2019 ALCS Review:NYY vs HOU

               2019年のALCSは、ミネソタ・ツインズをスウィープで下したニューヨーク・ヤンキースと、第5戦でタンパベイ・レイズを下 More »

2019 NLCS Review : STL vs WSH

              ナリーグ中部地区を制したセントルイス・カージナルスとワイルドカードから勝ち上がってきたワシントン・ナショナルズの組み合わせ More »

2019 NLDS Review : ATL vs STL

                今年も遂にプレーオフのシーズンに突入した。今回はブレーブス対カージナルスが激突したナ・リーグの地区シリーズの More »

2019 NLDS Review : WSH VS LAD

            ナショナルズが通算成績3勝2敗でドジャースを下し、ナショナルリーグ優勝決定シリーズへ駒を進めた。   Game 1 WSH 0 More »

2019 ALWC Review:TB vs OAK

             総年俸の低い球団対決として注目されたこの試合はレイズが勝利した。 TB 5 – 1 OAK    レイズの先発は More »

 

Category Archives: AL西地区

2018 Team Preview :テキサス・レンジャース

471782819_1241ec127d_z

 

 

 

 

 

 

 

 

本拠地:グローブライフパークインアーリントン

 

他の球場と大きさを比較する→http://yakyujo.com/ml01/

 

広さ
レフト 101.2m
センター 121.9m
ライト 99.1m
フェンス高さ

2.4~4.3m

パークファクター *平均100
安打 110.0
ツーベース 105.2
スリーベース 181.3
HR 104.9
得点 115.6

 

1, デライノ・デシールズ(CF)

高い走力を武器に昨シーズンも29盗塁を記録。16年は打率.209、OPS=.588と大不振に苦しんだが、昨シーズンは打率.269、OPS=.714と復活を果たした。俊足を活かしたセンター守備でも高い評価を得ており、打撃で更に成長し、1番に定着したい。

2, エルビス・アンドルス(SS)

昨シーズン長打力が大幅開花し、デビューから8年間で35本塁打しか放っていなかったが、昨シーズンだけで20本塁打を放った。打点、OPSなどでも自己ベストを更新し、キャリア最高のシーズンとなった。9年連続で20盗塁をクリアしている俊足も相変わらずで今シーズンも主軸として期待。

3, ノマー・マザーラ(RF)

メジャーデビューから2年連続で20本塁打、昨シーズンは100打点もクリアするなど成長を続けている22歳。スピードが皆無で守備の評価が低いことや左投手を大の苦手としているなど課題ははっきりしているが、まだまだ若く改善に期待したい。

4, エイドリアン・ベルトレ(3B)

4月で39歳を迎える大ベテラン。しかし衰えはまだまだ見えず、故障こそあったが昨シーズンも打率3割をクリア、OPSも.915と一流であり続けている。3000本安打も達成するなど将来の殿堂入りの可能性は非常に高い。

5, ジョーイ・ギャロ(1B)

遂にベールを脱いだパワーモンスター。三振の多さも評判通りで、昨シーズンの196三振はアーロン・ジャッジ(NYY)の208三振に次いでメジャー2位の多さ。今後も昨シーズンのような成績を残し続け、アダム・ダンのようなキャリアを送っていくだろう。

6, 秋信守(DH)

故障に苦しんだ16年から復活し、149試合に出場。22本塁打に、13年以来となる二桁盗塁を記録するなどまだまだやれることを証明した。35歳を迎えたベテランだが、選球眼の良さパンチ力などに衰えは見えず、今シーズンも一定の成績は期待できる。一方で守備は心配な点だらけで主にDHとしての起用となるだろう。

7, ルーグネット・オドーア(2B)

今シーズンでメジャー5年目を迎えるがまだ24歳と非常に若い。昨シーズンは2年連続となる30本塁打越えを果たしたが、低打率&選球眼の無さから出塁率はわずか.252と苦しみ、OPSも.649とレギュラー失格クラス。今シーズンはその粗っぽい打撃を少しでも改善させたい。

8, ロビンソン・チリーノス(C)

年々打撃成績を伸ばしている捕手。昨シーズンはわずか88試合の出場ながら17本塁打、打率.255に対し、出塁率.360と選球眼の良さも見せた。盗塁阻止率は25%と高くはないが14年には40%を記録しており、今シーズンは数字の向上に期待したい。

9, ライアン・ルア(LF)

ブレイクした16年から一転、昨シーズンは打撃成績を大きく落とし、レギュラー獲得には至らなかった。今シーズンも主にバックアップとしての起用が予想されるが少ないチャンスを活かしてレギュラー獲得に近づきたい。マイナーでは30本塁打越えを記録した事があるなどパンチ力はある。

2018 Team Preview :シアトル・マリナーズ

34748902204_c7d1ff25c0_z

 

 

 

 

 

 

 

 

*40人ロースターはリンクより参照
*SP横*マークはローテーション候補の意味を示す。

  • 本拠地:セーフコ・フィールド

他の球場と大きさを比較する→http://yakyujo.com/ml04/

 

広さ
レフト 100.9m
センター 122.2m
ライト 99.4m
フェンス高さ

2.4m

パークファクター *平均100
安打 95.3
ツーベース 96.3
スリーベース 53.8
HR 115.8
得点 94.1

 

・予想オーダー

1, ディー・ゴードン:CF

マーリンズから加入したリーグを代表する俊足選手。薬物使用で評価を落としていたが、昨シーズンは200安打&60盗塁をクリアするなど実力を証明して見せた。本職は二塁手だが、マリナーズにはロビンソン・カノーがいるためセンターに回る。俊足を活かした守備範囲の広さは期待できるが、肩、スローイングなどには疑問の声も。

2, ジーン・セグーラ:SS

16年には200安打も記録した選手。昨シーズンも125試合の出場にとどまったが、2年連続の3割越えを記録した。5年連続で20盗塁もクリアしており、一番に座るゴードンとの俊足の1,2番コンビは他球団の脅威となるだろう。

3, ロビンソン・カノー:2B

メジャーを代表する二塁手。35歳を迎え多少の衰えは見受けられるが、その打撃技術はまだまだ超一流。昨シーズンは500二塁打に300本塁打とマイルストーンも達成、13年連続となる30二塁打をクリアするなど記録づくめのシーズンとなった。

4, ネルソン・クルーズ:DH

昨シーズンは119打点を記録し、打点王を獲得したチームの主砲。過去4年間で放った166本の本塁打はジャンカルロ・スタントンやエドウィン・エンカルナシオンらを抑えてメジャートップ。今シーズンも変わらぬパワーでチームのポストシーズンに貢献したい。

5, カイル・シーガー:3B

16年に派30本塁打に99打点とキャリア最高のシーズンを送ったが、昨シーズンは打率.249と落ち込むなど成績を落とした。しかし、27本塁打、OPS=.773と悪くない成績。昨シーズン行われたプレーヤーズウィークエンドでは”COREY’S BROTHER”と書かれたユニフォームを着て話題に。

6, ミッチ・ハニガー:RF

昨シーズン本格デビューを果たすと怪我で離脱などはあったが、96試合で16本塁打、OPS=.843と期待以上の活躍。長打率.491はカノーやシーガーよりも良い数字だった。プロ入りはブルワーズでダイアモンドバックスにもいたなど既に2度の移籍を経験している。

7, ライオン・ヒーリー:1B

アスレチックスから加入した長打力が持ち味の選手。昨シーズンはそのパワーを活かし、25本塁打を記録したが、あまりに選球眼がなく、出塁率はわずか.302と課題もはっきりとしている。レギュラーが確約されているわけではなく、活躍次第ではスプリングトレーニングで大活躍しているライバルのダン・ボーゲルバックにポジションを奪われてしまうだろう。

8, マイク・ズニーノ:C

打撃が持ち味の捕手が遂に覚醒の予感。キャリア最高となる25本塁打、OPS=.840を記録した。一方で粗っぽい打撃という点では変わっておらず、K%=36.8%という数字はレンジャースのジョーイ・ギャロに並んでメジャーワースト2位。今シーズンはその粗い打撃を少しでも改善したい。

9, ベン・ギャメル:LF

ハニガーと並んで昨シーズンブレイクを果たした選手の一人。特に前半戦は打ちまくり打率.323を記録した。小柄ながらパンチ力があり、レギュラー外野主として期待できる。今シーズンは毛下で出遅れることが決定しているが、復帰後は昨シーズン前半のような打撃に期待したい。

 

2018 Team Preview :オークランド・アスレチックス

40160706755_63869c0b5d_z

 

 

 

 

 

 

 

 

*40人ロースターはリンクより参照
*SP横*マークはローテーション候補の意を示す

  • 本拠地球場:O.coコロシアム

他の球場と大きさを比較する→http://yakyujo.com/ml16/

 

広さ
レフト 100.6m
センター 121.9m
ライト 100.6m
フェンス高さ

2.4~4.6m

パークファクター *平均100
安打 92.1
ツーベース 95.4
スリーベース 104.3
HR 72.7
得点 82.9

 

・予想オーダー

1, マーカス・セミエン:SS

16年には27本塁打を放ちブレイクを果たしたが、昨シーズンは故障の影響もあり、85試合の出場にとどまった。それでも持ち味のパンチ力を発揮し、二桁本塁打はクリア、BB%でキャリア最高の9.8%を記録するなど収穫のあるシーズンに。トッププロスペクトのフランクリン・バレットが既に昇格しており、調子によってはレギュラー剥奪の可能性も。

2, マット・ジョイス:LF

抜群の選球眼とパンチ力が持ち味の打者。昨シーズンはキャリア最高となる25本塁打を放つなど主軸として活躍した。特にシーズン後半はOPS=.889を記録するなど絶好調だった。キャリアを通して左投手を大の苦手としており、昨シーズンも対左投手は打率.186、OPS=.537と散々。

3, ジェド・ロウリー:2B

故障が非常に多いことで有名だが昨シーズンは大きな怪我なくシーズンを送った。リーグ2位となる49二塁打、BB%で11.3%を記録するなど主軸たる活躍。今シーズンも怪我なく1年間過ごし、来年のオフに控えるFAに向けてアピールしたい。

4, クリス・デービス:DH

2年連続で40本塁打、100打点をクリアしている大砲。三振が非常に多く、昨シーズンも195三振を喫したが、一方でBB%は16年の6.9%から11.2%と成長を見せた。今シーズンはキャリア初の個人タイトルの獲得にも期待したい。

5, マット・オルソン:1B

6月からメジャーに定着すると持ち前のパワーが爆発しわずか59試合で24本塁打を放ち、新人王投票でも4位に入った。マイナー時代からの選球眼の良さ、三振の多さも相変わらずだった。今シーズンも昨シーズンの勢いそのまま打ちまくりたい。

6, スティーブン・ピスコッティ:RF

オフにトレードでカージナルスから加入した選手。病気を患っている母の看病の為自らトレードを志願したのではと話題になった。昨シーズンはシーズンを通して不振に苦しみ、22本塁打を放った16年からは大きく数字を落とした。今シーズンは復活に期待。

7, マット・チャップマン:3B

昨シーズンデビューを果たした選手。マイナー時代から注目を集めていた三塁守備ではわずか84試合でDRS=19をマークするなどゴールドグラブ賞クラスである事を証明した。一方で粗っぽい打撃も相変わらずでこのままメジャーに定着するためにも改善したい。

8, ジョナサン・ルクロイ:C

オールスター2度の選出を誇る選手だが、昨シーズンは打撃では不調から抜け出せず、守備では高評価を受けていたフレーミングでも評価を下げるなど散々なシーズンに。FAを来年に控えているため、今シーズンは復活してアピールしたい。

9, ダスティン・ファウラー:CF

チームのエースだったソニー・グレイとのトレードでヤンキースから加入した外野手。昨シーズンはデビュー戦でフェンスにぶつかり怪我をしてしまい、そのままシーズンエンドとなった。俊足で打撃の評価も高いなど高いポテンシャルを秘める。

 

2018 Team Preview : ロサンゼルス・エンゼルス

9020912875_0ae79eeec7_z

 

 

 

 

 

 

 

 

*40人ロースターはリンクより参照
*SP横*マークはローテーション候補の意味を示す

  • 本拠地球場:エンゼルス・スタジアム・オブ・アナハイム

他の野球場と大きさを比較する→http://yakyujo.com/ml26/

 

 

広さ
レフト 100.6m
センター 121.9m
ライト 100.6m
フェンス高さ

2.4~5.5m

パークファクター *平均100
安打 93.6
ツーベース 82.8
スリーベース 60.0
HR 105.6
得点 91.0

 

・予想オーダー

1, イアン・キンズラー:2B

オフにトレードでタイガースから加入した。今年で36歳を迎えるベテランだが、持ち味のパンチ力は相変わらずで、昨シーズンも20本塁打をクリアした。しかし昨シーズンは低打率に苦しみ打率.236はキャリアワーストの数字。衰えは多少気になるが、経験豊富なベテランの加入はチームにとっても大きいだろう。

2, ザック・コザート:3B

オフの大補強の内の1人。昨シーズンはほとんどの数字でキャリア最高の成績を残し、オールスターにも出場するなど大ブレイクを果たした。昨シーズンの活躍がフロックでないことを示すためにも今シーズンの活躍にも期待したい。レッズではショートを守っていたが、アンドレルトン・シモンズがいるためエンゼルスでは三塁に転向する。

3, マイク・トラウト:CF

言わずと知れたメジャーリーグの顔。昨シーズンも進化は止まらず出塁率、OPSなどでキャリア最高の数字。怪我がなければ2年連続3回目となるMVPの受賞は間違いなかっただろう。怪我の心配から減っていた盗塁数も戻ってきており、三振の多さも改善傾向にあるなど完璧な選手に近づいている。

4, ジャスティン・アップトン:LF

昨シーズン途中にトレードでタイガースから加入した。昨シーズンは数々の数字でキャリアハイを記録し5年106Mの大型契約でエンゼルスと契約延長した。三振数ではワーストの数字など心配な点もあるがその長打力を武器にチームのポストシーズン進出に貢献したい。

5, アルバート・プホルス:DH

2000年代を代表するスーパースターも38歳を迎えた。衰えを隠せず、昨シーズンは遂にOPSで.700を割ってしまうなど散々な数字。21年まで大型契約が残っているなどチームにとっても大きな負担となってしまっている。今シーズンは通算2000打点に期待が掛かる。

6, コール・カルフーン:RF

パンチ力が持ち味の打者。昨シーズンは低打率に苦しんだが、19本塁打、BB%=10.9%と持ち味は発揮した。昨シーズン開幕前に3年契約を結んでおり、今シーズンはその契約の2年目となる。昨シーズンは2番での出場が主だったが、大型補強に伴い今シーズンは下位打線からチームを支えるバッティングに期待したい。

7, アンドレルトン・シモンズ:SS

現役最高の守備力を誇るショート。昨シーズンは打撃での成長を見せ、13年以来となる二桁本塁打をクリア、OPSもキャリア最高となる.752を記録した。さらにはこちらもキャリア最高となる19盗塁も記録するなど守備だけの選手というイメージは完全に払拭された。守備の良さも変わらず、3年ぶりとなるゴールドグラブ賞も受賞した。

8, ルイス・バルブエナ:1B

移籍初年度となった昨シーズンは持ち味のパワーを発揮し、22本塁打を記録したが、深刻な低打率に苦しみ10年以来となる打率一割台を記録してしまった。BB%=12%と選球眼の良さは相変わらずで今シーズンはこれを維持しつつ打率の改善に努めたい。

9, マーティン・マルドナード:C

ブルワーズではバックアップにとどまっていたが、エンゼルス移籍を機にスターターとなり開花、初めてのゴールドグラブ賞の受賞など大きな成長を見せたシーズンとなった。盗塁阻止率40%前後を記録する強肩が武器で今シーズンも相手チームにとっての脅威となるだろう。

2018 Team Preview : ヒューストン・アストロズ

35291271333_a9b9c3d3c0_z

 

 

 

 

 

 

 

 

*40人ロースターはリンクより参照
*SP横*マークはローテーション候補の意味を示す

  • 本拠地:ミニッツメイド・パーク

他の野球場と大きさを比較する→http://yakyujo.com/ml14/

 

 

 

広さ
レフト 96.0m
センター 132.6m
ライト 99.4m
フェンス高さ

2.1~7.6m

パークファクター *平均100
安打 92.6
ツーベース 88.6
スリーベース 115.2
HR 82.2
得点 80.8

 

・予想オーダー

1, ジョージ・スプリンガー:CF

強力アストロズ打線の核弾頭。昨シーズンは初めての30本塁打越えを達成、課題であった三振数も減らすなど年々進化を見せている。オールスターにも初選出、ワールドシリーズでも4試合連続を含む5本の本塁打を放つなどチームのワールドチャンピョンに大きく貢献し、MVPを獲得するなどキャリア最高のシーズンを送った。

2, アレックス・ブレグマン:3B

15年のドラフト全体2位指名選手は初のフルシーズンとなった2年目の昨季もその高い期待に答えている。前半戦こそ不調であったが、後半戦はOPS.903と盛り返し、20-20にも迫る活躍。トランプ大統領に対して自身のツイッターで「Delete your twitter.」と発言するなど野球以外でも話題を集めた。

3, ホセ・アルトゥーベ:2B

進化をし続ける小兵は昨シーズンも成績を伸ばし、自己最高の打率.346を記録し直近4年間で3度目の首位打者獲得。2年連続となる20本塁打もクリアし、キャリア初となるシーズンMVPを獲得した。ワールドシリーズでは打率.194と振るわなかったが、大事な場面で本塁打を放つなどチームの主軸たる活躍を見せた。昨シーズンまで4年連続で200安打、6年連続で30盗塁を記録している。

4, カルロス・コレア:SS

昨シーズンはキャリア最高のシーズンを送っていたが、故障での離脱もあり109試合の出場にとどまった。それでもポストシーズンには間に合い、5本塁打、チームメイトのアルトゥーベに並んで最多となる14打点を挙げるなど活躍を見せた。今シーズンは故障なくフルシーズン出場すればMVPなど個人タイトルの獲得にも期待が掛かる。

5, ユリ・グリエル:1B

かつて日本でもプレーしたキューバ野球界の至宝。自慢の長打力をメジャーでも発揮し、18本塁打、メジャー全体でも7位タイとなる43二塁打を記録した。ポストシーズンではダルビッシュ有(CHC)から本塁打を放った際にした「つり目」のジェスチャーが波紋を呼び、今シーズンは開幕から5試合の出場停止となる。 

6, ブライアン・マッキャン:C

移籍初年度となった昨シーズンは膝の故障で8月に離脱するなどで97試合の出場にとどまり、9年間続いていた20本塁打が途切れるなど悔しいシーズンとなった。守備でも相変わらず投手からの信頼こそ厚いが、肩などには衰えを隠せないでいる。今シーズンはキャリア通算1000打点にも期待が掛かる。

7, ジョシュ・レディック:RF

4年契約初年度の昨シーズンは打率、OPSなどでキャリア最高の成績。キャリアを通して左投手を苦手としてきたが、昨シーズンは左右両投手から高打率を残した。一方のポストシーズンではまったく振るわず、チーム成績とは反対に個人成績としては悔しい結果になった。シャンパンファイトではパンツ一丁で中心にいる姿が話題に。

8, マーウィン・ゴンザレス:LF

ユーティリティープレイヤーが強打者へ変貌し、昨シーズンは打率3割、20本塁打をクリアした。昨シーズンも内外野6ポジションを守るなど、ユーティリティープレイヤーとしての活躍も相変わらず。連覇を目指す今シーズンも打撃に守備と活躍に期待が掛かる。

9, エバン・ガティス:DH

一度野球から離れたこともある苦労人が遂にワールドチャンピョンに輝いた。一方で昨シーズンは出場機会の減少など苦しいシーズンとなったが、そのパンチ力は変わらず、今シーズンはDHとして下位打線を支える活躍が期待される。シーズンオフにはFAになるので活躍してアピールしたい。