーション。20歳という年齢の割にはコマンドに優れており、四球を出すことは滅多にない。どの球種でもストライクゾーンに集めることができる。どの球種も空振りを奪えるボールではなく、三振が少ない。将来像はのらりくらりと抑えるイニングイーターか。

11. クリス・ロドリゲス:RHP
16年ドラフト4巡目指名。90マイル中盤の速球とカッター/スライダーのコンビネーションで三振を多く奪うピッチングスタイル。球速を維持し続けることができるスタミナは先発向きだが、デリバリーは力感が強く、故障を心配する声もある。また、変化球のレパートリーも少ないためチェンジアップなどを習得する必要がある。

12. ネイト・スミス:LHP
力感の少ないデリバリーでボールをストライクゾーンに集めるハイフロアーなタレント。速球、カーブ、スライダー、チェンジアップはいずれも平均レベルのボール。速球は常時80マイル後半で最速でも91マイルと球威に欠け、マイナーでも被本塁打が多く、メジャーでも同じような傾向になるだろう。

13. ハットン・モイヤー:2B
コンパクトなスイングでラインドライブの打球を量産する。パワーは平均以下だが、ギャップを抜くパワーはあるので二塁打を多く打つことができるだろう。アプローチが拙いため四球は少ないが三振は多く、このままだと上のレベルでは通用しなくなるだろう。守備はレンジは平凡だが、ミスは少なく2Bとしてなら問題なく守れるだろう。

14. キーナン・ミドルトン:RHP
最速102マイルの速球を投げるリリーフプロスペクト。速球はフォーシームで浮き上がるようなアクションを見せ、高めに投げて空振りを奪うことができる。アウトピッチとして使うスライダーも速球もキレがよく、空振りを奪うことができる。コントロールはよくはないが、リリーフとして使うなら許容範囲。セットアッパークラスの投手になれるだろう。

15. ヘスス・カスティーヨ:RHP
90マイル前半の速球とカーブ、チェンジアップのコンビネーション。カーブは不安定だが、チェンジアップの評価は悪くない。デリバリーは力感がなく、スムーズなため試合の途中で崩れることも少なく、コントロールもいい。故障が多く、耐久性の面で不安がつきまとう。

16. デビッド・フレッチャー:SS
コンタクトスキルに優れた小兵。コンパクトなスイングでフィールド全体を使った打撃をすることができる。パワーは皆無のため、ギャップを抜くパワーもない。守備ではSSとして守ることができるレベルのレンジ、肩の強さだが、2Bに入ると平均以上に守れるため将来は2Bに転向する可能性もある。スピードは平均だが、ベースランニングが上手く盗塁技術も高い。

17. コール・ダンシング:RHP
16年ドラフト6巡目指名。身長は6-4と非常に高いが、まだ筋肉をつける余地があり、現在90マイル前半程度の球速は今後さらに上昇する可能性があるだろう。速球はフラットな軌道なため、今後ツーシームやカッターなどを習得する必要がある。また、変化球のクオリティも低いため向上が必要。現時点ではマイナスの面が目立つが、上手く育成できれば先発2番手クラスの投手になれる素材。

18. ブルックス・パウンダース:RHP
昨年の12月にKCからトレードで加入。速球は常時90マイル前半程度だが最速で97マイルをマークすることもある。カーブ、スライダー、チェンジアップといったブレーキングボールを投げるがどれも平均レベル。体重過多気味で、その分安定したデリバリーで投げられるためコントロールは悪くないが、先発として使うには体力が持つかが懸念材料。リリーフとして使うのが無難か。

19. コナー・ジャスタス:SS
16年ドラフト6巡目指名選手。守備に高い評価を得ており、レンジの広さ、ハンドリング、肩の強さは全てSSとして平均以上のものを持っている。打撃ではコンタクトスキルに優れるが、小柄なためパワーは皆無。将来は守備固めの選手としてメジャーに昇格するだろう。

20. アベル・デロスサントス:RHP
最速97マイルの速球が武器のリリーフプロスペクト。アウトピッチはカーブで速球と緩急をつけて空振りを奪うことができる。大量に三振を奪うことができる反面、コントロールが非常に悪く、メジャーに定着できない理由となっている。今シーズンはおそらく開幕からメジャーで投げることになるだろう。

 

Text by Ookaya Ryota
写真:https://flic.kr/p/utGS9M

2017 Top 20 Prospects:ヒューストン・アストロズ

29112343436_202126afe0_z

 

 

 

 

 

 

 

本ランキングのベースは、現在の活躍と今後のアップサイドによる総合的な評価である。傘下トップ20の素材を簡易のレポートと共に示している。選手名のリンクで表示されるマイナーでのスタッツと併せて参考にして頂ければ幸いだ。

 

1. フランシス・マーテス:RHP
常時90マイル後半の速球を投げることができる剛腕。この速球にパワーカーブとチェンジアップを交え緩急をつけて空振りを奪う。カーブはアウトピッチとして非常に優秀なボール。チェンジアップのクオリティは高くはないが、AFLでは重点的に改善に取り組んでいた。コントロールは悪くないが、細かいコマンドは持ち合わせていない。エースポテンシャルの持ち主で今シーズン中のメジャー昇格も有り得る。

2. デビッド・ポウリーノ:RHP
90マイル中盤の速球とカーブ、チェンジアップのコンビネーション。6-4と大柄な体格で速球は角度がついており、球威がある。アウトピッチのカーブも速球と緩急をつけるには有効なボールで曲がり幅も大きいため空振りを奪いやすい。チェンジアップも改善の兆しを見せている。デリバリーは力感がなく、スムーズなためストライクゾーンにボールを集めることには苦労しない。シーズン最多で90イニングしか投げたことがなく、耐久性については不安が残る。

3. カイル・タッカー:OF
バットを後ろに引いてタメを作る独特なスイングだが、しっかりとバランスが取れており平均以上のバットスピードを生み出すことができる。パワーも平均かそれ以上でシーズン15~20HRをマークすることも可能。昨シーズンは32盗塁をマークしたが、本来それほどスピードがあるタイプではないため今シーズン以降は数が減るだろう。守備では肩が強いためRFを守っている。 

4. フォレスト・ウィットリー:RHP
90マイル中盤の速球とカーブ、チェンジアップ、スライダーのコンビネーション。速球は球威があり、カーブ、チェンジアップ、スライダーどの球種も平均かそれ以上のクオリティ。がっしりとした下半身に支えられたデリバリーは安定しており、コントロールを乱すことも少ない。完成度は既に高く、高卒ながら早期昇格も望める。あえて弱点を言うならアップサイドに若干かけるところか。 

5. フランクリン・ペレス:RHP
90マイル前半の速球とカーブ、チェンジアップのコンビネーション。身長の割りに体重がついていないので今後さらに球速が上昇する可能性はある。速球はフォーシーム、ツーシーム、カッターの3種類があり、どれも平均以上のクオリティ。カーブは不安定だが、曲がり幅が大きく空振りが奪いやすい。チェンジアップは速球と同じアームスピードで投げられるため緩急がつけやすくなっている。コントロールもよく、筋肉をつけてデリバリーが安定すれば言うことなしだ。 

6. テオスカー・ヘルナンデス:OF
昨シーズンはアプローチを改善し四球を増やすことに成功した。メジャーでは三振が増え低打率に終わってしまったが、マイナー同様にしっかりと四球を選ぶことができていた。パワーは平均以上でシーズン20HRをマークすることもできるだろう。スピードもあり、肩も強いがメジャーではジョシュ・レディックやジョージ・スプリンガーがいるためLFを守ることが多くなるだろう。

7. ラモン・ラウレノ:OF
昨シーズン、ブレークを果たした小兵。フィールド全体を使った打撃をすることができるためハイアベレージを残すことができる。昨シーズンはA+-AAで15HRを放ったが、小柄でスイングもタメが小さく長打を狙うようなものではないため、今シーズン以降HRの数は少なくなる可能性が高い。スピードがあり、肩も強いがルート取りなどに若干不安があるためRFでの起用が無難か。

8. デレク・フィッシャー:OF
パワー&スピードに高評価を得る粗削りなタレント。20-20をマークすることも不可能ではないが、コンタクトスキルに難があるため高打率は望めない。その分四球を多く選ぶことで出塁率は悪い数字にはなっていない。 スピードはあるが、肩が弱く、打球反応が悪いため将来は現在守っているCFからLFに移ることになるだろう。

9. ユリエスキ・グリエル:3B
NPBでもプレー経験があるキューバ人。昨シーズン途中にHOUと5年47.5Mの契約を結んで加入した。柔軟なスイングでどのコースのボールでも対応することができ、パワーも申し分ない。3B守備は可もなく不可もなくといったところだが、HOUのIFは若く守備が上手い選手がそろっているため主に1Bを守ることになりそう。

10. A.J.リード:1B
昨シーズン満を持してメジャーデビューを果たしたが、メジャーの投手に最後まで対応することができなかった。オフには打撃コーチと共にスイングの改善に取り組み、また、シーズン中に増えた体重を落とし1年間失速せずプレーできるようにすることを目標とした。肩は強いが、1Bなので披露する機会は少ない。守備はもう少し改善する必要がある。1B/DHはライバルが多く限られた出場機会の中で結果を残す必要がある。

11. J.D.デービス:3B
2年連続でマイナーで20HR以上をマークしているパワーが持ち味。ただ、徐々に成績は悪化してきているため今後さらに上のレベルの投手のボールに対応できるかは未知数。大柄な体格のためスピードは平均を大きく下回る。大学時代クローザーを務めていたため肩は強いが、守備は平均以下。

12. ダズ・キャメロン:OF
元メジャーリーガー、マイク・キャメロンの息子。身体能力が高く、スピードは平均以上だが盗塁は上手くなく成功率は低い。走塁ではスピードを生かし切れていないが守備では十分に生かしており、将来はCFのGG賞候補。打撃ではコンパクトなスイングでボールまで最短距離でバットが出せている。パワーは平均を下回る。スピードを落とさず、どれほどパワーがつけられるかが今後のカギ。

13. ドリュー・ファーガソン:OF
昨シーズン長打を意識した打撃スタイルに変更したことでブレークを果たした。小柄な体格ながらも、最後まで振り切るスイングでパワーを生み出している。その分、三振が増えたが許容範囲だろう。打率もどのレベルでも高水準で、アプローチもよく出塁率も高い。ラウレノと同じく、上のレベルでもパワーが通用するか見ものである。スピードは平均以上でOF3ポジション全てをこなす器用さがある。

14. ギャレット・スタッブス:C
守備の上手さがだけが取り柄だったが、昨シーズンは打撃でも目立った成績を残すことに成功した。2ストライクからでも恐れずにスイングをするが、コンタクトスキルが高いため三振は少ない。非常に小柄なためパワーは平均以下でシーズン2桁HRをマークすることは難しいだろう。守備は大学最終年に所属するリーグでCとして最優秀守備選手に選ばれるほどで肩も強い。

15. ミゲランジェル・シエラ:SS
小柄ながらもHRを打つことができるパワーの持ち主。18歳と若いがアプローチは悪くなく、しっかりと四球を選ぶことができる。昨シーズンRでは好成績を残したが、A-ではスランプに陥ったところが気になる点。守備ではSSに残ることができる能力を有している。

16. ショネル・ペレス:LHP
昨年インターナショナルFAで加入。9月に一度契約するも、メディカルチェックで問題が見つかり破談となり、12月に契約金の金額が大幅に引き下げられて再び契約した。90マイル前半のフォーシームとツーシーム、カーブ、スライダー、チェンジアップのコンビネーション。どのボールも平均程度のクオリティはあり、コントロールも悪くないが、小柄なため先発として投げられる耐久性について懸念されている。

17. スティーブン・レン:OF
16年ドラフト6巡目指名。しっかりとボールにコンタクトすることを意識したスイングでラインドライブの打球を量産することができる。四球も選ぶことができ、スピードも平均以上なためリードオフ向き。昨シーズンA-でHRを多く放ったが、本来それほどパワーがあるタイプではない。守備ではレンジは広いが肩が弱いためLFに入れるのが無難だろう。

18. ジェイソン・マーティン:OF
昨シーズンは23HRをマークするも打者有利なリーグでプレーしていたことが大きく影響しており、本来はそれほどパワーがあるわけではない。打撃は平均レベルで、四球を多く選び出塁率を稼げるところが長所。スピードはあるが、盗塁は上手くなく成功率は低い。守備もCFとして守れないことはないが肩が弱いためLFが無難。将来は第4のOFか。

19. コリン・モラン:3B
ヒッティングスキルの高さがウリの13年の全体6位指名選手。15年までは最低でも.290台に乗せていた打率が昨シーズンは急降下。AAAに対応することができなかった。ヒッティングスキル以外はこれといった長所がなく、パワー、スピード、守備共に平均以下。昨シーズン、メジャーデビューを果たすもHOUのIFの層は厚いため今シーズンはベンチを温めることが多くなりそう。

20. ヤンデル・グスターブ:RHP
昨シーズン、メジャーデビューを果たした最速102マイルの速球が武器のリリーフプロスペクト。これに90マイル前半のスライダーを組み合わせイニング以上の三振を奪う。問題はデリバリーの不安定さと、そのことが原因となっているコントロールの悪さ。これさえ克服できればクローザーレベルの投手になるだろう。

 

Text by Ookaya Ryota
写真:https://flic.kr/p/LmynrN