トレバー・バウアーが絡んだ三角トレード

             今年のMLBのトレードデッドラインはルールの変更か、それともプロスペクト重視のトレンドを受けてか例年に増して膠着していたが、期限まで2 More »

トレード・デッドラインを振り返って

             トレード期限が終わった。今年から8月中のトレードは禁止されており、ウェーバーを通過した選手をトレードすることは出来ない。  前回の記事 More »

トレードデッドラインが間近に迫る中、一足早く動き出したGM達。

             ミネソタ・ツインズは、ここ2週間程、トレードを控えた行動を行っていた。  この間、40人枠から外した投手は5人である。マット・マギル( More »

タイラー・スカッグスに捧ぐノーヒット・ノーラン

             現地時間7月12日、ロサンゼルス・エンゼルスの選手達は、タイラー・スカッグスの背番号だった45とSKAGGSが記されたユニフォームをま More »

2019年MLBオールスター

               今年のオールスターは節目となる90回目だ。7月9日にクリーブランド・インディアンスの本拠地であるプログレッシブ・フィール More »

 

Category Archives: トップスライドショー

19奪三振ノーノーを達成したクマー・ロッカーがカレッジ・ワールドシリーズ最優秀選手に輝いた2019年シーズンについて

4718845539_5715c5f5eb_z

 

 

 

 

 

 

 先日、バンダービルト大学がミシガン大学を8-2で下し、2014年以来となるカレッジ・ワールドシリーズ(CWS)制覇を果たした。そこで最優秀選手に輝いたのは、フレッシュマンのクマー・ロッカー(RHP)である。既に(早ければ)2021年のドラフトの目玉として注目を集めている彼とイーサン・ハンキンス(CLE)との簡単な共通点に触れつつ、同投手の今シーズンを振り返りたい。

 

2018年、高校時代のピッチング。

2019年、大学入学後のピッチング。

 素人意見だが、メカニクスが落ち着いたワインドアップに改善された印象を受ける。以前のメカニクスより安定度を高められたように見え、クイック時の違いが顕著である。速球は94-95マイルのレンジ。変化球は78-81マイルのカーブ(スライダー)、88-91マイルのチェンジアップの2つ。(Prospects Liveより引用)速球は最速98マイルに達する上、大柄な体格と身体能力の高さを両立しており、出力能力は高いと言えるだろう。

 

ショーン・アンダーソンのように

 アンダーソンは2013年の全米ドラフトでワシントン・ナショナルズから40巡目(全体1216位)で指名されるも入団に至らず、NCAAⅠフロリダ大学に進学。2016年に36登板13セーブ防御率0.97と好成績を収め、同年の全米ドラフトでボストン・レッドソックスから3巡目(全体88位指名)で指名されプロ入りを果たした。

 後述するが、ロッカーも昨年、コロラド・ロッキーズから38巡目と下位指名を受けるもNCAAⅠのバンダービルト大学に進学。また、アンダーソンは6-4,235とロッカーと身長体重が近く、コントロールが良い点等も共通しており、ドラフト指名巡やメジャーデビューの参考にならないことはないだろう。尚、アンダーソンは24歳でメジャーデビュー。大学時代はリリーバーであったため、ロッカーの方がデビューは早いかもしれない。

 

イーサン・ハンキンスとの共通点

 2018年の全米ドラフトでクリーブランド・インディアンスから1巡目(全体35位)で指名を受け入団。契約金は$2.2Mであった。2019年はA-に昇格。順調に行けば2023年頃にメジャーデビューを果たすと見られ、ロッカーが2021年にプロ入りした場合、概ね同時期にデビューするはずだ。

 速球は最速98マイルに達し、平均92-96マイル。ロッカーと共に速球の評価が高い。変化球の評価も似通っており、スライダーはセカンドピッチとして良いが、チェンジアップは発展途上と評されたロッカーに対し、伸びしろのあるハードカーブ、スライダーと発展途上のチェンジアップと評されるのがハンキンスだ。一足先にプロ入りしたハンキンスがどんな成績をマイナーで収めるのか、ロッカーが大学でどれくらいバリューを高められるのかに注目したい。

 

エイドリアン・ベルトレの21年間の軌跡を振り返る

Adrian Beltre

 

 

 

 

 

 

 2018年、1998年から21年間メジャーでプレーしたテキサス・レンジャーズのエイドリアン・ベルトレ(3B)が引退した。

 最後のシーズンとなった2018年は、自身19度目の100試合出場となる119試合に出場し、15本塁打を放つなどレギュラーとして出場。キャリアの初めから終わりまでチームの中心として活躍する実力をもち、一方でチームメートのエルビス・アンドラス(SS)との絡みなど、笑いも提供してきたメジャーを代表する選手が引退を決意した。今回は、エイドリアン・ベルトレのキャリアを振り返っていく。6月24日は、彼がメジャーデビューを果たした日である。

 

メジャーデビューまで

 エイドリアン・ベルトレは1979年4月7日にドミニカ共和国の首都サントドミンゴに生まれ、リセオ・マキシモ・ゴメス高校を卒業した後、1994年にドジャースと契約した。マイナーでは1996年シーズンからデビュー。いきなりAとA+で131試合に出場し26本塁打を放つなど結果を残す。翌年もA+で123試合に出場し、26本塁打、打率も.317と結果を残し、1998年AAで64試合に出場し13本塁打、打率.321、OPS.992と好成績を残した後、当時ドジャースのサードだったボビー・ボニーヤが故障し、まだメジャー昇格は早いという声もあったものの、当時のドジャースGM代行だったトミー・ラソーダの意向でメジャー昇格を果たし、1998年6月24日にメジャーデビューした。その試合で放った初ヒットが以下である。

 

ドジャース時代

 メジャー1年目は77試合に出場し、7本塁打、打率.215、OPS.648という成績に終わった。しかし、翌年は15本塁打、打率.275、OPS.780と大ブレイクとまではいかないものの、ドジャースのサードのレギュラーを掴んだ。

Season Team G HR AVG OBP SLG OPS wRC+ BB% K%
1998 Dodgers 77 7 .215 .278 .369 .648 75 6.5% 17.3%
1999 Dodgers 152 15 .275 .352 .428 .780 100 9.9% 17.1%
2000 Dodgers 138 20 .290 .360 .475 .835 116 9.7% 13.9%
2001 Dodgers 126 13 .265 .310 .411 .720 90 5.4% 15.9%
2002 Dodgers 159 21 .257 .303 .426 .729 94 5.8% 15.1%
2003 Dodgers 158 23 .240 .290 .424 .714 86 6.1% 16.9%
2004 Dodgers 156 48 .334 .388 .629 1.017 161 8.1% 13.2%

 守備面では、デビューから早々にエラー数を減らし、2003年にDRS+25を記録するなどサード守備の名手としてのベルトレは出来上がっていた。そして、オフにFAを迎える2004年、ベルトレにとってキャリア最高の年となる。シーズン開幕直後の4月6日に当時史上36人目となる25歳以下での100号本塁打を達成したのを皮切りに、リーグ1位となる48本塁打、リーグ4位の打率.334、リーグ5位のOPS1.017を記録する等大ブレイクした。そして、オフにマリナーズと5年6400万ドルで契約する。

Season Team Pos Inn DRS RngR ErrR UZR
2002 Dodgers 3B 1372.0 0 23.7 -1 21.7
2003 Dodgers 3B 1346.0 25 19.2 0.4 20.6
2004 Dodgers 3B 1340.1 22 17.0 7.6 25.9

 

マリナーズ時代

 移籍1年目となった2005年は19本塁打、OPS.716に終わり、守備でも前年のDRS+22から+8に下がるなど攻守で期待に応える活躍はできなかった。

Season Team G HR AVG OBP SLG OPS wRC+ BB% K%
2005 Mariners 156 19 .255 .303 .413 .716 90 5.8% 16.6%
2006 Mariners 156 25 .268 .328 .465 .792 106 6.9% 17.3%
2007 Mariners 149 26 .276 .319 .482 .802 110 5.9% 16.3%
2008 Mariners 143 25 .266 .327 .457 .784 106 8.2% 14.7%
2009 Mariners 111 8 .265 .304 .379 .683 81 4.0% 15.5%

 マリナーズ時代のベルトレは、2007年5月に負傷し、左手親指の靭帯が切れた状態で出場を続け、2008年オフまで手術をしなかった。左手の故障を治して迎えたマリナーズとの契約最終年となる2009年は、メジャー2年目の1999年以降初めて規定打席に届かず、DRS+20と攻守は相変わらずだったものの、8本塁打、OPS.683とキャリア最低クラスのシーズンに終わった。オフにFAとなり、当時30歳と本来ならば大型契約を得られたはずだが、2009年の成績があまりにも悪かったためそれが難しく、代理人のスコット・ボラスは、1年契約を結んで好成績を残した後に大型契約を勝ち取る策を考え、その結果、レッドソックスと1年900万ドルで契約した。

Season Team Pos Inn DRS RngR ErrR UZR
2005 Mariners 3B 1325.2 8 7.7 1.9 8.9
2006 Mariners 3B 1358.0 19 16.6 1.7 18.5
2007 Mariners 3B 1279.1 4 -1.9 0.8 -1.1
2008 Mariners 3B 1208.1 27 10.2 0.8 11.7
2009 Mariners 3B 988.1 20 13.7 -1 13.9

 

レッドソックス時代

 そして臨んだ2010年は、28本塁打、打率.321、OPS.919と2004年に次ぐ好成績を残し、守備でもDRS+20と好守を見せた。そして、この年、球団初のリーグ優勝を果たし、初のワールドチャンピオンにあと1歩届かなかったレンジャーズとオプション含め最大6年9600万ドルという大型契約を結んだ。

Season Team G HR AVG OBP SLG OPS wRC+ BB% K%
2010 Red Sox 154 28 .321 .365 .553 .919 140 6.2% 12.8%
Season Team Pos Inn DRS RngR ErrR UZR
2010 Red Sox 3B 1342.2 20 9.5 0.1 10.4

 

1904年以来となるシリーズ5死球を記録したデレク・ディートリック

112180680_66c7a7c4cb_o

 

 

 

 

 

 

 

 シンシナティ・レッズ所属のデレク・ディートリック(2B)がメジャー新記録を樹立した。というのも、対ブリュワーズのシリーズ中に6死球を受けたことにより、MLB史上最多記録を更新したとのことである。これまでの最多記録は、1904年の5死球であり、100年以上前の記録を更新することに成功した。

 ディートリックは元々死球の多い選手であり、2015年~18年の4年連続でシーズン死球数がリーグTOP10にランクインしている。今季は既に15死球を記録しており、アンソニー・リゾ(1B)等の12死球にやや差を付けてリーグ首位に立っている。2016年以来の死球王となるか、また、キャリア初となる30死球をクリア出来るかに密かに注目したい。尚、現役通算最多はシンス・チュ(DH)の142死球であり、順当に死球を積み重ねれば、ディートリックは現役通算5位になるだろう。ただし、死球を積み重ねるにはレギュラーとして出場機会をキープしなければならない上、投手の投球が自分の体に向けて投じられなければならない。したがって、本人の能力よりも周りの能力やパフォーマンスに左右される点は留意したい。

 死球以外の彼のパフォーマンスに注目してみると、今季、引っ張る打球を警戒したシフトを敷かれることが多い。

Photo by Baseball Savant

 上の写真は打球傾向の割合(通算)である。下の写真は2019年シーズンの打球傾向の割合となっている。

Photo by Baseball Savant

 極端に引っ張る打球が増加していることが分かる。打球速度はキャリアハイだがメジャー平均にはやや届かず、Hard Hit%はキャリア平均。ただ、打球角度がこれまでより高くなっているためにBarrel%が上昇しているのが今季の彼のバッティングだ。現在、長打率やOPSはキャリアハイを大きく塗り替える好成績をキープしているものの、どこまで維持出来るかが来年度の契約を左右する鍵となるだろう。

 

Written by Tsubasa Komiyama

Photo link https://flic.kr/p/aUXpE

Weekly Report : Week-11

Toronto Blue Jays, Baltimore Orioles

 

 

 

 

 

 

 

Photo link https://flic.kr/p/ziEooX

 

 

昨年のエドウィン・エンカーナシオンが絡んだ三角トレード及び今回のトレードについて

Written by Tsubasa Komiyama

 現地時間6月15日、現在AL本塁打王であるエドウィン・エンカーナシオン(DH)が、シアトル・マリナーズからニューヨーク・ヤンキースにトレードで移籍を果たした。昨年オフ、三角トレードで移籍をした36歳のベテランスラッガーのトレードに関わった球団の選手起用を振り返りつつ、今回のトレードに触れたい。

 

クリーブランド・インディアンス

 2018年、インディアンスでDHとして最多出場をマークしたのはエンカーナシオン(115試合)だ。昨年オフ、彼をトレードで放出するにあたり、タンパベイ・レイズからジェイク・バウアーズ(LF)、マリナーズからカルロス・サンタナ(1B)をそれぞれ獲得した。スタメンのヨンダー・アロンソ(1B)がFA移籍したため、現在両名は一塁とDHで起用されている。インディアンスは現在AL中地区2位とミネソタ・ツインズの背中を追う状態が続いているものの、エンカーナシオンがいた所で大きく状況は変わらなかっただろう。

 

タンパベイ・レイズ

 先述したトレードにおいて、インディアンスからヤンディー・ディアス(3B)を獲得。AAAでは卓越したアプローチを示し、2017-18年と2年連続100打席以上の機会を与えられるもオフにトレード。レイズ加入後は現地時間6月15日現在10本塁打をマークし、レギュラー三塁手に定着している。一塁はジーマン・チョイ(1B/DH)とブランドン・ラウ(2B/1B)が起用されており、外野はピッツバーグ・パイレーツからトレードで獲得したオースティン・メドウズ(RF)が活躍。三角トレードにおいてマリナーズに金銭を送っているものの、若い三塁手の獲得に成功しつつバウアーズが腐る前に放出する等、上手い立ち回りだ。

 

シアトル・マリナーズ

 昨年オフにサンタナを獲得したことで注目を集めたものの、実際に2019年を任せた一塁手はエンカーナシオンだった。2018年はライオン・ヒーリー(1B)が一塁を守ったが、今季は先の通りエンカーナシオンに起用変更。DHにはダニエル・ボーゲルバック(1B)がおり、現地時間6月15日現在17本塁打と期待に応える活躍を見せている。そのため、ヒーリーは主に三塁で起用されていたがカイル・シーガー(3B)が復帰。端的に言えば編成がまごついていたように思える。ヒーリーは10日間IL入りしており、復帰してもOPS.744と打撃でアピールするには物足りないが、編成の自由度は向上したのではないだろうか。

 マリナーズは今回のトレードにあたって1対1のトレードをしている。エンカーナシオンの長打力は誰もが疑うことのない事実だが、36歳という年齢、起用に制限をもたせる一塁手であること等を考慮すれば妥当なトレードではないだろうか。また、保有年数の1年長いサンタナとエンカーナシオンをトレードしたことは、今回のこのトレードが既定路線であったことを示している。

 トレードデッドラインに迫れば迫るほど選手の価値は高まる一方で、待てば待つほど故障や不調(移籍後快調することはままあるが)等選手の価値を下げるリスクは多い。マリナーズはプロスペクトの宝庫というわけではないものの、近年のドラフト上位指名選手や、昨年オフにトレードで獲得したプロスペクト達は軒並み魅力的であり、リスクを背負ってでも彼のバリューが上がるのを待ったほうが良い状況ではないと判断したと考える。更に加えて言えば、エンカーナシオンの見返りにプロスペクト1人を獲得したトレードではなく、年俸を折半しベテランスラッガーを引き取ってもらったトレードという見方も出来る。現時点のチーム状況を鑑み、放出出来る内に既定路線のトレードを実施したに過ぎない。

 マリナーズが獲得したのはフアン・ゼン(RHP)という19歳の投手。以前両球団のトレードでマリナーズからヤンキースに移籍しており、再入団ということになる。6-1/155と細身ながらリズミカルなメカニクスから速球、カーブ、チェンジアップを投げ分ける。セカンドピッチとして秀でるのはチェンジアップであり、速球は現在90マイル台前半だが今後球速向上に期待したい。まだRが主戦場とはいえ、与四球で自滅せず、コンスタントに打ち取りながら三振を奪える堅実なスターター。A+あたりまではコマンド良く好成績を収められるのではないだろうか。昨今、サンディエゴ・パドレスのクリス・パダック(RHP)のように、チェンジアップの秀でたスターターの活躍が目覚ましい。もっとも、パタックとゼンでは球速やマネーピッチの質が異なるため、一概に比較は出来ない。

 

ニューヨーク・ヤンキース(加筆)

 ヤンキースの 他に数球団がエンカーナシオンに関心を示したと言われている。ここでは、エンカーナシオンをどこが何のために獲得したのかではなく、マリナーズがいかに年俸負担せず放出しようとしたか、昨年オフからエンカーナシオンのバリューが大きく低下していることの2点に重きを置いているため、争奪戦については具体的な言及をしない。

 ヤンキースは開幕から故障者が続出している。ブレット・ガードナー(LF)、アーロン・ヒックス(CF)、アーロン・ジャッジ(RF)、ジャンカルロ・スタントン(DH)が揃うことが理想であるものの、中々揃わないためにクリント・フレイジャー(OF)やキャメロン・メイビン(OF)が代役を担った。しかし、ケンドリス・モラレス(DH)や今回のエンカーナシオンの獲得から、外野手の穴埋めから強打者の穴埋めに移行していると考えられる。入団後、復調の兆しを見せることなくモラレスがIL入りしたため、次の強打者としてピックアップしたのがエンカーナシオンだ。年俸負担額を考えれば、故障者が復帰するまでの最低限の戦力としてではなく、地区首位をキープするために必要な戦力と捉えられていると考えられる。

 内野手はディディ・グレゴリウス(SS)が復帰。グレイバー・トーレス(2B)が好調と層は厚く、HRDでどのような活躍をするか期待されるルーク・ボイト(1B)がどこで起用されるにせよ、DJ ルメイヒュー(IF)がレギュラーからはじき出されるのは明白だ。だが、金銭的な都合はさておき、編成を考慮した時それはデメリットにはならない。ルメイヒューは様々なポジションで起用出来るため、スタメンの休養日を設けることが出来る。ボイトをDHにして一塁スタメン。トーレスを遊撃かベンチにして二塁スタメンといった具合である。それから、ジオ・ウルシェラ(3B)は現在好成績をキープしており、グレゴリウスやボイトのようにヤンキースに加入して一皮剥けた選手と言えなくもないが、成績が下降する可能性は低いとは言えない。つまり、選手の疲労や好不調に合わせた柔軟な起用が可能である。これは、ミゲル・アンドゥーハー(3B)やグレッグ・バード(1B)が故障する前のヤンキースがやろうとしていたことだ。エンカーナシオンの加入はそれを後押しすることが出来る。

 このトレードがヤンキースにどのような恩恵をもたらすのかはまだ分からない。故障者が順調過ぎる程に復帰するのであれば飽和は免れないし、常に誰かしらレギュラークラスを欠くというのであれば、打線に厚みを増すことが出来るエンカーナシオンの獲得は正しい判断である。今季、誰にどれくらい出場機会を与えられるかの見積もりが難しい中で戦力の向上を狙うのであれば、見返りは少ない方が良い。多くの見返りより金銭負担を重視したマリナーズ。(選手の)見返りを少なくリスクヘッジがしたいために必然的にベテランをターゲットにしたヤンキース。両者の思惑が一致したのが今回のトレードだろう。

 

Weekly Report : Week-10

Craig Kimbrel, Christian Vazquez

 

 

 

 

 

 

 

Photo: http://bit.ly/2Z70TtE

 

 

カブスとキンブレルの契約の裏側 

Written by Yuichi Ando

昨年オフから長く続いた未契約期間を終えて、FAだったダラス・カイケルとクレイグ・キンブレルがそれぞれブレーブスとカブスとの契約に合意した。今回は特にキンブレルの契約の裏側に触れながら、今後の注目点を紹介していきたい。

 

昨年2018年はキンブレルにとって少し厳しいシーズンとなった。圧倒的な成績だった2017年からは全体的にスタッツが悪化した上に、プレーオフで打ち込まれワールドシリーズの胴上げ投手になれなかった。

 

しかしキンブレルは9年間のキャリアで7回もオールスターに選出されている実力派だ。だから彼は1億ドルを超える高額オファーを各球団に要求したが、ついに納得できるオファーを受けなかったのでシーズンが開幕しても浪人という形になっていた。

 

その後も今年はブルペンの防御率が先発投手の防御率より悪いという異常事態がありながらも各球団は契約に至らないままドラフトを迎えた。

 

各球団がドラフトまで契約に地団駄を踏んだ最大の要因はドラフトであった。キンブレルはクオリファイング・オファーを受けた選手であり、彼を獲得した球団は6月のドラフトで指名権の一部を奪われる。6月のドラフト後に契約すれば、このルールは適用されないからチームはドラフトが終わるのを待った。そして見事にドラフト最終日にキンブレルが契約に合意とのニュースが流れたのだ。

 

キンブレルは3年4300万ドルでカブスと契約した。彼には多くのチームが興味を示しており、ドジャース・メッツ・フィリーズらも契約の可能性はかなりあった。またツインズも2年契約を提示して対抗していて、古巣のブレーブスも興味を示したが多くのチームは1年契約を望み複数年を望んだキンブレルとの溝を埋められなかった。

 

そんな中で3年契約を提示したのが、カブスとレイズだった。最終的にはレイズの条件よりカブスの条件が良かった事で、キンブレルはカブスを選択した。カブスは贅沢税回避のために大型契約を抱えられない状態だったが、妻の不倫が発覚して制限リストに入ったベン・ゾブリストの今季の残り年俸$9Mが浮く事で契約が可能になった。ゾブリストの$9Mとキンブレルの今季年俸$10Mが相殺される形になっている。

*制限リストに登録された選手はその期間年俸を受け取れない。

 

カブスは昨年クローザーを務めたブランドン・モローが右肘の故障で開幕から故障者リストに入っていて、今年はここまでクローザーを固定できていない。

10イニング以上投げているリリーバーは9人いるが、ブランドン・キンツラーとスティーブ・シシェック以外の7人は防御率が4点台以上と苦しんでいる。さらにブルペン全体のK/9は 8.99でナ・リーグ12位と支配力に欠ける状態が続いていた。このような状況がキンブレル獲得を後押ししたのは間違いない。キンブレル加入でこれまで落としてきた接戦を勝ちきれるようになれば、カブスが混戦のナ・リーグ中地区で抜け出す可能性も一気に上がるだろう。