好調メッツを変えた守備の強化とブルペンの強化

            今季のMLBは例年に比べて、春の珍事と呼ばれる開幕直後だけ好調な選手は少ない印象を持ちます。しかしチーム単位で見ると全く異なる景色が見え More »

Weekly Report :Week3

                3つのハイライトで1週間のメジャーリーグを辿る。Week-3のキーワードは「ライバル対決」「ジョー・マウアー More »

2018 Team Preview:ボルチモア・オリオールズ

                *40人ロースターはリンクより参照 *SP横*マークはローテーション候補の意を示す   本拠地:オ More »

Weekly Report : Week-1,2

          3つのハイライトで1週間のメジャーリーグを辿る。Week-1,2のキーワードは「開幕」「大谷翔平」「二刀流」だ。 ・開幕 いよいよメジャーリーグが開幕 More »

2018 Team Preview:タンパベイ・レイズ

                *40人ロースターはリンクより参照 *SP横*マークはローテーション候補の意を示す   本拠地:ト More »

 

Category Archives: トップスライドショー

Weekly Report : Week-1,2

8643168590_9b5b8caa88_z

 

 

 

 

 

3つのハイライトで1週間のメジャーリーグを辿る。Week-1,2のキーワードは「開幕」「大谷翔平」「二刀流」だ。

開幕

よいよメジャーリーグが開幕した。昨シーズンはヒューストン・アストロズがワールドチャンピョンに輝いたが、今シーズンはどこが頂点に輝くのか今から楽しみが募るばかりだ。ここでは今シーズンの注目ポイントを紹介していく。まずは「補強」だ。ボストン・レッドソックス、ロサンゼルス・エンゼルスなどオフには多くのチームが大補強を行い、今シーズンは勝負をかけるチームと再建を進めるチームがはっきりしている印象を受ける。中でもニューヨーク・ヤンキースは昨シーズンのポストシーズンでアストロズを追い込んだ戦力を保有するチームだが、そこにナリーグ本塁打王のジャンカルロ・スタントン、ナリーグ7位となる37二塁打を記録したブランドン・ドルーリー、14年にはシルバースラッガー賞に輝いたニール・ウォーカーを加え、超強力打線を作り上げた。投手陣もエースのルイス・セベリーノを中心に先発は数が揃っており、リリーフもメジャーNo.1クラスと今シーズンのワールドチャンピョン候補No.1といっても過言ではないだろう。ニューヨークと言えばメッツも忘れてはいけない。オフにはジェイ・ブルース、トッド・フレイジャー、エイドリアン・ゴンザレスなどを加える補強を敢行。マイケル・コンフォートやヨエニス・セスペデスら実力者も多く、アメッド・ロサリオ、ブランドン・ニモといった若手選手もいるなどバランスが良く、更に毎年誰かが故障に苦しみ揃うことのない先発陣が今シーズンは無事に開幕を迎えるなど今シーズンに掛かる期待は大きい。実際に開幕は好スタートを切っており、ワイルドカード、さらには地区優勝の可能性も0とは言えない。

次に「プロスペクト」にも注目して欲しい。次のキーワードでも取り上げる大谷翔平を中心にアトランタ・ブレーブスのロナルド・アクーニャ、ヤンキースのグレイバー・トーレス、ワシントン・ナショナルズのビクター・ロブレスなどトッププロスペクトが今シーズン中のメジャー定着が予想されており、彼らの活躍次第ではチームのシーズン成績にも影響してくるだろう。Far East Divisionでは彼らのようなプロスペクトを各チーム15人ずつ掲載した「Far East Division Prospect Handbook 2018」を発売している。今シーズン以降のメジャーリーグを楽しむための一冊となっているため是非とも手に取って見てみてください。

リンク→https://fedbook2018.thebase.in/items/10563612

2018 Team Preview:タンパベイ・レイズ

tb

 

 

 

 

 

 

 

 

*40人ロースターはリンクより参照

*SP横*マークはローテーション候補の意を示す

 

  • 本拠地:トロピカーナ・フィールド

他の球場と大きさを比較する→http://yakyujo.com/ml02/

 

広さ
レフト 96.0m
センター 123.1m
ライト 98.1m
フェンス高さ 2.9~3.4m
パークファクター平均*100
安打 93.7
ツーベース 83.7
スリーベース 113.0
HR 88.8
得点 90.2

 

  • 予想オーダー

1.マット・ダフィー:3B

17年は故障で全休。STでは03/18時点でOPS.491と苦戦を強いられている。15年にジャイアンツでOPS.762/12本塁打/12盗塁を記録。クリスチャン・アローヨやウィリー・アダメズと言ったIFのプロスペクトが控えているため、18年は正念場となるだろう。

2.ケビン・キアマイアー:CF

CFに定着以降、3年連続でDRS+20以上を記録している球界屈指のディフェンダー。17年は98試合の出場ながらキャリアハイとなる15本塁打、OPS.788を記録した。またOPS+=114は14年に次ぐ高水準。長期契約を結んだもののチームは再建に舵を切ってしまった。

3.カルロス・ゴメス:RF

3月にFAで加入。STの成績は振るわないものの、34歳で守備の衰えが著しいデナード・スパンよりOFのスタメンに近い。17年はレンジャーズでOPS+=106、17本塁打、13盗塁を記録。近年はやや下降気味だが、OFとしてのUZRは17年の-0.6を除けば+を記録している。

4.C.J.クロン:DH

大谷翔平が二刀流として入団したため、2月にエンゼルスからトレードで加入した。4年連続二桁本塁打を記録する等パワーはあるものの、通算.262/.307/.449のスラッシュラインは1BやDHとしては物足りない。19年まで契約が続くスパンにDHの座を脅かされることだろう。

5.ウィルソン・ラモス:C

17年は6月下旬に故障から復帰したため64試合の出場に留まったものの、11本塁打を放った。積極的で四球が少なく、通算Z-Swing%=73.7、F-Strike%=64.0と積極的にヒットを狙う。通算FB%=27.2であり、フライボールヒッターやプルヒッターではない。

6.ブラッド・ミラー:1B

17年は2Bとして789.2イニングに出場してUZR=-5.7。一応P、C以外は守れる。キャリアハイとなる30本塁打、OPS+=113を記録した16年から一転、17年はOPS+=84を記録。18年は編成上の都合で、複数の守備位置を守ることになるかもしれない

7.アディニー・エチャバリア:SS

17年の6月にマーリンズからトレードで加入した。15年から3年連続でSSのUZR+を記録している。通算OPS+=76であり、打撃は秀でていない。ダフィー同様、プロスペクトの台頭は出場機会に関わる問題であり、18年も守備で貢献する必要があるだろう。

8.マレックス・スミス:LF

14年にはマイナーリーグ最多となる88盗塁を記録した24歳。メジャーでは2年連続16盗塁を記録し、対左打率=.080→.268と打撃において改善が見られた。通算DRS=12、UZR=3.0とOF守備は悪くないだけに、18年は盗塁数を更に伸ばしたい。スパンがSTで好調な成績を収めた他、DHや1Bは埋まっているため、出場機会は限られたものになるかもしれない。

9.ダニエル・ロバートソン:2B

現在23歳。17年にメジャーデビューを果たし、218打数で.206/.308/.326という成績。2Bとして319.1イニングに出場してUZR/150=4.4。STでは03/18時点でOPS.871と健闘している。スミスとは逆に、スパンがDHに入ることが増えれば、クロンやミラーの守備位置が変わってロバートソンの出場機会が奪われるかもしれない。

 

2018 Team Preview:トロント・ブルージェイズ

tor

 

 

 

 

 

 

 

 

*40人ロースターはリンクより参照

*SP横*マークはローテーション候補の意を示す

 

  • 本拠地:ロジャース・センター

他の球場と大きさを比較する→http://yakyujo.com/ml19/

 

広さ
レフト 100.0m
センター 121.9m
ライト 100.0m
フェンス高さ 3.0m
パークファクター平均*100
安打 97.4
ツーベース 107.5
スリーベース 93.7
HR 92.3
得点 94.6

 

  • 予想オーダー

1.デボン・トラビス:2B

デビューイヤーから2年連続打率.300を記録するも、17年はキャリアワーストの185打数、打率.259。2B通算DRS=6、UZR=5.4と守備は良いが、GMはそもそも守備指標に懐疑的。18年も離脱が長ければ、新加入のヤンガービス・ソラーテに2Bの座を奪われるかもしれない。

2.ジョシュ・ドナルドソン:3B

4年連続となるAS選出は逃したものの、3年連続30本塁打、OPS+=140を記録した。通算BB/K=0.63とアプローチに定評があり、3B通算DRS=52、UZR=43.2と守備も良い。ただし17年はUZR=-0.9を記録。年俸23MでFA間近のドナルドソンの去就は気になるところだ。

3.ジャスティン・スモーク:1B

17年は打率.270/OPS.883/38(対左7本)本塁打のキャリアハイでAS初出場を果たした。左投手を苦手としていたが、17年は左投手からも打つことが出来た。プルヒッターでありフライボールヒッター。積極的アプローチだが、通算打率.232/.出塁率.317と四球は平均以上に選べている。スティーブ・ピアースと1Bの座を争う。

4.カーティス・グランダーソン:LF

予想オーダー唯一の左打者。37歳とピークは過ぎているものの、17年はメッツで19本、ドジャースで7本の本塁打を放ち、4年連続20本塁打を継続させると共に、通算300本塁打を達成した。極端に慎重なアプローチでハードコンタクトの多いバッター。左打者が不足していることもあって、一定の出場機会が得られるため5年連続20本塁打に期待したい。

5.ケンドリス・モラレス:DH

スモークと同じくスイッチヒッターで、左投手を苦手としていない。17年はOPS+=94だった一方で28本塁打を記録。しかし、エドウィン・エンカーナシオンの穴を埋めたとは言えず、再び30本塁打の大台に乗せたい。BB%が低下する一方でK%が増加しているのは気がかり。

6.トロイ・トゥロウィツキ:SS

故障が多いSSで、18年は既に4月末まで離脱することが決まっている。17年はSS守備でDRS=0、UZR/150=-2.4と、移籍後振るわない打撃成績だけでなく、守備成績でも陰りが見えた。故障さえしなければ好成績を収められる選手だっただけに、復帰後は好成績を収めたい。契約は最短でも35歳となる20年(20→20→14→15*)まで続くことになっている。

7.ランダル・グリチック:RF

17年のオフにカージナルスからトレードで加入した。パワーはメジャー平均を上回るものの、アプローチに難があり、通算BB/K=0.20。プルヒッターであり打球の約半数が左方向(右打者)。パワーポテンシャルを活かしきれていないだけに、新天地でグレードアップを狙いたい。OFでは3ポジション共にDRSとUZRは+を記録している。

8.ラッセル・マーティン:C

通算BB/K=0.66のアプローチと強肩、フレーミングに定評のあるキャッチャー。近年は盗塁阻止率やフレーミングが低下して評価を落としている。13年には、当時まだメジャーリーグで脚光を浴びていなかったフレーミング技術をパイレーツに高く評価された。

9.ケビン・ピラー:CF

球界を代表するディフェンダーの1人であり、15年にはウィルソン Def PlayerのCFに選出。通算DRS=52、UZR=41.8を記録。一方で通算BB/K=0.28、OPS+=85とバッティングは下位打線向きの成績。通算55盗塁19盗塁死とスピードは攻守で活かされている。18年はヤンキース戦にて二盗、三盗、本盗を連続で決めてみせた。