Tag Archives: アレックス・クラウディオ

2018 Team Preview :テキサス・レンジャース

471782819_1241ec127d_z

 

 

 

 

 

 

 

 

本拠地:グローブライフパークインアーリントン

 

他の球場と大きさを比較する→http://yakyujo.com/ml01/

 

広さ
レフト 101.2m
センター 121.9m
ライト 99.1m
フェンス高さ

2.4~4.3m

パークファクター *平均100
安打 110.0
ツーベース 105.2
スリーベース 181.3
HR 104.9
得点 115.6

 

1, デライノ・デシールズ(CF)

高い走力を武器に昨シーズンも29盗塁を記録。16年は打率.209、OPS=.588と大不振に苦しんだが、昨シーズンは打率.269、OPS=.714と復活を果たした。俊足を活かしたセンター守備でも高い評価を得ており、打撃で更に成長し、1番に定着したい。

2, エルビス・アンドルス(SS)

昨シーズン長打力が大幅開花し、デビューから8年間で35本塁打しか放っていなかったが、昨シーズンだけで20本塁打を放った。打点、OPSなどでも自己ベストを更新し、キャリア最高のシーズンとなった。9年連続で20盗塁をクリアしている俊足も相変わらずで今シーズンも主軸として期待。

3, ノマー・マザーラ(RF)

メジャーデビューから2年連続で20本塁打、昨シーズンは100打点もクリアするなど成長を続けている22歳。スピードが皆無で守備の評価が低いことや左投手を大の苦手としているなど課題ははっきりしているが、まだまだ若く改善に期待したい。

4, エイドリアン・ベルトレ(3B)

4月で39歳を迎える大ベテラン。しかし衰えはまだまだ見えず、故障こそあったが昨シーズンも打率3割をクリア、OPSも.915と一流であり続けている。3000本安打も達成するなど将来の殿堂入りの可能性は非常に高い。

5, ジョーイ・ギャロ(1B)

遂にベールを脱いだパワーモンスター。三振の多さも評判通りで、昨シーズンの196三振はアーロン・ジャッジ(NYY)の208三振に次いでメジャー2位の多さ。今後も昨シーズンのような成績を残し続け、アダム・ダンのようなキャリアを送っていくだろう。

6, 秋信守(DH)

故障に苦しんだ16年から復活し、149試合に出場。22本塁打に、13年以来となる二桁盗塁を記録するなどまだまだやれることを証明した。35歳を迎えたベテランだが、選球眼の良さパンチ力などに衰えは見えず、今シーズンも一定の成績は期待できる。一方で守備は心配な点だらけで主にDHとしての起用となるだろう。

7, ルーグネット・オドーア(2B)

今シーズンでメジャー5年目を迎えるがまだ24歳と非常に若い。昨シーズンは2年連続となる30本塁打越えを果たしたが、低打率&選球眼の無さから出塁率はわずか.252と苦しみ、OPSも.649とレギュラー失格クラス。今シーズンはその粗っぽい打撃を少しでも改善させたい。

8, ロビンソン・チリーノス(C)

年々打撃成績を伸ばしている捕手。昨シーズンはわずか88試合の出場ながら17本塁打、打率.255に対し、出塁率.360と選球眼の良さも見せた。盗塁阻止率は25%と高くはないが14年には40%を記録しており、今シーズンは数字の向上に期待したい。

9, ライアン・ルア(LF)

ブレイクした16年から一転、昨シーズンは打撃成績を大きく落とし、レギュラー獲得には至らなかった。今シーズンも主にバックアップとしての起用が予想されるが少ないチャンスを活かしてレギュラー獲得に近づきたい。マイナーでは30本塁打越えを記録した事があるなどパンチ力はある。

2017 Team Preview:テキサス・レンジャーズ

29536389123_68f383e79f_z

 

 

 

 

 

 

 

*40人ロースターはリンクより参照
*SP横*マークはローテーション候補の意を示す

  • 本拠地球場:グローブライフ・パーク・イン・アーリントン

 

他の球場と大きさを比較する→http://yakyujo.com/ml01/

 

広さ
レフト 101.2m
センター 121.9m
ライト 99.1m
フェンス高さ

2.4~4.3m 

パークファクター *平均100
安打 110.0
ツーベース 105.2
スリーベース 181.3
HR 104.9
得点 115.6

 

 

      • 予想オーダー

 1.カルロス・ゴメス:CF
オフにFAとなったが、1年$11.5Mで再契約。昨シーズンはHOUで開幕を迎えるも不調を極め、シーズン中にトレードでTEXへ。TEXでは憑き物が落ちたかのように打ちまくり、地区優勝の立役者となった。気性が荒く、扱いにくい性格と見られているTEXを気に入ったようでチームメイトやスタッフを家族と呼んでいる。

2.秋信守:DH
昨シーズンは何度もDL入りし5年ぶりに出場試合数が100を下回ってしまった。 試合に出ればまずまずの数字を残すことができているため健康でいることが最大の目標になる。体への負担を減らすため今シーズンは主にDHとしての出場が予想されている。対左投手の弱さが指摘されていたが、昨シーズンは少ないサンプルながら対右投手よりも成績がよかった。小学校3年生の時に李大浩(現KBO)を誘って野球を始めた。

3.エイドリアン・ベルトレイ:3B
今シーズンでメジャー20年目を迎える大ベテラン。近年はパワー低下が心配されていたが、昨シーズンからボールがよく飛ぶようになったこともあって3年ぶりとなる3oHR以上をマーク。その他の打撃成績や守備も安定しており衰えを見せていない。メジャー通算3000本安打まであと58本となっており、今シーズン中の達成が見込まれている。バスケットボールが得意で、特にシューティングが上手い。

4.ルーネッド・オドーア:2B
年々成績を上げてきている色んな意味でパンチ力のある小兵。昨シーズンは15年からHRを倍以上に増やすことに成功。一方で振れば結果が残ったからか、徐々に増えていた四球数は減少した。左打者だが、それほど左投手を苦にしていない。守備ではマズい動きが多々見られ、3年連続でDRSはマイナス。WBCではベネズエラ代表として出場。その際イタリア戦でHRを確信し、バットフリップを行い余裕綽々で歩いていたら打球がフェンスを越えず、単打になる場面があった。

5.マイケ・ナポリ:1B
1年$8.5M+1年のオプション付きで1年ぶりにTEXに復帰したスラッガー。 昨シーズンはキャリアハイとなる150試合に出場し、こちらもキャリアハイとなる34HRをマーク。OPSを13年以来となる.800以上に乗せることができた。伸ばしている髭はなるべくキレイにしているとのこと。

6.ノマー・マザラ:RF
昨シーズン、メジャーデビュー。デビュー直後の試合で初ヒット、初HRをマークするなど序盤は素晴らしい打撃を見せたが、シーズンが進むにつれ尻すぼみになってしまった。左投手に圧倒的に弱く、昨シーズン左投手から打った長打は2本のみ。このままではプラトーン専用の選手になってしまうだろう。目標とする選手はエイドリアン・ベルトレイ。

7.ジョナサン・ルクロイ:C
昨シーズン途中にトレードで加入。打撃では移籍前から好調だったが、移籍後さらに調子がよくなりキャリアハイとなる24HRをマーク。守備ではフレーミングやブロッキングなどあらゆる面でいい働きをしていた。 

8.ジュリクソン・プロファー:LF
故障から復帰し3年ぶりにメジャーでプレーした昨シーズンはユーティリティとして活躍。本職のSSだけでなく、1B/2B/3B/LFをまんべんなく守りどのポジションでもまずまずの動きを見せた。打撃はかつてトッププロスペクトと言われていたことを考えると物足りないが、WBCでの好調が本物ならシーズンでもいい成績を残せるだろう。WBCの準決勝でプエルトリコに負けた後、チームに戻り自分のロッカーに向かうと「オランダよ安らかに眠れ ドミニカより」と書かれた葬式用の花が置いてあった。犯人はベルトレイ。

9.エルビス・アンドラス:SS 
近年は打撃、守備ともに低迷していたが昨シーズンは打撃だけ調子を取り戻し打率、出塁率、長打率、HR、打点全ての項目でキャリアハイの成績を残した。一方で守備は3年連続となるDRSマイナスをマーク。つまらないミスが多いが、全く役に立たないというほどでもない。13年に$3.7Mで購入したダラスにあるマンションを今年$4.5Mで売りに出している。