Tag Archives: アロルディス・ビスカイーノ

2018 NLDS Review : LAD vs ATL

14514519521_3e420673b4_z (1)

 

 

 

 

 

 

 

 

NLDS : LAD 3-1 ATL

*Game部のリンクでゲームのRecapをチェック可。

Game1 LAD 6-0 ATL

勝;柳賢振(1-0) 負;マイク・フォルティネビッチ(0-1)

Game2 LAD 3-0 ATL

勝;クレイトン・カーショー(1-0) 負;アニバル・サンチェス(0-1) S;ケンリー・ジャンセン(1)

Game3 ATL 6-5 LAD

勝;トゥキ・トゥサント(1-0) 負;アレックス・ウッド(0-1) S;アロルディス・ビスカイーノ(1)

Game4 ATL 2-6 LAD

勝;ライアン・マドソン(1-0) 負;ジョニー・ベンタース(0-1)

 

163試合目までもつれた混戦の西部地区を制し、地区6連覇を果たしたロサンゼルス・ドジャースと、若い戦力の活躍もあり、シーズン前の予想を大きく上回る90勝をあげ、13年以来となるポストシーズン進出を果たしたアトランタ・ブレーブスの組み合わせとなったNLDS。このシリーズは昨年のナ・リーグの王者であるドジャースが3勝1敗でブレーブスを退け、NLCS進出を決めた。

 

ここからはこのシリーズの注目点とシリーズを通して活躍した選手をピックアップしていく。

 

注目点1→選手層の差

このシリーズではドジャースの野手陣の層の厚さが目立った。1番から8番まで一発があり、ボールをよく見る事の出来る打者が並ぶドジャース打線。そしてベンチからはオールスター選手であるマット・ケンプやプレーオフ男のデビッド・フリースが出てくるその層の厚さはブレーブスを終始苦しめた。特にリーグトップの235本の本塁打を放った長打力はこのシリーズでも発揮され、4試合で実に8本の本塁打、シリーズで奪った20得点の内14得点は本塁打から生まれたものだった。

一方のブレーブス打線には先発選手に替わる選手はおらず、終始不振だった打線の復調を願うことしか出来なかった。特に中軸に座るニック・マーケイキスとヨハン・カマーゴが大不振で二人で1本しかヒットが出なかったのはブレーブスとしては大きな誤算だった。短期決戦では不調の選手が調子を取り戻すことは簡単でなく、ドジャースのように変わりとなる選手がいる層の厚さは大きな強みと言えるだろう。

 

注目点2→先発投手

投手に関しては特に先発投手の活躍で大きな差がでた。ブレーブスはGame1と4ではエースのフォルティネヴィッチ、Game2はベテランのサンチェス、Game3ではショーン・ニューカムがそれぞれ先発したが、いづれも5イニング未満でマウンドを降りるなど、試合を有利に進める事は出来ず、ダン・ウィンクラーやシェーン・カールといったレギュラーシーズンを支えたリリーバーがロスターを漏れたブレーブスにとっては苦しい状況が続いた。一方のドジャースは4試合のうち3試合で先発投手が5イングを投げきるなど先発防御率リーグトップの実力に違わぬ活躍。リリーバーの重要度が年々高まっているポストシーズンにおいて、先発が長いイニングを投げることで、リリーバーを温存できたことは今後のシリーズを考えても大きいだろう。

後半戦展望: アトランタ・ブレーブス

39030597702_defcaf864b_z

 

 

 

 

 

 

 

デッドラインを経ての各チームの変化についてまとめる。今回はアトランタ・ブレーブスだ。

前半戦を52勝42敗と大方の予想に反して、地区2位という好成績を残したブレーブス。デッドラインにかけても動きを見せ、投手を中心に補強を行った。

ブラッド・ブラック(BAL)↔インターナショナルボーナスプール

 

ジョニー・ベンタース(TB)↔インターナショナルボーナスプール

 

アダム・デュバル(CIN)↔マット・ウィスラー、ルーカス・シムズ、プレストン・タッカー

 

ケビン・ゴーズマン、ダレン・オデイ(BAL)

↔エバン・フィリップス、ブレッド・カンバーランド、ブルース・ジマーマン、ジーン・カルロス・エンカルナシオン

この4件のトレードをデッドラインまでに成立させた。今シーズンだけでなく、来シーズン以降を見越した選手の獲得が特徴でデュバルは21年、ゴーズマンは20年、オデイは19年まで保有が可能となる。これだけの保有期間の長い選手をチーム内15位以内のプロスペクトの放出なしに獲得できたことからデッドラインの勝者に挙げる声も多い。

ブラックとベンタースは今オフにFAとなるが、課題であるリリーフを補強できた。期待のプロスペクトであるコルビー・アラードの昇格、現在故障者リストにいるアロルディス・ビスカイーノ、マイク・ソローカらが復帰できれば、まだまだ地区優勝のチャンスは残っている。今オフには今シーズン13年目にして初のオールスターに選出されたニック・マーケイキス、捕手のタイラー・フラワーズ、カート・スズキの2人がFAとなる。再建期を支えたベテラン達がFAとなる今シーズン。優勝した13年以来となる悲願のプレーオフ進出へ、後半戦のブレーブスからも目が離せない。

 

Text by Akinari Miyazaki

Photo by https://www.flickr.com/photos/petercirophotography/39030597702/

アトランタ・ブレーブスの中間報告 /2017 Team Interim Report

34066540091_aca5c3da1f_z

 

 

 

 

 

 

 

MLBが開幕してから早くも3か月が経とうとしている。シーズンも折り返しが見えてきた中での今回の企画は、FEDライター達による注目球団の中間報告だ。今回はアトランタ・ブレーブス。新球場で盛り上がるアトランタの現状を見ていこう。

 

  • 新球場と共に迎える新たなシーズン。新生アトランタ・ブレーブス。

2017年はブレーブスにとって特別なシーズンとなる。1997年から使用してきたターナーフィールドを離れ、新球場となるサントラストパークが完成し、今シーズンから本拠地を移したのである。ここでサントラストパークについて簡単に記載しておく。大きさはターナーフィールドと比べ大差はないが、右中間が若干小さくなっている(119→114m)。これにより、右方向への本塁打の増加が予想される。話を戻すが、ブレーブスは新球場初年度ということでオフには積極的な動きを見せた。課題であった先発投手にはベテランのバートロ・コロン、R.A.ディッキー、更にこちらも実績十分のハイメ・ガルシアを加え、手薄な捕手にはカート・スズキ、さらにはレッズからブランドン・フィリップスを獲得するなど勝負の姿勢を見せた。 

 

ここからは開幕後に話を移すが、6月24日現在、35勝38敗で同地区の他チームの不調も重なり2位と奮闘している。しかし、まだまだ課題は多く苦しいシーズンとなりそうだ。ここからはいくつかのテーマに分け今シーズンのブレーブスを分析していく。