Tag Archives: アーロン・ジャッジ

2017 Team Preview:ニューヨーク・ヤンキース

3853048458_2e0fe5e4e1_z

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*40人ロースターはリンクより参照

*SP横*マークはローテーション候補の意を示す

  •  本拠地:ヤンキー・スタジアム

 

他の野球場と大きさを比較する→http://yakyujo.com/ml05/

 

広さ
レフト 100.3m
センター 122.2m
ライト 100.6m
フェンス高さ

1.8~4.3m 

パークファクター *平均100
安打 92.4
ツーベース 82.1
スリーベース 66.7
HR 114.0
得点 103.8

 

 

・予想オーダー

1. ブレット・ガードナー:LF

NYY一筋MLB10年目を迎える33歳。14、15年と2桁本塁打を記録していたが、16年は7HR。OPS.713、16盗塁と打力不足感は否めない。一方でLF守備ではDRS+12、UZR+3.5と好成績で自身初のゴールドグラブ賞を獲得した。

2. ゲイリー・サンチェス:C

昨年開幕から低調なチームに現れたニューヨークの新たなスター候補。8月にOPS.1.290&11HRと大爆発を見せ月間MVPに。最終的には.299/.376/.657&20HRを記録した。守備でもリーグ4位となる盗塁阻止率40.6%をマーク。同年代のアーロン・ジャッジ、タイラー・オースティンらと共に「ベイビーボンバーズ」という愛称で呼ばれる。開幕から主砲、守備の要として期待される今年は、昨年を上回る活躍を期待したい。

 3.  グレッグ・バード:1B

NYY期待の若き長距離砲。15年にデビューすると46試合で11本塁打を放ち期待が高まるも、16年は怪我により全休。スプリングトレーニングは絶好調で、ジラルディ監督は一塁のレギュラーと明言。ベイビーボンバーズと共に新生ヤンキース打線の核としてファンの期待に応えたい。

4.  マット・ホリデー:DH

1年1300万ドルで新加入のベテラン強打者。37歳となり衰えが不安視されるが、昨季も110試合で20HRはクリアしまだまだパワーは健在。DH中心の起用となる方針で、打撃に専念することができることから成績向上の可能性も十分にある。 

5. ジャコビー・エルズベリー:CF

14年に7年$153Mの大型契約でライバルのBOSから加入したかつての盗塁王も、もはやピークは過ぎ、高すぎる契約は不良債権と化している。OPS.703&9HR&20盗塁は20億円を超える年俸に見合う成績とはとても言えない。DRS+8だった守備は唯一合格点か。4年が残るこの大型契約は再建を進めるチームにとって重い足かせとなりそうだ。

6. スターリン・カストロ:2B

CHCからトレード移籍し新天地で臨んだ1年目は21HRを放ち、自身初となる20HR越えを達成。積極的に振っていく打撃スタイルのため四球が少なく、出塁率は低め。2Bの守備はDRS-8、UZR-6.6。DRSはMLB全体でワースト3位と上手くはない。

7. チェイス・ヘッドリー:3B

12年に31HR&115打点で打点王に輝いて以来イマイチ存在感の薄いスイッチヒッター。昨季もOPS.716&14HRとここ4年間同じような成績を残している。打撃は決して満足できる成績ではないが最低限といった感じで、3B守備はDRS+7、UZR+6.6と上々。物足りなさは残るが、彼以上の成績を残せそうな3Bも特に見当たらず、今季も3Bのレギュラーとして開幕を迎える。

8. アーロン・ジャッジ:RF

昨季デビューしたNYY期待の大砲候補。201cm、125kgの恵まれた体格を生かしたパワーでボールをスタンドまで飛ばす。走塁も守備も大きな不安ではないが、なんといっても一番の不安は三振の多さ。昨季は95打席で42三振、三振率は驚異の44.2%と三振を量産した。いくら秘めたるパワーがあろうと、半分近くの打席で三振するようではレギュラーは難しい。成長に期待したい。

9. ロナルド・トレイエス:SS

正遊撃手のディディ・グレゴリウスがWBC中に肩を怪我し、復帰は5月になる模様。そのため開幕ショートはトレイエスになりそうだ。昨季は主に2B/3B/SSのバックアップ要員として72試合に出場した。打撃にパワーはないが、グレゴリウスの離脱をチャンスと捉えてアピールしたいところ。

2017 Top 100 Prospects

30199602215_0cc0241fbc_z

 

 

 

 

 

 

 

*レポートはチーム別リストを参照。

 

2017 Top 100 Prospects
ランク 選手名 チーム名 ポジション
1 ジェイソン・グルーム BOS LHP
2 アンドリュー・ベニンテンディ BOS OF
3 ブレンダン・ロジャース COL SS
4 ヨアン・モンカダ CHW 2B
5 ルーカス・ジオリト CHW RHP
6 ブレント・ハニーウェル TB RHP
7 イアン・ハップ  CHC OF
8 コディ・ベリンジャー LAD 1B
9 ジョシュ・ヘイダー MIL LHP
10 エロイ・ヒメネス  CHC OF
11 フランクリン・バレット OAK SS
12 ニック・センゼル CIN  3B
13 フランシス・マーテス HOU RHP
14 ラファエル・ディバース BOS 3B
15  アレックス・レイエス STL  RHP

16

ダンズビー・スワンソン ATL SS
17 ルイス・ブリンソン MIL  OF
18 ホセ・デレオン TB RHP
19 クリント・フレイジャー NYY OF
20 エリック・フェッディ WSH RHP
21 コルビー・アラード ATL LHP
22 ビクター・ロブレス WSH OF
23 ウィリー・アダムス TB SS
24 ハンター・レンフロー SD OF
25 アレックス・バードューゴ LAD  OF
26 オースティン・メドウズ PIT OF
27 タイラー・グラスノー PIT RHP
28 ハンター・ドージャー KC 3B
29 ジョシュ・ベル PIT 1B
30 レイナルド・ロペス CHW RHP
31 カイル・ルイス SEA OF
32 ジェフ・ホフマン COL RHP
33 マット・チャップマン OAK 3B
34 ドミニク・スミス NYM 1B
35 アーロン・ジャッジ NYY OF
36 ブラッドリー・ジマー  CLE OF
37 ヤディアー・アルバレス LAD RHP
38 ショーン・リードフォーリー TOR RHP
39 フランシスコ・メヒア CLE C
40 デビッド・ポリーノ HOU RHP
41 タイラー・オニール SEA OF
42 A.J.パク OAK LHP 
43 ブレイク・ラザフォード NYY OF
44 ウォーカー・ビューラー LAD RHP
45 ザック・コリンズ CHW C/1B
46 ヨハンダー・メンデス TEX LHP
47 スティーブン・ゴンザルベス MIN LHP
48 カイル・タッカー HOU OF 
49 ホルヘ・アルファロ PHI C
50 ヘルマン・マーキス COL RHP
51 アンダーソン・エスピノーザ SD RHP
52 アミーア・ギャレット CIN LHP 
53  アリスティーディス・アキーノ CIN OF
54 デズモンド・リンジー NYM OF
55  ショーン・ニューカム ATL LHP
56  オースティン・ライリー ATL 3B
57 カル・クオントリル SD RHP
58 ライリー・パイント COL RHP
59 アメド・ロサリオ NYM SS
60 グレイバー・トーレス NYY SS
61 シクスト・サンチェス PHI RHP
62 イーサン・ディアズ MIL SS
63 コリー・レイ MIL OF
64

ロバート・スティーブンソン

CIN RHP
65 ウィリー・カルフーン LAD 2B
66 リース・ホスキンズ PHI 1B
67 ハリソン・ベイダー STL OF
68 オジー・アルビース ATL 2B 
69 ラウディ・テレズ TOR 1B
70 トレバー・クリフトン CHC RHP
71 ルーク・ウィーバー STL RHP
72 ボビー・ブラッドリー CLE 1B 
73 マイク・ソローカ ATL RHP
74 トリスタン・マッケンジー CLE RHP
75  レイメル・タピア COL OF
76 フランクリン・キロメ PHI RHP
77 カーソン・フルマー CHW RHP
78 アルバート・アルモラ CHC OF
79 ジャレル・コットン OAK RHP
80 マニュエル・マーゴット SD OF
81 ケビン・マイタン ATL SS
82 ブライアン・レイノルズ SF OF
83 フォレスト・ウィットリー HOU RHP
84 T.J.ゾイク TOR RHP
85 ディラン・カズンズ PHI OF
86 ジェシー・ウィンカー CIN OF
87 タイラー・ビーディ SF RHP 
88 シェド・ロング CIN 2B
89 ドミンゴ・アセベド NYY RHP
90 トラビス・デメリ ATL 2B
91 ダニエル・ゴセット OAK RHP
92 ディラン・シーズ CHC RHP
93 ジョン・ハリス TOR RHP
94 クリスチャン・スチュワート DET OF
95 ブラディミール・ゲレーロJr TOR 3B
96 J.P.クロフォード PHI SS
97 コディ・セドロック BAL RHP
98 ジェイマー・キャンデラリオ CHC 3B
99 マイケル・コペック CHW RHP 
100 フランクリン・ペレス HOU  RHP

 

Text by Ookaya Ryota
写真: https://flic.kr/p/N1CRAP

2017 Top 20 Prospects:ニューヨーク・ヤンキース

29522330106_00e9cea8b7_z

 

 

 

 

 

 

 

本ランキングのベースは、現在の活躍と今後のアップサイドによる総合的な評価である。傘下トップ20の素材を簡易のレポートと共に示している。選手名のリンクで表示されるマイナーでのスタッツと併せて参考にして頂ければ幸いだ。

 

1. クリント・フレイジャー:OF
アンドリュー・ミラー(LHP)とのトレードで加入。スピード&パワーの評価が高いハイシーリングなタレント。バットスピードの速さは20-80のスケールで80の評価を受けるほど。スピードも平均以上だがそれほど盗塁は上手くなく、守備でも主にRFを守っている。引っ張りにいくことが多く、打率が上がらない原因となっている。 

2. アーロン・ジャッジ:OF
今シーズン、満を持してメジャーデビューを果たした大砲候補。ジャンカルロ・スタントン級と言われるパワーツールをメジャーでも発揮し、27試合で4本塁打を放った。 その一方でブレーキングボールに対応できず、42三振を喫してしまった。オフにマイナーのコーチと改善に取り組んでいるが、本人はそれほど気にしていない様子。肩は強いが、スピードや守備は平凡なためRF/LFしか守れない。

3. ブレイク・ラザフォード:OF
16年ドラフト全体18位指名。 ラインドライブの打球を放つ滑らかなスイングでヒットを量産する。パワーも平均以上で将来は15~20本塁打をマークすることができるだろう。スピードもあり、特に走塁センスの高さは19歳という年齢に見合わないほど成熟している。ポジションは肩の強さやこれから体重をつけていくことを考えるとCFからRF/LFに移ることになるだろう。

4. グレイバー・トーレス:SS
アロルディス・チャプマン(LHP)とのトレードで加入。19歳ながら既にA+でプレーし、それなりの成績を残している。下半身を上手く使ったスイングでラインドライブの打球を量産する。流し打ちで長打を打つことができるパワーも有している。スピードもあり、積極的に盗塁をしかけるが成功率は61.7%と低水準。守備では肩の強さが光るがハンドリングがあまりにも拙く、3B/OF転向も視野に入れるべきだろう。 

5. ドミンゴ・アセベド:RHP
最速103マイルの速球が武器。チェンジアップ、スライダーのブレーキングボールも向上の一途を辿っており、速球だけが頼りの投手ではなくってきている。6-7/190たる体を目いっぱい使ったダイナミックなデリバリーは先発として投げるには無駄が多すぎるため、リリーフ転向を勧める声もある。リリーフに専念すれば優秀なクローザーとなれるだろう。コントロールはよく四球で自滅するといったことはない。

6. ジェイムズ・キャプリエリアン:RHP
右肘の故障もあって3試合の登板に留まったが、少ない試合数ながらも高い実力を見せた。90マイル前半の沈む速球と、いずれもクオリティの高いカーブ、スライダー、チェンジアップをコントロールよく投げ分ける。コマンドもよく、狙ったところに投げることができる。4月以降登板がなかったが、AFLで復帰している。

7. ジャスタス・シェフィールド:LHP
アンドリュー・ミラー(CLE)のトレードで加入。5-10と小柄ながらも最速96マイルの速球を投げる。カーブを主にアウトピッチとして使っていたが、今シーズンはスライダーも追い込んでから投げるようになっている。どちらも空振りが奪えるクオリティの高いボール。コントロールが悪く、四球を多く出すと点と、たまに速球の軌道がフラットになる点は改善の余地あり。

8. ディロン・テイト:RHP
カルロス・ベルトラン(現FA)のトレードで加入。15年ドラフト全体4位指名だったが、故障もあり思うような成績が残せていない。本調子ならば90マイル後半の速球と鋭く曲がるスライダーのコンビネーションで大量に三振を奪うピッチングを見せる。NYY移籍後はリリーフとして投げ、防御率はよくなったが投球内容からするとまだ本調子ではないだろう。

9. チャンス・アダムス:RHP
今シーズンから先発に転向し、ブレイクを果たした。 90マイル中盤の速球とコンスタントに空振りを奪えるスライダー、チェンジアップのコンビネーションで三振の山を築く。ボールの出所が見づらいメカニクスのおかげもあってか今シーズンの被打率はマイナー全体で最低だった。細かいコマンドはないが、ストライクゾーンに集めるコントロールは有している。

10. ダスティン・ファウラー:OF
13年ドラフト全体554位という下位指名ながらも着実に成績を残し、今シーズンにブレークを果たした。 無駄の少ないスイングでヒットを量産する。課題だったパワーも今シーズン12HR、13三塁打をマークし、パワーレスというイメージを覆した。早打ちのため三振は少ないがマイナー通算4.3%のBB%は要改善。スピードを生かしたCF守備は平均以上だが、盗塁は上手くない。

11. ジョーダン・モンゴメリー:LHP
90マイル前半の沈む速球と、カーブ、カッター、チェンジアップをコントロールよく投げ分ける。オーバーハンドのきれいなデリバリーは試合終盤でも崩れることはなく、コマンドのよさにも繋がっている。今シーズン球速が3マイルほど上がっている。既にAAAでも好投しているため、来シーズンにはメジャーデビューを果たすだろう。

12. アルベルト・アブレイユ:RHP
ブライアン・マッキャン(HOU)のトレードで加入。最速98マイルの速球に70マイル後半のカーブを組み合わせる。現在はこのカーブに頼りすぎているところもあるが、スライダーとチェンジアップが徐々によくなりつつあるので時間が経つにつれカーブ偏重の組み立ても改善されるだろう。コントロールの悪さから、ブルペン転向を勧める声もある。下半身がしっかりしているため体格は先発向き。

13. ミゲル・アンデュハル:3B
豪快なスイングが魅力のヒッティングプロスペクト。スイングは大きいが、持前のコンタクトスキルと積極的に打ちにいくアプローチのため三振は少ないが、打率はそれほど高くない。平均以上のパワーツールは将来20HRを打つことも可能。肩は投手として投げさせてみたいと思うほど強いが、グラブ捌きは上手くなく、3年連続20エラー以上。

14. ホルヘ・マテオ:2B/SS
20-80のスケールで80の評価を得るスピードが一番の持ち味だが、 昨シーズンから盗塁数が82→36、成功率も82%→70%と大幅に下がった。打撃成績もHR数以外は低調に終わった。また、チームポリシーに反する行動をとったとして2週間の出場停止処分も科され散々な年となった。守備ではSSから2Bに移ったことでエラーが急減。バリューは若干下がるがこれからも2Bでプレーする方が無難だろう。

15. チャド・グリーン:RHP
力感のないスムーズなデリバリーの持ち主。90マイル中盤の速球とスライダー、チェンジアップのコンビネーションで三振を奪う。 三振の多くを速球で奪っており、高めにノビのあるフォーシームを投げて空振りを誘ったり、外角いっぱいに投げて見逃し三振に打ち取ったりと投球の幅は広い。速球がフラットな軌道になりHRを打たれやくなる点は改善の余地あり。今シーズンメジャーデビューを果たした。 

16. ドリュー・フィンリー:RHP
LADのスカウティング部長のデビッドを父に持ち英才教育を受けてきた。ジェームズ・アンドリュー医師の教えにより12~16歳の間は投球をしていなかったにも関わらず、能力は非常に高い。速球の球速は90マイル前半程度だが、ムービングとボールの出所が見づらいメカニクスで球速の遅さをカバーしている。落差の大きいキレのあるカーブはアウトピッチとしては十分なボール。シーズン中に肘を痛めたが、既に投げられるようになっている。

17. ディートリッシュ・インス:LHP
速球は90マイル前半程度だがクオリティの高いチェンジアップとスライダー、カーブを合わせて打者を惑わす。ゆったりとした動きから、速いアームスピードで投げこむため打者はタイミングをとりづらくなっている。コントロールはそれほど悪くないが、コーナーを狙いすぎて四球を出すことが多い。

18. イアン・クラーキン:LHP
肩の故障でシーズンアウトとなった昨シーズンからの復活が期待されたが、今シーズンも膝の故障でシーズン途中でシーズンアウトとなった。それでもプロ入り後最多となる98イニングを投げており、成績も悪くはなかった。健康ならば90マイル前半の沈む速球とチェンジアップ、カーブ、スライダーをコントロールよく投げ分け、ゴロを打たせて取るピッチングができる。

19. ベン・ヘラー:RHP
低いアングルから最速100マイルの速球を投げるリリーバー。この速球によく曲がるスライダーを組み合わせ大量に三振を奪うピッチングスタイル。プロ入り直後はコントロールの悪さが目立っていたが、徐々に洗練されていき今ではストライクを取ることに苦労しなくなった。マイナーではクローザーを務めており、メジャーでもセットアッパー/クローザー級の投手になれるだろう。

20. ニック・ソラク:2B
コンパクトなスイングでラインドライブの打球を飛ばすヒットメーカー。2桁本塁打を打つパワーはないが、アプローチのよさでカバーする。守備では目立つようなプレーはしないが、しっかりとルーティンプレーをこなすため長く2Bに留まることができるだろう。

 

Text by Ookaya Ryota
写真:https://flic.kr/p/LYMEcu