アルシデス・エスコバーのヤクルト・スワローズ移籍とそこから考えられる影響

               ヤクルト・スワローズが10月30日、アルシデス・エスコバーとの契約を発表した。まだワールドシリーズが終わっていない時期に More »

「MLBを仕事にする」:記者水次祥子さんへのインタビュー

              不定期連載でお送りする、MLBの舞台で選手以外として活躍している方へのインタビュー企画の第3弾。今回は、ニューヨークと東京 More »

2019 ALDS Review:HOU vs TB

               ア・リーグ西地区を制したヒューストン・アストロズの対戦相手はワイルドカードを制したタンパベイ・レイズとの組み合わせとなった。  Game1 TB 2-6 HOU 勝: ジャスティン・バーラン More »

2019 World Series Review : Game7

              勝った方がワールドチャンピョンとなる運命のGame7。歓喜の瞬間を目の当たりにしようと球場には43,000を越えるファンが More »

2019 World Series Review : Game6

              お互いにロードでのゲームを取り合い、アストロズが3勝と王手を掛けて臨んだGame6。この試合では追い込まれたナショナルズが More »

 

Category Archives: ウィークリー

Weekly Report : Week-11

Toronto Blue Jays, Baltimore Orioles

 

 

 

 

 

 

 

Photo link https://flic.kr/p/ziEooX

 

 

昨年のエドウィン・エンカーナシオンが絡んだ三角トレード及び今回のトレードについて

Written by Tsubasa Komiyama

 現地時間6月15日、現在AL本塁打王であるエドウィン・エンカーナシオン(DH)が、シアトル・マリナーズからニューヨーク・ヤンキースにトレードで移籍を果たした。昨年オフ、三角トレードで移籍をした36歳のベテランスラッガーのトレードに関わった球団の選手起用を振り返りつつ、今回のトレードに触れたい。

 

クリーブランド・インディアンス

 2018年、インディアンスでDHとして最多出場をマークしたのはエンカーナシオン(115試合)だ。昨年オフ、彼をトレードで放出するにあたり、タンパベイ・レイズからジェイク・バウアーズ(LF)、マリナーズからカルロス・サンタナ(1B)をそれぞれ獲得した。スタメンのヨンダー・アロンソ(1B)がFA移籍したため、現在両名は一塁とDHで起用されている。インディアンスは現在AL中地区2位とミネソタ・ツインズの背中を追う状態が続いているものの、エンカーナシオンがいた所で大きく状況は変わらなかっただろう。

 

タンパベイ・レイズ

 先述したトレードにおいて、インディアンスからヤンディー・ディアス(3B)を獲得。AAAでは卓越したアプローチを示し、2017-18年と2年連続100打席以上の機会を与えられるもオフにトレード。レイズ加入後は現地時間6月15日現在10本塁打をマークし、レギュラー三塁手に定着している。一塁はジーマン・チョイ(1B/DH)とブランドン・ラウ(2B/1B)が起用されており、外野はピッツバーグ・パイレーツからトレードで獲得したオースティン・メドウズ(RF)が活躍。三角トレードにおいてマリナーズに金銭を送っているものの、若い三塁手の獲得に成功しつつバウアーズが腐る前に放出する等、上手い立ち回りだ。

 

シアトル・マリナーズ

 昨年オフにサンタナを獲得したことで注目を集めたものの、実際に2019年を任せた一塁手はエンカーナシオンだった。2018年はライオン・ヒーリー(1B)が一塁を守ったが、今季は先の通りエンカーナシオンに起用変更。DHにはダニエル・ボーゲルバック(1B)がおり、現地時間6月15日現在17本塁打と期待に応える活躍を見せている。そのため、ヒーリーは主に三塁で起用されていたがカイル・シーガー(3B)が復帰。端的に言えば編成がまごついていたように思える。ヒーリーは10日間IL入りしており、復帰してもOPS.744と打撃でアピールするには物足りないが、編成の自由度は向上したのではないだろうか。

 マリナーズは今回のトレードにあたって1対1のトレードをしている。エンカーナシオンの長打力は誰もが疑うことのない事実だが、36歳という年齢、起用に制限をもたせる一塁手であること等を考慮すれば妥当なトレードではないだろうか。また、保有年数の1年長いサンタナとエンカーナシオンをトレードしたことは、今回のこのトレードが既定路線であったことを示している。

 トレードデッドラインに迫れば迫るほど選手の価値は高まる一方で、待てば待つほど故障や不調(移籍後快調することはままあるが)等選手の価値を下げるリスクは多い。マリナーズはプロスペクトの宝庫というわけではないものの、近年のドラフト上位指名選手や、昨年オフにトレードで獲得したプロスペクト達は軒並み魅力的であり、リスクを背負ってでも彼のバリューが上がるのを待ったほうが良い状況ではないと判断したと考える。更に加えて言えば、エンカーナシオンの見返りにプロスペクト1人を獲得したトレードではなく、年俸を折半しベテランスラッガーを引き取ってもらったトレードという見方も出来る。現時点のチーム状況を鑑み、放出出来る内に既定路線のトレードを実施したに過ぎない。

 マリナーズが獲得したのはフアン・ゼン(RHP)という19歳の投手。以前両球団のトレードでマリナーズからヤンキースに移籍しており、再入団ということになる。6-1/155と細身ながらリズミカルなメカニクスから速球、カーブ、チェンジアップを投げ分ける。セカンドピッチとして秀でるのはチェンジアップであり、速球は現在90マイル台前半だが今後球速向上に期待したい。まだRが主戦場とはいえ、与四球で自滅せず、コンスタントに打ち取りながら三振を奪える堅実なスターター。A+あたりまではコマンド良く好成績を収められるのではないだろうか。昨今、サンディエゴ・パドレスのクリス・パダック(RHP)のように、チェンジアップの秀でたスターターの活躍が目覚ましい。もっとも、パタックとゼンでは球速やマネーピッチの質が異なるため、一概に比較は出来ない。

 

ニューヨーク・ヤンキース(加筆)

 ヤンキースの 他に数球団がエンカーナシオンに関心を示したと言われている。ここでは、エンカーナシオンをどこが何のために獲得したのかではなく、マリナーズがいかに年俸負担せず放出しようとしたか、昨年オフからエンカーナシオンのバリューが大きく低下していることの2点に重きを置いているため、争奪戦については具体的な言及をしない。

 ヤンキースは開幕から故障者が続出している。ブレット・ガードナー(LF)、アーロン・ヒックス(CF)、アーロン・ジャッジ(RF)、ジャンカルロ・スタントン(DH)が揃うことが理想であるものの、中々揃わないためにクリント・フレイジャー(OF)やキャメロン・メイビン(OF)が代役を担った。しかし、ケンドリス・モラレス(DH)や今回のエンカーナシオンの獲得から、外野手の穴埋めから強打者の穴埋めに移行していると考えられる。入団後、復調の兆しを見せることなくモラレスがIL入りしたため、次の強打者としてピックアップしたのがエンカーナシオンだ。年俸負担額を考えれば、故障者が復帰するまでの最低限の戦力としてではなく、地区首位をキープするために必要な戦力と捉えられていると考えられる。

 内野手はディディ・グレゴリウス(SS)が復帰。グレイバー・トーレス(2B)が好調と層は厚く、HRDでどのような活躍をするか期待されるルーク・ボイト(1B)がどこで起用されるにせよ、DJ ルメイヒュー(IF)がレギュラーからはじき出されるのは明白だ。だが、金銭的な都合はさておき、編成を考慮した時それはデメリットにはならない。ルメイヒューは様々なポジションで起用出来るため、スタメンの休養日を設けることが出来る。ボイトをDHにして一塁スタメン。トーレスを遊撃かベンチにして二塁スタメンといった具合である。それから、ジオ・ウルシェラ(3B)は現在好成績をキープしており、グレゴリウスやボイトのようにヤンキースに加入して一皮剥けた選手と言えなくもないが、成績が下降する可能性は低いとは言えない。つまり、選手の疲労や好不調に合わせた柔軟な起用が可能である。これは、ミゲル・アンドゥーハー(3B)やグレッグ・バード(1B)が故障する前のヤンキースがやろうとしていたことだ。エンカーナシオンの加入はそれを後押しすることが出来る。

 このトレードがヤンキースにどのような恩恵をもたらすのかはまだ分からない。故障者が順調過ぎる程に復帰するのであれば飽和は免れないし、常に誰かしらレギュラークラスを欠くというのであれば、打線に厚みを増すことが出来るエンカーナシオンの獲得は正しい判断である。今季、誰にどれくらい出場機会を与えられるかの見積もりが難しい中で戦力の向上を狙うのであれば、見返りは少ない方が良い。多くの見返りより金銭負担を重視したマリナーズ。(選手の)見返りを少なくリスクヘッジがしたいために必然的にベテランをターゲットにしたヤンキース。両者の思惑が一致したのが今回のトレードだろう。

 

Weekly Report : Week-10

Craig Kimbrel, Christian Vazquez

 

 

 

 

 

 

 

Photo: http://bit.ly/2Z70TtE

 

 

カブスとキンブレルの契約の裏側 

Written by Yuichi Ando

昨年オフから長く続いた未契約期間を終えて、FAだったダラス・カイケルとクレイグ・キンブレルがそれぞれブレーブスとカブスとの契約に合意した。今回は特にキンブレルの契約の裏側に触れながら、今後の注目点を紹介していきたい。

 

昨年2018年はキンブレルにとって少し厳しいシーズンとなった。圧倒的な成績だった2017年からは全体的にスタッツが悪化した上に、プレーオフで打ち込まれワールドシリーズの胴上げ投手になれなかった。

 

しかしキンブレルは9年間のキャリアで7回もオールスターに選出されている実力派だ。だから彼は1億ドルを超える高額オファーを各球団に要求したが、ついに納得できるオファーを受けなかったのでシーズンが開幕しても浪人という形になっていた。

 

その後も今年はブルペンの防御率が先発投手の防御率より悪いという異常事態がありながらも各球団は契約に至らないままドラフトを迎えた。

 

各球団がドラフトまで契約に地団駄を踏んだ最大の要因はドラフトであった。キンブレルはクオリファイング・オファーを受けた選手であり、彼を獲得した球団は6月のドラフトで指名権の一部を奪われる。6月のドラフト後に契約すれば、このルールは適用されないからチームはドラフトが終わるのを待った。そして見事にドラフト最終日にキンブレルが契約に合意とのニュースが流れたのだ。

 

キンブレルは3年4300万ドルでカブスと契約した。彼には多くのチームが興味を示しており、ドジャース・メッツ・フィリーズらも契約の可能性はかなりあった。またツインズも2年契約を提示して対抗していて、古巣のブレーブスも興味を示したが多くのチームは1年契約を望み複数年を望んだキンブレルとの溝を埋められなかった。

 

そんな中で3年契約を提示したのが、カブスとレイズだった。最終的にはレイズの条件よりカブスの条件が良かった事で、キンブレルはカブスを選択した。カブスは贅沢税回避のために大型契約を抱えられない状態だったが、妻の不倫が発覚して制限リストに入ったベン・ゾブリストの今季の残り年俸$9Mが浮く事で契約が可能になった。ゾブリストの$9Mとキンブレルの今季年俸$10Mが相殺される形になっている。

*制限リストに登録された選手はその期間年俸を受け取れない。

 

カブスは昨年クローザーを務めたブランドン・モローが右肘の故障で開幕から故障者リストに入っていて、今年はここまでクローザーを固定できていない。

10イニング以上投げているリリーバーは9人いるが、ブランドン・キンツラーとスティーブ・シシェック以外の7人は防御率が4点台以上と苦しんでいる。さらにブルペン全体のK/9は 8.99でナ・リーグ12位と支配力に欠ける状態が続いていた。このような状況がキンブレル獲得を後押ししたのは間違いない。キンブレル加入でこれまで落としてきた接戦を勝ちきれるようになれば、カブスが混戦のナ・リーグ中地区で抜け出す可能性も一気に上がるだろう。

 

Weekly Report : Week-7

Albert Pujols

 

 

 

 

 

 

 

 Photo link https://flic.kr/p/cmAsKq

 

 

今週のプロスペクト

―ウラディミール・ゲレーロ Jr.だけではない。メジャーの若手選手たち―

Written by Kazuki Sugihara

 先日、ウラディミール・ゲレーロ Jr.(TOR)が2ホーマーの活躍を見せたが、ほかにも数多くのプロスペクトたちがメジャーデビューを果たした。今回は、そんなプロスペクトたちの活躍をダイジェスト形式で紹介していく。

05/12デビュー コービン・マーティン(HOU) MLB公式球団ランキング4位

 コービン・マーティンがレンジャース戦で先発デビューした。この日は速球、変化球、コントロールのどれも安定しており、中でも速球は冴えわたっていた。平均95.7mph、最速97.7mphを記録し、その日投じた80球中50球を速球が占めていた。そこにキレキレのチェンジアップ、カーブも混ぜることで打者を翻弄し圧倒した。5回1/3を投げ2失点9奪三振の好投でメジャー初先発初勝利を飾った。

 

05/14デビュー ニッキー・ロペス(KC) MLB公式球団ランキング8位

 今週デビューしたプロスペクトの中では間違いなくニッキー・ロペスが一番注目を浴びただろう。レンジャース戦を2番ショートでスタメンデビューを果たすと、7回の第4打席でレフト前タイムリーヒットを放ち、初ヒット初打点を記録した。しかしそれだけではない。その後の3試合もヒットを放ち、デビューから計4試合で、16打数6安打3四球、打率.375、OPS1.036と絶好調。ロペスは、コンタクトスキルの高さとアプローチの良さに定評のある選手で四球を多く選べる。ちなみにこの日、ゲレーロ Jr.が一試合2本塁打を記録した。

 

05/15デビュー ショーン・アンダーソン(SF) MLB公式球団ランキング4位

 この日ブルージェイズ戦で先発デビューしたショーン・アンダーソンは予想を上回る活躍をした。投手としては、武器であるスライダーが冴えわたり、5回2失点5奪三振の活躍をみせた。一方、打者としては2回にプロ初打席に立つと、いきなり右中間を破るツーベースヒット、次の打席でもヒットを放ち2安打を記録した。アンダーソンは、打撃に定評のあるマディソン・バムガーナーとスプリングトレーニングで一緒に打撃練習を行ったのが良かったのかも、とインタビューで振り返っている。

 

05/17デビュー ブレンダン・ロジャース(COL)  MLB公式球団ランキング1位(全体10位)

 全体10位のプロスペクト、ブレンダン・ロジャースが遂にメジャーデビューを果たした。フィリーズ戦に7番セカンドでスタメンデビューするも、この日はノーヒット。しかし第4打席で内野手のフィルダースチョイスで初打点を記録した。なかなか二塁手の穴が埋まらないロッキーズにとってはロジャースの今後の活躍を切に願っているだろう。

※動画は翌日のもの。

 

Weekly Report : Week-5

47716328772_eb399c61c1_z

 

 

 

 

 

 

Photo link https://flic.kr/p/2fGwE8E

 

好評発売中のプロスペクトハンドブック2019ですが、5月7日から書籍版を35%オフの1300円(送料別)で販売致します。Kindle版も約35%オフの1100円で販売しております。詳細は記事の最後に記載しています。

 

 

前年より盤石なタンパベイ・レイズ投手陣

Written by Tsubasa Komiyama

 レイズは、現地時間5月3日現在、21勝11敗でアメリカン・リーグ東地区の首位に着けている。チーム打点は、ヤンキース、レッドソックスに次ぐ地区3位であるが、チーム失点は、122失点で2位のブルージェイズを突き放す100失点で1位である。

 本拠地のPFや対戦相手にもよるものの、基盤の安定した投手力が地区首位を堅守していると捉えて問題ないだろう。

 ところで、興味深いスタッツがある。チームの先発イニング数の合計だ。2018年レイズの先発イニング数合計は624回(1試合平均3.2回)でメジャー全体30位である。29位は805.1回(1試合平均4.2回)のエンゼルス、1位は993.2回(1試合平均6.1回)のインディアンスだ。2019年レイズの先発イニング数合計は145.1回(1試合平均4.1回)でメジャー全体29位である。30位は141.2回(1試合平均4.1回)のエンゼルスだ。順位としては30位から29位であるが、約アウト2つ分増えたと考えると大きな変化である。

年度 先発イニング数 試合平均
2018年 624回 3.2回
2019年 145.1回 4.1回

 

 

 理由は、昨年クリス・アーチャー(RHP)の見返りの1人として獲得したタイラー・グラスノー(RHP)と、昨年オフにFA補強したチャーリー・モートン(RHP)がオープナーを用いない先発として起用されているからであろう。

 昨年、レイズで20先発以上したのはブレイク・スネル(LHP)とライン・スタネック(RHP)の2人だが、スタネックはオープナー起用であるため、実質フルシーズン稼働した先発はスネルのみであった。

 しかし、2019年はスネル、グラスノー、モートンの3人が20先発を超える見込みである。つまり、ブルペンの負担が軽減されることにより、オープナーの柔軟性や7回以降の粘り強さが得られるのではないだろうかと推測した。

 

 さて、昨年、レイズがシーズン後半戦において目覚ましい戦績を挙げ、WC争いが白熱したことは記憶に新しい。

 下の表は2018年タンパベイ・レイズの月間投手成績と、2018年メジャー平均の月間投手成績である。

 

 メジャー平均は、シーズン終盤にK/9とBB/9が共に上昇している。K/BBは下がっているため、K/9の上昇よりBB/9の上昇の方が多いことが伺える。一方、レイズはもう少し早い段階、6月から7月にかけてK/9を上昇させ始め、7月から8月にかけてBB/9を下降させることにより、K/BBを上昇させている。

 要因はオープナーの採用であると考えられる。オープナーの利点は大まかに2点である。

  •  初回防御率の悪い先発投手の代わりに、リリーバーが先発することで初回防御率を改善出来る。
  • 後続の本来の先発投手とオープナーであるリリーバーの利き手やピッチングスタイルを変えることで、後続の先発投手のポテンシャルを最大限発揮出来るようアシスト出来る。

 

 今回は、具体的にオープナーに向いているピッチングスタイルには触れないが、昨年、レイズがオープナーを(現状において)最大限活かす術を見つけたと言える。それは夏場のメジャー平均とレイズの月間投手成績の差から考えられるだろう。

 

Weekly Report : Week-4

Dallas Keuchel

 

 

 

 

 

 

Weekly4は「ベテランサウスポーの行方」、「援護不足ながら復活の兆しを見せるストローマン(TOR)とグレイ(CIN)の昨シーズンとの決定的な違い」、「苦戦を強いられるヤンキースの編成について」、「ブラディミール・ゲレーロ Jr.」、「ジョーイ・ギャロ1337打席目でキャリア初の犠牲フライを放つ

Photo link https://flic.kr/p/Lpj9in 

 

ベテランサウスポーの行方

 Written by Yu Kikuchi

 地時間25日、ジオ・ゴンザレス(LHP)が MILと1年200万ドルと出来高ボーナス付きの契約に合意した。MILからFAとなったゴンザレス(LHP)は今年の3/20にNYYとマイナー契約を結んでいる。22日にオプトアウトの権利を行使してFAとなり今回の契約に至った。

 

*今回の契約の流れ

3/20 NYYとマイナー契約

 メジャー契約となった場合300万ドル+1先発ごとに30万ドル

4/22 オプトアウト権利行使

4/25 MILと1年契約

 

 ここでジオ・ゴンザレス(LHP)のキャリアを振り返って見よう。

 

 ジオ・ゴンザレス(LHP)は04年CWS1巡目で入団した33歳。08年にメジャーデビューを果たし、着実にキャリアを積み12年には21勝をあげ最多勝を獲得した。オールスター2回出場、15勝以上4回あげるなど球界を代表するサウスポー。しかし、近年は衰えが見え、昨シーズンは10勝11敗ERA4.21だった。

 ジオ・ゴンザレス(LHP)は停滞するFA市場の影響をもろに受けた選手と言えるだろう。18年の年俸が1000万だったことを考えれば大きくダウンしている。今シーズンは3AでERA6.00だが、直近の登板では好投しており、地区2連覇を狙うMILは大きな買い物をしたことだろう。 

photo by milb.com

 もう一人、ベテランサウスポーでFA市場の停滞を受けている選手がいる。ご存知の通りダラス・カイケル(LHP)である。2度のオールスター選出、15年にサイヤング賞を獲得している。昨シーズンは12勝11敗ERA3.74だった。HOUからクオリファイング・オファー(1700万9000ドル) を拒否し、当初は1億5000万ドル~2億ドルの大型契約を狙っていた。しかし、現在はQOを超える1年契約あるいは6~7年契約であれば、当初希望していた額を下げることを受け入れるようだ。そこで、筆者が個人的に一番ダラス・カイケル(LHP)を獲得すべき球団を以下にまとめてみた。

 

  パドレス

 1年契約(不良債権にならないようにするため+以下参照)かつドラフト終了後(今年のドラフト指名権を失わないため)という条件付きだが、個人的にはパドレスを推したい。パドレスは現在地区2位(現地時間4/25現在)。先発投手全員MLBサービスタイム3年以内の若手投手。ここにカイケルが加われば先発投手に厚みが増すだけでなく若手投手陣の模範的かつ橋渡し的存在となることだろう。パドレスはフェルナンド・ターティスJr.(SS)やクリス・パダック(RHP)をはじめとする若手有望株の宝庫。もちろん2~3年後に本格的な黄金期を狙っている事は重々承知しているが今年は若手の勢いがありプレーオフが狙えるチャンスにある。07年から12年連続で逃しているチームに勝ち癖をつけるためにも今年プレーオフに出場することは大きな意義がある。プレーオフに出場するためにもカイケルを是非獲得してもらいたい。

 *パドレスの先発投手陣

①エリック・ラウアー(LHP) (MLBサービスタイム0.160)

②ジョーイ・ルケーシー(LHP)(MLBサービスタイム1.000)

③ニック・マーゲビチウス(LHP)(MLBサービスタイム0.000)

④クリス・パダック(RHP(MLBサービスタイム0.000)

⑤マット・ストラム(LHP(MLBサービスタイム2.064)

 ⚠︎MLBサービスタイムは開幕前のデータ