後半戦展望:セントルイス・カージナルス

               現在、ナショナルリーグ中地区の首位はセントルイス・カーディナルスだ。この地区は、得失点差マイナスのミルウォーキー・ブリュ More »

後半戦展望:ミネソタ・ツインズ

             シーズンの大半を首位で過ごし続けたツインズ。トレード戦線ではリリーフ投手を中心に補強を展開した。マイアミ・マーリンズからセルジオ・ロモ More »

後半戦展望:ワシントン・ナショナルズ

             ブライス・ハーパー(RF)の流出から開幕したナショナルズ の2019年シーズン。序盤戦は低空飛行で一時期借金は二桁まで膨らんだ。しかし More »

2019年 Draft Review:トロント・ブルージェイズ

            今シーズンも終盤戦を迎え、地区優勝、ワイルドカード争いが激化している。19年シーズンも6月にドラフトを終え、各指名選手がマイナーでデビュ More »

2019年 Draft Review:ピッツバーグ・パイレーツ

              今シーズンも終盤戦を迎え、地区優勝、ワイルドカード争いが激化している。19年シーズンも6月にドラフトを終え、各指名選手がマ More »

 

Category Archives: トップスライドショー

後半戦展望:セントルイス・カージナルス

24039777807_5ae2213584_z

 

 

 

 

 

 

 

 現在、ナショナルリーグ中地区の首位はセントルイス・カーディナルスだ。この地区は、得失点差マイナスのミルウォーキー・ブリュワーズが勝ち越していたり、プラスのシンシナティ・レッズが負け越していたりする。また、2位のシカゴ・カブスとは得失点差だけならばそれほど差がないように見受けられるが、対左腕を取りこぼさないのがカーディナルスである。

 今期、ナショナルリーグ中地区の中で最も対左腕のwRC+が優れているのは、ブリュワーズの98である。次に96のカーディナルスだ。実際、ブリュワーズは23勝24敗と負け越してはいるものの、それほど苦にしていない。カーディナルスは15勝14敗で同地区唯一の勝ち越しである。

 それでは、カーディナルスの特徴的な野手をあげていこう。まず、コルテン・ウォン(2B)だ。今期、キャリアハイとなるOPS.799をマークしているが、打球速度はメジャー下位3%に入り、ハードヒットは下位6%だ。Barrel%はわずか2.6%だが、11本塁打をマークしている。同じく、打球速度やハードヒットの値が良くないが長打率のある選手として、ワシントン・ナショナルズのアダム・イートン(RF)がいる。

2019年の全打球結果 Baseball Savantより

 次に、ハリソン・ベイダー(CF)。スプリントスピードや外野の守備範囲はメジャー上位3%に入る実力だが、デクスター・ファウラー(CF)と出場機会を分け合っている。メジャー通算K%=28.0%(平均は21.6%)、BB%=9.0%(平均は8.3%)のアプローチやバッティングがネックではあるものの、捕球確率の低い打球に勇猛果敢に飛び込んでアウトにするダイナミックなフィールディングは、見る者を魅了している。

 そして、ヤディアー・モリーナ(C)の衰えは心配である。バッティングは当然のことながら、フィールディングにおいても衰えが見られる。Runs Extra Strikes(フレーミングによって防いだ、もしくは失ったであろう得失点)は昨年に続いてマイナスをマーク。但し、ポップタイムは依然としてメジャー平均を上回っている。いずれにせよ、キャリア最終盤にさしかかっている現実が浮かび上がってくる。

 モリーナを支えるのはマット・ウィータース(C)。ドラフト全体5位で指名されたエリート中のエリートだが、ポップタイムとフレーミング(メジャーワーストクラス)は共にメジャー平均を下回り、控えとしては信頼性に欠けるか。

 前年36本塁打のマット・カーペンター(3B)やポール・ゴールドシュミット(1B)等が好調な状態でPOに挑めば、強力な打線になるだろう。そうでないのであれば、POに進出するであろうナショナルリーグのチームの中では、打撃力が劣るといわざるを得ない。守備力は、DRS、UZR共にメジャー全体3位であり、堅実なフィールディングを誇っている。

 

後半戦展望:ミネソタ・ツインズ

33677358598_c735df831c_z

 

 

 

 

 

 

 シーズンの大半を首位で過ごし続けたツインズ。トレード戦線ではリリーフ投手を中心に補強を展開した。マイアミ・マーリンズからセルジオ・ロモ(RHP)とサンフランシスコジャイアンツからサム・ダイソン(RHP)を獲得した。ツインズはブルペンに若干の不安を残していて特にクローザーはシーズン前に補強したブレイク・パーカ(RHP)期待外れに終わったこともあり、的確な補強と言えるのではないか。

 ブルペンは4年目のテイラー・ロジャーズ(LHP)、トレバー・メイ(RHP)、タイラー・ダフィー(RHP)、無名の新人ライン・ハーパー(RHP)が充実のシーズンを送っていて、獲得した両投手もプレーオフ経験があり厚みは増した。しかしダイソンは加入早々プレーオフとは無縁のマーリンズ相手に打ち込まれ、直後にIL入りと不安な船出。10月の戦いを考慮するとブルペンの怪我人続出はなんとしてでも避けたいところだ。

 ツインズは今回のトレードはブルペンがメインで先発投手や野手の目立った補強には動かなかった。野手は歴史的ハイペースでホームランを量産していて特に生え抜きの若手マックス・ケプラー(RF)、ホルヘ・ポランコ(SS)等と新加入組のネルソン・クルーズ(DH)、CJ・クロン等が見事にマッチしている。先発投手はホセ・ベリオス(RHP)とジェイク・オドリッジ(RHP)を中心に奮闘している。

 地区優勝さらにその先のプレーオフを勝ち抜くためにツインズはブルペン投手2人を獲得したが、先発陣の層の薄さは否めない。もちろん若く才能に溢れた選手がメジャーにもマイナーにも多くいるので長期的な視野を持ってでの補強は理解できる。だがマディソン・バムガーナーなどのエース級(LHP)は無理でもマーカス・ストローマン(RHP)やザック・ウィーラー(RHP)などの先発2〜3番手クラスの投手ならツインズのファーム組織を考慮しても獲得は不可能ではなかったはずだ。

 地区優勝筆頭候補ではあるがプレーオフではアストロズやヤンキースなどの重量級打線は避けて通れない。課題も散見する

1 層が薄いだけに先発投手がどれだけ試合を作れるか

2 また今季のツインズのオフェンスは長打力はあるが機動力が全くと言っていいほど使わないのもネックなところ。

3 そして最大の懸念はやはり選手のコンディションであろう。本来中心となって活躍してなければならないミゲル・サノー(3B)やバイロン・バクストン(CF)は怪我が多く、ネルソン・クルーズ(DH)も年齢を考えるといつ成績が落ちても不思議ではない。

 これらのいくつかのハードルを乗り越えた先に28年振りのワールドチャンピオンが待っている。

 

※9月3日に執筆された記事です。

 

Text by Eiji Kato

Photo link https://flic.kr/p/TiXgpL

後半戦展望:ワシントン・ナショナルズ

40580306895_b3c84745b3_z

 

 

 

 

 

 

 ブライス・ハーパー(RF)の流出から開幕したナショナルズ の2019年シーズン。序盤戦は低空飛行で一時期借金は二桁まで膨らんだ。しかしオールスター前後での大型連勝などもあり何とか優勝争い、ワイルドカード争いに踏みとどまっている。

 個々人ではFAで加入のブライアン・ドージャー(2B)の不振は痛いが、アンソニー・レンドン(3B)や2年目のホアン・ソト(LF)の活躍は光る。また怪我に見舞われたトレイ・ターナ(SS)も復帰後はまずまずの活躍を見せ、期待のビクター・ロブレス(CF)も出塁率の低さなど課題もあるがフルシーズン1年目としては及第点レベルであろう。

 問題は投手陣でここ数年来の悩みとしてブルペン整備が挙げられる。クローザーのショーン・ドゥーリトル(LHP)まで繋ぐ投手に不安が募る。もちろんフロントも分かっていてシーズン前に手術明けのトレバー・ローゼンタル(RHP)やトニー・シップ(LHP)などの経験豊富なリリーフ投手を獲得し、手は打った。しかし両投手とも本来の姿からは程遠いピッチング内容でシーズン途中でリリースとなった。

 そこでトレードでマリナーズからロエニス・ウリアス(LHP)、同じくマリナーズからハンター・ストリックランド(RHP)、ブルージェイズからダニエル・ハドソン(RHP)、またアスレティクスをリリースされていたベテランのフェルナンド・ロドニー(RHP)も獲得した。シェーン・グリーン(RHP)やケン・ジャイルズ(RHP)といった今回のトレード期間中の目玉選手は獲得できなかったが、マイナーの充実度を考慮すればそれなりに評価できるトレード戦術ではなかろうか。

 だがこれ以外にもナショナルズ には不安が付きまとう。先発投手陣だ。なかでも球界のエースと呼び声が高いマックス・シャーザー(RHP)が背中の張りで今季既にIL入り2度を数える。支配的な投球を長く続けてきた皺寄せかもしれない。幸いにもシャーザーの怪我は長期離脱をしなければならないレベルでは無いこと。もとより先発投手陣は質と量どちらもレベルは高いので怪我以外はそこまで心配はいらないと思う。

 優勝争いやワイルドーカード争いが激化する8月にきてナショナルズ の打線が火を噴き始めた。現地12日のレッズ戦からの13試合の内7点以上あげた試合は10試合に及ぶ。地区優勝はギリギリであるがまだ望みはあり、ワイルドーカード争いでもトップである。

 9月はマーリンズとの3連戦があるが、それ以外の対戦は全て勝率5割以上のチームが相手である。厳しい戦いではあるが首位ブレーブスとは7試合を残しており、逆転のチャンスは十分にある。8月中のブルワーズやカブスとのカードで勝ち越しており、その勢いで9月の試合に望みたい。

 ハーパーが在籍中は球団もファンもハーパーがいる間にワールドチャンピオンとの思いは強かった。だがその夢を実現する前にハーパーが抜け今年のオフにはレンドンがFAとなる。もし彼がチームを去ることになるとナショナルズ は向こう数年はしばらくポストシーズン進出が遠のく可能性がある。そのようなことを考えると悪くともリーグ優勝決定シリーズまでは進出したいところだ。

 

※9月3日に執筆された記事です。

 

Text by Eiji Kato

Photo link https://flic.kr/p/24PWFrH

2019年 Draft Review:トロント・ブルージェイズ

6837659274_a9c6337817_z

 

 

 

 

 

 

今シーズンも終盤戦を迎え、地区優勝、ワイルドカード争いが激化している。19年シーズンも6月にドラフトを終え、各指名選手がマイナーでデビューを飾っている。そこで、期間は空いたが、各地区から球団を一つ取り上げ、指名を振り返ることにする。今回はアメリカンリーグ東地区からブルージェイズの指名を振り返る。

 

1巡⽬(全体11位) アレック・マノア:RHP 右投右打

⼤学⽣No.1右腕は最速98マイルのフォーシームとスライダーそして⻑いイニングを投げ る豊富スタミナが魅⼒の投⼿。持ち球は94〜96マイルのフォーシームと84〜86マイルの スライダーとチェンジアップ。特に武器であるスライダーは昨年から修正に取り組んだ事 により奪三振率が上昇。 2019 年には先発ローテーションに定着し、同年の 4 ⽉には 34.1 ニング連続無失点を記録するなど課題だったコントロールなどの改善も含め、成績も評価 も上げた。 今後発展途上のチェンジアップの改善や⼤怪我等がなければ、将来的には先発ローテーシ ョンの⼀員として定着するだろう。

2巡⽬(全体52位) ケンドール・ウィリアムズ:RHP 右打右打

6-6,の⼤柄な先発投⼿。右打者の内⾓にツーシームを投げ込む度胸の据わったピッチングス タイル。持ち球はフォーシーム、ツーシーム、スライダー、カーブ、チェンジアップ。速球 と70マイル後半のカーブの組み合わせで三振を奪ってきた。今まで多投していたカーブだ けでなく、スライダー等の他の球種の割合も増えてきている。コントロールも安定してお り、将来も先発として期待したい。

3巡⽬(全体88位) ダサン・ブラウン:CF 右投右打

持ち前のスピードツールを⽣かした⾛塁と守備が特徴である。守備⾯についてはとても⾼ い評価を受けている。広い守備範囲をカバーする事ができ、CFの守備については問題ない。 打撃⾯はスイングスピードの速さが魅⼒の⼀⽅、パワー、コンタクトなどの打撃が課題であ る。打撃⾯の改善が次のレベルに昇格するカギになるであろう。

4巡⽬(全体117位) ウィル・ロバートソン:RF 左投左打

鋭いスイングで HR や野⼿間を抜ける打球を打つハードヒッター。パワーポテンシャルが⾼くHRが出にくい⼤学の本拠地球場でも苦なくHRを打つ事ができるスラッガー。⼀⽅、 アプローチ、⾛⼒、守備、肩の強さといったパワー以外のツールについてはどれも平均的で 将来はRFかLFを中⼼に守る事になるだろう。

5巡⽬(全体147位) ターナー・モリス:SS 右投左打

逆⽅向にもラインドライブの打球を⾶ばすヒッティングスキルを持っているギャップヒッ ター。ホームランの数は少ないが⼆塁打の数が多い。三振以上の四球を選ぶ事ができる優れ た選球眼を持っている。守備ではSSとしてのスキル、アームは⼗分なものの、レンジをカ バーする為のスピードが平凡的なので、将来は2B転向か内野のUTになるであろう。

6巡⽬(全体177位) キャメロン・エデン:SS 右投右打

打撃⾯では持ち前のスピードでセーフティーバントや内野安打での出塁もありBABIPが⾼ め。⼀⽅⻑打が少なめであり、コンタクトを重視するが三振も多い。守備ではチーム事情で 今年からOFになった。メインで守ったCFでも問題なくこなせており、このままCF(OF) として⼜は内外野のUTとして定着するだろう。

7巡⽬(全体207位) LJタリー:2B 右投左打

毎年徐々に打撃成績が上がって⾏き、四年⽬となる今年は昨年の打撃成績をさらに超える 成績を残した。パンチ⼒もありながら率も残せるのが魅⼒。特に今年は三振を超える四球を 選ぶなど打撃⾯は着実に成⻑している。2Bの守備にはついてはこれといった問題はなく2B としてとどまるであろう。

8巡⽬(全体237位) エンジェル・カマチョ:3B 右投右打

2 桁ホームランを打つなどパワーポテンシャルの⾼さが魅⼒。ここ 2 年連続で打率は 3 割台。ボールもしっかり⾒極め四球も増やすなどアプローチも良い。(ちなみにメガネとロン グヘアー、そして⾜をあげるバッティグフォームが特徴)守備⾯では昨年まで 3B を守って いたが今年からは1Bを守っている。将来的には3B/1Bになるだろう。

9巡⽬(全体267位) フィリップ・クラーク:C 右投左打

打撃⾯ではアプローチが良く、ヒットを量産し率を残せるアベレージヒッター。四球も選べ ているがパワーポテンシャルは低い。守備⾯ではスローイングやキャッチングなど改善す るべき点がいくつもあるが、今後もキャッチャーとして残れるであろう。

10巡⽬(全体297位)グレン・サンティアゴ:SS 右投右打

まだ体が細く少しずつ⻑打が出ているが真の打撃能⼒が⾒れるのはもう少し先の事になる であろう。SS の守備も難なくこなせる華麗なプレーもあり⾼い評価も受けている。⾝体能 ⼒の⾼さで打撃だけでなく守備でも存在感を⽰す選⼿になるだろう。

 

 

 

総括

今年も上位10⼈中野⼿8⼈の野⼿偏重ドラフトであった。野⼿は打撃⾯に優れたツールが 魅⼒の選⼿、特にウィル・ロバートソン、エンジェル・カマチョの2⼈は早期の昇格も期待 できる。投⼿2⼈はコントロール等に問題はなく、将来的に先発3.4番⼿としていけるだろ う。どちらも数年後の活躍に期待できる選⼿になるだろう。

 

Text by Yu Ohkura

Photo link https://flic.kr/p/bqdMT9

2019年 Draft Review:ピッツバーグ・パイレーツ

14594423673_67ddbd9499_z

 

 

 

 

 

 

 

今シーズンも終盤戦を迎え、地区優勝、ワイルドカード争いが激化している。19年シーズンも6月にドラフトを終え、各指名選手がマイナーでデビューを飾っている。そこで、期間は空いたが、各地区から球団を一つ取り上げ、指名を振り返ることにする。今回はナショナルリーグ中部地区からパイレーツの指名を振り返る。

1巡目(全体18位)

クイン・プリスター:RHP 右投右打

2019年のイリノイ州の最優秀選手にも選ばれた好投手。最速97マイルを記録するフォーシームと、90マイル台前半のツーシームが最大の武器で、同じく高い評価を受けるカーブとの組み合わせで三振を奪う。順調に成長すれば将来のローテーションを支える投手として活躍出来るだろう。

1巡目(全体37位)

サミー・シアニ:OF 左投左打

レッズ傘下に所属のマイク・シアニの弟。兄同様の俊足巧打が持ち味の外野手で、兄を越える1巡目での指名を受けた。小柄な体格からパワーは平均以下だが、高いヒッティングスキルから打撃の評価は高い。守備では特筆に値するツールはなく平均的なディフェンダーにとどまるだろう。

2巡目(全体57位)

マット・ゴースキ:OF 右投右打

大学時代にはパワーとスピードを兼ね備えた打者として活躍した。打撃では一発があるが、三振が多く、アベレージを残せるようなタイプではないため不安が残る。最大の武器であるスピードは大学3年間で57盗塁を決め、失敗はわずか3つと技術も高く、プロでも武器となるだろう。アームも平均以上で打撃が伸び悩んでもバックアップ外野手として活躍が期待できる。

2巡目(全体72位)

ジャレッド・トリオロ:3B 右投右打

大学では学年が上がるにつれて成績を伸ばし、ドラフト指名に至った好打者。大柄な体格に似合わずパワーは平均的だが、ヒッティングスキルが高く、選球眼も上々。パワーが伸びてくれば評価は上がってくるだろう。平均以上のスピードの持ち主でアームも弱くなく、三塁守備では安定した守りが期待できる。

3巡目(全体95位)

マット・フレイジャー:OF 右投左打

手の骨折によりわずか19試合の出場にとどまった大学3年時だが、大きく成長をみせ3巡目での指名に至った。大学3年時に打率.412、三振わずか6個と高いヒッティングスキルが武器。大学通算3本塁打とパワーレスが心配されるが6-3/205lbと体格に恵まれており、パワー面の成長があれば、メジャーでもインパクトを残せる選手になるかもしれない。

4巡目(全体124位)

J.C.フラワーズ:RHP 右投右打

大学2年時までは外野手一本でプレーしていたが、3年時から投手を兼任し、外野手として先発出場し、クローザーとして試合を締めるなど投打に大車輪の活躍を見せた。打撃でも好成績を残したが投手として指名を受けた。90マイル台中盤の速球に加え、彼のベストピッチであるスライダー、チェンジアップを操る。プロ入り後は先発としても起用されており、今後の起用方法に注目が集まる。

5巡目(全体154位)

グラント・フォード:RHP 右投右打

大学2年までは防御率8点台を記録するなど成績は振るわず、注目を受けるような選手ではなかったが、3年時にコントロールが改善し、防御率2.76と大きく成績を伸ばし、評価を高めた。90マイル台中盤の速球を中心にイニング以上の三振を奪うなど力強い投球が持ち味。細身の体格や、ブレイクしてまだ1年と短いことから今後の成長にも期待が掛かる。

6巡目(全体184位)

ウィル・マッシセン:OF 右投右打

多くのメジャーリーガーを輩出するスタンフォード大で二刀流で活躍した選手。パイレーツには野手として指名を受けている。6-7/220lbとバスケ選手顔負けの体格の持ち主でそのパワーポテンシャルに高い期待を受ける。三振が多いなどまだまだ粗さがあり、外野守備もコーナーに限られるなど課題は多い。

7巡目(全体214位)

ブレイク・サボール:OF 右投左打

大学での3年間は捕手としてプレーしていた選手。プロ入り後は外野主としてプレーしている。6-4・215lbと恵まれた体格の持ち主で実戦では発揮できていないが、パワーポテンシャルを秘めるとみられている。更に選球眼の良さも武器で高い出塁率を残す事が出来る。

8巡目(全体244位)

オースティン・ロバーツ:RHP 右投右打

大学時代は1年時には結果が残せなかったが、2年生になるとリリーフに転向しブレイクを果たした。3年生になり、再度先発の機会が増え、成績は若干悪化したが、奪三振率を大きく上げるなど成長を見せた。プロ入り後はクローザーとしても起用されている。

 

総括

1巡目ではハイポテンシャルな高卒選手を指名し、その後は大卒選手を指名した。大卒選手も現在任されているポジションでの経験が浅い選手や大学時代は怪我に苦しんだ選手など、実力が未知数な選手が多く、数年後には予想外の成長を見せている選手がこの中から生まれるかもしれない。

 

Text by Akinari Miyazaki

Photo : https://www.flickr.com/photos/dgaken/14594423673/