Tag Archives: アンドリュー・ヒーニー

Weekly Report: Week11

40918174454_95225b3f79_z

 

 

 

 

 

 

3つのハイライトで1週間のメジャーリーグを辿る。weekly-11のキーワードは「ブレイク選手」「マックス・シャーザー」「アンドリュー・ヒーニー」だ。

 

・ブレイク選手

年までは燻っていた二人の男が、今年は快進撃を続けている。昨年の12月にブレーブスはマット・ケンプをドジャースへ、ドジャースはエイドリアン・ゴンザレスを含む4選手をブレーブスへと放出する大型トレードが成立した。一見これは不良債権同士のトレードかと思われた。ケンプには2年で4300万ドルの契約が残っていた。彼は昨年.276/.318/.463と打撃ではまずまずの貢献を見せたが、守備面では難があり、トレード後にはDFAされるのではないかとまで言われていた。しかし、彼は大方の予想に反した活躍を見せる。古巣に復帰した彼はスプリングトレーニングでチームトップタイとなる5HRを放ち、開幕スタメンに抜擢される。その後も順調に打ち続け、6/11時点では.338/.368/.564と持ち前の打撃を存分に発揮し、ドジャース打線の中核を担っている。また、先日発表されたオールスターゲームの中間発表では外野手部門で3位につけており、選出されれば2012年以来の出場となる。今後も「バイソン」ことマット・ケンプから目が離せない。

 もう一人はシンシナティ・レッズの二塁手スクーター・ジェネットだ。2017年にウェイバーを経てブリュワーズから移籍した彼は、昨季1試合に4本塁打を打つなど活躍し.295/.342/.531という成績だった。今年はその勢いをさらに増し、ここまでで.339/.376/.551という成績を残している。ブリュワーズ時代と比べて特に変わったのはHRの増加である。移籍前はHR/FB(フライ中に占めるHRの割合)は8.5%だったのに対し、移籍後は19.4%と大きく増加しており、FB/GB(ゴロに対するフライの割合)も、移籍前76.2%→移籍後90.9%とフライの本数も増加している。これは彼が強い打球を打てるようになったことを示しているのかもしれない。しかし、運や相手の守備に影響されるといわれているBABIP(インプレーの打球がヒットになった割合)はキャリア通算が.334なのに対し、今シーズンはここまで.390であり、彼はここから調子を落とす可能性がある。もし今シーズン終了までこの調子を維持できれば、シルバースラッガー賞、果てはMVPまで見えてくる。今後の彼のさらなる活躍に期待したい。

2016 Team preview:ロサンゼルス・エンゼルス

17139367893_3d785abb20_z

 

 

 

 

 

 

 

 *40人ロースターはリンクより参照
*SP横*マークはローテーション候補の意味を示す

  • 本拠地:エンゼル・スタジアム・オブ・アナハイム

他の球場と比較する→ http://yakyujo.com/ml26/

 

広さ
レフト 100.6m
センター 121.9m
ライト 100.6m
フェンス高さ 2.4 m~5.5 m
パークファクター*平均100
安打 98.2
ツーベース 99.3
スリーベース 55.2
HR 83.7
得点 91.9
  •  予想オーダー

1 ユネル・エスコバー:3B
若手リリーフのトレバー・ゴットとマイナーリーガーのマイケル・ブレディ、金銭とのトレードでWSHから獲得。5年振りにナショナル・リーグに復帰した昨シーズンは、139試合でAVG.314&OPS.790と100試合以上に出場した年では自己ベストをマークした。ゾーン内の球には積極的に手を出していくバッティングスタイル。以前はSSとして優れた守備数値を記録していたが、近年は衰えが激しく、3BへとコンバートされてもDRS-11、UZR-7.7と大きなマイナスを叩いた。

2 コール・カルフーン:RF
主に上位打線を任された昨シーズンは159試合に出場して26HR&83RBI&OPS.731をマーク。 大きな飛躍を見せたのは守備面で、DRS+6&UZR+13.8と優秀な成績を残してゴールドグラブを受賞した。5フィート10(約177センチ)、205ポンド(約93キロ)の低身長ながらずっしりとした体形からパワフルなバッティングを披露する。ボール球のコンタクト率が48.6%とメジャー平均を大きく下回り、K%=23.9%と多くの三振を喫した。セレクティブな打者ではなく、OBPは上位を任せるには物足りない。

3 マイク・トラウト:CF
メジャーを代表する選手の1人。2年連続でのMVP獲得とはいかなかったが、AVG.299&OPS.991&41HRと打席では14年を超える成績を残した。14年に大きく悪化したアプローチ面は、三振が若干減り、四球が増えるなど改善された。4年連続でオールスター選出、シルバースラッガー賞受賞は果たした。12年には49SBを記録するなど抜群のスピードを見せていたが、33→16→11と減少し続けている。一方の守備は3年振りにDRSでプラスを記録。

4 アルバート・プホルス:1B
35歳で迎えた昨シーズンは157試合に出場して、5年振りに40HRをクリア。同じく5年振りにオールスターにも選出された。AVG.244はキャリアワーストだったが、メジャーワーストだったBABIP.217が揺り戻せば、かつてのような3割には届かないにしても改善が見られるだろう。守備数値にはまだ衰えは見られず、毎年平均以上の数字を残している。41歳で迎える21年まで6年$165Mの契約が残る。

5 C.J. クロン:DH
パワフルな打撃が売りの26歳。113試合の出場で16HRを放つなどパワーは優れたものを持っているが、BB%=4.2%とほとんど四球を選ばず、確実性にも欠ける。1B以外のポジションを守ることはできず、またその1B守備も平均を大きく下回るため、メジャーの舞台に残り続けていくためにはより一層バッティングを磨いていく必要がある。

6 ダニエル・ナバ:LF
1年$1.4Mで加入。13年には規定打席に到達してAVG.303&OPS.831&12HRと抜群の活躍を見せたが、この年以外で目立った成績は残せていない。両打ちだが右打席でのOPS.589に対して左打席では.787と、両打席で大きな開きがある。14年に744.2InnでDRS+17、UZR+11.9を記録したが、他の年の数値は平均程度。独立リーグでのプレーを経てからプロ入りを果たした33歳。

7 アンドレルトン・シモンズ:SS
メジャーNo.1のSSディフェンス。今オフにホセ・ブリセノと共に、エリック・アイバー、ショーン・ニューカム、クリス・エリスとのトレードでATLから移籍した。昨シーズンはゴールドグラブ賞をブランドン・クロフォードに譲ったが、守備数値はDRS+25&UZR+17.3と例年通りの水準だった。 打撃はそれほど期待できないが、守備だけでチームに多大な貢献をすることができる選手。

8 カルロス・ペレス:C
メジャー1年目の昨シーズンは86試合の出場ながら、WAR+1.1を記録。昨季のAVG.250&OPS.645はマイナー成績から見てペレスの実力通りの数字。DRS+1に加え、CS%=37.9%と優れた盗塁阻止率を残し、守備では貢献した。前正捕手のクリス・アイアネッタ(SEA)がFAで退団したため、今シーズンはペレスが多くの出場機会を得ると見られている。

9 ジョニー・ジャボテーラ:2B
3Aでは好成績を残しながらメジャーの壁に跳ね返されるシーズンが続いていたが、昨シーズンはメジャー5年目にしてようやくレギュラーの座を掴んだ。パワーレスでアプローチやスピードも平凡なため、AVG.272をマークしたコンタクトが生命線。守備もDRS-18、UZR-7.2と非常に苦しい数字を残した。ケイレブ・カワートやカイル・クビッツァらの3Bプロスペクトも控えており、3Bのレギュラーであるエスコバーは2Bも守れるため、生き残るには今シーズンも結果を出し続けていく必要がある。

 

2015 Rookie Review:アメリカン・リーグ西地区

22336021939_1c4fb4659a_z

 

 

 

 

 

 

 

 

2015年のMLBを彩ったルーキーたちをまとめてレビューする。今回はア・リーグ西地区だ。
ヒューストン・アストロズ/ロサンゼルス・エンゼルス/オークランド・アスレチックス/シアトル・マリナーズ/テキサス・レンジャーズ

  • ヒューストン・アストロズ

カルロス・コレア:SS

レアは2012年にアストロズに指名されたSS。非常に能力が高く、将来のスター候補としてドラフト時から期待されていた。打撃ではパワーとバッティングに優秀なアプローチを兼ね備え、守備では広いレンジとそれをカバーできる強肩を持ち、走塁でも積極的に次の塁を狙い非の打ち所がなく、プロスペクトランキングでも全体1位か2位にランクインすることが多かった。しかし、去年はケガでシーズンの半分を棒に振ってしまっていた。

 

 

今シーズン、コレアはAAスタートなったが、29試合で7本塁打を放ちOPS1.185と格の違いを見せ1ヶ月足らずでAAA昇格となる。その後、同様に1ヶ月でメジャー昇格となった。昇格してすぐにSSのレギュラーとして試合に出場し始めると、昨シーズンまでA+にいた選手と思えないほどの活躍を、好守にわたって披露。6月は5本塁打、OPS.852でメジャー昇格月に月間最優秀新人賞を受賞した。

その後も、レギュラーとして十分な活躍を見せ、ケガでチームを離れていたジェド・ラウリーを3Bに追いやる。優勝争いを繰り広げたチームの欠かせない主力の1人となり、ポストシーズンでも2本塁打を打つなど、1年目からあふれる才能を見せつけた。最終的なスタッツは.279/.345/.512、22本塁打だった。

新人王に輝いたのも納得な成績を残したコレアの素晴らしい点は安定感にある。打率は多少の上下はあるものの毎月必ず5本以上の本塁打を打ち、.800以上のOPSをマーク。また、アメリカン・リーグのチームの中でワーストのK%をマークしたアストロズ打線の中で、18.1%と平均以下のK%に抑えられたのも賞賛に値するだろう。対左投手、対右投手の両方ともOPS.800以上をマークし、左右関係なく打つことができることも、打線を組む首脳陣からすると心強い。

これらのことも含め、打力は既にメジャーのSSでも最高クラスにあることはメジャーのSS最多の22本塁打を打ったことが物語っている。守備では度々好プレーを見せたがDRS±0、UZRは-の数値となった。