Tag Archives: イアン・キンズラー

MLB 10-19 PLAYER RANKING 40-31

5490915852_e65c626de9_c (1)

 

 

 

 

 

 

 

2020年を迎え、今シーズンも開幕が迫ってきた。2020年代という新たな時代を迎える前に2010年代を彩ったスタープレイヤーの活躍をランキング形式で振り返ることにする。ランキングはFar East Divisionメンバーによる投票で選定を行った物で、10年代の活躍のみを考慮して選定を行った。今回は40位から31位を紹介する。

 

40位 スティーブン・ストラスバーグ (10- WSH)

ワシントン・ナショナルズのフランチャイズ史に残る投手。10年に鳴り物入りでデビューすると、10年代で112勝を挙げるなど、チームの中心投手として活躍した。怪我の多い選手で、大きすぎた期待からすると少々物足りないが、昨年は5年ぶりに200投球回をクリア、最多勝のタイトルに加え、フランチャイズ史上初のワールドチャンピョンに大きく貢献、自身もMVPを獲得するなど素晴らしいシーズンとなった。更に7年245Mの大型契約で残留も決定し、長くナショナルズでの活躍が見る事ができるだろう。

 

39位 イアン・キンズラー (10-13 TEX、14-17 DET、18 LAA,BOS、19- SD)

テキサス・レンジャースを中心に活躍した走攻守の三拍子揃った名二塁手。キャリアで2度30本塁打、30盗塁を達成したパワーと俊足に加え、ゴールドグラブ賞に2度輝いた守備力も兼ね備え、10、11年と2年連続でワールドシリーズ進出を果たしたレンジャースの黄金期を支えた。18年にはボストン・レッドソックスの一員としてワールドシリーズ制覇も経験したが、怪我もあり、昨年は活躍が出来ず、オフに引退を発表した。

 

38位 アンソニー・リゾ (11 SD、12- CHC)

堅実な打撃と守備を武器に活躍したシカゴ・カブスの中心選手。獲得タイトルはないが、怪我での離脱もなく、毎年安定した活躍を見せ、チームの欠かせない選手として、16年にはチームを実に108年ぶりとなるワールドシリーズ制覇に導いた。守備では16年に最も守備の優れた選手に送られるプラチナグラブを一塁手として初めて受賞するなど、その守備力はMLBでも有数の実力を誇る。

 

37位 タイラー・クリッパード (10-14 WSH、15 OAK,NYM、16 ARI,NYY、17 NYY CHW,HOU、18 TOR、19 CLE)

10年代で最多の702登板を記録した鉄腕。真上から投げ下ろす独特のフォームで投じられるMLB屈指のチェンジアップを武器に10年代だけで9球団を渡り歩いた。2月に35歳となったベテランで近年は成績も若干低下しているが、今シーズンからはミネソタ・ツインズでのプレーが決まっており、今後も10年代のような怪我のなく安定した活躍が出来れば、通算1000登板も達成できるかもしれない。

 

36位 フェリックス・ヘルナンデス (10-19 SEA)

2005年のデビューからシアトル・マリナーズ一筋で15年間投げ続けたマリナーズを代表する投手。2009年にその才能を本格的に開花させると、翌10年には24歳の若さでサイヤング賞に輝くなど、10年代前半は愛称である「キング」の名に相応しい支配的な投球を見せた。しかし、10年連続190投球回を達成した勤続疲労もあり、16年からは怪我が増え、球速も大幅に低下してしまった。個人成績に反してチームは負け越しが続き、全盛期にプレーオフに出場出来なかったのが残念でならない。

 

2018 ALDS Review :NYY vs BOS

8132298787_3748288f50_z (1)

 

 

 

 

 

 

 

*Game部のリンクでゲームのRecapをチェック可。

Game1:NYY(4) @ BOS(5)
勝:クリス・セール
負:J.A.ハップ
S:クレイグ・キンブレル

Game2:NYY(6) @ BOS(2)
勝:田中将大
負:デービッド・プライス

Game3:BOS(16) @ NYY(1)
勝:ネイサン・イオバルディ
負:ルイス・セベリーノ

Game4:BOS(4) @ NYY(3)
勝:リック・ポーセロ
負:C.C.サバシア
S:クレイグ・キンブレル(2)

ランチャイズ記録の108勝をあげAL東の地区優勝を果たしたボストン・レッドソックスと、WCゲームでオークランド・アスレチックスを破り勝ち進んできたニューヨーク・ヤンキースとのカードとなった。この両チームがプレーオフで対戦するのは2004年以来となる。
 

迎えた第1戦、J.D・マルティネスがハップからいきなりスリーランをお見舞いすると、3回にはスティーブ・ピアースのタイムリー、ザンダー・ボガーツの犠牲フライで追加点をあげ、試合の主導権を握った。一方でヤンキースはルーク・ボイトのタイムリーやアーロン・ジャッジのホームランで追い上げを見せたが一歩及ばなかった。
 

第2戦、この日はヤンキースが試合を優位に運んだ。相性の良いプライス相手にジャッジ、サンチェスが自慢のパワーを見せつけ3ホーマー、投げては田中将大が5回を投げ1失点としっかりゲームメイク、ブルペン陣もしっかり仕事を果たし、レッドソックス打線を封じ込めた。

  第3戦、舞台はニューヨークに移っての開催となった。第2戦の勝利で流れはヤンキースに行くかと思いきや、この日はレッドソックス打線が大爆発を見せる。先発のセベリーノから3回までに6得点、4回には一挙7得点の猛攻を展開し、ゲームを決定付けた。レッドソックスの勢いは止まらず、最終的には16得点。投げても先発のイオバルディが古巣相手に7回1失点と快投。ヤンキースにとってみれば16-1というスコアはフランチャイズ史上最悪の結果となってしまった。また、この日、レッドソックスのムードメーカー、ブロック・ホルトがポストシーズン史上初のサイクルヒットを記録した。
 

第4戦、後のないヤンキースはサバシアに先発のマウンドを託すが、初回からピンチを招く投球が続いた。そして3回、死球とヒットでノーアウト1,3塁のチャンスを作ると、マルティネスの犠牲フライ、イアン・キンズラーのタイムリー二塁打、エドゥアルド・ヌニェスのタイムリーで3点を先制する。一方でレッドソックスの先発、ポーセロは危なげない投球でヤンキース打線を抑えていく。投げては5回1失点と要所を締める投球内容だった。このままでは終われないヤンキースは4-1で迎えた9回裏、抑えのキンブレルの制球難に漬け込み、満塁のチャンスを作る。ニール・ウォーカーの押し出し死球、サンチェスの犠牲フライで4-3としたが、キンブレルがこれ以上の反撃を許さずゲームセット。レッドソックスが辛くも逃げ切った。

Weekly Report: Week 20

7799458430_9d18cd459f_z

 

 

 

 

 

 

 

3つのハイライトでメジャーリーグの1週間を辿る。Weekly-20のキーワードは「80勝」「代打逆転サヨナラ本塁打」「プレーオフ」だ。

 

・80勝

ストン・レッドソックスがメジャー最速で80勝に到達した。開幕から圧倒的な強さで勝利を重ねているレッドソックスだが、そのペースは2001年にシアトル・マリナーズが記録したシーズン116勝のメジャーリーグ記録にも迫る勢いである。ここではそんな今年のレッドソックスに関して分析する。

 まずは投手陣。先発陣は既に4人が二桁勝利を挙げており、特にエースのクリス・セールは防御率1点台と抜群の安定感で悲願となるサイヤング賞受賞の可能性も高い。そんな強力先発陣を支えるのがリリーフ陣。リリーフは現在メジャー全体4位となる防御率3.34を記録しており、リリーフが喫した敗北がメジャー最小のわずか9回と接戦にも強い事がうかがえる。クローザーのクレイグ・キンブレルは既に35セーブを挙げており、これで8年連続となる30セーブ、更に今シーズンは通算300セーブに到達するなど相変わらずの安定感を誇っている。

 次は打線。なんと言っても今シーズンのレッドソックスは強力打線だろう。ムーキー・ベッツとJ.D.マルティネスがMVP級の成績を残しており、注目が集まるが、ザンダー・ボガーツとアンドリュー・ベニンテンディの2人も忘れてはいけない。ボガーツは長打力が開花してキャリア最高となるシーズンを送っており、フルシーズン2年目となるベニンテンディも新人王投票2位となった昨シーズンから更に成長を見せ、不動の2番としてチームを支えている。2番に座るベニンテンディは1番のベッツと共に高い出塁率を誇り、マルティネス、ボガーツらがつとめる強力な中軸へ繋ぐチャンスメイクの役割を果たしており、チームとしては彼の成長は非常に大きなものと言えるだろう。

 今シーズン絶好調のレッドソックス。地区優勝はほぼ確実とも言えるだろう。トレードで獲得したイアン・キンズラーも復帰の目処が立っており、13年以来となるワールドチャンピョンに向け死角はない。

後半戦展望:ニューヨーク・ヤンキース

42430749555_d81ee751ff_z

 

 

 

 

 

 

 

 Ultimately all we want to do is win.(私達の最終目標は優勝だ)とアーロン・ブーン監督とブライアン・キャッシュマンGMが述べたのは記憶に新しい。今回は、最終目標を達成するためのトレードを行えたのかについて、ニューヨーク・ヤンキースを振り返りたい。

 

 ストン・レッドソックスとのゲーム差が緩やかに広がりつつあるが、ネイサン・イオバルディ(RHP)とイアン・キンズラー(2B)のみを補強したレッドソックスとは対照的に、ヤンキースは5件のトレードを成立させ4人の選手を獲得した。同地区の残り3球団はいずれも再建に舵を切った為、ここからはいよいよレッドソックスとの一騎打ちである。

 まず、AL2位の防御率3.12をマークしている救援陣に、ボルティモア・オリオールズからザック・ブリットン(LHP)を加えた。今季は故障で出遅れた為、オフにFAとなるものの評価を落としていた。見返りとして3人のプロスペクトを放出。
1. ディロン・テイト(RHP)
  三振能力とゴロを打たせる能力が特徴的なプロスペクトな24歳。
2. コディ・キャロル(RHP)
  高い三振能力で3Aで結果を残している25歳。MLB公式で15位にランクインしていた。
3. ジョシュ・ロジャース(LHP)
  先発左腕24歳。特筆すべきパフォーマンスではないが、問題があるわけでもない。
 3人ともメジャー昇格候補として見ることが出来るプロスペクトである。将来的にセットアッパーやローテーションの2~3番手を担うことは難しいが、オリオールズのプロスペクトの層を考えれば上々である。したがって、両球団が得をしたトレードと言えそうだ。

 スターターは、トロント・ブルージェイズからJ.A. ハップ(LHP)、ミネソタ・ツインズからランス・リン(RHP)をそれぞれ獲得。見返りとしてタイラー・オースティン(1B)がツインズに移籍。ソニー・グレイ(RHP)が不振でリリーフに配置転換される等ヤンキースはスターターに苦戦しており、今季初AS選出を果たしたハップには、PO進出という重要な役目を背負ってもらう必要があるだろう。それから、リリーフとしての起用を予定していたリンが先発登板してQSを記録するというサプライズがあった。

 AL2位の571得点をマークしている野手陣は、現在アーロン・ジャッジ(RF)とゲイリー・サンチェス(C)が故障で離脱中である。AL1位の600得点をマークしているレッドソックスも故障者続出中である。
 セントルイス・カージナルスからルーク・ボイト(1B)を獲得。ピンチヒッターとして期待は出来るが、チームの勝敗を大きく変える力は持ち合わせていない。

 

 括すると、レッドソックスはエースのクリス・セール(LHP)を欠いている(8月12日に10日間DLから復帰)ものの、2001年にシアトル・マリナーズが達成したシーズン116勝に並ぶかのような勢いで勝ち続けている。今季のトレード市場は大物先発投手が少なく致し方ないとはいえ、野手については良い選手が散見されたため、積極的に補強することは出来ただろう。しかしながらWC安全圏に留まれる補強をしたと考えれば悪い補強ではなかったと言えるだろう。

 

Text by Tsubasa Komiyama

Photo link https://flic.kr/p/27DsFzv

2018 Team Preview : ロサンゼルス・エンゼルス

9020912875_0ae79eeec7_z

 

 

 

 

 

 

 

 

*40人ロースターはリンクより参照
*SP横*マークはローテーション候補の意味を示す

  • 本拠地球場:エンゼルス・スタジアム・オブ・アナハイム

他の野球場と大きさを比較する→http://yakyujo.com/ml26/

 

 

広さ
レフト 100.6m
センター 121.9m
ライト 100.6m
フェンス高さ

2.4~5.5m

パークファクター *平均100
安打 93.6
ツーベース 82.8
スリーベース 60.0
HR 105.6
得点 91.0

 

・予想オーダー

1, イアン・キンズラー:2B

オフにトレードでタイガースから加入した。今年で36歳を迎えるベテランだが、持ち味のパンチ力は相変わらずで、昨シーズンも20本塁打をクリアした。しかし昨シーズンは低打率に苦しみ打率.236はキャリアワーストの数字。衰えは多少気になるが、経験豊富なベテランの加入はチームにとっても大きいだろう。

2, ザック・コザート:3B

オフの大補強の内の1人。昨シーズンはほとんどの数字でキャリア最高の成績を残し、オールスターにも出場するなど大ブレイクを果たした。昨シーズンの活躍がフロックでないことを示すためにも今シーズンの活躍にも期待したい。レッズではショートを守っていたが、アンドレルトン・シモンズがいるためエンゼルスでは三塁に転向する。

3, マイク・トラウト:CF

言わずと知れたメジャーリーグの顔。昨シーズンも進化は止まらず出塁率、OPSなどでキャリア最高の数字。怪我がなければ2年連続3回目となるMVPの受賞は間違いなかっただろう。怪我の心配から減っていた盗塁数も戻ってきており、三振の多さも改善傾向にあるなど完璧な選手に近づいている。

4, ジャスティン・アップトン:LF

昨シーズン途中にトレードでタイガースから加入した。昨シーズンは数々の数字でキャリアハイを記録し5年106Mの大型契約でエンゼルスと契約延長した。三振数ではワーストの数字など心配な点もあるがその長打力を武器にチームのポストシーズン進出に貢献したい。

5, アルバート・プホルス:DH

2000年代を代表するスーパースターも38歳を迎えた。衰えを隠せず、昨シーズンは遂にOPSで.700を割ってしまうなど散々な数字。21年まで大型契約が残っているなどチームにとっても大きな負担となってしまっている。今シーズンは通算2000打点に期待が掛かる。

6, コール・カルフーン:RF

パンチ力が持ち味の打者。昨シーズンは低打率に苦しんだが、19本塁打、BB%=10.9%と持ち味は発揮した。昨シーズン開幕前に3年契約を結んでおり、今シーズンはその契約の2年目となる。昨シーズンは2番での出場が主だったが、大型補強に伴い今シーズンは下位打線からチームを支えるバッティングに期待したい。

7, アンドレルトン・シモンズ:SS

現役最高の守備力を誇るショート。昨シーズンは打撃での成長を見せ、13年以来となる二桁本塁打をクリア、OPSもキャリア最高となる.752を記録した。さらにはこちらもキャリア最高となる19盗塁も記録するなど守備だけの選手というイメージは完全に払拭された。守備の良さも変わらず、3年ぶりとなるゴールドグラブ賞も受賞した。

8, ルイス・バルブエナ:1B

移籍初年度となった昨シーズンは持ち味のパワーを発揮し、22本塁打を記録したが、深刻な低打率に苦しみ10年以来となる打率一割台を記録してしまった。BB%=12%と選球眼の良さは相変わらずで今シーズンはこれを維持しつつ打率の改善に努めたい。

9, マーティン・マルドナード:C

ブルワーズではバックアップにとどまっていたが、エンゼルス移籍を機にスターターとなり開花、初めてのゴールドグラブ賞の受賞など大きな成長を見せたシーズンとなった。盗塁阻止率40%前後を記録する強肩が武器で今シーズンも相手チームにとっての脅威となるだろう。