Tag Archives: アニバル・サンチェス

2019 NLCS Review : STL vs WSH

8621154016_614c53ba27_c

 

 

 

 

 

 

 

リーグ中部地区を制したセントルイス・カージナルスとワイルドカードから勝ち上がってきたワシントン・ナショナルズの組み合わせとなった今年のNLCS。勢いに乗る両チームの対戦はスウィープという一方的な展開で幕を閉じた。今回は「不安要素」という観点からこのシリーズを振り返る。

 

「ナショナルズの不安要素」

レギュラーシーズンの期間中ナショナルズの不安要素は常にブルペンだった。リリーフ防御率はメジャーワースト2位の5.68と非常に悪く、ブルペンで試合を落とすことも多かった。そのためナショナルズはポストシーズンに入ってからは強力な4枚の先発陣をリリーフ起用するなど信頼できる投手のみを繋いでの継投で勝ち上がってきた。そしてリリーフ防御率メジャー5位の3.88を誇るカージナルスとの対戦となった今シリーズ。ナショナルズは絶対にブルペン勝負に持ち込ませたくなかったはずだ。そんなナショナルズにとって「先発投手が長いイニングを投げること」、「先取点を取り、試合を有利に展開すること」、この2つを達成出来たことがNLCSの何よりの勝因だろう。ここからはこの観点から1試合単位で振り返る。

 まずはGame1。先発のアニバル・サンチェスが8回途中までノーヒットピッチングと完璧なピッチングを見せ、打線も2回に先取点を奪うなど理想的な展開で勝利を収めた。続くGame2でも先発のマックス・シャーザーが7回を1安打投球、打線も3回と早い段階でリードを奪った。

ホームに移ったナショナルズの勢いは加速し、Game3では打線が奮起。5回までに6得点とカージナルス先発のジャック・フラハティを攻略した。先発のスティーブン・ストラスバーグも7回を1失点に抑えるなどカージナルスに付け入る隙を与えなかった。Game4でも打線の勢いは止まらず、初回に6本のヒットを集め、7得点。先発のパトリック・コービンは5回4失点と本調子ではなかったが、初回のリードをブルペンが守り抜いた。

このようにナショナルズは全ての試合で先取点を奪ったことでビハインドの展開を一度も作らず、先発投手がGame4を除いて最低7回は投げ抜くなど、ブルペンに勝敗をゆだねるような展開には終始持ち込ませなかった。そして不安要素のはずだったリリーフもこのシリーズでは9イニングを投げ、打たれたヒットはわずか3本、1失点のみと完璧な内容で先発投手の活躍に応えた。このシリーズをスウィープで終わらせたナショナルズは先発投手陣を休息させることができ、更にリリーフも調子が上向くなど完璧な仕上がりでワールドシリーズを迎えることが出来そうだ。

 

2019 NLDS Review : WSH VS LAD

33746773632_465af7c30a_c

 

 

 

 

 

 

ナショナルズが通算成績3勝2敗でドジャースを下し、ナショナルリーグ優勝決定シリーズへ駒を進めた。

 

Game 1 WSH 0- 6 LAD

 先発はドジャースがウォーカー・ビューラー(RHP)、ナショナルズはパトリック・コービン(LHP)。

1回裏 ナショナルズ先発コービンは制球に苦しみ4つの四球を与え、ドジャースに先制を許す。

4回表 今度はドジャース先発ビューラーが3つの四球を出して満塁になるがアズドルバル・カブレラ(IF)を打ち取りピンチを乗り切る。

5回裏 簡単に2アウトとなったドジャースだがコディ・ベリンジャー(OF)の四球、クリス・テイラー(IF)の内野安打の後マックス・マンシー(1B)の打った打球をナショナルズのファースト、ハウィ・ケンドリックがまさかのトンネル。ドジャース2点リードとなる。

7回裏 マンシーのタイムリヒットでドジャースが2点を追加。

8回裏 メジャーデビューしてまだ1ヶ月少ししか経ってないルーキーのギャビン・ラックス(IF)と途中出場のジョク・ピーダーソン(OF)のホームランでさらにリードを広げる。

9回表 ドジャース4人目のジョー・ケリー(RHP)がヒット1本許すも無失点で締め試合終了。

 

所見

 終始ドジャースペースで試合が進む、さすがドジャース!という試合運びだった。初回制球が定まらないコービンに対して1点で終わったのは不発気味だったがコービンから代わった投手を攻略し着実に点を奪った。投手の方はビューラーが被安打1と完璧に封じ込め、リリーフ陣もアダム・コラレック(LHP)→前田健太(RHP)→ケリー、とつけ入る隙を与えない投球で見事に大事な初戦を勝利した。

 

Game 2 WSH 4- 2 LAD

先発はドジャースがクレイトン・カーショー(LHP)、ナショナルズが今シーズンのナショナルリーグ最多勝投手スティーブン・ストラスバーグ(RHP)。

1回表 ケンドリックが前日の失敗を取り返すべくタイムリーヒットで先制。

2回表 ナショナルズはアダム・イートン(OF)のタイムリーヒットとアンソニー・レンドン(3B)のタイムリー2ベースでこの回3点を追加する。

6回裏 ドジャースはトレイ・ターナー(SS)の犠牲フライで1点を返す。

7回裏 マンシーのソロホームランで1点差に迫る。

8回表 ナショナルズはカブレラのタイムリーヒットで再び引き離す。

9回裏 ドジャースはランナーを2人出し、ホームランでサヨナラの場面を迎えたがコーリー・シーガー(SS)が三振に倒れ試合終了。

 

所見

 両先発投手の好投で引き締まった試合だった。カーショーは先に3点は取られたが、すぐに立ち直った。ストラスバーグは無四球、三振10と非の打ち所がない投球だった。しかし一方でナショナルズのブルペン陣の不安がモロに露呈した試合とも言えるだろう。ショーン・ドゥーリトル(LHP)が一発を浴び、クローザーのダニエル・ハドソン(RHP)も結果的には無失点だったが四死球2つと安定感に欠けた。

 

Game 3 LAD10- 4WSH

先発はナショナルズがアニバル・サンチェス(RHP)、ドジャースはリュ・ヒョンジン(LHP)

1回裏 ホアン・ソト(OF)の2ランホームランでナショナルズ先制。

5回表 マンシーのホームランでドジャースが1点を返す。

6回表 ラッセル・マーティン(C)とエンリケ・ヘルナンデス(IF)のタイムリーツーベースとジャスティン・ターナー(IF)のホームランでこの回一気に7点を入れる

9回表 マーティンの2ランホームランが出て勝利を手繰り寄せる。

 

所見

 35歳サンチェスの予想外の好投に驚かされた。数年前には終わった存在のように思われたサンチェスがここ2年復活しポストシーズンでも活躍してる姿はなんとも頼もしい。

この試合のターニングポイントは6回裏であろう。ナショナルズは無死満塁の場面でカブレラが犠牲フライを放ったのだが、その後2塁ランナーのケンドリックが走塁ミスでアウトとなり事実上のダブルプレーとなり追い上げムードに水をさした。

またナショナルズの懸案事項とも言えるブルペンも初戦に先発したコービンを送ったりと策を練ったが、ドジャース打線の勢いを止められずサンチェス降板後だけで9点も取られた。

 

Game 4 LAD 1- 6WSH

先発はドジャースがリッチ・ヒル(LHP)、ナショナルズがマックス・シャーザー(RHP)

1回表 ジャスティン・ターナーのソロホームランでドジャース先制。

3回裏 ナショナルズのレンドンの犠牲フライで同点。

5回裏 レンドンのタイムリーヒットとライアン・ジマーマン(1B)の3ランホームランで計4点追加する。

6回裏 再びレンドンの犠牲フライで1点を追加。

9回表 ナショナルズはハドソンが無失点に打ち取り勝利をものにする。

 

所見

 この試合はシャーザーにつきると思う。試合後の会見では疲労を口にしていたが、実際の試合では疲労を感じさせない投球だった。とりわけ7回表の1死満塁の場面でテイラーにはフルカウントまで粘られながらも三振に取り、続くビーダーソンもゴロで打ち取った時は本当に感服した。

一方負けたドジャースもナショナルズ同様ブルペンに不安を抱え込むような敗戦であった。日本人の我々からすると前田健太の力投ぶりが輝いて見えるかもしれないが、問題はその後でフリオ・ウリアス(LHP)は2/3回を投げ被安打3、べドロ・バイエスは1/3回を被安打2うちホームラン1本という内容だった。

 

Game 5 WSH  7- 3 LAD

先発はナショナルズがストラスバーグ、ドジャースはビューラー。

1回裏 マンシーの2ランホームランでドジャースが先制。

2回裏 ヘルナンデスのソロホームランでドジャースのリードは3点。

6回表 ソトのタイムリーヒットでナショナルズが1点を返す。

8回表 レンドン、ソトの2者連続ホームランで同点に追いつく。

10回表 無死満塁でケンドリックが満塁ホームランを放ちナショナルズ4点リードとなる。

10回裏 ドゥーリトルが三者凡退に打ち取り試合終了。

 

所見

 両先発投手が好投した。ストラスバーグは3点先行せれたが、すぐに立ち直り3回以降は被安打1無四球という内容だった。ビューラーは自慢の剛速球ではなく変化球主体のピッチングで好投した。ちなみに奪った7つの三振のうち5つは変化球によるもだった。

 

総括

 ドジャース優勢とみられた  NLDSはナショナルズの3勝で幕を閉じた。ナショナルズは本拠地をワシントンに移して以来初の地区シリーズ突破となった。

このシリーズを通してブルペンの整備、起用法の難しさが浮き彫りになった。ドジャースに関してはブルペンの防御率は6.75である。要因として考えられのは守護神ケンリー・ジャンセン(RHP)の不調であろう。今回のシリーズこそ点は取られなかったが、レギュラーシーズンの不調により満を持してクローザーに固定出来なくった。これによりクローザーから逆算して継投することが難しくなりブルペン全体が瓦解したと考えられる。

ナショナルズもドジャースほど悪くないがハンター・ストリックランド(RHP)、先発とリリーフを兼任したコービンに関してはNLCS以降も不安ではある。また元々ブルペンにかなりの不安を抱えていて、それがストラスバーグとシャーザーの酷使に繋がった。今後チームどんな形で影響を与えるか注視していきたい。

 

また両チームともベテランの活躍が光った対戦でもあった。ケンドリックは満塁弾まで3つのエラーと致命的な走塁ミスと足枷のようだったが最後に意地を見せてくれた。ドジャースはターナーはシャーザーから本塁打とこちらもベテランの存在感を見せつけた。ポストシーズンでのベテランの活躍はマストであることを認識させられたシリーズでもあった。

 

Written Eiji Kato

Photo by https://flic.kr/p/Tq635G

2018 NLDS Review : LAD vs ATL

14514519521_3e420673b4_z (1)

 

 

 

 

 

 

 

 

NLDS : LAD 3-1 ATL

*Game部のリンクでゲームのRecapをチェック可。

Game1 LAD 6-0 ATL

勝;柳賢振(1-0) 負;マイク・フォルティネビッチ(0-1)

Game2 LAD 3-0 ATL

勝;クレイトン・カーショー(1-0) 負;アニバル・サンチェス(0-1) S;ケンリー・ジャンセン(1)

Game3 ATL 6-5 LAD

勝;トゥキ・トゥサント(1-0) 負;アレックス・ウッド(0-1) S;アロルディス・ビスカイーノ(1)

Game4 ATL 2-6 LAD

勝;ライアン・マドソン(1-0) 負;ジョニー・ベンタース(0-1)

 

163試合目までもつれた混戦の西部地区を制し、地区6連覇を果たしたロサンゼルス・ドジャースと、若い戦力の活躍もあり、シーズン前の予想を大きく上回る90勝をあげ、13年以来となるポストシーズン進出を果たしたアトランタ・ブレーブスの組み合わせとなったNLDS。このシリーズは昨年のナ・リーグの王者であるドジャースが3勝1敗でブレーブスを退け、NLCS進出を決めた。

 

ここからはこのシリーズの注目点とシリーズを通して活躍した選手をピックアップしていく。

 

注目点1→選手層の差

このシリーズではドジャースの野手陣の層の厚さが目立った。1番から8番まで一発があり、ボールをよく見る事の出来る打者が並ぶドジャース打線。そしてベンチからはオールスター選手であるマット・ケンプやプレーオフ男のデビッド・フリースが出てくるその層の厚さはブレーブスを終始苦しめた。特にリーグトップの235本の本塁打を放った長打力はこのシリーズでも発揮され、4試合で実に8本の本塁打、シリーズで奪った20得点の内14得点は本塁打から生まれたものだった。

一方のブレーブス打線には先発選手に替わる選手はおらず、終始不振だった打線の復調を願うことしか出来なかった。特に中軸に座るニック・マーケイキスとヨハン・カマーゴが大不振で二人で1本しかヒットが出なかったのはブレーブスとしては大きな誤算だった。短期決戦では不調の選手が調子を取り戻すことは簡単でなく、ドジャースのように変わりとなる選手がいる層の厚さは大きな強みと言えるだろう。

 

注目点2→先発投手

投手に関しては特に先発投手の活躍で大きな差がでた。ブレーブスはGame1と4ではエースのフォルティネヴィッチ、Game2はベテランのサンチェス、Game3ではショーン・ニューカムがそれぞれ先発したが、いづれも5イニング未満でマウンドを降りるなど、試合を有利に進める事は出来ず、ダン・ウィンクラーやシェーン・カールといったレギュラーシーズンを支えたリリーバーがロスターを漏れたブレーブスにとっては苦しい状況が続いた。一方のドジャースは4試合のうち3試合で先発投手が5イングを投げきるなど先発防御率リーグトップの実力に違わぬ活躍。リリーバーの重要度が年々高まっているポストシーズンにおいて、先発が長いイニングを投げることで、リリーバーを温存できたことは今後のシリーズを考えても大きいだろう。

2017 Team Preview:デトロイト・タイガース

14002599977_45274146fd_z

 

 

 

 

 

 

 

 

*40人ロースターはリンクより参照
*SP横*マークはローテーション候補の意味を示す。

 

他の野球場と大きさを比較する→http://yakyujo.com/ml09/

 

広さ
レフト 105.2M
センター 128M
ライト 100.6M
フェンス高さ 2.4~3.4M
パークファクター平均*100
安打 98.4
ツーベース 88.4
スリーベース 190.4
HR 113.8
得点 101.9

予想ラインアップ

1.イアン・キンズラー:2B

安定感のある打撃と、高い評価を受ける守備が持ち味のオールラウンドプレイヤー。プリンス・フィルダーとのトレードで2014年シーズンからタイガースに所属している。昨年の成績は、本塁打が20本と5年ぶりの20本塁打以上の記録をのこしたのに対し、三振数も3桁の115をマークした。守備面では、自身初のゴールデングラブ賞を受賞している。

2.JD.マルティネス:RF

2014年にタイガースに移籍してから大ブレーク、3年連続で20本塁打以上をマークしている。昨シーズンは一昨年に比べ三振数が50減り、結果として出塁率、打率ともに成績の向上が見られた。チームの完全再建が噂されるなか、トレードの筆頭候補にあがっているが、今のところ具体的な話は出ていない。

3.ミゲル・カブレラ:1B

ミギーの愛称で親しまれるが、投手陣は誰もが恐れる長距離砲。2015年には12年ぶりに本塁打数が20本を下回り、パワーの低下を心配する声も出たが、昨シーズンは38本の本塁打を放ち、心配の声を成績ではねのけた。怪我なく過ごせれば、再来年あたりには通算3000本安打、500本塁打を達成できるかもしれない。

4.ビクター・マルティネス:DH

今年の12月に38歳を迎えるベテラン。2015年シーズンは大不振に陥り、衰えを指摘する声もあったが、見事復活し、打率.289、OPS.826をマークし、存在感を示した。もともとはクリーブランド・インディアンスなどで捕手を務めていたが、膝の怪我などにより近年はDHに専念している。ニックネームは”Vマート”。

5.ジャスティン・アップトン:LF

アップトン兄弟の弟。兄は現在トロント・ブルージェイズに在籍するメルビン・アップトンJr。”Jr”とついているため、メルビンの方が年下だと思う人もいるかもしれないが、実際はジャスティンは3歳年下。昨シーズンは前半戦打率.235、ホームラン9本と不振に苦しんだが、後半戦復調し、結果的に31本塁打、打率246まで成績を回復させた。今年は一年を通して昨シーズン後半のような打撃を期待したい。

6.ニック・カステヤノス:3B

もともとタイガースのマイナー期待の有望株だった選手。我慢して使い続けたことでだんだんと成績が伸びてきて、昨年は試合数こそ怪我の影響により110試合にとどまったが、ほかのバッティングのスタッツに関してはほとんどが上昇した。今年は初の20本塁打以上をねらっていきたい。

7.タイラー・コリンズ:CF

センターのレギュラーの座をつかむと思われている26歳。マイナー時代を通じて特筆するツールがなく、若手が伸びてくればレギュラーの座を奪われる可能性もあるのだがそのようなマイナーリーガーがいないのがタイガースの現状である。

8.ジェームス・マキャン:C

打撃での貢献はあまり期待できないが、守備面、特に強肩が魅力なキャッチャー。昨年は盗塁阻止率45%とリーグ有数な数字を残した。2014年までタイガースに在籍してきたアレックス・アビーラが出戻りで加入したが、マキャンがスタメンの座を務めることはほぼ間違いないだろう。

9.ホゼ・イグレシアス:SS

守備面で魅せるというという印象が強いが、スタッツで見てみるとDRSは+3にとどまっている。しかし、数字には表れなくても、観客を魅了する守備力を持っていることは間違いない。怪我が多いのが欠点の一つで、140試合以上に出場したシーズンは今まで一度もない。

 

2016 Team Preview:デトロイト・タイガース

8120715457_91b841afb2_z

 

 

 

 

 

 

 

*40人ロースターはリンクより参照
*SP横*マークはローテーション候補の意味を示す。

 

他の野球場と大きさを比較する→http://yakyujo.com/ml09/

 

広さ
レフト 105.2M
センター 128M
ライト 100.6M
フェンス高さ 2.4~3.4M
パークファクター平均*100
安打 96.6
ツーベース 97.7
スリーベース 135.3
HR 79.1
得点 90.2
  • 予想オーダー

1.イアン・キンズラー:2B
守備では2Bとしてメジャー全体で最高のDRS+19をマークし、フィールディング・バイブル賞を受賞する活躍を見せた。打撃ではAVG.296、OBPも14年の.307から.342まで上昇させ健闘したものの、09年と11年に30HR30盗塁を記録して以降HRと盗塁は年々減少。昨年は11HR&10盗塁とギリギリ2桁を保つレベルだった。

2.ジャスティン・アップトン:LF
6年132.75MでSDから移籍。昨年は.251/.336/.454&26HR&19盗塁、守備もDRS+8とまずまずの成績。1番の課題は昨季AVG.191&3HR、OPS.558と散々な結果に終わった左投手への対応だろう。メジャー10年目を迎えるがまだ28歳。ドラフト全体1位で入団した頃の期待を考えれば現在の成績は物足りない。カブレラや2人のマルティネスなど援護砲が揃い、マークが分散される中でこれまで以上の結果を残したいところだ。兄メルビン(SD)も2002年にドラフト全体2位指名で、ドラフト順位では史上最高の兄弟。

3.ミゲル・カブレラ:1B
12年に三冠王を獲得した言わずと知れた現役最高の打者の1人。昨シーズンは怪我に苦しみ119試合の出場にとどまるも、.338/.440/.534&18HRで首位打者を獲得したのは流石といえる。技術面では何の問題もなく、不安なのは怪我だけだ。通算HR数や打点数など多くの打撃成績でベネズエラ人として歴代最高記録を更新中。14年開幕時に既に結んでいた8年248Mの契約が今年からスタート。

4.J.D.マルティネス:RF
14年に123試合でOPS.912&23HRと一気に成績を向上させ注目された昨シーズンはチーム最多の158試合に出場し、.282/.344/.535&38HR。オールスターにも出場、シルバースラッガー賞も獲得するなど、前年の成績が真の実力であることを証明した。初球から積極的に振っていくスタイルで、フライになる打球が多いのが特徴。全方向にホームランを放つ事ができ、逆方向へのホームラン14本はメジャーで最多だった。

5.ビクター・マルティネス:DH
自己最高のAVG&HRを記録し4年68Mの大型契約を結び最高の1年となった14年から一転、昨シーズンは故障に悩まされ.245/.301/.366&11HRと最悪のシーズンとなってしまった。14年に561打席で42三振だったのが昨シーズンは440打席で14年を上回る52三振と自慢のバットコントロールも不調だった。打線のほとんどが右打ちの中で両打ちの彼の復調は重要。もともとは強打の捕手だったが37歳となった現在はDH専門。

6.ニック・カステヤノス:3B
14年にメジャー全選手中最悪となるDRS-30を記録した3B守備は、特訓の甲斐あって-9と「最悪」から「悪い」程度までは改善した。打撃も.255/.303/.419&15HRと平凡だが、対左投手にはOPS.970と好相性。まだ24歳であり、1年で守備をある程度改善させたことから、まだまだ伸びる可能性を感じさせる。

7.ジェームズ・マッキャン:C
14年にメジャー初昇格、9試合しか経験していなかった25歳の捕手だが、アビラ(CWS)の怪我もあり正捕手の座を掴んだ。守備では112試合連続無失策で捕手のメジャー記録を塗り替える活躍。盗塁阻止率41%と強肩も活かし期待通りの守備力を発揮した。打撃でもAVG.264&7HRとまずまずの成績を残した。欠点は四球が少ないことで、OBPが.297と.300を下回ってしまった点はマイナスポイント。

8.ホセ・イグレシアス:SS
華麗な守備が持ち味の26歳のキューバン。14年は怪我の影響で1年間プレーしなかったが、昨シーズン復活を果たし120試合でAVG.300をマーク。特に前半戦は打撃好調でオールスターにも初選出された。守備は相変わらず華麗だったが、DRS-3、UZR2.3と数字ではイマイチ結果に終わった。

9.アンソニー・ゴーズ:CF
予想スタメンで唯一の左打者。昨シーズンは初の規定打席に到達した。新加入のキャメロン・メイビン(OF)とセンターのポジションを争うことになるが、どちらも身体能力の高さを生かしきれていない似たようなタイプ。両者は昨年140試合程度の出場で、ホームランはゴーズの5本に対してメイビンが10本と少し差がついたが、それ以外の打撃成績は似たり寄ったり。盗塁数も全く同じ23。DRSもゴーズが-12、メイビンが-16とどちらも不安だった。数少ない左打者という利点を活かしてポジション争いを制したい。