Category Archives: ウィークリー

Weekly Report:Week-3

706182557_a25c0fa284_z

 

 

 

 

 

 

 

 Photo link https://flic.kr/p/25pntk

 今回から各部員のリレー形式で1週間のメジャーリーグを辿る。Week-3のキーワードは「クリス・セール」「ライアン・ヘルスリー」「ブルペンの不振が目立つブレーブスがキンブレル獲得に及び腰な2つの理由」「マイク・マイナー」「ブラッド・ケラー」「Kデービス契約延長」だ。

 

・クリス・セール

 Written by Yu Kikuchi

 昨年ワールドシリーズ王者のレッドソックスのエース、クリス・セール(LHP)が今シーズンここまで大きく苦しんでいる(ERA:8.50 04/16現在)。セールはオールスター7回、奪三振王2回を獲得するなど名実ともに球界を代表する投手である。今年の3月には5年$145Mで契約延長している。

 ではなぜここまでの不調に苦しんでいるか筆者が分析してみた。

 まずは今シーズンのセールの登板を振り返ろう。以下は今シーズンのGame Logである。

photo by mlb.com

  開幕戦のvsSEA戦では3回7失点と大乱調。次のvsOAK戦では6回1失点とまずまずのピッチングをするも、奪った三振はわずか1つと本来のピッチングとは程遠かった。さらに次の2試合でも試合を作ることができず負け投手となっている。筆者はここまでの不調の原因はフォーシームと考えている。以下のデータを見て頂きたい。


photo by baseball savant

 フォーシームの平均球速は92.4mphと昨年より2.8mphも落ちている。その影響からか被打率は.524とかなり打たれていることがうかがえる。また、フォーシームの威力が落ちたことから伝家の宝刀のスライダーのK %も昨年の半分以下となっている。またWhiff %も軒並み落ちている。

*今シーズンのゲームごとのフォーシームの平均アベレージおよびMAX

3/28 92.3mph /94.5mph max

4/2 81.9mph/92mph max

4/9 91.8mph/94.7mph max

4/16 95.5mph/97.5mph max

 以上のことからフォーシームのスピードダウンが不調の原因と考えた。

 レッドソックスは4/18現在6勝13敗と地区最下位に沈み苦しいシーズンとなっている。先発陣が不調に陥っている(以下参照*)ことが原因と考えられる。同地区のレイズが好調でまた、故障者の多いヤンキースが踏ん張っているだけにこれ以上離されない為にはセールの復調が必要不可欠である。16日のNYY戦では負けはしたものの、平均球速が本来のスピードに近づいており、次回以降の登板に期待がもてそうだ。

*レッドソックスの先発投手陣(4/18現在)

クリス・セール(LHP) 0勝4敗 ERA8.50

デビット・プライス( LHP) 1勝1敗 ERA3.79

リック・ポーセロ(RHP) 0勝3敗 ERA11.12

ネイサン・イオバルディ(RHP) 0勝0敗 ERA6.00

エドゥアルド・ロドリゲス(RHP) 1勝2敗 ERA7.98

 

FED Prospect Handbook2019 好評発売中

毎週月曜日23時~24時にFMおだわら&サイマルラジオで放送されているNO BASEBALL, NO LIFE(supported by Full-Count)で本書を取り上げて頂きました。

NBNL192_PROSPECTHANDBOOK2019_PR_

Weekly Report : Week-1,2

642253042_cf69e838de_z

 

 

 

 

 

 

FED2019年注目選手

FED2019年タイトル・アワード予想

 

3つのハイライトで1週間のメジャーリーグを辿る。Week-1,2のキーワードは「開幕」「チャップマンフィルター」「アルバート・プホルス」だ。

 

・開幕

 2019年シーズンが始まり、早くも3週間が経過した。現地開幕戦(3月28日)からも約2週間が経過している。今年は、2012年以来となる日本でのメジャーリーグ公式戦が行われ、イチローが開幕ロスター入りを果たしたこともあり、多くのファンが球場に足を運んだことだろう。

 

 昨年、ボストン・レッドソックスがロサンゼルス・ドジャースを下し、2013年以来となるWS制覇を果たした。アメリカン・リーグ東地区の2枚看板であるニューヨーク・ヤンキースは、2009年を最後にWS制覇及びリーグ優勝を果たしておらず、地区4連覇を目指すレッドソックスとは大きく水をあけられている。それから、ドジャースは2年連続でWS進出を果たしたが、またもWS制覇に後一歩及ばなかった。

 では、今年の注目の開幕戦を振り返りたい。

  •  ニューヨーク・メッツ 対 ワシントン・ナショナルズ メッツ勝利

 現役最強投手であるジェイコブ・デグロムとマックス・シャーザーの組み合わせ。この2人の対決は2017年4月27日(メッツが7対5で制している)以来、2度目だった。

 シャーザーは初回、1、2番打者をアウトにするも、メッツにトレードで加入したロビンソン・カノに被弾して失点をするスタート。8回にもカノにタイムリーヒットを献上。全体的に見れば、7.2回2被安打12奪三振3与四球2失点というエースらしい投球内容だった。また、速球も平均95マイルと上々の出来だったが、打線の援護を受けられずデグロムに軍配が上がった。

 一方、デグロムは6回5被安打10奪三振1与四球無失点と投球内容ではシャーザーに劣るものの、要所要所をきちんと締めるピッチング。球速も速球96マイル、スライダー91マイル、チェンジアップ89マイルと素晴らしい出来だった。カノは1-1から反対方向にHRを放ち、新天地で幸先の良いスタートを切ることに成功。

 

  •  ヒューストン・アストロズ 対 タンパベイ・レイズ アストロズ勝利

 ジャスティン・バーランダーとブレイク・スネルによる新旧サイヤング賞対決となった。両者は16年、17年、18と3年連続で対戦機会があり、今年の開幕戦で4年連続となった。尚、過去の勝敗は2勝1敗でバーランダーの勝ち。(2勝共デトロイト・タイガース時代)

 初回、トレードでレイズに加入したオースティン・メドウズに先制弾。しかし、3回にジョージ・スプリンガーが3ランHRを放ち、3対1と形勢逆転。バーランダーは打線の援護を受け、7回3被安打9奪三振1与四球1失点で開幕戦勝利を挙げた。通算11度目の開幕投手は、13年、17年に次ぐ3度目の開幕戦勝利となった。尚、速球の平均球速は94マイルを計測。2013年以降球速が低下し限界説が囁かれた男は、アストロズ移籍に伴って復活。今季も安定したピッチングを披露してくれるだろう。

 一方、自身初の開幕のマウンドを託されたスネルは、3回に3失点で勢いを止められると、最終的に5点をアストロズに献上。6回6被安打3奪三振2与四球5失点という成績に終わった。速球は平均球速94マイルだったが、投球割合が3割を超えたカーブが痛打を浴びるシーンが目立った。2戦ではカーブの投球割合を減らし、スライダーとチェンジアップを増やして対応したが、3戦では再びカーブを増やした。幸い、3戦目ではカーブが効いて6回11奪三振無四球の好投に繋がった。修正力の高さは流石エースである。

 

Weekly Report: Week 20

7799458430_9d18cd459f_z

 

 

 

 

 

 

 

3つのハイライトでメジャーリーグの1週間を辿る。Weekly-20のキーワードは「80勝」「代打逆転サヨナラ本塁打」「プレーオフ」だ。

 

・80勝

ストン・レッドソックスがメジャー最速で80勝に到達した。開幕から圧倒的な強さで勝利を重ねているレッドソックスだが、そのペースは2001年にシアトル・マリナーズが記録したシーズン116勝のメジャーリーグ記録にも迫る勢いである。ここではそんな今年のレッドソックスに関して分析する。

 まずは投手陣。先発陣は既に4人が二桁勝利を挙げており、特にエースのクリス・セールは防御率1点台と抜群の安定感で悲願となるサイヤング賞受賞の可能性も高い。そんな強力先発陣を支えるのがリリーフ陣。リリーフは現在メジャー全体4位となる防御率3.34を記録しており、リリーフが喫した敗北がメジャー最小のわずか9回と接戦にも強い事がうかがえる。クローザーのクレイグ・キンブレルは既に35セーブを挙げており、これで8年連続となる30セーブ、更に今シーズンは通算300セーブに到達するなど相変わらずの安定感を誇っている。

 次は打線。なんと言っても今シーズンのレッドソックスは強力打線だろう。ムーキー・ベッツとJ.D.マルティネスがMVP級の成績を残しており、注目が集まるが、ザンダー・ボガーツとアンドリュー・ベニンテンディの2人も忘れてはいけない。ボガーツは長打力が開花してキャリア最高となるシーズンを送っており、フルシーズン2年目となるベニンテンディも新人王投票2位となった昨シーズンから更に成長を見せ、不動の2番としてチームを支えている。2番に座るベニンテンディは1番のベッツと共に高い出塁率を誇り、マルティネス、ボガーツらがつとめる強力な中軸へ繋ぐチャンスメイクの役割を果たしており、チームとしては彼の成長は非常に大きなものと言えるだろう。

 今シーズン絶好調のレッドソックス。地区優勝はほぼ確実とも言えるだろう。トレードで獲得したイアン・キンズラーも復帰の目処が立っており、13年以来となるワールドチャンピョンに向け死角はない。

Weekly Report : Week 19

boston_redsox_fenwaypark_897412_h

 

 

 

 

 

 

 

3つのハイライトでメジャーリーグの1週間を辿る。Weekly-19のキーワードは「終盤戦」「アスレチックス」「86球」だ。

 

・終盤戦

8月に入りシーズンもいよいよ終盤戦に入ってきた。そんな、Week19にはプレーオフの行方を左右するような好カードひしめいた。まずはア・リーグ西地区首位のヒューストン・アストロズとナ・リーグ西地区で首位争いを展開しているロサンゼルス・ドジャースという昨年のワールドシリーズと同じ組み合わせ。優勝争いに向け負けられない両者の戦い、初戦は投手戦となった。アストロズがエースのジャスティン・バーランダー、ドジャースがアレックス・ウッドの投げ合いとなったこの試合は初回にドジャースが先制すると2回にエラーも絡み、アストロズが逆転。その後はバーランダーが8回途中まで1失点14奪三振の好投を見せ、2-1でアストロズが勝利を収めた。初戦の勝利で勢いに乗ったアストロズは2戦では打線が爆発。投手陣もドジャース打線を封じ込め14-0で連勝を飾った。スウィープを狙ったアストロズだが3戦ではゲリット・コールがデッドライン移籍組のマニー・マチャド、ブライアン・ドージャーらに捉えられ3失点し、3-2で敗れた。しかし、2勝1敗と勝ち越しでこのシリーズを終えたアストロズはポストシーズンに向けて自信となるシリーズになっただろう。

 続いて取り上げるのはア・リーグ東地区の首位決戦であるボストン・レッドソックスとニューヨーク・ヤンキースの4連戦。優勝争いに大きく影響するこのシリーズはレッドソックスが4連勝でヤンキースを圧倒した。乱打戦の初戦を取って勢いに乗ると、リック・ポーセロ、ネイサン・イオバルディの好投で2,3戦も勝利、4戦目は9回に3点差を追いつき10回にアンドリュー・ベニンテンディがサヨナラ安打を放つ劇的な展開でスウィープを飾った。この結果を経て、両チームのゲーム差は9.5と広がり、レッドソックスは地区優勝へ大きく近づいた。一方のヤンキースはこれで5連敗となり、ワイルドカードのホームコートアドバンテージを争うアスレチックスとのゲーム差は2.5ゲームにまで縮まってきた。主力のアーロン・ジャッジを怪我で欠くヤンキースだが、ここからの終盤戦、ポストシーズンに向けて厳しい戦いが続くこととなるかもしれない。

Weekly Report: Week13

41043770701_e121d2526e_z

 

 

 

 

 

 

 

3つのハイライトでメジャーリーグの1週間を辿る。Weekly-13のキーワードは

「フランクリン・バレット」「シアトルマリナーズ」「ケルビン・ヘレーラ」だ。

 

・フランクリン・バレット

 

ョシュ・ドナルドソンを1対4のトレードでブルージェイズに放出してから4シーズン目を迎えるオークランド・アスレティックス。このトレードにより再建期に突入し、ここ3年間は地区最下位に沈んできた。トレードで獲得した選手たちはというと、目玉であったブレット・ロウリーは、素行の悪さもあって1年でチームを去り、今季の開幕投手ケンドール・グレイブマンも、再建期のローテこそ支えてくれたが、現在は不振でマイナー調整中。プロスペクト左腕だったショーン・ノリンは、わずか6試合に登板しただけでDFAされた。このままでは失敗トレードと言われても仕方ないが、OAKファンにとって最後の希望が、トレード当時18歳だったバレットである。

マット・チャップマンのDL入りに伴いジェド・ラウリーが3Bに回ったことで、現在バレットは2Bで出場機会を得ている。22日の敵地ギャランティードレイトフィールドでのホワイトソックス戦では、2本の3ランHRを放つ活躍を見せた。思えば昨年の6月24日、この球場でメジャーデビューを果たしたバレットは、ジェームズ・シールズから初HRを放っている。その試合では、オルソン、ブラグマンもメジャー初HRを放っており、史上初めて同じ球団の3選手が同じ日に初HRを打ったとして話題になった。閑話休題、22日の試合に話を戻すと、この日の1本目のHRはまたしてもシールズから放っている。対戦回数は少ないものの、相性の良さがうかがえる。

 今季AAAでは、.236/.335/441,7HRという微妙な成績で、向上しているのはBB%くらいだ(MLBでは31打席で1四球しか選べていない)。MLB昇格後も10打席あまりヒットが出ず、三振も多い。期待が大きいだけに伸び悩んでいるようにも感じられるが、焦らず経験を積んでほしい。ここ2シーズンは、正二塁手のラウリーが思いのほか(?)健康を維持しているため出場機会が限られているが、そのラウリーも今季までの契約となっているため、来季以降はバレットがメインで起用されていくだろう。今季のMLB では、バレットよりもさらに若いヤンキースのグレイバー・トーレスやブレーブスのオジー・アルビーズが二塁手として大活躍を見せている。彼らに少し遅れを取った形にはなってしまったが、今後バレットがどのような選手に育っていくのかを楽しみにしたい。

(成績は6月23日時点)