Tag Archives: アンドレルトン・シモンズ

MLB 10-19 PLAYER RANKING 50-41

5490915852_e65c626de9_c

 

 

 

 

 

 

 

2020年を迎え、今シーズンも開幕が迫ってきた。2020年代という新たな時代を迎える前に2010年代を彩ったスタープレイヤーの活躍をランキング形式で振り返ることにする。ランキングはFar East Divisionメンバーによる投票で選定を行った物で、10年代の活躍のみを考慮して選定を行った。

 

50位 スターリン・カストロ (10-15 CHC、16-17 NYY、18-19 MIA)

10年代で1617安打を放ったMLB屈指のヒットメーカー。10年に20歳の若さでいきなり打率3割を残すと、翌年は207安打を放ちメジャーの歴史上最年少での最多安打となった。それ以降目立った活躍は出来ていないが、大きな怪我も無く、毎年コンスタントにヒットを積み重ねている。まだ29歳(3/24で30歳)と全盛期で通算安打数をどこまで伸ばすことが出来るのか、注目が集まる。

 

49位 アンドリュー・ミラー (10 FLA、11-13 BOS、14 BOS,BAL、15-16 NYY、16-18 CLE、19- STL)

2mを越える長身から投げられる速球と切れ味鋭いスライダーを武器に支配的な活躍を見せた左腕。キャリアの序盤は先発として起用されていたが、芽が出ず、12年のリリーフ転向を機に大ブレイクした。特に16年のポストシーズンでは数々のピンチで登板、ALCSでは7.2イニングを投げて無失点の活躍でMVPに輝いた。また、そのイニングを問わない起用法は注目を集め、その後のポストシーズンでの戦い方を変えた。

 

48位 トロイ・トゥロウィツキー (10-15 COL、15-17 TOR、19 NYY)

抜群の野球センスを誇り、10年代前半に活躍した大型ショート。打撃ではコンスタントに3割を残せる打撃技術に加え、30本塁打を放つパワーもあり、コロラド・ロッキーズの中軸を担った。守備でも抜群のフィールディングと強肩を武器に、ゴールドグラブ賞を2度受賞、数々のハイライトプレーを残した。実力で言えば10年代有数の選手だが、度重なる怪我で短いキャリアに終わってしまったのは残念でならない。

 

47位 フランシスコ・リンドーア (15- CLE)

走攻守三拍子揃ったクリーブランド・インディアンズの顔。15年にデビューし、新人王投票2位に入ると、2年目からは4年連続でオールスター、2度のゴールドグラブ賞、シルバースラッガー賞を受賞した。チームもリンドーアの台頭と共に躍進し、16年から3年連続で地区優勝を達成した。既にMLBを代表する選手の1人だが、まだ26歳と非常に若く、20年代は更なる躍進にも期待が高まる。

 

46位 ジョシュ・ドナルドソン (10-14 OAK、15-18 TOR、18 CLE、19 ATL)

豪快な打撃と派手な三塁守備を武器に高い人気を誇る選手。13年に遅咲きながらブレイクすると、15年にはトロント・ブルージェイズを22年ぶりの地区優勝に導き、MVPに輝いた。18年には怪我もあり、52試合の出場にとどまったが、昨年は37本塁打、OPS=.900と見事復活を果たし、カムバック賞を受賞、オフにはミネソタ・ツインズとの4年92Mの大型契約を手にした。

 

なぜ彼らは負けるのか―MLBの戦力格差拡大を考察する―

New York Yankees at Baltimore Orioles April 24,  2011

 

 

 

 

 

 

 MLBの長いシーズンも折り返し地点に到達した。ア・リーグ東部地区に所属しているオリオールズの成績は23勝58敗と悲惨であった。このペースが続けば、彼らは今季116敗を喫する。これは1900年以降に限定すれば、歴代ワースト4位の成績である。しかもチームは主力のマニー・マチャドを放出する可能性を指摘されていて、そうなればもっと悪い成績を残すかもしれない。

 しかし本当に注目すべきなのは、オリオールズに限らず現在のMLBでは強いチームと弱いチームの戦力差が大きく拡大していることだろう。今回のコラムではどうして、このように戦力の格差が拡大しているかについて説明していきたいと思う。

 

 本稿は長くなったのでいくつかのパート分けを施した。以下参照してくださるとありがたい。

Part1戦力格差の拡大を示す数字を紹介

Part2戦力格差拡大の原因-カブスとアストロズの成功及びパドレスとホワイトソックスの失敗-

Part3負ければ負けるほど特をするMLBとヨーロッパサッカーのリーグ構造を比較→私からのMLBドラフトの改善案の提示

 

Part1

 戦力の格差が開いていることは私の主観ではなく、数字を見たうえで客観的に判断できる。以下は今季の6月末の段階での各地区の首位と最下位のゲーム差だ。

AL東 32.0

AL中 19.5

AL西 16.5

NL東 14.5

NL 中 13.5

NL 西 11.0

 各地区とも開幕3カ月で11.0ゲーム以上差以上が付いている。注目すべきはどの地区でもゲーム差が大きい事だ。ヤンキースとレッドソックスがしのぎを削っていた時代に東地区の他チームと大きな差が付いていた頃とは違うという事だ。シーズン折り返しの時点でこれだけの成績差が付くのだから、シーズンが終わる頃にはもっと差は拡大するだろう。

 戦力の格差が拡大しているもう1つの証拠がレギュラーシーズンに100以上の勝ち星をあげるチームの数だ。

 2010年代に入ってからシーズン100勝以上をあげたチームは2011年フィリーズと2015年カージナルス及び2016年カブスしかなかった。ところが昨年はこの100勝以上を記録したチームがインディアンス、アストロズ、ドジャースと同時に3つも誕生したのだ。今季はア・リーグのヤンキース、レッドソックス、アストロズ、マリナーズの4チームが100勝超えのペースを維持している。7年間で3チームしか達成していない偉業を今季は4チームが達成しようとしているのだから、それがどれだけ異常かよく分かるだろう。勝つチームがいれば、負けるチームも存在するわけだからそれだけ負けているチームも存在するのだ。

 球界で1番有名な代理人スコット・ボラスは去年のオフに勝つ気がないチームが存在すると批判していた。それはある意味的を得ていて、資金力に優れていないかつチームの戦力が整いきっていないチームの多く-レイズ、マーリンズ、パイレーツ、ロイヤルズら-は選手を売る側に回った。レイズとパイレーツは球界でも貴重なフランチャイズプレイヤーを放出した。マーリンズとロイヤルズも顔なじみの深い選手たちに別れを告げた。マーリンズは地区2位でシーズンを終えて、レイズは80勝を挙げている。にも関わらず彼らは2018年を前にしてプレーオフを積極的に狙うのではなく、主力を放出することを選択した。その理由は、戦力が整いきっていない段階でプレーオフを狙うよりも再建を完成させて将来の成功を狙う方が合理的だからだ。

 次項では戦力が整いきっていない段階でプレーオフを狙うために補強をしたチームと一度チームを完全解体したチームを比較してみよう。

2018 Team Preview : ロサンゼルス・エンゼルス

9020912875_0ae79eeec7_z

 

 

 

 

 

 

 

 

*40人ロースターはリンクより参照
*SP横*マークはローテーション候補の意味を示す

  • 本拠地球場:エンゼルス・スタジアム・オブ・アナハイム

他の野球場と大きさを比較する→http://yakyujo.com/ml26/

 

 

広さ
レフト 100.6m
センター 121.9m
ライト 100.6m
フェンス高さ

2.4~5.5m

パークファクター *平均100
安打 93.6
ツーベース 82.8
スリーベース 60.0
HR 105.6
得点 91.0

 

・予想オーダー

1, イアン・キンズラー:2B

オフにトレードでタイガースから加入した。今年で36歳を迎えるベテランだが、持ち味のパンチ力は相変わらずで、昨シーズンも20本塁打をクリアした。しかし昨シーズンは低打率に苦しみ打率.236はキャリアワーストの数字。衰えは多少気になるが、経験豊富なベテランの加入はチームにとっても大きいだろう。

2, ザック・コザート:3B

オフの大補強の内の1人。昨シーズンはほとんどの数字でキャリア最高の成績を残し、オールスターにも出場するなど大ブレイクを果たした。昨シーズンの活躍がフロックでないことを示すためにも今シーズンの活躍にも期待したい。レッズではショートを守っていたが、アンドレルトン・シモンズがいるためエンゼルスでは三塁に転向する。

3, マイク・トラウト:CF

言わずと知れたメジャーリーグの顔。昨シーズンも進化は止まらず出塁率、OPSなどでキャリア最高の数字。怪我がなければ2年連続3回目となるMVPの受賞は間違いなかっただろう。怪我の心配から減っていた盗塁数も戻ってきており、三振の多さも改善傾向にあるなど完璧な選手に近づいている。

4, ジャスティン・アップトン:LF

昨シーズン途中にトレードでタイガースから加入した。昨シーズンは数々の数字でキャリアハイを記録し5年106Mの大型契約でエンゼルスと契約延長した。三振数ではワーストの数字など心配な点もあるがその長打力を武器にチームのポストシーズン進出に貢献したい。

5, アルバート・プホルス:DH

2000年代を代表するスーパースターも38歳を迎えた。衰えを隠せず、昨シーズンは遂にOPSで.700を割ってしまうなど散々な数字。21年まで大型契約が残っているなどチームにとっても大きな負担となってしまっている。今シーズンは通算2000打点に期待が掛かる。

6, コール・カルフーン:RF

パンチ力が持ち味の打者。昨シーズンは低打率に苦しんだが、19本塁打、BB%=10.9%と持ち味は発揮した。昨シーズン開幕前に3年契約を結んでおり、今シーズンはその契約の2年目となる。昨シーズンは2番での出場が主だったが、大型補強に伴い今シーズンは下位打線からチームを支えるバッティングに期待したい。

7, アンドレルトン・シモンズ:SS

現役最高の守備力を誇るショート。昨シーズンは打撃での成長を見せ、13年以来となる二桁本塁打をクリア、OPSもキャリア最高となる.752を記録した。さらにはこちらもキャリア最高となる19盗塁も記録するなど守備だけの選手というイメージは完全に払拭された。守備の良さも変わらず、3年ぶりとなるゴールドグラブ賞も受賞した。

8, ルイス・バルブエナ:1B

移籍初年度となった昨シーズンは持ち味のパワーを発揮し、22本塁打を記録したが、深刻な低打率に苦しみ10年以来となる打率一割台を記録してしまった。BB%=12%と選球眼の良さは相変わらずで今シーズンはこれを維持しつつ打率の改善に努めたい。

9, マーティン・マルドナード:C

ブルワーズではバックアップにとどまっていたが、エンゼルス移籍を機にスターターとなり開花、初めてのゴールドグラブ賞の受賞など大きな成長を見せたシーズンとなった。盗塁阻止率40%前後を記録する強肩が武器で今シーズンも相手チームにとっての脅威となるだろう。

大谷翔平の移籍先が遂に決定、マイク・トラウトとの共演へ

2816295628_7ab2cf97a3_z

 

 

 

 

 

 

 

米の野球ファン注目の大谷翔平の球団がついに決まった。日本時間の8日に発表が行われ、大谷が選択したのはロサンゼルス・エンゼルスであった。シアトル・マリナーズが大谷のためにトレードで国際FAのボーナススロットを獲得し、大谷に費やせる資金は1番であったため本命かと思われたが、大谷はエンゼルス入団を決めた。エンゼルス入団を決断した理由について大谷は9日に行われた会見で「縁みたいなものを感じ、お世話になることを決めた」と述べている。また交渉を行った全球団に対してオープンに交渉を行ったと発言しており、元々特定の希望球団があったということはない事にも触れている。エンゼルスがロサンゼルスという大都市に位置していること、更にマイク・トラウトとアルバート・プホルスの新旧MVPコンビが在籍しており、彼らの存在も理由の一つであったしれない。

ファンが注目する起用法に関してマイク・ソーシア監督は二刀流として育成していくことも明言しており、大谷本人も二刀流に関して「まだまだ未完成、ファンの方々と共に完成させていきたい。」と述べており楽しみは増えるばかりだ。既にMLB公式のプロスペクトランキングには大谷がランクインしており、その順位はメジャー全体1位。投打で20-80評価で高い評価を得ており非常に高い期待を受けていることがわかる。多くのメディア、ファンを集めた入団会見だが、会見の中でトラウトの結婚式について触れたり、背番号に関して本当は27番(トラウトの番号)がよかったが埋まっていたから17番にしたと発言し笑いを誘うなど緊張していると言っていた会見で余裕も見せた。

ここで大谷が所属することになるエンゼルスについて少し解説していく。エンゼルスは過去には長谷川滋利、松井秀喜、高橋尚成の3選手が所属経験があり日本でも馴染みのあるチーム。2002年にはワールドチャンピョンにも輝いたことがあり、最近では2014年に地区優勝を果たしている。昨シーズンは80勝82敗に終わりポストシーズン進出を逃したが、先発投手陣を中心に多くの選手が故障に悩まされるなど本来の力を発揮していたとは言い難く、先発投手陣が怪我無くシーズンを過ごし、そこに大谷の活躍が加われば今シーズンのポストシーズン進出の可能性も十分あるだろう。主な選手として2度のMVP受賞を誇り、押しも押されぬメジャーリーグの顔であるマイク・トラウトや両リーグ併せて3度のゴールドグラブ受賞者でメジャーNO.1のショート守備と言われるアンドレルトン・シモンズなどスター選手が所属している。気になる大谷とバッテリーを組むことになる捕手はマーティン・マルドナードで昨年のゴールドグラブ受賞者と心強い。

ここまで大谷のエンゼルス入団に関して記述してきたが、エンゼルス入団という選択は非常に良い選択に感じる。西海岸で現在日本人が所属していないという大谷本人の条件を満たしている、監督を含め二刀流をやらせてくれる環境があるということはもちろんだが大谷がエースになれるチャンスがあり、日本とロサンゼルスの時差を考えても日本のファンが見やすい時間帯に試合をやるなどエンゼルスを選択したメリットはたくさんある。大谷がこのエンゼルスというチームで投打にどれほどの活躍を見せるのか今から楽しみだ。

 

Text by Akinari Miyazaki

 

写真:https://www.flickr.com/photos/xcelerator/2816295628/

アトランタ・ブレーブスの中間報告 /2017 Team Interim Report

34066540091_aca5c3da1f_z

 

 

 

 

 

 

 

MLBが開幕してから早くも3か月が経とうとしている。シーズンも折り返しが見えてきた中での今回の企画は、FEDライター達による注目球団の中間報告だ。今回はアトランタ・ブレーブス。新球場で盛り上がるアトランタの現状を見ていこう。

 

  • 新球場と共に迎える新たなシーズン。新生アトランタ・ブレーブス。

2017年はブレーブスにとって特別なシーズンとなる。1997年から使用してきたターナーフィールドを離れ、新球場となるサントラストパークが完成し、今シーズンから本拠地を移したのである。ここでサントラストパークについて簡単に記載しておく。大きさはターナーフィールドと比べ大差はないが、右中間が若干小さくなっている(119→114m)。これにより、右方向への本塁打の増加が予想される。話を戻すが、ブレーブスは新球場初年度ということでオフには積極的な動きを見せた。課題であった先発投手にはベテランのバートロ・コロン、R.A.ディッキー、更にこちらも実績十分のハイメ・ガルシアを加え、手薄な捕手にはカート・スズキ、さらにはレッズからブランドン・フィリップスを獲得するなど勝負の姿勢を見せた。 

 

ここからは開幕後に話を移すが、6月24日現在、35勝38敗で同地区の他チームの不調も重なり2位と奮闘している。しかし、まだまだ課題は多く苦しいシーズンとなりそうだ。ここからはいくつかのテーマに分け今シーズンのブレーブスを分析していく。